ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
大阪でランチをいただ..
by franandtuto at 21:07
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 20:30
ミュウポッポさん、おはよ..
by franandtuto at 10:59
おはよう~nanakoち..
by franandtuto at 10:56
franさん、こんにちは..
by ミュウポッポ at 09:33
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 19:26
こんばんわ! 森の子ちゃ..
by franandtuto at 23:44
レイノー確か有名なブラン..
by morinokochaorin at 22:49
こんばんわ!nanako..
by franandtuto at 21:21
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 12:04
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行( 53 )
今年初めての京都 2015
去年は一度しか行けなかった京都ですが、今年は行く時間は作らなくてはと・・・行って来ました
060.gif

写真の編集が終わっていないので、今日はダイジェストです。

いきなりですが、雪景色です001.gif
d0150287_065081.jpg

市内から空模様を見て急に行った鞍馬寺です。
d0150287_073617.jpg

去年の2月にオープンしたリッツ・カールトン
d0150287_093419.jpg
アフタヌーンティー
d0150287_0102197.jpg

祇園にしむらさんで初めてランチをいただきました。 久しぶりのカウンターです。001.gif
d0150287_0152284.jpg
d0150287_016114.jpg
d0150287_0162547.jpg

八寸さんです053.gif
d0150287_0211369.jpg
d0150287_01918.jpg
d0150287_0233586.jpg
この名栗床に座ってお庭を見ながらぼんやりするのが最近一番の夢だったのです003.gif 俵屋さんです。
d0150287_0254613.jpg
d0150287_026243.jpg
d0150287_0264258.jpg

八坂神社
d0150287_0291570.jpg
d0150287_0332573.jpg
d0150287_0334138.jpg


次回から詳しくご紹介いたします。
よろしかったら是非遊びにいらしてくださいね053.gif
by franandtuto | 2015-01-19 00:35 | 旅行 | Comments(12)
涼しい京都・・・・・てくてく
今日は暑かったですね!
東京も最高気温35.4℃と今年一番の暑さでした。

京都も最後になりますが、ちょっと涼しい京都を001.gif

夜も11時を過ぎて、ちょっと三条大橋の写真を撮りに行こうとホテルを出たのですが
d0150287_21424224.jpg

霧雨程度と思っていた雨が途中で思いのほか降りだして、カメラが濡れてしまうので近くのコンビニで傘を買いました003.gif
傘があると俄然元気になり、気持ちがいいから少し歩こうかと深夜の京都をしばらく散歩しました。

ここは鴨川に掛かる三条大橋です。東海道五十三次とは東海道に設けられた53の宿場町のことで
江戸日本橋を起点に全長約492キロの終点がこの三条大橋です。
現在の三条大橋本体は昭和25年に作られたものだそうです。

歌川広重の浮世絵でこの53の宿をご覧になった方は多いですよね!
d0150287_22102746.jpg
橋の手前を左に曲がると、十返舎一九の滑稽本 『東海道中膝栗毛』の主人公
弥次郎兵衛と喜多八(弥次喜多)の像があります。
d0150287_22163330.jpg
この橋の付近には新選組の池田屋騒動の舞台となった池田屋があり、今は居酒屋さんになっていました。

江戸時代に幕府の高札を立てた高札場跡があり、石川五右衛門が釜茹での刑に処せられたのもここ三条河原、
数多くの歴史の舞台となった三条大橋です。
d0150287_22392328.jpg
ここは先斗町です。
d0150287_22433472.jpg
先斗町のシンボルマーク 鴨川千鳥の提灯
d0150287_22521660.jpg
石畳が雨に濡れて一層情緒がありますね~
d0150287_22535917.jpg
先斗町を抜けた所にある交番を左に曲がって四条大橋の先は南座です。
d0150287_22584416.jpg
昼間は歩くのも大変な四条通りもこの通り!
d0150287_2259557.jpg

流石の祇園も人影はありません003.gif
d0150287_2303544.jpg
縄手通の東側 新橋通と白川に面する祇園白川です。辰巳大明神が見えますね!
d0150287_2374429.jpg
d0150287_2391945.jpg
d0150287_2394228.jpg


すっきりと晴れた翌日の京都駅です。これから新幹線に乗って東京に帰ります。
10月までしばしお別れの京都です001.gif
d0150287_23135452.jpg

by franandtuto | 2012-07-26 23:14 | 旅行 | Comments(25)
伊豆稲取温泉 食べるお宿 浜の湯 そのⅡ
さて、4月1日の夜明けです。 エイプリルフールだからと言って嘘ではないですよ!003.gif


この日の伊豆稲取の日の出は5時30分くらいでした。
前日を今日についでお風呂で遊んでいた私は夜明けまで起きていることも出来なくて途中で爆睡してしまったのですが、
tutoは4時くらいから起き出してテラスで日の出を待っていたようです。・・・・(この時は日の出の時間を知らなかった041.gif

