ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
Commented by..
by franandtuto at 21:56
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
俵屋
今回の京都行きを決めてから、アメリカと日本でメールを投げながら計画を練ったんですね。
まず明日香ちゃんの行って見たいお食事のお店や観光などを。

一番最初に明日香ちゃんの口から飛び出したのは「俵屋」さんでした。その次のメールも俵屋さんでした。
私はもちろん、京都は中学校の修学旅行以来初めてと言う明日香ちゃんが、せっかくアメリカから
はるばる京都までやってくるのですから希望する場所を案内するつもりでした。
 
が、俵屋さんは季節によっては一年前からお部屋が予約でうまってしまう旅館です、部屋数は、わずか18室・・・・・
おまけに宿泊日の5日前・・・さらに三連休の初日です・・・・・・正直、こればかりは無理だろう・・・・と・・・
こんなに行って見たいと言っている所に連れて行ってあげられない・・・・1人ちょっと悲しくなったのでした。

駄目でも俵屋さんに直接電話してみようと、翌朝電話をすると、何と言うことでしょう!
キャンセルが出て宿泊出来ると!それもキャンセルの出たお部屋は「翠」とおっしゃるではありませんか!
やった~~~041.gif 明日香ちゃんの想いが神に届いたとしか思えない!!024.gif

話が長くなりました012.gif俵屋さんです。
d0150287_225485.jpg
d0150287_22553292.jpg
京都は松の内。 お正月の飾りつけです。あの有名な餅花が見られるのです053.gif
このコンセルジュの飾りは 胡銅花入ニ大王松  扇面草花図
d0150287_22584571.jpg
これが、餅花です。
d0150287_2311248.jpg
d0150287_2315636.jpg
わ~~~~い003.gif003.gif003.gif
d0150287_23111284.jpg
喜んでいると、後でゆっくり見るといいよ。まずお部屋に行こう! とtutoが・・・・せかされてお部屋に向かいます。 
ここが今日のお部屋「翠」です。
d0150287_23164450.jpg
入ります。
d0150287_23192979.jpg
d0150287_23201754.jpg
冷たいわらび餅とお茶
d0150287_23215096.jpg
床飾り   江戸初期の源氏絵巻段簡 「をとめ」の段の雪玉つくりの景  神楽鈴  
d0150287_23245294.jpg
d0150287_23272495.jpg
はしゃぎすぎて喉が渇きました。早速お水003.gif冷たくて美味しい~~
d0150287_23291213.jpg
今日はもう何処にも出ないで、俵屋さんでゆっくり過ごすことにします。ちょっと休んだら館内の探索に出かける予定です。
この御幣は東山の安井金毘羅宮の「招福宝来」です。館内のあちこちに飾ってありました。
d0150287_2353169.jpg


しばらく俵屋さんが続きますが、よろしかったらお付き合いくださいね053.gif
by franandtuto | 2010-01-12 23:57 | 京都食べ歩き | Comments(29)
Commented by 明日香 at 2010-01-13 01:10 x
本当に・・・「お食事はどこにする?」って聞かれているのに「俵屋」「俵屋」って言ってた私でしたね(笑)。。。そしたら空いているなんて!!! なんとラッキー!!!俵屋さんに「呼ばれた」としか思えない。。。(笑)本当に頭の中、俵屋しかなかったんです!!

俵屋さんで見た夢・・・いい夢だったなぁ。。。
ああいう、無駄なものがない 素晴らしい空間の中で、ひらめくことってあると思うのです。

作家の人が執筆してた というのも分かります。。。風水じゃないけど、人間は散らかっていない、すっきりとした環境と心があると 本当にするべきことが見えてくるんだそうです。。。

Franさん、Tutoさん、本当にありがとう。。。最高の旅でした!今でも思い出すだけでほっこり、そしてドキドキします。。。
Commented by tuto at 2010-01-13 03:39 x
こちらこそ明日香さんとご一緒させていただいて光栄でした!ロジ周りで何かと至らない点もありましたが、どうぞニャン達に免じてお許しくださいm(__)m

