ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:食べ歩き( 126 )
EdiTion Koji Shimomura (エディション・コウジ シモムラ)
多分、春の頃でした。
お友達が誘ってくださって六本木のエディションでランチをいただきました。
バターやクリームを殆ど使わず、素材本来が持つ味や香り、食感を存分に引き出したフランス料理のお店です。
この写真は他のお客様が皆、お帰りになられてから撮らせていただいた写真です。
d0150287_2344535.jpg

アミューズ
d0150287_23461523.jpg

カメラの調子が悪くてボケボケですがとても可愛いので・・ごめんなさい!目が回りそうですねemoticon-0107-sweating.gif
d0150287_23471356.jpg

d0150287_2349418.jpg

前菜  スペシャリティ、海水で軽く火を通した牡蠣の冷製・海水と柑橘のジュレ・岩海苔風味
d0150287_23501941.jpg
d0150287_23522415.jpg

カダイフを纏った的鯛のフリット ブロッコリーのピュレ
d0150287_23543057.jpg

d0150287_2355350.jpg
d0150287_23552918.jpg
d0150287_23561268.jpg
d0150287_23583113.jpg
d0150287_2359912.jpg
エスプレッソのプリン
d0150287_23595964.jpg

あの・・・私の腕が悪くてが一番の原因なのですが、この日はカメラのご機嫌が悪くごめんなさい!
食後に
下村シェフが企画開発したテーブルウェアシや、テーブルまわりの逸品を紹介していただきましたemoticon-0159-music.gif
これは先程のエスプレッソのプリンが乗せられていたものの足のないバージョンですね!こうしてシャンパンにかぶせてまわりにグラス!私もやって見たいです!!
d0150287_052817.jpg
d0150287_0102022.jpg

このオブジェは各テーブルに飾られているのですが、確かシェフが修行された海外の・・・・どこかから(汗)から買い付けてこられたそうです。
金属で作られたものなのだそうですよ。 素敵ですよね!
d0150287_0104171.jpg
d0150287_0134065.jpg
d0150287_0202172.jpg


エディション・コウジ シモムラ
東京都 港区 六本木 3-1-1 ティーキューブ 1F
03-5549-4562
by franandtuto | 2015-12-07 00:20 | 食べ歩き | Comments(16)
APICIUS(アピシウス)
本当のバースデイは9月だったのですが3人の予定が合わず、今になってしまいました。
今年のお誕生日は有楽町のAPICIUS(アピシウス)さんでいただきましたemoticon-0166-cake.gif
今回は白い個室 サロンパールに席を用意していただきました。
1983年の創業当時からアピシウスを彩ってきたマリアテレジア型のシャンデリアが使われています。
一つ一つのシャンデリアパーツが大きくて豪華なフルレッドのシャンデリアです。
d0150287_15192668.jpg

サービスプレートは大倉陶園のエンボスですね。
d0150287_1531423.jpg

さて、アピシウスで食事と言って真っ先に思い出すのはこのオリーブです!
こんなに沢山と思うのですが、ついついお代わりまでしてしまいますemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_15341423.jpg

最初のお皿は新潟産のなめことエスカルゴ、鮃とじゃがいものペースト  
d0150287_15343810.jpg

おめでとうの飲み物は飲めない二人はDomaine Dupont Jus de Pomme Petillant
d0150287_15394718.jpg

カルヴァドスのデュポン家のスパークリング・アップルジュース・微発泡のジュース。
カルバドスやコニャックに使用する品種を使い無添加で作るジュースです。
飲める私はもちろんローラン・ペリエをいただきましたが・・・
d0150287_15401315.jpg
d0150287_15415974.jpg
d0150287_15421455.jpg
アピシウスのスペシャリテ、雲丹とキャビアのカリフラワームース、コンソメジュレ(高橋徳男氏へのオマージュ)
d0150287_15424924.jpg
鴨のフォアグラのポワレ オージュ渓谷の香り
表面はしっかりと焼色が付いて香ばしく中はレアなフォアグラ、上にソテーしたりんごと
ソースはカルヴァドスを使ったソースです。
d0150287_15494554.jpg

鵞鳥のフォアグラのテリーヌ とこにわの花のゼリー・・・これはお酒のセリーですよ!
d0150287_1553632.jpg

フォアグラに合わせてソーテルヌをいただきました。ワイングラス一杯に葡萄の木一本分のぶどうだそうです。
d0150287_15555366.jpg
d0150287_160156.jpg

