ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:京都食べ歩き( 101 )
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます!
今年は穏やかな年明けになりましたね! 今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年はtutoもウィーンで、私とアレバロだけのお正月になりそうなので
一人でのんびりお正月を過ごすつもりで
祇園 割烹 八寸さんにお節をお願いしました。

八寸さんからお節が届いて白木のお重箱を目にしたら、
八寸さんの桧のカウンターが目に浮かんで来て嬉しいような、寂しいようなそんな気持ちになりました。

去年は仕事が忙しかったり、tutoがウィーンへ出張したりでとうとう京都に行く事が出来ませんでした。
こんなことは十数年無かったことで、京都が恋しくなっていたのです。

d0150287_9185880.jpg

d0150287_9575022.jpg

d0150287_9202923.jpg

d0150287_9204547.jpg


d0150287_1071690.jpg


京都北区中川周辺は京都で最も好きな場所の一つですが
空に向かって真っ直ぐに伸びる北山杉を見ていると心が洗われた気がします。
聞いたところによると、どんな杉でも真っ直ぐに伸びるわけではないのだとか。
真っ直ぐに伸びる遺伝子が必要なんだそうですよ京都北山の杉は ”シロスギ”
北山杉の母樹とされる樹齢約500年の白杉のご神木が中川八幡宮に立っているそうです。
お重箱を見ながらそんなことを思い出しました!

パワースポットとしても有名なので今度は是非中川八幡宮へも!!
by franandtuto | 2017-01-03 10:01 | 京都食べ歩き | Comments(8)
俵屋 (朝食)
明日、週末になんてグズグズしているうちに4月も3分の1を過ぎようとしています。
新入生や新社会人を多く見かける季節ですね001.gif

そして今週は寒いですね! 昨日の朝は吹雪だったんですよ、驚きました。
皆さまのお住まいの辺りはいかがでしょうか?

そうそう、最近ニャンコ友達に教えていただいて私はスマホではないのでiPadでですがゲームを始めたんですよ003.gif
”星の島のにゃんこ” というゲームで猫が働いて島の土地を開拓したり、牛や鶏を育てて牛乳や玉子を生産ししたり、畑に作物を植えて収穫し、収穫した作物を加工して経営する店で販売し一つの島を創っていく農場ゲームなのです(笑)

それでは、俵屋さんの朝食です。
俵屋さんの朝はこれで始まります。 オレンジジュースかヨーグルト
d0150287_1623340.jpg

今回は二人とも和食をいただきました。
d0150287_164234.jpg
d0150287_1651961.jpg
d0150287_1653415.jpg

食後にお庭に出て、今回宿泊した 富士の間を外から
d0150287_1681111.jpg
我が家は全部が洋間で和室が一部屋もありません。旅に出てこうした宿に宿泊する度に
床の間や畳の香り、和室に漂う空気と空間そのものが素晴らしいと感激します。
贅沢な空間ですよね。
d0150287_1682459.jpg


さて、最初に詳細は加筆すると書いたのですが、そのままになっていました。
少しだけご紹介します。
まず手書きの
d0150287_1721893.jpg
この富士の間は、本館の裏手の一番広い庭に面するお部屋で、俵屋の部屋の中でも特に古く、蛤御門の変(元治元年1864年)で消失した後に再建されたお部屋ですそんな内容かな?
d0150287_17214688.jpg

床の間  結び柳 江戸後期 仙厓義梵 作 子供大黒画賛 
d0150287_17225984.jpg
我楽鈴
d0150287_17263864.jpg
招福宝来の御弊
d0150287_17324539.jpg
松笠
d0150287_17342241.jpg
これはクローゼットの中です。
d0150287_1744864.jpg
ハンガーの一つ一つに匂い袋可愛いですね。
d0150287_17445670.jpg

食後にちょっと外に出て見ました。 もう真っ暗です!
d0150287_17465573.jpg
d0150287_1747372.jpg
d0150287_1748330.jpg
d0150287_17482496.jpg
d0150287_1750203.jpg
李朝文机に精銀福俵 
d0150287_17512269.jpg
坪庭(花座)
d0150287_17583397.jpg
d0150287_17585377.jpg
d0150287_1759974.jpg

