ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
大阪でランチをいただ..
by franandtuto at 21:07
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 20:30
ミュウポッポさん、おはよ..
by franandtuto at 10:59
おはよう~nanakoち..
by franandtuto at 10:56
franさん、こんにちは..
by ミュウポッポ at 09:33
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 19:26
こんばんわ! 森の子ちゃ..
by franandtuto at 23:44
レイノー確か有名なブラン..
by morinokochaorin at 22:49
こんばんわ!nanako..
by franandtuto at 21:21
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 12:04
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:作ったお菓子( 132 )
Baci di Dama(バーチ・ディ・ダーマ)
バーチ・ディ・ダーマ「貴婦人のキス」と言う意味のイタリアのクッキーです。
d0150287_15532904.jpg

お友達にプレゼントしようかなと思って、いっぱい焼きました!
白いプレーンとチョコレート、抹茶三種類作りました。

どうでしょう? コロコロして座りが悪いです。 これは仕切りを作らなくては
持ち歩けないですね(笑)



d0150287_15460340.jpg


とても簡単に出来て、可愛いクッキーなので是非お試し下さい!

材料  

1)強力粉・・・・・・・・・50g
2)アーモンドプードル・・・50g
3)無縁バター・・・・・・・50g
4)粉糖 ・・・・・・・・・50g
5)チョコレート
※ 卵は入らないクッキーです
作り方
1)無塩バターを室温に戻す。 ポマードくらいの固さ

2)アーモンドプードルをクッキングペーパーに広げて低温130℃くらいのオーブンで
  軽く色がつくまで20~30分くらいローストします。
こんな感じです。冷ましておきます。



d0150287_15464040.jpg

3)強力粉とローストして冷ましたアーモンドプードル、粉糖、バターをボウルに入れて
スパチュラで切るように混ぜ合わせる。

4)③の生地が均一に耳たぶくらいの固さになったら、手でこねてひとまとめにし
  ラップに包み冷蔵庫で30分程度休ませる。

5)バーチ・ディ・ダーマは二枚のクッキーをチョコレートでサンドしますので
  同じ大きさの球を作ります。最初に二枚一組なので、出来上がった生地の全量を計ります。
  大体一個の大きさは5~6g程度。最初に均等に切り分けておくと形が揃います。

6)クッキングペーパーを敷いた天板に並べ

d0150287_15470095.jpg

 
7)160℃のオーブンで20分焼きます。 網に取って荒熱を取り
  湯煎で溶かしたチョコレートを挟んで出来上がり!102.png 

※ ココア、抹茶とも上記材料に5g程度、紛類に混ぜて生地を作りました。
  サンドするチョコレートは製菓用でも市販の板チョコでも大丈夫です。
  湯煎で様子を見ながら溶かして下さいね。絞れるくらいの固さがサンドする時に
  流れて汚れたりしないので扱いやすいです。

d0150287_15532012.jpg
d0150287_15531353.jpg
d0150287_16511937.jpg

d0150287_16514035.jpg

ちょっと写真が暗くなってしまいました!
アーモンドプードルをローストしたり、生地を丸めている頃は明るかったのですが
すっかり夕方! フラッシュを使わずに撮ったら思いの外105.png  
  


by franandtuto | 2017-09-20 16:53 | 作ったお菓子 | Comments(4)
コンフィチュール・ド・レ(confiture de lait)
あるものを作るつもりで、コンフィチュール・ド・レ(confiture de lait)を作りました。
今日は簡単なコンデンスミルクを使って101.png

本来、コンフィチュール・ド・レ(confiture de lait)は牛乳と砂糖とバニラを長時間
ジャムのように煮詰めて作るもので、ミルクジャムともいいますね。

コンデンスミルク
d0150287_10032775.jpg

鍋に入れて缶がすっかり隠れてしまうまで水を入れて
d0150287_09590816.jpg
コトコト・・・・
水が蒸発して少なくなったら差し水をしながら、時々コロコロと向きを変えて
今日は2時間半煮る?(茹でる?)ます。

d0150287_10003805.jpg
熱いうちに缶を開けると内容が吹き出して危険なので
冷ましてから缶を開けます。
こんな色になっています。
d0150287_10013747.jpg
クリームより、ちょっと固めです。
煮る時間を短くすると、もっと柔らかく、色も薄く仕上がります。お好みで!

d0150287_10015879.jpg

このまま、クッキーにはさんだり、パンに塗っていただいてもいいのです。

もっと煮詰めて生キャラメルにしたり、少し温めて生クリームか牛乳で
緩めてソースにしてケーキやクッキーの生地に混ぜ込んでも美味しいです。

コンフィチュール・ド・レはアメリカではミルクジャム
ラテンアメリカではドゥルセ・デ・レチェ。
イギリスのトフィークリームもそうかな?