日の出前の早朝はかなり寒かったらしくお風呂に出たり入ったりしながら待っていたようです037.gif
この写真は夜空が明るくなって来た頃・・・・まだ日の出前です。
d0150287_0301212.jpg

近くの稲取漁港から沖に向かう船が見えます。
昨夜も見たけれど、この船はなにを釣る船なのでしょうね。
d0150287_0311883.jpg

見えてきましたよ! 雲に隠れて丸くはないですが伊豆大島の左に見えました!
d0150287_0331486.jpg
少しずつ高くなっていくのがわかりますか?
d0150287_0343692.jpg
あ、いよいよ太陽が顔を出し始めた頃は、tutoに起こしてもらったので私もテラスで一緒にみましたよ003.gif
d0150287_0353632.jpg
d0150287_036137.jpg
d0150287_0361786.jpg

さあ日の出も見たし・・・・・寒くなったなと思っていた頃におめざのところてんに黒蜜をかけたものとお茶が。
d0150287_0452217.jpg
朝食です。 昨夜あんなに食べたのに・・・・お腹は空いている・・・・何故。
この他に鯵の干物をテーブルの上で焼いていただきます。お鍋の中はお雑炊です。
でも白いご飯もついてますよ・・・・ええ、もちろんいただきました どっちも041.gif
d0150287_0452787.jpg
チェックアウトの時間まで、のんびりまたお風呂に入って時間を過ごしました060.gif浜の湯さんの泉質は塩化物泉なので海水ほどではないですが、ちょっとしょっぱいんです。露天風呂に入ったあとは内風呂かシャワーで塩分を流します。
バスソルトを入れる過ぎ? 泡だらけににってしまいました003.gif
d0150287_056517.jpg
d0150287_0562541.jpg

一泊お世話になった浜の湯さんとお別れして稲取駅に向かいます。
d0150287_057454.jpg
スーパービュー踊り子号は先頭の1号車と2号車がグリーン車で二階まであって1号車はパノラマ席。
シアター式に座席を配置してあって3アブレスト3列の合計9席しかありません。

で、私たちの席は・・・・・10号車・・・・・先頭部分は「展望室」何と1号車と同じパノラマ席なんですよ060.gif
行きの東京ー稲取は最後尾ですが帰りの稲取ー東京は先頭車両になります。 でもこの10号車は普通席です!
10号車は、1階と2階をつなぐ「らせん階段」があって一階部分は「子供室」になっています。子供連れの方には嬉しいですね。
d0150287_1123559.jpg
ここはどのあたりでしょうか? 車内から撮りました。
d0150287_1152757.jpg


2年前は車だったので帰りに石川さゆりさんの「天城越え」に登場する浄蓮の滝や、今回より早い時期だったので河津桜を見たり修善寺に寄ったりして帰りましたが、今回は電車なので東京に直行!

浜の湯さんの露天風呂に思いっきり浸かれて楽しい週末でした060.gif
d0150287_1224372.jpg



072.gif困ったことになりました。 こんな時間だと言うのに全然眠くなりません・・・・・
ちょっとのつもりのお昼寝が過ぎたようです~~~どうしょう! 明日からまた一週癇が始まるのに~042.gif
by franandtuto | 2012-04-23 01:22 | 旅行 | Comments(16)
伊豆稲取温泉 食べるお宿 浜の湯
2年ぶりの ”食べるお宿 浜の湯 ”さんです。

前記事にも書きましたが、スーパービュー踊り子号で伊豆稲取温泉に着いた時は、まさかの2年前を思い出す
暴風雨だったんです!
d0150287_1075416.jpg
それが30分くらいでしょうか雨が止んで晴れたんですよ060.gif
d0150287_1091232.jpg
前回伺った時に大きな露天風呂が楽しくて朝まで出たり入ったりした同じお部屋に今回も宿泊させていただきました。
d0150287_10235883.jpg
お部屋に入ってすぐの和室とリビング、その先には露天風呂とハンモックのあるテラスが続きます。
d0150287_1024716.jpg
和室の隣はベッドルームなのですが、枕元の引き戸を開けるとパウダールーム、ミストサウナと内風呂、露天風呂そして海と空が目の前に広がります。
d0150287_10324053.jpg
ここがパウダールーム。右にベッドルームが見えますね003.gif
d0150287_10342061.jpg
パウダールームに続くミストサウナと内風呂、シャワールーム
d0150287_10352377.jpg
内風呂です
d0150287_1036260.jpg

確か浜の湯さんの予約が取れたのは・・・・去年の12月か・・・・今年の1月だったので
ずぅ~~っと楽しみにしていた大きな露天風呂です041.gif
d0150287_10412281.jpg
晴れたけど波はちょっと荒いようです。
d0150287_13453880.jpg