コースに追加して、ここでしかいただけない海亀のスープをハーフポーションでいただきました。
小笠原母島の海亀のコンソメスープ シェリー酒風味
d0150287_1610625.jpg
金目鯛のヴァブール いか墨ソース 金目鯛の下にはホタテのムースとブロッコリーとかぼちゃのエキストラヴァージンオイル風味
d0150287_16212618.jpg
スペシャリテ 国産黒毛和牛ロース挽き肉の半生ステーキ ビトークアピシウス風
d0150287_16241536.jpg
 国産黒毛和牛フィレ肉のポワレ 白ワインのボルドレーズソース
d0150287_16281835.jpg
d0150287_16283692.jpg
d0150287_16285520.jpg
d0150287_16294587.jpg
d0150287_16301547.jpg
フランス産のナチュラルチーズをワゴンから選んでいただきます。
d0150287_1635549.jpg

前にも書いたことがあると思うのですが、私はチーズではこれまで失敗をかなりしておりますので
これはスルーしようかと思ったのですが、失敗してそこでやめたらいけないのですって!
食べやすいのを3種類選んでいただきましたemoticon-0136-giggle.gif手前はフレッシュチーズに蜂蜜をかけていただきました。 どれも美味しかったです!
d0150287_16364736.jpg
tutoは一番クセのないブルーチーズ
d0150287_1643990.jpg

ここでカトラリーとナプキンが変わります。 ナプキンはホワイトから優しい色のブルーに
これはクリストフルのスパトゥールですがなんとゴールドプレートです。 実際にこうしてお店で使うのは初めてです。
d0150287_16532533.jpg

デセールのセレクション 季節のケーキとアイスクリーム、シャーメット、フルーツ
d0150287_16553937.jpg
バニラアイスクリームとマンゴーのシャーベット
d0150287_1657734.jpg
和栗のパウンドと一番人気なにだそうですよ!タルトタタン。
d0150287_16574535.jpg

炭を練り込んだ生地に洋なしのロールケーキ
d0150287_1705648.jpg

ミニャルディーズとコーヒー
d0150287_1714650.jpg

このワゴンを楽しみにしていたのですが、流石にもうどこにも入る余地がなく、どうして胃が一つしかないのか
恨めしい気持ちで私は我慢。 でもせめてお味だけでもとtutoはいただきましたよ!
d0150287_1741614.jpg


どれもとても美味しかったですemoticon-0152-heart.gif
d0150287_1782949.jpg



アピシウス (APICIUS)

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館ビル地下1階
03-3214-1361

11:30~15:00(L.O.14:00)
17:30~23:30(L.O.21:00)
定休日 日曜日
by franandtuto | 2015-11-08 16:00 | 食べ歩き | Comments(12)
村上開新堂 創業140周年記念ケーキ
d0150287_23102850.jpg

明治7年(1874年 )創業の村上開新堂さんは今年 平成 26年(2014年)140周年を迎えられました。
140周年を記念して村上開新堂さんの伝統の味、抹茶と三代目の村上二郎氏が好んで使われた唐草模様のケーキです。
d0150287_23274044.jpg

村上開新堂さんの洋生菓子の賞味期限は当日です。
ケーキだけを受け取りに行くことも、もちろん可能ですが、開新堂さんまで行って食事をしないで帰るなんて
そんなことはとても出来ませんemoticon-0102-bigsmile.gif
ランチをいただきましたemoticon-0159-music.gif
d0150287_23392065.jpg

今回はワインのこと、ワイングラスの形状のお話などをソムリエのOさんに教えていただき
美味しいお料理をいただきながら、ワインの勉強をさせていただきましたemoticon-0152-heart.gif

この赤ワイン 左がボルドーのTALBOT。 右の透明感のある方がブルゴーニュです。
並べて飲み比べさせていただいたのです。
見た目のようにブルゴーニュはピノ・ノワール種のワイン。ボルドーは味に厚み・・深み・・
どういう表現をしたらいいのかわからないのですがまろやかなよく熟れたような美味しいワインでした。

同じ赤ワインなのにグラスの形が違います。
ワイングラスって本当にいろいろな形のワイングラスがありますよね?どうしてなのか
どれを選べばいいのか(自宅用に)私は全くわかりませんでした。
ワイングラスの形はその土地土地のワインの香りを最大級に生かすためなのだそうですよ!
d0150287_23521852.jpg
食用ほおずき 飴がけと思いますよね? ゼリーなんですよemoticon-0159-music.gif 
このプレートは創業140周年を記念して有田の深川製磁で作成された唐草模様のプレートです。
d0150287_13533771.jpg


140周年記念ケーキと生菓子全15種類入り詰合わせ
d0150287_1423285.jpg

並べると
d0150287_1429149.jpg
140周年記念のケーキに使われているお抹茶は巣鴨の冠城園(かぶらぎえん)さんに配合していただいている抹茶なのだそうです。
d0150287_14313667.jpg

