ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
京料理えのき
今回の京都最後の夕食は、京料理えのきさんでいただきました。
えのきさんに伺うのは久しぶり・・・2年ぶりくらいです。
”京料理えのき”は料亭の”土井” ”わらびの里”の総料理長を歴任され、食物史学研究家として多くの著書や大学での講師も務められる、榎木伊太郎さんが2003年にオープンされたお店です。
d0150287_22301154.jpg

                                      紫陽花豆腐
d0150287_22312542.jpgd0150287_22314152.jpg

  白魚の揚げ物 一匹ずつ揚げてあります。          ほたる烏賊の塩辛(沖付けのような味)美味しい!!
d0150287_22341690.jpgd0150287_223428100.jpg

  この可愛い器の中は・・・・豆乳・・・湯葉です。
d0150287_22351255.jpgd0150287_22352883.jpg

  鮑、そら豆、粽すし、小さい柏餅                大根と蛸の柔か煮・・・これは本当に美味しかった016.gif
d0150287_22363829.jpgd0150287_22365613.jpg

d0150287_22493242.jpg

湯気で中が写せません!お吸い物の中に軽く焼いた雲丹。
  
磯の香りがプーンと!! 
   
カウンター前の壁に 比叡山延暦寺法務部部長 中山玄晋氏筆の
李白の『月下獨酌(どくしゃく)』の漢詩が。 頭を悩ませ(?)ながら
読んでいると、読みますか?と
解説書を差し出して下さいました012.gif

天 若(も)し酒を愛さずんば酒星(しゅせい) 天に在らず

地 若し酒を愛さずんば地 応(まさ)に酒泉(しゅせん)無かるべし

天地 既に酒を愛す酒を愛するも 天に愧(は)じず

已(すで)に聞く清は聖に比すと復(ま)た道(い)う濁(だく)は賢(けん)の如しと

賢聖(けんせい) 既(すで)に已(すで)に飲む何ぞ必ずしも神仙を求めんや

三杯 大道(たいどう)に通じ一斗 自然に合(がっ)す

但(た)だ酔中(すいちゅう)の趣を得んのみ醒者(せいしゃ)の為に伝うること勿(なか)れ

日本語の訳・・・大阪弁で実感があります。李白の『月下獨酌』其の二です。楽しいので是非!! 注・・お酒の漢詩にあります。

漢詩のお勉強もしたし、また美味しいものに戻ります003.gif              
お造り 鯛、車海老、鮪、鯛の皮を焼いたもの         薄い味で煮た海老芋に荒くすり潰した海老を巻いて揚げた物053.gif
d0150287_2240315.jpgd0150287_22402763.jpg

  今回は、ずうっと日本酒です。                  皮をサッと炙った生の鱧 ふわふわしています!
d0150287_22412085.jpgd0150287_22413730.jpg

  雪玉のような真ん丸の器、中は鱧の焼き物  下に敷いた小石が熱い。
d0150287_22422144.jpgd0150287_2242437.jpg

  お椀   筍と蕗、鱧
d0150287_22433475.jpgd0150287_2243556.jpg

  紫雲丹                              ご飯です。
d0150287_22445679.jpgd0150287_22451656.jpg

  デコポンのゼリー
d0150287_2246665.jpg

美味しかった~!!

えのきさんのお料理は日本酒と相性が最高にいいんです。
ほたる烏賊の塩辛は絶品でした。franはこれでご飯が食べたい!

海老芋と海老の揚げ物、大根と蛸の柔煮・・・
いま、こうして記事を書いているだけで、franはパブロフの犬状態です012.gif
by franandtuto | 2008-05-10 23:59 | 京都食べ歩き | Comments(6)
Commented by itacha at 2008-05-11 17:47
これって、出された順番ですか?だとしたら随分、個性的な構成ですね。
酒にあうというのが良くわかる。私ならガンガン飲みますね!(汗)
Commented by fran at 2008-05-11 18:25 x
itachaさん。
出された順番は、一つだけ違っています(間違えた^^;)
焼雲丹のお吸い物が大根と蛸の柔煮の前に入ります。
あとはそのまま、この順番です。

お酒が進みますよぉ~!私は普段、ビールを一本とお銚子一本くらいしか飲めないのですが、この日はお銚子を二本飲みました。

”土井” ”わらびの里”どちらも薄口の味付けの料亭なんですが、
初めて”えのき”さんに伺ったとき、そんな先入観があって伺ったのですが、以外な構成で正直驚いたんです。
味も、メリハリは利いていて、塩辛や蛸の柔煮などは、京都で口にしたことがない程、濃い口の味付けです。
で、お吸い物や煮物は、京都らしく、本当に柔らかな薄口です。

相乗効果というのか、くっきり味が鮮明で今こうして記事を書いていても、一つ、一つの料理の味が口の中によみがえります。
パブロフの犬は正にホントなんです。
ここは、ご飯というより、飲み!です。
最後の〆は、やはりここと最初から決めていたんですよ(=^・^=)


Commented by ぱにぽぽ at 2008-05-12 19:36 x
見ているだけで、ごちそうですね~!
何もかもおいしそうですね。それしか形容詞が浮かんでこないの。。。
こんなふうに食べ歩きができるfranさん、とってもラッキーだわ。
それにしてもよく写真を撮る暇がありましたね?きっと心の余裕かな?
Commented by fran at 2008-05-12 22:50 x
ぱにぽぽさん。体調は良くなったの??
あまり、無理しないでね。少しづつ前のペースに戻して!!

頑張りすぎちゃったんだよ、きっと。

あは(^_^;) 確かにねぇ~ラッキーかも。
私は、絶対に食べられない物って、ないの。

極端なものは別だけど、普通に人が食しているものなら。
これって、幸せなことだと思います(=^・^=)

京都って、私にとっては食べるところなんですが、生意気言うと、京都の
食事には、文化とか、思想とか、美学とか、京都の全てが凝縮されているような気もするの。

料亭は大人の遊園地! 子供の心と、大人の財布を持って遊びに行く処と、どこかの料亭のご主人が言ってました。

写真は、意識して撮っているんです(笑) 意識していても、食べてしまうこともよくありますよ!


Commented by MR at 2010-03-12 15:46 x
私も社用で良く利用させていただいてます。とても良いお店で、接客の丁寧さも、お味も文句のつけようのない最高の料理屋さんです。接待でお客様を連れて行く度に、感動して喜んでいただいており、毎回自信を持ってお連れさせてもらってます。気に入ってくれるお客様がプライベートでも利用するようになったとも、連絡をいただいております。えのきさんの大将や女将さんの人柄の良さもさることながら、毎回行く度に、その季節の気の効いた丁寧なお料理で、見た目も味も楽しませていただいております。また近いうちに利用させていただくと思いますので、またよろしくお願い致します。
Commented by fran at 2010-03-13 10:37 x
初めまして ようこそMRさん、franです。

えのきさん、美味しくて最高ですよね~♪
この時はまだカメラが古いコンデジだったので
お料理があまりキレイに撮れてなくて残念なんです(笑)

今度はご主人の許可がいただけたらデジイチで素晴らしいお料理の写真を撮らせていただかないと勿体無いと思っていました。

私たちも、今年はまた伺おうと思っています!!
<< YUKEI SALON DE THE  陶然亭 >>