お腹がすいていたので、今夜はちょっと早めに夕飯にしていただきましたよ003.gif
”昼食は出来るだけ軽くすめせてきてください”と食べるお宿 浜の湯さんのホームページに書かれていますが、
前回伺った時に特選料理をお願いしたら、大変な量で!
今回は別注料理を含まない基本のコースです。

先附
平貝と果物のマリネ

前菜
才巻海老のマッシュポテト、海老芋のベシャメルソース、鮑胆

小鉢
松葉蟹の辛子合
d0150287_1483027.jpg

台の物
鮑酒蒸し 鮑が出てきました060.gif
d0150287_1414041.jpg
陶板にのせて
d0150287_14115566.jpg
d0150287_14123290.jpg
出来ました003.gif
d0150287_1413156.jpg
では早速!

「のし紙」や祝儀袋に必ずついているおなじみの熨斗は鮑の身をリボン状に細長くむいて乾燥させた「ノシアワビ」の略で、もともとは吉事に酒の肴に添えて持参したものなのだそうです! 
因みに「磯の鮑の片思い」ということわざは、アワビは一枚貝で、貝殻が片方だけであることから、
鮑はハマグリやホタテのように二枚貝ではないため、ピッタリと合う貝が無く、相手を常に思うだけという切ない意味ですね!以上浜の湯さんのHPより転記させていただきました!
d0150287_1421699.jpg
先日牡蠣を食べに行った時に同僚お勧めの糖分の添加をしていない辛口のカヴァ プレミアム キュヴェ ブリュットがリストにあったのでこれに049.gif
d0150287_16242786.jpg
舟盛り
d0150287_16302593.jpg
金目鯛・鯵のたたき・鮪・カンパチ・サザエ・伊勢海老・牡丹海老
d0150287_16362423.jpg
地元天城産の山葵でいただきます。
d0150287_1639262.jpg
浜の湯名物 金目鯛の姿煮です024.gifよろしかったら白いご飯をお持ちしましょうか? 
なんて嬉しいお言葉に甘えて白いご飯でいただきました。tutoはこの先を考えてご飯は口直し程度しかいただかなかったのに、
私は甘辛い金目鯛と白いご飯に夢中で結構な量のあったご飯を全部食べてしまいました012.gif

この稲取金目は立縄釣り(一本釣り)で日戻り操業により稲取と大島の中間の矢筈出付近捕獲され
稲取漁港に水揚げされた地金目鯛だけを稲取金目というのだそうです。
d0150287_16404234.jpg

そうだ!これが鯛中鯛ですよ。
胸ビレの付け根付近にある骨で、魚の肩甲骨と烏口骨だそうです。
この「鯛の鯛」と呼ばれる骨は他の魚にもあり、同じように魚の形で魚の種類による独特の形をしているそうです。
鯛以外の魚でもこの骨は「鯛の鯛」と呼ばれているようです。
もしかしたらこれは大きすぎだし、つるし雛のところで見たのと形が違うから他のとくっ付いているかも003.gif
よ~く見ると右と上が余計で左に頭と上にしたように魚に形が見えませんか? 
肩甲骨の穴を鯛の目に見立てるそうですからきっとこの部分なんだと思います(笑)
しばらく丸ごとにお魚をいただくときに「鯛の鯛」探しをしてしまいそうです003.gif
サメやエイ類などを除く魚類のほとんどにあるそうですよ~縁起物だと言うし・・・・
色々なお魚の鯛中鯛コレクションってどうでしょう(笑) 是非ご一緒に060.gifいつか鯛中鯛コレクションの比べっこがしたいです041.gif
d0150287_16572443.jpg

中皿  伊勢海老雲丹焼き
d0150287_16372622.jpg
黒毛牛陶板焼 「伊豆大島の塩」でいただきました。
d0150287_17144140.jpg
金目鯛の釜飯を目の前で一人分ずつ炊いてくださったのですが、お腹がいっぱいで撮り忘れ! 先ほど白いご飯をいただいてどこにも入る余地がなく、この釜めしはおにぎりにしていただきました003.gif
d0150287_175381.jpg
デザート 柚子のシャーベットラズベリーソース・いちご・メロン  大食いの私も動けない程です!!ごちそうさまでした041.gif
d0150287_17571273.jpg


食後はテラスに出て、満天の星と潮騒でのんびり。 この時間が忘れられなくてまた浜の湯さんに伺いました。
d0150287_182128.jpg

漆黒の海に沖に向かう漁船が見えます。 この船は金目鯛の漁り船でしょうか
d0150287_1851450.jpg
d0150287_1891554.jpg
滔々と浴槽から掛け流しの湯が溢れる露天風呂に浸かり、潮風に吹かれ潮騒の音を聞き、降り注ぐような満天の星を眺めているとなんて贅沢な時間を過ごしていることかとしみじみ感じます。
時間がゆっくり滑り落ちて眠るのが勿体無い・・・・・また2年前にようにお風呂に入って熱くなったら潮風に吹かれてお酒を飲んで・・・・寒くなったらまたお風呂へと深夜までこのテラスで遊んでいました003.gif
d0150287_181954100.jpg