明治7年に開店した村上開新堂さんの生菓子は現在も15種類作られて、夏を除く季節に販売されていますが
今回は140周年記念の各一個ずつのセットをいただきました。
全種類を口にするのは初めてですemoticon-0152-heart.gif
d0150287_14472870.jpg
明治7年に開店した頃は日本人が洋菓子の味に馴染みがなかった為、日本人の口に合うお菓子とは・・・・・
初代のからの問いかけが代々受け継がれたとのこと、
この問への答えが長い年月の末、今の村上開新堂さんの洋菓子やクッキーの味になっているのですね。
一つずつご紹介しますね!

emoticon-0155-flower.gif明治期から作られているシュークリーム。
一口大5種の味のベビーシュークリーム。このスタイルが完成したのは昭和10年代のことだそう
杏・カスタード・抹茶・チョコレート・コーヒーの5つの味です。
d0150287_14562195.jpg

emoticon-0155-flower.gifりんごのクリームを挟んだトンネル型のケーキ
d0150287_158199.jpg

emoticon-0155-flower.gifアーモンドペーストが入ったイタリア風パウンド
d0150287_159374.jpg

emoticon-0155-flower.gifコーヒーのビスキュイにコーヒークリームのケーキ。 コーヒークリームのネックレスが可愛いですね!
d0150287_1511367.jpg

emoticon-0155-flower.gifラム風味のシロップ漬 ブリオッシュ
d0150287_1514573.jpg

emoticon-0155-flower.gifフルーツケーキ
d0150287_151543100.jpg

emoticon-0155-flower.gif杏ジャムを挟んだパイ
d0150287_1516364.jpg

emoticon-0155-flower.gifスィートポテト
d0150287_15175913.jpg

emoticon-0155-flower.gifヴァニラシロップで煮た栗を焼きこんだパウンドケーキ。村上開新堂さんのお菓子には
自家製のヴァニラエッセンスが使われているのだそうです。
d0150287_15185386.jpg

emoticon-0155-flower.gifパイナップル風味の焼き菓子
d0150287_15222835.jpg

emoticon-0155-flower.gif杏ジャムを5層に挟んだビスキュイ
d0150287_15231697.jpg

emoticon-0155-flower.gifカリッっと焼き上げたアーモンド菓子
d0150287_15244241.jpg

emoticon-0155-flower.gifパイナップルクリームのパイ
d0150287_15255191.jpg

emoticon-0155-flower.gifチョコレートをかけたマロンクリーム入りブッセ
d0150287_15265033.jpg

emoticon-0155-flower.gifシトロンクリームのミルフィユ
和紙に包まれています。開新堂さんの生菓子はデコレーションされたお菓子を除き、
全てこのように一つ一つ和紙に丁寧に包まれています。5つの味のベビーシュークリームもそうなんですよ! 
d0150287_15282437.jpg


1868年(慶応4年・明治元年)に初代の村上光保氏が国家政策の一環として
洋菓子製造技術習得を命じられたことが、村上開新堂の歴史のはじまりだそうです。
明治16年11月28日に落成した鹿鳴館の洋菓子の製造一切を担当されたのも村上開新堂さんでした。

偶然雑誌の写真で見た 陸奥宗光夫人の 陸奥亮子氏の美しさに思わず魅入ったことが始まりの
私にとっての鹿鳴館は
鹿鳴館の舞踏会を描いた浮世絵や三島由紀夫の小説などだけですが
村上開新堂さんが鹿鳴館の洋菓子を担当されていた明治のその頃に想像(妄想? 笑)の翼を広げながら
興味深く、美味しくいただきました。
by franandtuto | 2014-11-16 16:23 | 食べ歩き | Comments(12)
上野の杜 韻松亭(いんしょうてい)
上野公園内にある創業が明治8年の韻松亭(いんしょうてい)さんです。

明治6年、政府は都市公園建設を計画し、上野公園を開園しました。
公園を訪れる市民のために飲食施設を民間に委託して作らせた飲食店のうちの1つがこの韻松亭なのだそうです。
d0150287_2142546.jpg
d0150287_21422222.jpg

建物自体は明治8年のものがそのまま使われていますが内部は2003年にリニューアルされています。
桜の季節は素晴らしいだろうなどと話しながら玄関へ
d0150287_21461050.jpg

二階のカウンター席です。
d0150287_21464465.jpg
カウンターの前はガラス張りで、窓の外には縁側が広がって大きな桜の木と篝火を見ながらお食事がいただけます。
d0150287_2151029.jpg