もっと簡単に圧力鍋で作る方法や缶から容器に移してレンジで煮詰めるなど
作り方は様々です。

実は、私は電気ポットの中に入れて同じ時間放置したこともあります。
ただ、そのまま煮て缶が破裂したら怖いとか考えて、やはり前からの方法で
こうして煮ています(笑)





by franandtuto | 2017-09-02 10:31 | 作ったお菓子 | Comments(6)
グレープフルーツゼリー
d0150287_09534513.jpg
今週は一週間とても暑かったですね。
つい先日まで8月とは思えない程、涼しい日が続いて身体がすっかり慣れてしまったようです119.png

今日は夏の定番、グレープフルーツゼリーを作りました。

少し小さめのグレープフルーツだったので丸ごと器にしました。
d0150287_09540936.jpg
それでも器の容量よりもゼリー液の方が多かったので、グレープフルーツの器に入らなかったのは
カップに!
d0150287_09540262.jpg
切って見ます。
d0150287_09541738.jpg
いつもは、ホワイトを使っているのですが一緒に並んでいるルビーに目移りして
ホワイトとルビーを合わせて作ったので微妙な色ですね109.png 

実は今回間違えまして・・・・ゼラチンの量を・・・
固まって口にして気付きました。ゴムのようなんですよ~!!!

で、出来上がったゼリーをもう一度ボウルに戻して、入ってしまったゼラチンは動かしようがないので
グレープフルーツを絞ってゼラチンの量に合わせて追加し。再度器に流し入れて固めました。

ゼラチンは一度戻したものなら40~60℃くらいで溶けますので、
50℃くらいの湯でゆっくり冷めたら取り替えて液状に戻しました(汗)



d0150287_09543153.jpg



作り方は過去記事ですがこちらへ  ↓




by franandtuto | 2017-08-26 10:17 | 作ったお菓子 | Comments(2)
Dutch Baby (ダッチベイビー)
スキレットを使ってダッチベイビーを焼きました。
ちょっと涼しい日が続いているのでオーブンに近づいてみたのですが
ダッチベイビーは手軽に出来るけれど、暑いことを忘れていました!
d0150287_18281029.jpg
ダッチベイビーはパンケーキのことですが、食感はモチモチッとしたシューのような感じ。
簡単に出来て具材を替えると軽食にもなります。
今日はスタンダードなダッチベイビーです。

ダッチベイビーの材料は小麦粉と牛乳と卵。基本はこれだけで好みで少量の塩、砂糖などを入れますが
パンを焼く時と同じでお好みで!

材料  15センチのスキレット一つ分 (一枚分)

1)小麦粉・・・・・40g
2)卵  ・・・・・ 1個 
3)牛乳 ・・・・・50CC
4)塩 少々(好みで)
5)砂糖  少々(好みで)
※スキレットに種を流す時に有塩バターを使っているので、私は今回④と⑤は使っていません。

これがスキレットです。オーブンを予熱するときに一緒に入れて熱しておきます。
予熱が終わったらスキレットを取り出しバターを入れて溶かします。10gくらい
溶けて全体に行き渡ったら①の種を流し込みオーブンに戻し入れます。
200℃で約15~6分

d0150287_18234179.jpg
220度に予熱したオーブンの中で温めていますから触れると火傷をしますので要注意です!!
こう書いていて、失敗!と今気付いたのですが天板に直接スキレットを置くと
取り出す時に滑って危険なんです。滑らないシリコンマットを敷いてから乗せた方が安全です。

写真がブレブレなのでお見せしたくないのですが・・・見ます?105.png
d0150287_19101764.jpg
焼き上がりました! とても熱いのでコルクの鍋敷きです。
d0150287_18204921.jpg
このままいただいてもいいのですが、さっきから何度も書いていますが火傷が怖いのでお皿に移します。

d0150287_18250953.jpg
ホイップバターをのせて塗り広げます。レモン汁を絞り粉糖をかけてダッチベイビー出来上がり!

d0150287_18281029.jpg

d0150287_18270147.jpg
生憎レモンを切らしていたので、今日は冷蔵庫にあったライムで代用しました。
手前がホイップバターです。
d0150287_18261721.jpg
ホイップバターは簡単に作れますので是非作って見て下さいね!