ロビー 江戸期源氏絵羽子板
d0150287_18111100.jpg
江戸期の百人一首
d0150287_1835417.jpg
d0150287_1893023.jpg
d0150287_18101446.jpg
d0150287_18104850.jpg
d0150287_1811772.jpg
d0150287_18115056.jpg
d0150287_18151314.jpg
d0150287_1815456.jpg
d0150287_18162423.jpg
d0150287_18172383.jpg
d0150287_1818452.jpg
d0150287_18184261.jpg
d0150287_1820256.jpg

d0150287_18221781.jpg
d0150287_18232285.jpg
d0150287_18242381.jpg
d0150287_18234220.jpg

by franandtuto | 2015-04-09 18:13 | 京都食べ歩き | Comments(18)
俵屋 (夕食) 
食べ物がないとママンちゃんに笑われました003.gif
珍しいことかも知れませんね~(笑)

では、夕食です。 睦月献立

先附
烏賊生このこ和  蛤の中は数の子・黒豆・海老艶煮・梅人参・松葉牛蒡・椎茸
小吸物
結鱧丸仕立 炙り梅 せり
d0150287_22252176.jpg


向附
鮃へぎ造り・生雲丹・焼海苔
d0150287_22363786.jpg

d0150287_22392187.jpg

蛤真蒸磯香仕立 薄氷・しめじ・松葉人参
d0150287_2239677.jpg

焼物
鰤巻織焼・若筍木の芽焼・網傘柚子
d0150287_22421044.jpg


d0150287_22442322.jpg

御凌ぎ 蕪蒸し 鮸鼈甲餡掛け
d0150287_22444998.jpg


温物 鰹酒粕煮 海老芋・厚揚・若水菜
d0150287_22472193.jpg

強肴 鮑・平貝・とり貝・舞茸錦和 
d0150287_22501050.jpg

ご飯
d0150287_2250341.jpg
d0150287_22504661.jpg
d0150287_225105.jpg


水物 蜜柑ゼリー
d0150287_22513451.jpg

d0150287_2251477.jpg

ごちそうさまでした。

この後、まだ時間が早かったのでお二階のアーネストスタディです。
宿泊する度に足が向いてしまうのですが、こんな自分の個室があったらいいですよね。
d0150287_232724.jpg
d0150287_2324721.jpg

d0150287_2333715.jpg

小さいお台所もあって隠家のようです。
d0150287_2341183.jpg
d0150287_235823.jpg

by franandtuto | 2015-03-17 23:05 | 京都食べ歩き | Comments(17)
俵屋
すっかり間が開いてしまいました。
寒かったり暖かかったり毎日のように温度差の激しい毎日ですね。
花粉も飛び始めて要注意の毎日ですがお変りなくお過ごしでしょうか?

今回・・・・と言っても1月のことになってしまいましたが、俵屋さんに久しぶりに宿泊しました。
今日は写真の一部をご紹介させていただきます。
今夜はもうこんな時間になってしまいましたので、詳細は後日にさせていただきますね。
餅花の美しい、まだお正月の気配の残る俵屋さんです。。
d0150287_22553292.jpg
d0150287_0105684.jpg
d0150287_011427.jpg

d0150287_012421.jpg
d0150287_0123791.jpg
d0150287_0125443.jpg
d0150287_013966.jpg
d0150287_0134825.jpg


d0150287_0143352.jpg
d0150287_016523.jpg
d0150287_0171074.jpg
d0150287_0173150.jpg
d0150287_0181826.jpg
d0150287_0185595.jpg
d0150287_0192720.jpg
d0150287_0212247.jpg
d0150287_022862.jpg


明日からまた一週間が始まりますね。
by franandtuto | 2015-03-09 00:24 | 京都食べ歩き | Comments(10)
水円(すいえん)
八坂神社の南楼門から下河原通を南に少し歩くと 水円(すいえん)さんがあります。
d0150287_23132546.jpg
d0150287_23134053.jpg
d0150287_2313568.jpg
d0150287_23141137.jpg

「和久傳」の総料理長を務められた岩崎さんのお店ですが、元お蕎麦屋さんだった建物なので
カジュアルな感じの店内です。
一階はテーブル席と入り口付近に半個室、それとカウンターがあります。
今回はカウンターでいただきました。
d0150287_23264091.jpg

一番出汁から 敷地内に清水寺の音羽の滝と同じ水源で、地下100メートルから湧き出る120年の歴史ある井戸があり
店名の「水円」はこの井戸の水からなのだとか。
d0150287_2316426.jpg