手作りの豆腐や湯葉などの豆料理や地鶏のすき焼きなど魅力的ですが、今日は会席をいただきましたemoticon-0100-smile.gif
歩いて喉が乾いていたので最初はビールを
d0150287_21531853.jpg

先付 ホタテ、黄菊、胡瓜、畑占地(ハタケシメジ)のかぼすジュレ掛け
d0150287_21563288.jpg
八寸 柿釜、あん肝、子持ち鮎生姜煮、棒寿司、焼丸十
d0150287_21574788.jpg
d0150287_215863.jpg
才巻海老
d0150287_21583683.jpg
この辺でお酒に
emoticon-0102-bigsmile.gifお薦めの福岡県井上合名会社の三井の寿 ひやおろし 秋純吟 ポルチーニ -porcini-をいただきました。
とても香りのいいお酒です!
d0150287_215983.jpg
d0150287_2245357.jpg

椀  
d0150287_22810100.jpg
名残鱧、松茸、小蕪、紅葉人参、軸菜、柚子
d0150287_2283497.jpg


造里 
d0150287_229386.jpg

少しずつ空が暗くなってきましたよ!
d0150287_2294434.jpg
凌ぎ きび万頭(百合根、栗、銀杏、穴子)銀餡、柚子 
d0150287_22104893.jpg
焼物  鰆柚庵杉板焼
 
d0150287_2214255.jpg
椎茸、かぼす、芝漬けおろし、生麩田楽
d0150287_22142551.jpg

煮物 
d0150287_22144472.jpg
d0150287_221641100.jpg
厚揚、大根、里芋、百合根、海老、柚子味噌掛
d0150287_22152610.jpg

ご飯 秋刀魚ご飯 生姜、牛蒡、浅葱
d0150287_22161916.jpg
お腹がいっぱいで少しだけいただいて、あとはお土産にしていただきました・・・意外ですかemoticon-0102-bigsmile.gif

韻松亭さんのお茶は「おからのお茶」なんです。 おからを二時間ゆっくり弱火で煎ったお茶だそうですが
大豆の甘みがあって美味しいお茶です。
お家でも作れるそうですよ! 私も今度作って見ようemoticon-0159-music.gif
d0150287_22215763.jpg


水菓子
d0150287_22222210.jpg


ゆっくり食事していたら、ライトアップされています。
カウンター前に出て見たかったのですよemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_22275928.jpg

春のお花見をここで・・・・と想像してしまいます!
何年も前から予約でいっぱいになってしまうので、今はその年に初め(1月?)から予約を開始しているとのことです。
d0150287_2227154.jpg

リニューアル時には明治8年に建てられた建物と、当時の雰囲気を残すことに大変苦心されたそうです。
d0150287_22314812.jpg
d0150287_22315956.jpg
d0150287_22321821.jpg

楽しかった! 広くでゆったりのカウンターは思いの外快適でした!
個室で食事していると錯覚してしまいそうでしたemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_2312950.jpg


韻松亭さんのあるこの上野公園は小高い山で明治維新までこの山全体が江戸時代の初め、徳川家光によって建立された山号は西の比叡山に対して江戸の鬼門(北東)に当たることから「東叡山」と名づけられた寛永寺というお寺の境内だったそうです。

寛永寺の鐘楼は今も韻松亭さんの裏手にあって、

浅草寺の鐘と共に寛永寺の鐘は『花の雲 鐘は上野か 浅草か』と松尾芭蕉の句にも詠まれるほど有名で
韻松亭というお店の名前の由来は寛永寺の鐘楼に近く、
その音が松に韻(ひび)く様から名づけられたのだとか。

横山大観が一時この韻松亭さんのオーナーだったとHPで読んで、日本画家の横山大観がどうして?
と思いましたがとてもこのお店が気に入って、お店ごと買い取ってしまった事があったのだとか・・・・
ホントかな~emoticon-0140-rofl.gif

韻松亭 (いんしょうてい)
東京都台東区上野公園4-59
03-3821-8126


今週もまた台風ですね。
みなさま、いかがお過ごしですか? 東京も雨足が強くなってきました。
これから明日朝までが一番近づくようです。

今日はtutoも台風で交通機関が乱れることを心配して早く”tutoの巣”に戻り、息子も今夜は留守です。
アレバロと3ニャンでちょっと心細いです(笑)

夕方から、ママンちゃんからいただいてとても美味しかったタラッリーニを作って
一人でワインを楽しみましたが・・・・・誰か遊びに来ないかなぁ~と考えましたが
こんな日にね~emoticon-0101-sadsmile.gif