俵屋はこんな直前にとれたのでびっくりしました!明日香さんを手招きしていたのかも知れないですね~
多すぎず少なすぎず、ちょうどよい物量のなかで気持ちよく過ごすことができましたね~ううう、また行きたくなってきました(爆)

話変わりまして、昨日あたりからニューヨーク、、、フィラデルフィア、、、とつぶやいているのですが、なかなか耳を貸してもらえません。鹿や羊に会いたいでしょう?と言ったら、鹿なら奈良公園にいるでしょう?って返されてしまいました。うーむ手ごわい(笑)
Commented by marimari at 2010-01-13 14:52 x
わぁ~~このお写真の順番が ワクワクドキドキで
こちらまで訪れた気分になっちゃいます♪

明日香さんも 大喜びでしたでしょうね~
日本で いい時間を過ごされ、ほんとよかったですね☆

今日は お菓子の天才さんとご一緒でまた
楽しい時間をお過ごしでしょうね♪♪
たくさん 日本を楽しんでいってほしいですね♪

それにしても素敵な旅館☆☆☆
Commented by ママン at 2010-01-13 14:57 x
明日香さんラッキーでしたね。っていうか強運の持ち主ですね。すてきな滞在だったでしょう?続きのお話を楽しみにしていますね。
Commented by ann at 2010-01-13 16:40 x
素晴らしいとしか・・言葉がないの・・franちゃん
この映像でかなり実感が?とは思うけど・・実際は
ほんとどんな空気なんだろう?とまじまじ想像する私です。
キャンセルの出た時のお客様は先方にもとても
ありがたいものではないでしょうか?

貴方とのお食事をまたとても楽しみにさせていただく私です!
Commented by Chikaぽん at 2010-01-13 17:33 x
凄いね~!!たまたまキャンセルがあったなんて!!
偶然なんだろうけど、偶然とは思えないね~♪(変な日本語だ(笑))
俵屋さんを愛する気持ちがきっと届いたんだね~(´∀`*)ウフフ
Commented by 森の子 at 2010-01-13 19:13 x
京都なら、俵や、炭屋さんは憧れの旅館・・・いつか行きたいなあ・・・って思っています。
にしても、お部屋もここよく雑誌とかにでてくるお部屋でしょう。素敵ですねえ。こういうところは、チェックインしたらお出かけしたくなくなりますね。
すっきり、ほっとしたことでしょうね。
Commented by しょこら at 2010-01-13 22:25 x
明日香ちゃんはもちろん、ご案内されたfranちゃんやtutoさんにとっても大満足な楽しい旅になったね。
俵屋さん、私も憧れのお宿だよ~。

そして俵屋さんの餅花素敵!!
こんなにたくさんあったらほんとかわいいね~。
しょこら亭のはちょっとしかないからしょぼいのよ・・・

12月になって、棒だらがやってきて、お餅をついて、餅花作り。
年々季節感がなくなってくるけれど、こういうことはずっと大切に
していきたいな~と思う今日このごろ・・・ 年のせいかしら?

続きも楽しみにしてるね~。
Commented by もに at 2010-01-13 23:40 x
ひゃー。ほんとよく急遽なのにお部屋とれたねー。
明日香ちゃんの思いがきっと通じたんだね!!

しかし、このしつらいの見事な事
目の保養ですなっ
Commented by nanako-729 at 2010-01-13 23:56
こんばんは、franちゃん!
すごい…きっと明日香ちゃんの思いが通じたんだね!
写真でゆっくり楽しませてもらおうっと!
餅花、泊まり客がそれぞれ餅花を作り飾るって聞いたけど
今もそうなのかな~ほんとに見事!
外に出るのがもったいないよ、そうそう泊まれるとこじゃないし(^^ゞ
お料理も楽しみ~♪ 
Commented by fran at 2010-01-14 00:04 x
こんばんわ、marimari ちゃん(^^♪

そうね~今日はきっと楽しい一日を過ごしたはずよね♪
ホントに!そう思うでしょう~

短い滞在だけど、楽しんで帰って欲しいと私も思ってる。

俵屋さんは本当に、これは無理と私がしょぼんとしちゃったよ(笑)
しかし、何事も前向きな明日香ちゃん!