ホイップバター
材料
1)有塩バター・・・・・・100g
2)生クリーム・・・・・・200CC

①バターを室温に戻してポマード状にする。
②生クリームを入れたボウルを氷水で冷やしながら泡立てる8分立よりもう少し固め
 ホイップしすぎると分離してしまうのでバターと混ぜ合わせることを考えて・・・
③ホイップした生クリームに①のバターを入れて混ぜ合わせる。 出来上がり!

※私はいつも生クリームを半端に残したくないので、この分量で作っていますが
 ホイップバターは普通のバターとくらべて日持ちがしません。
 冷凍も出来るようですが私はまだ試したことがないのです。
バター1に対して生クリーム2で作っていますが1:1でもそれ以外でも大丈夫だと思います。

d0150287_18255743.jpg



by franandtuto | 2017-08-17 19:40 | 作ったお菓子 | Comments(0)
ローズティーのケーキ
クリスマスが近づいて来ました。 今年は12月23日(金・祝)12月24日(土)12月25日(日)と三連休。
ロマンティックな週末を予定されている方も多いのでしょうね024.gif

今日はローズティーのケーキを作りました。
カトルカールの生地にローズのフレーバードティ-を混ぜ込んで、ヘリテイジ型で焼きました。
今日は焼いたそのままのものと、焼き上がったあと紅茶のシロップを潜らせたものと二種類です。

d0150287_1626148.jpg

d0150287_16271949.jpg


カットして見ましょう。
こちらが焼いたあとに紅茶シロップに潜らせたほうです。 焼き色に見えてしまいますか?
もう少し長くシロップにつけるともっとはっきりコントラストが出るのですが
途中で確認出来ないためサッと潜したのです。
パウンドケーキのように大きくないので中まで染み込んで真っ黒になった姿が頭を過ったから(笑)
でも、もう少し長くても良かったですね! 
d0150287_16371046.jpg

d0150287_16492318.jpg


カトルカールは4分の1が4つという意味で、
小麦粉と砂糖・卵・バターの4つの材料を同量使って作るバター生地のことですが
この中にローズティーのティーバックを混ぜ込んでいます。
リーフティーを細かく刻んでもいいのですが、元々細かく砕かれているティーバッグは一つが約2㌘
で使いやすいのです001.gif

d0150287_1713157.jpg

d0150287_17134739.jpg

by franandtuto | 2016-12-21 17:14 | 作ったお菓子 | Comments(10)
カスタードプリン
年も明けて今日はもう18日。 こんな時になって申し上げにくいのですが今年初めての更新ということで・・・
明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

急に思い立ってプリンを作りました。
私はいつも圧力鍋でプリンを作ります。何と言っても早いものですから003.gif
ごらんのとおり、ハードなちょっと苦めのカラメルソースとほんの少しのバニラ、それと玉子と牛乳と砂糖だけの
シンプルな昔からのプリンです。 ”す”が立っていますね~・・・・・これは見なかったことにお願いします037.gif
モロゾフや紀ノ国屋の焼プリンを想像していただくといいかもしれません。

d0150287_1621890.jpg


最初にカラメルを作ります。少量なのでレンジで作ります。作ったカラメルをプリン型に流し冷蔵庫で冷やし固めておきます。
d0150287_1722723.jpg


作り方です (今回はカラメルを除き、プリン液はこの倍量で作りました)

材料  
1)  牛乳    200CC
2)  全卵 2個 卵黄1個        
3)  グラニュー糖    50g
4) バニラ ほんの少し 


☆)カラメルを作る。
1) 耐熱のカップなどに、大さじ4の砂糖と大さじ1の水を入れて、レンジで約4分~5分
   煙は出て、茶色くなってきたらレンジから出して、熱湯大さじ1を入れてよく混ぜ合わせる。 
   (熱湯を入れると撥ねるので注意!台所のシンクの中がお薦めです。)
② カラメル
 1) グラニュー糖    大さじ4
 2) 水           大さじ1
 3)  熱湯         大さじ1