タラッリーニは近々記事にしたいと思います。
by franandtuto | 2014-10-13 23:10 | 食べ歩き | Comments(12)
ダロワイヨ 銀座本店 (DALLOYAU)
すごい雨ですね! みなさまのお住まいの辺りはいかがでしょうか?
週末に帰宅していたtutoも今日は午後の早い時間に ”tutoの巣”に戻りました。

土曜日のことですが、ダロワイヨ 銀座本店 (DALLOYAU)でランチをいただきました。
この日は早い時間(5時)に夕食の予約をしていたので、軽くランチをいただくつもりだったのですemoticon-0100-smile.gif
ダロワイヨ銀座本店は1階がパン、ケーキ、アイスクリーム、ギフトなどのテイクアウト
2階はイートインスペースです。

軽い食事や平日限定ですがケーキビュッフェが開催されています。
ランチは7~8種類のメインの中から選べますよ!

d0150287_23521652.jpg

飲み物はコーヒー、紅茶、グラスワイン(赤、白)の中から選びます。 ワインはうれしいですねemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_23543573.jpg

前菜 左からパストラミ、テリーヌポワゾン、生ハム
d0150287_23551718.jpg
パン
d0150287_23585883.jpg

メイン 海の幸グラタン
d0150287_2358624.jpg

海老と帆立のポワレソースピストー
d0150287_23583282.jpg
d0150287_23584332.jpg

デザート アプリコットタルト
d0150287_23595291.jpg

紅茶
d0150287_001062.jpg


ランチと書きましたが、ディナータイムももちろんあって、でもメニューは同じだと思います多分emoticon-0100-smile.gif
予約なしでも行けるし、銀座で軽く美味しいものをいただきたいとき前菜・パン・メイン・ドリンク・ケーキの
このランチセットはぴったりですよね。
by franandtuto | 2014-10-06 00:13 | 食べ歩き | Comments(14)
インペリアルバイキング サール(THE IMPERIAL VIKING SAL)  
毎年恒例の誕生月の食事は私も今年はどこに・・・・とお店を決めるのも楽しみなのですが
今年は主役二人のリクエストにより日比谷の帝国ホテルのバイキングでしたemoticon-0102-bigsmile.gif

言われて気付いたのですが、二人は日比谷の帝国ホテルのインペリアルバイキング サールに行ったことが無かったのです。
夕方、六本木ヒルズや日比谷公園の盆踊りの会場を散歩しながら帝国ホテルへ
d0150287_22414774.jpg

本館 17Fです。
d0150287_22424189.jpg
d0150287_22432582.jpg
d0150287_22435178.jpg
ここですよ~!
d0150287_093796.jpg
d0150287_0102180.jpg
d0150287_0113727.jpg
席から見ると手前(右)がスイーツのコーナーです。
d0150287_0115090.jpg
d0150287_015184.jpg
カクテルグラスの中は桃のスープですよemoticon-0100-smile.gif
d0150287_0153254.jpg
ローストビーフ
d0150287_0165340.jpg
こちらはエンドカットです。
d0150287_0172834.jpg
あれ? ・・・・お料理は時計回りに前菜から並んでいるのですが
一番最後にお子様が好まれるようなメニューが並んでいるのですけれど。
約一名 順番を間違えたようですね・・・・因みに頭の中にいくつもの????が並んだようです(笑)
d0150287_0213988.jpg
入れ方が下手でクラスのまわりを汚してしまいました! 冷製コーンスープです。 おとなりは、大正時代から受け継がれている帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風です。
d0150287_024846.jpg
d0150287_0333134.jpg
d0150287_033519.jpg
カレーもついemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_0341025.jpg
もうお腹がいっぱい!
d0150287_0345844.jpg
d0150287_0351057.jpg
アイスクリーム
d0150287_0353072.jpg
d0150287_0354134.jpg
d0150287_0355888.jpg

今年のバースディ月も終わり! 一年って早いね~などと話しながら来た時と違ってゆっくりの足どりで出口けと向かいましたemoticon-0102-bigsmile.gifこれは鏡に映った夜景です。
d0150287_041589.jpg

d0150287_0415794.jpg


この週末は久しぶりにお天気に恵まれた三連休でしたね。
土曜日に洗濯物をいっぱいベランダに干して出かけたら、突然真っ暗になって雷も・・・・・
あわてて帰宅しました!
by franandtuto | 2014-09-16 00:45 | 食べ歩き | Comments(19)
ビストロ 「ブノワ(BENOIT)」 青山
急に涼しくなって戸惑いますが、夜は寝やすくてうれしいですね!