いつもは日本酒が多いのですが、気が変わって梅酒を!
d0150287_23171760.jpg
うさぎのようでしょう?
d0150287_23305352.jpg
d0150287_23312398.jpg
d0150287_23345140.jpg
季節の飯蒸しは、生姜と蟹です。 この飯蒸し美味しいのです。
d0150287_23315923.jpg
さよりと寒鰤
d0150287_2336544.jpg
お椀
d0150287_23472159.jpg
ハマグリ、蕪、うぐいす菜
d0150287_2348280.jpg
うぐいす菜ですよ。
d0150287_23483983.jpg
紅白なます、数の子、いくら、河豚の皮
d0150287_23502446.jpg
焼河豚と白子
d0150287_23515754.jpg
白味噌仕立ての素麺
d0150287_2353110.jpg
d0150287_23532698.jpg
d0150287_23534595.jpg
海老芋のあんかけ
d0150287_23542259.jpg
牛肉のお茶漬け
d0150287_23545533.jpg

胡桃餅とお抹茶
d0150287_23552744.jpg

ごちそうさまでした!
d0150287_23555260.jpg


水円 (すいえん)
京都市東山区下河原通八坂鳥居下ル上弁天町446
075-551-0035
昼:11:30~15:00
夜:17:00~21:00
水曜日定休日

去年の2月にオープンしたザ・リッツ・カールトン京都に行って見たかったのでお茶に行ってきました。
d0150287_03686.jpg
d0150287_035212.jpg

うまく撮れなかったので、入り口の写真は前回のものですが餅花が見たくて泊まった俵屋さん。
d0150287_22553292.jpg
d0150287_083463.jpg


少しずつご紹介したいと思います。よろしかったら遊びにいらしてくださいね!
by franandtuto | 2015-02-23 00:09 | 京都食べ歩き | Comments(14)
祇園 割烹 八寸
祇園末吉町の ”割烹 八寸”さんです。
宿に荷物を置いてちょっと休憩してから夕食にうかがいました060.gif
d0150287_22384253.jpg
雲子豆腐
d0150287_22411563.jpg
熱々です!
d0150287_224148100.jpg
寒鮒の粉まぶし 
この鮒は全く臭みがありません。 冬眠中の鮒は臭みがないのだそうですよ!
釣った鮒ではなく今の季節冬眠中を網ですくった鮒。 
昔の漁師さんはお醤油を飲んで水に入り手掴みで寒鮒漁をされる方もいたのだとか・・・お醤油を飲むと身体がカッと熱くなるのだそうです。
八寸さんの大将久保田守さんが活躍されたかつての名料亭「八新」で出されていたお料理とのこと。
d0150287_22562614.jpg
八寸
左から金柑の中は岩たけと上の赤いのは藪いちご。岩たけとは筍の一種かと思いましたが実は断崖絶壁にはりついている苔なのだそうですよ~びっくり!
数の子、鰊の昆布巻き、からすみ、青味大根(青首大根の小さいもの)、黒豆
八寸さんのからすみは50年前と仰ったかな・・・・からすみは台湾発祥なのだそうですが
その頃の作り方そのままに作られた自家製のからすみです。
からすみ大根とよく聞きますよね? からすみはとても塩辛かったので大根と一緒にいただいて
塩辛さを中和したのだとか
カウンターで一つ一つ大将のお話を聞きながらお料理をいただきます。
私はこのようなお話を教えていただくのが大好きなのです001.gif
興味津々で思わず食べかけた手を止めてまじまじと見つめてしまいます(笑)
d0150287_23181214.jpg
和服をお召になられていらっしゃるのが大将の久保田守さんです。粋ですね!
d0150287_23314056.jpg
d0150287_2334299.jpg
お造り
d0150287_23344416.jpg
d0150287_23351452.jpg
河豚てっさ、赤貝、アオリイカ、河豚の白子 雲丹醤油とポン酢でいただきます。
d0150287_23355274.jpg
お椀がきました!
d0150287_23411972.jpg
蓋を開けるまでドキドキ・・・・今日は・・・
d0150287_23413237.jpg
スッポンです003.gif
d0150287_2343372.jpg

素材や料理の生い立ちなどお聞きしながらと書きましたが、八寸さんの雰囲気が伝わりますか?
適度な緊張感を保ちつつも活気があって目の前で次々と料理が仕上がっていきます。
写真を撮られていただくと他のお客さまやお店にご迷惑になることがあるので、個室があるお店では
なるべく個室を使わせていただくようにしているのですが、本当はカウンターが大好きです。