①牛乳に砂糖の半量を入れて温める。
②全卵と卵黄、残りの砂糖を入れて泡だてないように混ぜ合わせる。
d0150287_171193.jpg

③卵液の中に①で温めた牛乳の荒熱が取れたら混ぜ加え裏ごしを通します。
d0150287_17525.jpg

カラメルを流し用意したプリン型にプリン液を入れます。
d0150287_1772666.jpg

蒸し器をセットした圧力鍋に入れて
d0150287_17103632.jpg
低圧 (お使いの圧力鍋によって表示は様々だとおもいますが)私の使っている圧力鍋はインジケーター1本が低圧です。
低圧で3分。 火を止めて圧が下がり蓋が開くようになったら荒熱を取り冷蔵庫で冷やします。
d0150287_17134196.jpg
”す”が立っていますね~本当は圧力鍋で蒸すと”す”が立たちにくいのです。が・・・・
d0150287_1715475.jpg

これも載せたくて撮っていたら中々ピントが合わなくてやり直しているうちにタイマー(これね)が鳴っているのに
気がつかず、撮れた!と思ったらタイマーの数字が0005.gif本末転倒ですね!(汗)
キッチンエイド型のタイマーなんですよ060.gif
d0150287_1726646.jpg

d0150287_17271230.jpg
d0150287_17272387.jpg

by franandtuto | 2016-01-18 16:23 | 作ったお菓子 | Comments(16)
今年のジェリージャム
店先で真っ赤な紅玉を見かけるようになると、やっぱり作りたくなってしまいます。
深夜に一人台所で鍋の中を木べらで混ぜていると、頭の中は普段考えないようなことが
ふと過ったり楽しい時間なのです003.gif
d0150287_22251348.jpg

今年はとても固まりが早くて思いの外しっかりしたジャムになりました。
色は毎年その林檎によって仕上がりの色が違って、今年は少し淡い色合いです001.gif
d0150287_22263828.jpg


今年青森から取り寄せた紅玉は11㌔。 こうして出来上がったジャムを並べると
今年も!! と妙な達成感があります(笑)
d0150287_2229842.jpg

d0150287_2229222.jpg

ちょっと固めでしょう?
d0150287_22294781.jpg

d0150287_2230959.jpg

by franandtuto | 2015-11-15 22:30 | 作ったお菓子 | Comments(16)
タラッリーニ(tarallini)
前回のブログにちょっと書きましたが、先週末に作ったタラッリーニ(tarallini)です。
d0150287_22235984.jpg

おいしいシェ・ママンのママンちゃんにいただいて初めて口にしました!
ついつい手が止まらず食べてしまい、いけない!と思って最後の3個だけ、この日のために残しました003.gif
お土産にいただいたタラッリーニ(tarallini)はこちらです。
d0150287_22273790.jpg
全然違うじゃない! そう言わないでくださいね・・・・これでもあれこれ作ってみたのですよ(笑)で、まだ進行形です003.gif
d0150287_22274728.jpg

今回焼いたのはイタリア共和国南部のプッリャ州風
あ!イタリアでは北のグリッシーニ、南のタラッリーニと言われる固焼のパンで
作りはじめる前にいろいろ調べたのですが、南イタリアと言ってもカンパニア州とプッリャ州のタラッリーニでは
少し作り方(材料)が違っているのです。

どちらも試してみましたが、今回はブーツにもたとえられる地域プッリャ州のレシピで!
ちなみにカンパニア州は何と言ってもナポリ、そしてポンペイやエルコラーノですね001.gif

まずボウルに小麦粉とドライイーストを混ぜて真ん中をくぼませて入れ中央にオリーブオイルとワインを入れて粉を
少しずつ崩しながら混ぜていきます。
この粉はきっとイタリアですからセモリナ粉だと思うのですが無かったので強力粉と薄力粉を半々で作ってみました。強力粉だけでもいいと思います。
d0150287_22434837.jpg
使ったオリーブオイルと、ワインはオーストラリアのJINDALEE Sauvignon Blanc白ワインです。
d0150287_22502075.jpg
よく練って艶が出たら丸めて20分くらいベンチタイムです。ドライイーストを入れていますが発酵は不要です。
d0150287_22542474.jpg
ちゃんと計って一つずつ伸ばせばいいのですが、少しなのでこんなことを・・・・
d0150287_22585316.jpg
端から伸ばしながら適当な大きさのところでリングを作りナイフの背でカットして012.gif
d0150287_2311224.jpg
両端が外れないようにおさえました
d0150287_2314432.jpg
こんな感じ
d0150287_232197.jpg
熱湯に塩を入れて茹でます。浮き上がったらOK! ちょっと茹で過ぎましたよ~湯気でカメラのピントがなかなか合わなかったのです!
d0150287_2335977.jpg