先週末のことなのですが、家族で青山のビストロ 「ブノワ(BENOIT)」でランチをいただきました。
私も久しぶりなのです、その頃はビストロではなくてフレンチのお店でしたが。
青山通りのラ・ポルト青山(1Fはピエールエルメ)の11階にあります。
[エレベーターで10階まで行ってこの螺旋階段を一階上がります。
10階はカフェ11階がビストロなんです。
ちなみにこの10階のカフェはブノワのフロントだと思っていらっしゃる方が多いのか穴場なんですよemoticon-0100-smile.gif
d0150287_21471244.jpg
d0150287_21535752.jpg
d0150287_21544024.jpg
中央のダイニングスペースではな、く階段横の可愛いお部屋に席を用意していただきました。
d0150287_2205525.jpg
天井のフレスコ画も素敵ですね。
d0150287_2231010.jpg

アミューズ グジェール(gougere)
d0150287_2217542.jpg
d0150287_22361120.jpg

前菜 サラダ・ブノワ“フォアグラ・ベーコン・鴨砂肝のコンフィ”
d0150287_22241283.jpg
パイ包みのパテ“パテ・アン・クルート
d0150287_22275548.jpg
エスカルゴのハーブバター風味 クルトン
d0150287_22242928.jpg
タスマニア産サーモンのマリネ 野菜のギリシャ風
d0150287_2227136.jpg

プリフィックスなのでそれぞれ好みのものをいろいろいただきましたemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_22353616.jpg
自家製パン・ド・カンパーニュ
d0150287_22371985.jpg

メイン   帆立貝のポワレ 白インゲン豆の煮込み
d0150287_22351175.jpg
仏産平目のロースト季節野菜トリュフソー
d0150287_22403946.jpg
真鯛のオーブン焼き 茄子のコンフィ
d0150287_22393375.jpg
晴れていたのにちょっと日が陰ったのでしょうか?
この窓際に座って外を見ると東京がパリに見えるかも・・・・(笑)でもそんな感じなんですよ!
d0150287_22432920.jpg
d0150287_22454850.jpg
d0150287_22472661.jpg

デザート 
d0150287_22484381.jpg

ババ アルマニャックとバニラ風味の生クリーム
d0150287_22494179.jpg
ブノワではラム酒の代わりに、アルマニャックとバニラ風味のクリームをたっぷりのせていただきます。
d0150287_22503173.jpg
ピーチメルバ“桃のコンポートとバニラアイス”
d0150287_22512088.jpg


一皿の量がたっぷりなので、お腹がいっぱいです! 
ブノワ(BENOIT)」 と言えばシンボルの「エッフェル塔」の模型。

エッフェル塔はフランス革命100周年を記念して、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建造されました。
ブノワのこのエッフェル塔は、万博に先立つ1886年にエッフェル塔建造計画のコンペティションにギュスターヴ・エッフェル氏が提出した5体のデザイン原案模型の内のひとつと言われているそうです。
d0150287_22543560.jpg

左上部にフランス革命の年1789。右に100年後の第4回万国博覧会の年1889がデザインされています。
と言うよりエッフェル塔のエッフェルが人の名前だったなんて!・・・ご存知でしたか?
d0150287_239352.jpg
d0150287_231142100.jpg
d0150287_23123919.jpg
この鴨はアラン・デュカス氏がフランスからお持ちになった私物だそうです。
3羽ともお名前があるんだそうですよ~向かって左からリリー、イルマ、フローラさんだそう・・・・女の子の名前ですねemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_23152190.jpg
螺旋階段上から下を見るとカフェが見えます。あのパンは焼きあがったばかりのパン・ド・カンパーニュですね。美味しそう~
そうそう!書き忘れていましたが、フローリングはヴェルサイユ宮殿の鏡の間と同じ柏材の床であったり、
古いモチーフのセメント格子やくるみ材のビストロテーブルなどすべてフランスから持ち込まれたのだそうです。
d0150287_23294228.jpg
d0150287_23171235.jpg
古い瓶や年代物の鉄の箱は、フランスの蚤の市でアラン・デュカスが自ら選んだアンティークです。
と説明してくださったのですがこれもそうなのでしょうか?
d0150287_23231650.jpg
d0150287_2323043.jpg
d0150287_2324591.jpg
d0150287_23235336.jpg
d0150287_23282485.jpg