こうして一切の手を抜かず芸術品のような素晴らしい料理を作られる料理人さんを心からを尊敬しています。
包丁さばきや盛り付けに見惚れ、料理や素材についてのお話をうかがいながら素晴らしいお料理をいただくこのひとときは
私達にとって至福の時間です053.gif
d0150287_2359378.jpg
百合根まんじゅうですよ!
d0150287_073150.jpg
中に海老ときくらげが潜んでいます。 一切味をつけていない百合だけの甘さとのことですが、ほっこりと口の中で優しく甘く・・・美味しいです。
d0150287_0123558.jpg
スッポンのから揚げ
d0150287_0133011.jpg
一切れがこんなに大きいスッポンは初めていただきました。 香ばしくてカリッと軽く揚がっています。
スッポンは普通の油で揚げるとすぐにペタッっとしてしまうそうで
このスッポンのから揚げの油はとても時間をかけて作った特別な油だそうで、八寸さんの家宝ですね! きっと!!
d0150287_0175211.jpg
d0150287_018492.jpg
間人蟹です。
d0150287_0193094.jpg
鯖寿司 鯖と酢飯の間に柚子が巻き込んであります。
d0150287_0194483.jpg

猪のすき焼き
美山産の天然の猪です。玉ねぎと九条ねぎのすき焼きを生卵でなく天然の自然薯でいただきます。
初めていただきました。これが本当に美味しいの001.gifこれは家で真似してみましょう!
d0150287_0281294.jpg

ご飯
d0150287_0285431.jpg

果物 グレープフルーツ 蜂蜜とブランデーをかけていただきます。
d0150287_0295313.jpg

食べ終わったグレープフルーツを絞ってジュースにしてくださいますよ。
d0150287_0304243.jpg


美味しかった! もうお腹がいっぱいです003.gif
ごちそうさまでした!

こうして撮らせていただいた写真はブログに忘れないようにアップして、ときどき眺めて美味しい味を思い出すのです。
何度も美味しいのですよ! (笑)

祇園 割烹八寸
京都市東山区祇園末吉町95
075ー561ー3984
by franandtuto | 2015-02-02 00:34 | 京都食べ歩き | Comments(10)
祇園にしむら (ランチ)
初めていただく ”祇園にしむら”さんのランチです。
久しぶりのカウンターに座って、にしむらさんがランチを始められたことはまだあまり知られていないようで
この日のカウンターは私達だけ。 申し訳ないような贅沢です。
d0150287_2295895.jpg
d0150287_2210923.jpg
d0150287_22102042.jpg

向付 ひらめ からすみ
d0150287_22123325.jpg
ランチですがやっぱり和食にはお酒がないと003.gif
d0150287_22144981.jpg

d0150287_22161458.jpg
このお猪口でいただきました。
d0150287_22451931.jpg
八寸
黒豆、数の子、牛蒡、ごまめ、イクラ、酢蓮、くわい、千社唐、 ナマコのこのわた 、からすみ
d0150287_22202251.jpg
お椀 
d0150287_2221506.jpg
白味噌仕立てのお椀です。
d0150287_22221644.jpg
にしむらさんの定番、胡麻豆腐はお椀の中に隠れていましたよ!
d0150287_22232015.jpg

このカウンターでにしむらさんがお刺身を引いていらっしゃるのは何度か、その包丁さばきにうっとりしながら
見惚れたことはあるのですがお刺身のツマを作っていらっしゃるのは初めてです001.gif
私の小さいカメラで急いで撮ったのでブレていますね・・・・ごめんなさい。
d0150287_22354917.jpg
向こうが透けて見えるほど薄く・・・あ、かつらむきですね!これをくるくる巻いて
d0150287_22414831.jpg
細く切っていきます。 まな板の上の大根はあまりの細さにとてもツマには見えないのですが、冷水に離すと糸のようでしょう?
d0150287_22434673.jpg
お造り まぐろ 雲丹
d0150287_22471494.jpg
d0150287_2248556.jpg
鯛の鯛を見つけました! 
d0150287_2251776.jpg
炊き合わせ
d0150287_2252049.jpg

ご飯 にしむらさんの定番 鯖寿司060.gif 今日はいただけないのかと思っていました001.gif
寒い季節限定 千枚漬けの”八坂の雪”です。
d0150287_22544741.jpg
右横は先ほどの鯛中鯛です。壊さないように包んでくださったのです。
d0150287_22564597.jpg

水菓子
d0150287_22571538.jpg

カウンターの奥にBaccaratの招き猫三匹発見!
d0150287_22595969.jpg

お猪口を選ばせていただいたときからずっと気になっていた・・・・箸置きなんですって!素敵~
d0150287_2315813.jpg

ごちそうさまでした!

