ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
Commented by..
by franandtuto at 01:49
ありがとう。森の子ちゃん..
by franandtuto at 22:47
こんばんわ! nanak..
by franandtuto at 22:41
お菓子の好みがあるとすれ..
by morinokochaorin at 20:48
franちゃん、こんば..
by nanako-729 at 19:22
おはよう~かおりちゃん!..
by franandtuto at 10:53
とっても美味しそうです。..
by starofay at 10:08
Commented by..
by franandtuto at 10:19
おはよう~かおりちゃん!..
by franandtuto at 10:18
カラスミパウダー、ベーコ..
by starofay at 05:38
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クグロフ(Kouglof)
クグロフ(Kouglof)はブリオッシュに似た生地にレーズンを混ぜ込んで
蛇の目をひねったような独特なクグロフ型で焼き上げるお菓子です。
マリー・アントワネットが、パンがなければお菓子を食べればいいと言ったお菓子としても
知られていますね。

d0150287_02304721.jpg
私はレシピ本を読むのが大好きで、作るよりも本を読んでいるときの方が多いのですが
すごく面白いなと思ったのはクグロフのルセットです。
お店によって、それぞれの家庭や本によって本当に様々なのです。
数年前にそれまで目にした、どのクグロフとも違う、表紙の写真に惹かれて購入した
田中博子さんのレシピで作りました。

パンを作られる方はよくご存知と思いますが、バターが沢山入るブリオッシュ生地は
ベタついてグルテンが出て丸められるまでが大変なのです。

私はいつもフードプロセッサーで生地を作るのですが、それでも一旦まとまった生地に
生地と同じ柔らかさのバターをさらに混ぜ込み生地を指で広げた時に、指が透けて見えるくらいの
生地を作り一次発酵。二次発酵を冷蔵庫で一晩、翌日分割してベンチタイム、型に入れて最終発酵と
可愛くて、美味しいのですがなかなか作る気になれないクグロフです (笑) 
写真は最終発酵が終わってオーブンに入れる直前の状態です。

シリコンの焼型で焼きました。
スフレンハイム焼きの小さい小さいクグロフ型があるといいな・・・^^;

d0150287_02311276.jpg
190℃のオーブンで20分焼きます。
焼き上がったクグロフを焼き型から出し、アーモンドシロップに潜らせ、更に溶かしバターを刷毛で塗って
グラニュー糖をまぶして出来上がりです!
d0150287_02395329.jpg
カットしますね。
d0150287_02393559.jpg

d0150287_02341756.jpg
すごく甘そうですよね? 実際甘いのですが生地自体はそう甘くないのでいい感じ。美味しいです♪
餡の入っていないツイストドーナツくらい。

d0150287_02305855.jpg
d0150287_02382310.jpg
2日がかりで焼いて6個って、ちょっと悔しい感じ!
クグロフは乾燥させなければ日持ちのするお菓子ですし、固くなったらラム酒のシロップに漬けると
ババになりますね。今度はもっと沢山作りましょう!


# by franandtuto | 2018-01-17 03:43 | 作ったお菓子 | Comments(8)
タルト・フランベ(Tarte flambée)
今日の私のお昼ごはんです(笑)
でも、もう焼いちゃったからブランチですね^^
今日はタルト・フランベを焼いて一人ごはん!

タルト・フランベはフランスのアルザス地方の郷土料理で、薄焼きピザに似ています。
元々は残ったパン生地で作っていたのだとか・・・・
生地を薄く伸ばしてパリパリに焼き上げます。
d0150287_11004350.jpg
普通に卵焼きを焼いたり、お魚を焼くような私の日常よく作るランチメニューなので
実はいつも目見当で作っていて、計量したことが無かったので
初めて計って見ました(いつもの量をスケールにのせて)
あまりの簡単さに驚かないでくださいね!!

材料 (30㌢程度 2台分)
1)生地
1、薄力粉    150g
2、強力粉     50g
3、塩      ひとつまみ
4、オイル    大さじ3
5、水      適量 

2)具材
玉ねぎ    半分
ベーコン   好みで
チーズ    好みで
生クリーム  大さじ2
塩       少々
黒胡椒    粗挽き少々

作り方
1)ボウルに生地の材料の1~4までを全量入れて手で混ぜ合わせる。
2)①に少しづつ水を入れて手で混ぜ合わせ、まとまって丸められるくらい
  薄くめん棒で伸ばせるくらいの生地にする。

出来た生地をめん棒で薄く(1~2㍉程度)に伸ばす。丸でも四角でも天板いっぱいでもOK^^
この生地の量は30㌢くらいの円形2台分なので、作る大きさで切って使って下さいね。
d0150287_11012153.jpg

↓ は伸ばした生地と、残して今夜息子のおやつになる予定の生地です。

d0150287_11012713.jpg
生クリームと塩・胡椒を混ぜ合わせたものを生地に塗ります。
d0150287_11013574.jpg
半分に切って薄切りにした玉ねぎを全体に。ベーコンやチーズ他お好みの具材をのせます。
今回は半分ずつ、玉ねぎとチーズの上にベーコンとボッタルガ(からすみ)パウダーを使いました。
d0150287_11292776.jpg

250℃のオーブンで約12~3分 しっかりと焦げ色が付くまで焼いて出来上がりです。

d0150287_11015376.jpg

クリスピーピザのような感じです。

d0150287_11005584.jpg
d0150287_11020441.jpg
具材は何でもいいです、冷蔵庫にあるものでお試し下さい。
ランチにもいいですが、白ワインととてもよく合いますよ!!
d0150287_11030697.jpg


# by franandtuto | 2018-01-12 11:42 | 料理 | Comments(9)