青山「ブノワ(BENOIT)」
東京都渋谷区神宮前5丁目51-8 ラ・ポルト青山10F
電話 03-6419-4181
by franandtuto | 2014-08-31 23:28 | 食べ歩き | Comments(16)
ホテルオークラ東京 (虎ノ門)サタデー・サンデー&ホリデーブッフェ
土・日・祝日限定のサタデー・サンデー&ホリデーブッフェです。
ホテルオークラ東京本館5階(ロビー階)の「オーキッドルーム」では週によってテーマやメニューが替わる
ブッフェスタイルのランチ&ディナーがいただけます。
d0150287_1544876.jpg

週によってイタリアンだったり、フレンチだったりスパニッシュ、コンチネンタルなど。
7月は北海道フェアでした。
d0150287_1555061.jpg
ガラスの器はずわいがにと夏野菜の冷製カペッリーニ・手前はサーモンとブロッコリーなど季節野菜のテリーヌ
d0150287_157885.jpg
冷製コンソメと北海道産ポテトのパリソワール
d0150287_212282.jpg

d0150287_22315.jpg
ブッフェですがオークラはテーブル間も広くゆったり食事を楽しめますemoticon-0100-smile.gif
d0150287_293468.jpg
d0150287_211235.jpg
d0150287_21141100.jpg
d0150287_234418.jpg
そうそう手前はホッケを軽く昆布で〆たものです。ホースラディッシュとお醤油でいただきました。 ホッケの生は初めてでしたがとても美味しかったです!
d0150287_261348.jpg
北海道産サーロインのローストビーフ
d0150287_271050.jpg

わざわざここで・・・・とも思いますよね? カレーですemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_213437.jpg
すでにお腹はいっぱいですが、
d0150287_2161663.jpg
d0150287_2163440.jpg
ホテルオークラ絶対の1品の1つレモンパイ(左)創業当時から半世紀、何一つ変わっていない伝統の味は爽やかです。
d0150287_2174348.jpg
d0150287_2272882.jpg
d0150287_2274713.jpg
d0150287_2282087.jpg
d0150287_2284194.jpg


そう言えば、ホテルオークラのこの本館は建て替えが決まって、来年の8月末までの営業で現在の本館は閉館し、2019年春に新しく営業再開されるそうです。

本館ロビーやこのオーキッドルームの照明「オークラ・ランターン」はどうなってしまうのでしょうか?
ちょっと寂しいですね。
d0150287_2392262.jpg
d0150287_2394991.jpg

by franandtuto | 2014-07-17 02:42 | 食べ歩き | Comments(18)
ピエール・ガニェール (PIERRE GAGNAIRE) そのⅡ
“オマール・ブルー”の続きです!!
時間の経過と共に空はますます暗くなっていきますが、美味しいお料理に夢中で暗くなっていく空も
ときどきピカッと何やら光るものも現実味がありませんemoticon-0100-smile.gif

サマートリュフです。  きっとこのお米でリゾットを作るのでしょうねemoticon-0109-kiss.gif
d0150287_19482154.jpg
d0150287_19491452.jpg

オマール海老/フォアグラ/サマートリュフのラビオリ
d0150287_19493357.jpg


ソーテルヌ(貴腐ワイン)を効かせたフィーヌ・エルブのブイヨンを添えて
ルブロッションチーズをグラチネしたオマール海老、紫蘇の香るパンポール産白インゲン豆のスミタンと共に
和食のようですね!
d0150287_19553440.jpg


d0150287_19573027.jpg
d0150287_19574480.jpg
ボルドレーズソースをからめたオマール海老のロースト、ジロール茸のフリカッセ、
鴨砂肝のコンフィーとマグレ鴨の燻製、タンドリーの香るコライユ
d0150287_19581962.jpg
d0150287_19583537.jpg
ヴァニラ風味のオマール海老のロワイヤル
d0150287_19595599.jpg
d0150287_2051427.jpg
]ミュスカの香るマリニエール、ヴェルベーヌのジュレ、雲丹と枝豆と共に
d0150287_2004541.jpg


ひらめきのデザート
ほうじ茶の・・・・に抹茶のシート
d0150287_2045121.jpg
d0150287_2053814.jpg
d0150287_2055579.jpg
甘夏とハーブのジュレに、抹茶のフィナンシェを載せ、メレンゲの円環とミント
d0150287_2061386.jpg
スイーツはビーツのフロマージュブランで、スプーンの形のメレンゲ
d0150287_2063279.jpg
d0150287_207166.jpg
d0150287_2064818.jpg
d0150287_207124.jpg


次の予定もあったのに、
眺めが良くゆったりとしたフロアで美味しいお料理が次々にお皿にのって現れワクワク楽しんでいたら
考えていたよりずっと長い時間を過ごさせていただきました!