遠く離れたアメリカからきっと届いたんだよね(笑)
お正月の俵屋さんはとっても華やかで美しいの♪
見てもらえてよかった!!
Commented by fran at 2010-01-14 00:07 x
ママンちゃんもそう思うでしょう?

明日香ちゃんは強運だよ!!

俵屋さんだけでなくて、今回の京都は本当にそう思った!
何より嬉しかったのは明日香ちゃんが食いしん坊だったって事!!

大食いの私達と同じペースで食べられるなんて(爆)
Commented by fran at 2010-01-14 00:10 x
annさんにも見せてあげたかったよ!

俵屋さんの餅花は幻想的で本当に美しいの♪
夢を見ているようよ。

お正月のしつらいも素晴らしくて、日本に住んでいるのに
日本っていいなぁ~と思ってしまう(笑)

あ!そうそう!!
楽しみにしていま~す! 車で行くね。
Commented by fran at 2010-01-14 00:14 x
Chikaぽん、ホント!

私はこれは絶対に無理だ!と思ったよ^_^;
でもね、食事のお店を見てって言ってるのに俵屋なんだよ・・・・・

もう一度、食事のお店ね!って言っても俵屋のことのメールなの(笑)
ご本人も書いてるように俵屋さんしか頭になかったみたいだね^_^;

でも、その思いがきっと呼び寄せたんだよね♪

とっても良かったよ~
Chikaぽん、今度一緒に行こうよ!!
Commented by fran at 2010-01-14 00:21 x
森の子ちゃん、俵屋、柊家、炭屋は全てすべて麩屋町通りに面しているの。

炭屋さんは少し四条寄りだけど
柊家さんは、俵屋さんのまん前だし(笑)

翠は作家の池波正太郎さんが好まれたお部屋だよね。
お隣の富士はたしか、トムクルーズが泊ったお部屋じゃなかったかな?

動きたくなくなるお部屋ってあるんだよね~(笑)
Commented by fran at 2010-01-14 00:25 x
しょこら亭に餅花があるの?  さすがぁ~~しょこら亭(^_^)v

日々ね忙しさを理由にどんどん省略してしまってるのよ・・・・
俵屋さんの月次を見てると思い出すのよね。

今年は寝正月でホントに恥ずかしいくらい何にもお正月らしいことを
しなかったけど
京都で極上のお正月を堪能してきたわ(笑)

白味噌のお雑煮も食べたし(^_^)v
Commented by fran at 2010-01-14 00:29 x
モニちゃん、そう思うでしょう?

私、一瞬我耳を疑ったもん(笑)
一年中、俵屋さんはその季節ごとに素晴らしいけど
お正月の華やかさは特別だと思うの♪

ほんの少しの期間なのに、この時期に帰国したってことも含めて
明日香ちゃんの今年に運勢はきっといいんだよね(^_^)v
Commented by fran at 2010-01-14 00:34 x
nanakoちゃん、俵屋さんは毎年12月13日の事始めの日に餅花作りを
全員でするんですって!

希望者(宿泊者)も参加できるようだけど、予約と聞いたな。
それもそうよね~(笑)

こんなに沢山の餅花があると幻想的だよ!
ホントに素晴らしかったよ~

へへ・・・そうだよね~出たくなくなるんだよね、居心地が良すぎて(笑)
館内のしつらえを見て歩くだけで美術館に行ったみたいだもの(^^♪
Commented at 2010-01-14 08:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanako-729 at 2010-01-14 09:06
franちゃん、おはよ!
わぁ~餅花作りやっぱり宿泊客も参加できるんだ。
参加したい人は一年後でも二年後でも予約しちゃうんだろうね~!
これに参加できると、いいことがありそう、願い事も叶いそうな気がする~笑
6枚目の降ってくるようなアングルもステキ…tutoさん激写?