オーブンシートに並べて
d0150287_2364354.jpg
200℃のオーブンに入れて焼き色がつくまで。
d0150287_2345530.jpg

タラッリーニにのせていただくと美味しいと一緒に送ってくださったトリュフペースト010.gif[
d0150287_2395068.jpg
タラッリーニに使ったワインはもちろん!!
d0150287_23111320.jpg
これでお友達が一緒なら楽しかったのに・・・・生憎の台風上陸間近という時間・・・・
テレビの台風情報をお友達に一人で美味しくいただきました003.gif
d0150287_2316274.jpg




作り方  ざっくりですが
材料
・ 強力粉・・・・・・・100g
・ 薄力粉・・・・・・・100g
・ ドライイースト・・・・・・小さじ1
・ 塩・・・・・・・小さじ1
上記材料を合わせてふるって
・ フェンネルシード・・・・・・・大さじ1を混ぜる。

・ 白ワイン・・・・・・・・・・・・・・50cc
・ オリーブオイル・・・・・・・・・50cc
耳たぶくらいの柔らかさ。水分が足りなければワインかぬるま湯を足す。

茹でるときにパスタを茹でるくらいの塩を入れて茹でる。

200℃に予熱したオーブンで焼き色がつくまで焼く。

さっきカンパニア州とプッリャ州のタラッリーニは材料が少し違うと書きましたが、
私の知った限りでは白ワインとオリーブオイルでなくラードを使うようです。

見かけは地味ですが、ワインにとてもよくあって止まらない美味しさです。
ママンちゃん、ありがとう!! 

d0150287_23294128.jpg

by franandtuto | 2014-10-19 23:41 | 作ったお菓子 | Comments(13)
タルト・ヴォードワーズ
スイスのレマン湖のあるヴォー地方の伝統菓子「タルト・ ヴォードワーズ」です。
d0150287_2331667.jpg

このタルトはタルトを空焼きせずに、タルト生地に直接フィリングを流し焼くタルトです・・・・・
はい。もうわかってしまいましたね008.gifなのにうっかり空焼きしてしまいましたよ033.gif

タルト型に生地を敷きこんでダブルクリームを入れます。
d0150287_23203991.jpg
全体にシナモンをかなりたっぷりふりかけます。
d0150287_23214138.jpg

焼いているときはクリームとシナモンの甘い香りが部屋いっぱいに広がります060.gifしかし、このタルト、
完全に冷ましてからカットしないとクリームが流れでてしまうのです。
d0150287_2326724.jpg
じっと我慢して粗熱がとれたら冷蔵庫へ
昨夜作って、今日帰宅してからカットしました。003.gif
d0150287_23293751.jpg
二層になっているのが見えますか? タルト生地に粉と砂糖を敷きこんでからフィリングを流して焼きます。ダブルクリームは生クリームの脂肪分の高いクリームのことで、シングルクリーム(18%以上) ダブルクリーム(48%以上)で
クレームドゥーブルという名前(そのままですね!)で売っています。
d0150287_23502183.jpg

by franandtuto | 2014-07-28 23:51 | 作ったお菓子 | Comments(14)
杏仁豆腐
連休の真ん中です。今日はちょっと過ごしやすい一日でしたね!
夕食後のデザートに杏仁豆腐を作りました001.gif
d0150287_23314249.jpg

いつもは型に直接流し固めてフルーツとシロップをでいただくのですが、代わり映えしないので
ちょっと目先を変えて見ようと、すごく気に入っているノルディックウェアのショートケーキバスケット型で固めてみましたよ003.gif
ノルディックウェアのショートケーキバスケット型はこんな型です。写真は以前撮った写真です。
d0150287_2333281.jpg

この型でケーキ生地を焼くとこうなります。
d0150287_233462.jpg
焼きあがったケースでこんなケーキが作れるのですが
d0150287_2247587.jpg

いつもの我が家の杏仁豆腐は切って使えないほど緩い、柔らかいタイプなのですが、型から出して崩れないように
寒天を多めに入れて作りました。
d0150287_23431639.jpg
d0150287_23451698.jpg

お手持ちのケーキ型で真ん中が凹んだハート型とかスクエア型があったらそれでもいいですし
私はショートケーキバスケット型を持っていない頃、深さのある小さいタルト型の裏側を使っていました。
d0150287_2349391.jpg
d0150287_23495073.jpg

今夜は雷雨の警報が出ていましたが、我が家の地区は今は降っていません。
皆さまのお住まいの地区はいかがでしょうか?
三連休も明日一日ですね。
d0150287_23542583.jpg

by franandtuto | 2014-07-20 23:56 | 作ったお菓子 | Comments(14)