食後に店内を案内していただきましたemoticon-0159-music.gif
d0150287_20315065.jpg
d0150287_2032881.jpg

ここは個室です。
d0150287_20323763.jpg
d0150287_20325542.jpg

何と言っても圧巻なのはやはり この写真はテーブルからの一枚です。
d0150287_20333872.jpg
d0150287_20342726.jpg
d0150287_20344659.jpg


ごちそうさまでした!emoticon-0159-music.gif
d0150287_20362023.jpg


emoticon-0155-flower.gifピエール・ガニェール/ANAインターコンチネンタルホテル東京

港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル36階
電話: 03-3505-1185
最寄り駅:溜池山王駅[13]から徒歩約1分
営業時間:12:00~14:00(L.O.)18:00~21:00
by franandtuto | 2014-07-03 00:01 | 食べ歩き | Comments(15)
ピエール・ガニェール (PIERRE GAGNAIRE)
今にも泣き出しそうな空。 ちょっと怖いけど美しいですよね ANAインターコンチネンタルホテル東京36階から
d0150287_17222036.jpg

休みが合わなくて数日遅れのemoticon-0166-cake.gif
ANAインターコンチネンタルホテル東京36階のレストラン 「ピエール・ガニェール」
Menu Homard Bleu (ブルターニュ産オマール海老づくしのコース)をいただきましたemoticon-0102-bigsmile.gif

ブルターニュ産オマール海老は、“オマール・ブルー”と呼ばれているように、深い碧い色をしています。
d0150287_17464282.jpg

旬のオマール・ブルーを6月1日(日)から7月31日(木)までの期間、前菜からメインディッシュまで、
すべての料理をブルターニュ産オマール海老で構成したコースがいただけますemoticon-0100-smile.gif

d0150287_17495417.jpg
それでは
d0150287_17532370.jpg
ノンアルコールのスパークリングワイン ”1688 GrandRose”
d0150287_17572860.jpg

1688・・・気になりますよね~ 確か2011年ころの発売だったと思いますが
女子の好みそうな1688年のフランスに遡るロマンチックな諸説・・・・
例えばこんなもし一人なら思いは遠く17世紀のフランスに飛んでしまうかも(爆)
d0150287_1818404.jpg
私はこちらをいただきましたemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_18191167.jpg
d0150287_18192625.jpg
前菜の前にフェッテと呼ばれるフィンガーフード 左からウサギのリエット・生姜風味のサブレ・トリュフ風味のマロンペースト
d0150287_18293212.jpg
キュウリ
d0150287_18513412.jpg
冷たいキュウリにツナのペーストとごま油をつけていただきます。
d0150287_18522936.jpg
メニュー表の左のページはピエール・ガニェール氏 素敵な方ですね~
d0150287_1855451.jpg

オマール・ブルーはブルターニュ産なので、相性のよいブルターニュ産の食材をふんだんに使っているのだそうです。
 このバターはエシレ。
d0150287_18584236.jpg
パンです。 栗饅頭のように見えますが・・・・ああ、やっぱり忘れてしまった・・・・
エシレバターを使ったブリオッシュのような・・・・とお聞きしました。
d0150287_18592335.jpg
この上に蓋をするようにのっていたのがこちら、レーズン、アプリコット、イチジク、クルミ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオのパンに胡麻が香ばしくきつね色にローストされてサクサク!! 軽い口当たり、香ばしくていくつでも食べてしまいますemoticon-0102-bigsmile.gif
d0150287_1974130.jpg
このバケットはパリ本店の天然酵母を種継ぎしたものを使って焼かれているのだそうですよ 
d0150287_19102086.jpg


生姜の香るオマール海老のサルピコン、シードルを効かせたアーティチョークのムースリーヌ、グレープフルーツロゼのフォンデュと共に カルヴァドスのキューブ
d0150287_19141100.jpg
d0150287_19141516.jpg
抹茶シートで覆ったオマール海老のポワレ シャンパン風味、桃のコンポートとアーモンド
d0150287_19151020.jpg
クロッカンにしたオマール海老のモデストとアオリイカコリアンダー風味、ダンディー・ピッキーソースを添えて
d0150287_1916613.jpg
d0150287_19165693.jpg
d0150287_1917814.jpg
バジルの香るオマール海老のグリエ、そば粉のクレープ、ラタトゥイユのクリームと黒バルサミコを効かせたミニトマト
d0150287_1918235.jpg
d0150287_1918152.jpg


ピエール・ガニェール氏のお料理はお皿の数が多いのでも知られていますよね!
巨大になってしまいますので続きは次回に! お時間があったら遊びに来てくださいねemoticon-0102-bigsmile.gif
by franandtuto | 2014-06-30 19:22 | 食べ歩き | Comments(10)