朝東京を出て京都駅から真っ直ぐ にしむらさんへ(笑)
このあと大満足で宿へ向かったのでした003.gif


にしむらさんでランチをいただけるのは 火・木・土の週3日 
入店12時、退店14時 カウンターでお食事がいただけます。
3日前までに予約してくださいとのことです。

祇園にしむら
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-160
075-525-2727
by franandtuto | 2015-01-27 23:08 | 京都食べ歩き | Comments(13)
祇園 割烹 八寸 (ランチ)
京都駅からまっすぐうかがって夕食をいただいた ”祇園 割烹 八寸”さんです。
d0150287_21323546.jpg

美味しいお料理をいただきながら頭の中で考えていたのは・・・・今回の旅行中にもう一度 ”八寸”さんの
お料理をいただけないものかと言う事003.gif
以心伝心なんですね。tutoも同じことを考えていました。

食事をしながら次の食事のことを考えているなんて食い意地の張った私達らしいですよね(笑)
本当はね、ホテルをチェックアウトしたらそのまま東京へ帰るつもりだったのですよ。その時までは。
あの~◯◯日のお昼は席がありますか? そんなことをお聞きしたんだと思います。
幸運にもランチをいただいて帰れることになったのですよ060.gif
祇園 割烹 八寸さんのランチです!
d0150287_21332283.jpg
d0150287_21333759.jpg

新幹線の中は寝てもいいから・・・
d0150287_21341720.jpg

八寸さんの八寸です。
d0150287_2134552.jpg

奥は揚げた鰈と銀杏 錦糸玉子と鴨のロース 手前の小鉢はスッポンの玉子の和物です。
この鰈がパリパリと軽い歯応えで香ばしくて、大好きな私は頭も尻尾も全部いただいてしまいました003.gif
d0150287_213927100.jpg
d0150287_21405287.jpg
お造り 鯛 烏賊 鮪
d0150287_2142136.jpg

お椀 
d0150287_21422050.jpg
夜にうかがった時にお隣にいらした方が八寸さんのお料理に惚れて20年も通っていらっしゃる方だったんですね。
とても器に造詣の深い方で私達の前に置かれたお料理が盛られた器のことを教えていただきながら
楽しい時間をご一緒させていただいたのですが
その方が ”ここのスッポン料理は美味しいから今度は是非スッポンを” と教えてくださって、今度は・・・と思っていたのですが なんとこんなに早く! スッポンです053.gif お餅が香ばしいのです。
d0150287_21514987.jpg
これでお肌はツルツル間違いなしですね070.gif
d0150287_2154862.jpg
d0150287_21574459.jpg
忘れないようにと何度も繰り返したのですがこの蕪は鯛のお出汁で炊いたとお聞きしたような・・・・
お出汁は鰹と昆布だけではないのだなと お聞きしたようなと書いたのは
次のえび芋の炊いたものか、この蕪か、どちらが鯛だったのか縞鯵のお出汁だったかわからなくなってしまったからなんですよ012.gif
d0150287_2220852.jpg
驚きませんか?この形!
d0150287_22204337.jpg
刻んだ柚子は糸のようです。
d0150287_22211732.jpg
d0150287_22214147.jpg
酢の物
d0150287_22221412.jpg
焼物 ぐじ
d0150287_2223797.jpg
ご飯
d0150287_2223276.jpg
果物
d0150287_22242694.jpg

ランチでなく夕食をいただいたようです。 京都最後の食事も大満足で新幹線に乗れそうです。
きっと少しいただいたお酒でアッと言う間に東京に着いていることでしょう(笑)
2014年の京都の食べ納め。 ごちそうさまでした!
d0150287_2229058.jpg


祇園 割烹八寸
京都市東山区祇園末吉町95
075ー561ー3984
by franandtuto | 2014-12-25 22:29 | 京都食べ歩き | Comments(15)
京懐石 下鴨 吉泉
d0150287_1965719.jpg