今日も朝冷え込んでたね…お仕事がんばって~(^^ゞ
Commented by cooking2009 at 2010-01-14 15:32
franさん、こんにちは♪

日にちによっては1年前から予約でいっぱいになってしまうというのに、キャンセルが出ただなんて!
franご夫妻と、明日香さんの起こした奇跡ですね~♪

そしていつもながら、美しい写真に圧倒されました。^^
俵屋さんのお話、続きを楽しみにしています!
Commented by starofay at 2010-01-14 17:21
前回の俵屋さんの記事を読んでから、ずーっとあこがれていたんです。最近もらった婦人画報の記事にも載っていて、なんて素敵な世界があるのだろうと思っていたら、明日香ちゃんなんてラッキーなのでしょう。いつか、一度行ってみたいです。多分娘が大きくなってからでしょうけど、夢ができました。
Commented by panipopo at 2010-01-14 22:31 x
俵屋さんのお話、聞いたよ~!
最高だったって!建物やお料理、そしてしつらえ品や調度品もピカイチ素晴らしいけれど、申し分ないさりげないサービスが最高だったって!!!
この写真からもそれが伝わってくる気がするね。さすが明日香さん、強運の持ち主だったのね☆
Commented by fran at 2010-01-14 23:35 x
nanakoちゃん、今日は寒かったね~^(@_@。

早く帰って続きをアップしようと思っていたのに、途中で人身事故が発生して
電車の中に50分も閉じ込められてしまったよ・・・・・
早く帰れると思った日に限ってこういうことがあるんだよね・・・とほほ

ああ~、言われてみればそうかも♪
確かに餅花作りに参加できたら、一つ一つお願いしながらお餅をつけて・・
願い事がかないそう~~♪
Commented by fran at 2010-01-15 00:03 x
こんばんわ♪  cookingちゃん(●^o^●)

うん、きっと私たちじゃないわ(笑)
明日香ちゃんだよ!!

俵屋さんはどこを撮っても絵になるのよ(^^ゞ
こうして帰ってきてから写真の整理をすると思い出して
また行きたくなるの(笑)

ごめんなさい! 今日はアップしようと思って早く会社を出たんだけど
途中で人身事故があって電車の中に50分も閉じ込められてしまったの。

明日は金曜日だからきっちりアップしますので
また遊びに来てね!
Commented by fran at 2010-01-15 00:04 x
ありがとう、かおりちゃん。

本当にそう言っていただけて嬉しいです(^^♪
ブログをやってて良かったなと・・・・・。

ええ、きっときっと来て泊ってみてね。
日本に住んでいる私たちでさえも日本っていいなぁ~と思いますから(笑)

「安眠できること。おいしいもの、身体にいいものがたべられること。清潔であること。これがベーシックであり、
その上にサービスや雰囲気がある」
とご当主がどこかでお話されていたのを読んだことがあります。

華美ではないんですね、でも不足もない。
サービスも慎ましやかです。

明日香ちゃんは強運です!
この餅花やお正月の俵屋さんは、私は一番美しい季節の一つだと
思うのね、そう長く滞在出来るわけでもなかったのに
本当に私たちも嬉しかったのよ(^^♪
Commented by fran at 2010-01-15 00:04 x
パニちゃん、こんばんわ(^^♪

浅草はどうだったの?
浅草寺や雷門に行ったんでしょう?混んでなかった?

京都はとっても天気にも恵まれたのよ、暖かだったから
動きやすかったの(^^♪

私、きっとものすご~~く寒いと思ってスキーに行く時のような
分厚いタイツを履いていったらブーツのファスナーが上がらなくなって・・・

夜の祇園を宿で借りた下駄であるいたの(>_<)
上はダウンのロングコートで重武装なのに足元は下駄(爆)

おかげで喫茶店に入ることさえ出来なかったわ(汗)
Commented at 2010-01-15 16:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fran at 2010-01-16 10:20 x
おはよう~、鍵コメちゃん(●^o^●)

そうよ! 考えないことが一番よ!
また、どこかへ食べに行こうよ(^_^)v
<< 俵屋  その二 「京懐石 下鴨 吉泉」 >>