雨の日でした!
d0150287_19743100.jpg

お茶室
d0150287_1982924.jpg
おしぼりは大きなタオルですよ!
d0150287_1984544.jpg

梅酒
d0150287_19104596.jpg
先付 右下は蟹みそを固めたもの。 生姜が添えられて細かく砕いて蟹につけて頂きます。
d0150287_1911898.jpg
松葉ガニ
d0150287_19115210.jpg
d0150287_19142191.jpg
d0150287_1915680.jpg
松茸と
d0150287_19152252.jpg
鱧の土瓶蒸し
d0150287_19154434.jpg
d0150287_1916182.jpg
申し訳ありません。忘れていました日本酒です。和紙で口が止めてあります。なんだか嬉しい!
d0150287_23433270.jpg
秋色満載ですね053.gif
d0150287_23444338.jpg
d0150287_19163018.jpg
向付 イカと温泉たまごを山芋で混ぜていただきます。
d0150287_19172486.jpg
d0150287_19175625.jpg
d0150287_19183955.jpg
d0150287_19185584.jpg
d0150287_1920365.jpg
これはカマの部分ですね!
d0150287_19204748.jpg
d0150287_1925211.jpg
d0150287_19263865.jpg
煮物
d0150287_19271930.jpg
焼物 子持ち鮎
d0150287_19275526.jpg
d0150287_19281351.jpg
今年はもう最後の鮎だそうです。
d0150287_19293053.jpg
もずくのお茶漬け
d0150287_19313425.jpg
果物
d0150287_19321935.jpg
オレンジリキュールを落としていただきます。
d0150287_19333957.jpg
柿ですよ!
d0150287_19345929.jpg
枝付きの可愛い柿。 美味しかったです060.gif
d0150287_19354831.jpg
なんでしょう?
d0150287_19363589.jpg
お菓子です。
d0150287_1937061.jpg
このあと、お抹茶をいただいたのですが、撮り忘れてしまいました012.gif
d0150287_19375011.jpg

ごちそうさまでした!
d0150287_2303171.jpg
d0150287_231748.jpg
d0150287_2313665.jpg

by franandtuto | 2014-12-21 19:39 | 京都食べ歩き | Comments(12)
祇園にしむら
今回の京都は10月末から11月にかけてだったので、紅葉には早かったのですか
春と秋、年2回公開される京都御所秋季一般公開に行って見たかったのです001.gif
ゆっくり京都御所を歩いて夕食は 祇園にしむらさんです060.gif
d0150287_23243846.jpg
おなじみの胡麻豆腐です001.gif
d0150287_23254083.jpg
この日はいっぱい歩いたので・・・・
d0150287_232708.jpg
d0150287_23252170.jpg
d0150287_23273858.jpg
お椀 ぐじと蕪
d0150287_23274921.jpg
お造り 鯛と鮪 3種類の鮪ですよ!
d0150287_23314214.jpg
d0150287_23315124.jpg
鯖寿司 千枚漬けの”八坂の雪” 使われている千枚漬けは大藤さんのものだそうです。
d0150287_23343343.jpg
八寸 左から 紫ずきん(黒大豆の枝豆で、 京都府だけで作られている品種です) 栗の甘露煮 むかごの白和え 鮎の塩焼き からすみ ぎんなん ばちこ いくらの醤油漬
d0150287_2334592.jpg
大きなばちこですね!ばちこはナマコの卵巣を三角形にして干したものですが、形が三味線のバチに似ているところからの
ばちこですが、本当に003.gif
d0150287_23475478.jpg
可愛いので並べてみました001.gif
d0150287_2350346.jpg
さわらの幽庵焼 れんこん 茗荷
d0150287_23504858.jpg
焚き合わせ 鱧 松茸 鮑 舞茸 小芋 柚子
d0150287_2353443.jpg
d0150287_23564841.jpg
天丼 
d0150287_23582579.jpg
まぐろの天ぷら
d0150287_2359322.jpg

水菓子
d0150287_013055.jpg
柿に栗のペースト
d0150287_015453.jpg

美味しかった! 
d0150287_021819.jpg


056.gifお知らせ  祇園にしむらさんで、今後ランチもいただけることになりました!
 ランチをいただけるのは 火・木・土の週3日 入店12時、退店14時 カウンターでお食事がいただけます。
 私達もお昼もいただけたら・・・と何度もうらめしく思ったことがありました003.gif
 3日前までに予約してくださいとのことですよ!

次回は初めてのにしむらさんのランチに行ってみたいです003.gif


祇園にしむら
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-160
075-525-2727
by franandtuto | 2014-12-15 00:13 | 京都食べ歩き | Comments(14)