でも、朝は早起きして日の出を撮ったんですよ! tutoがね
次回は、伊豆大島からの4月1日の日の出をご紹介しますね!
d0150287_18302721.jpg

by franandtuto | 2012-04-14 18:30 | 旅行 | Comments(34)
伊豆稲取温泉  「雛のつるし飾りまつり」
二年ぶりの、3月末に東伊豆の稲取温泉 に行ってきました。

お雛様は3月3日ですが、稲取温泉では1月20日から3月31日まで「雛のつるし飾りまつり」が開催されています。
スーパービュー踊り子号を下りたらものすごい雨と暴風!!
これは2年前と全く同じシチュエーションだよね~などと話しながら最終日の会場に向かいました。
d0150287_1616378.jpg
伊豆稲取には江戸時代から伝わる伝統文化、雛のつるし飾りの風習があります。
これは、雛祭りに雛段の両脇にお飾りをつるす、全国でも珍しい伝統行事だそうで、
北は山形の傘福(山形県酒田市)、南は柳川のさげもん(福岡県柳川市)、そしてここ伊豆稲取の雛のつるし飾り(静岡県)が歴史のある日本三大つるし飾りと呼ばれているそうです。
d0150287_1630296.jpg
d0150287_16313312.jpg
d0150287_16314658.jpg
d0150287_1632498.jpg


この釣るし飾りの起源について、会場でいただいたパンフレットによるとこう説明されています。 
”江戸時代においては、お雛様を購入できるような裕福な家庭がまれでせめてお雛様、雛人形の代わりに、愛する子供や孫のために手作りの雛飾りで初節句を祝おうという切ない親心から生まれたものが伊豆稲取の雛のつるし飾りでございます”

つるし飾りは桃飾りとも言われ人形や一つ一つの飾りには、それぞれの言い伝えや親の願い、祈りが籠められています。
例えば
(桃)は邪気や悪霊を退治し延命長寿を意味し、また桃は早く咲き実が多いので多産を象徴する。
(とうがらし) 虫よけの効能があることから、娘に虫が つかないように
(うさぎ) 赤い目のうさぎは呪力があるといわれ、神様のお遣いともいわれている。
(巾着) 我が子がお金に不自由しないように
(這い子人形) 這えば立て、立てば歩めの親心 こどもの健やかな成長を願って

つるし飾りには決まりがあって1本につるす数は3か5か7と二で割れない数字(奇数)が基本。
それを3本か5本竹ひごの輪に吊るす。
一番多いのはは1つの輪に5本下げ、1本には11個の飾りものが下がっているものだそうです。
d0150287_1704384.jpg

そうそう! 稲取名産の金目鯛の「鯛中鯛」のつるし飾りもありましたよ!
めでたい鯛の中にさらにめでたい形の鯛!これぞ最高の縁起物ですね024.gif
d0150287_1710250.jpg
d0150287_17134425.jpg
d0150287_17152714.jpg

日本三大つるし飾りのコーナーも設置されていました。
d0150287_17172332.jpg

これは山形の傘福(山形県酒田市)酒田市では古くから傘の中には魂が宿るといわれ、安産や子供の成長を願って地元の神社に納めたものだそうで傘に短い幕を張りそこにぬいぐるみを吊るしたものです。
d0150287_17203861.jpg

こちらは柳川のさげもん(福岡県柳川市) 綺麗な手鞠が特徴のようですね。
d0150287_17222152.jpg
髪飾りやぽっくりも展示されています。
d0150287_17243995.jpg

この日は、翌火曜日の暴風も・・・・と思わせる程の大荒れの天気で都内も風で交通機関がマヒするほど!
稲取は海辺の町なので、これは今日は露天風呂は無理か・・・・と思いました。
d0150287_17283953.jpg

タクシーもつかまらないので宿に電話してタクシーをまわしていただこうと思ったのですが
何と、迎えに来て下さることに。 ありがとうございます浜の湯さん007.gif

これは伊豆稲取温泉 食べるお宿 浜の湯 さんのロビーに飾られていたお雛さまです。
とっても美しいお雛様です016.gif
d0150287_1733744.jpg
d0150287_17345117.jpg
d0150287_1735468.jpg
d0150287_173439.jpg
d0150287_17334716.jpg
d0150287_1734038.jpg
d0150287_17341227.jpg


2年ぶりに浜の湯 さんに伺うのをとっても楽しみにしていました060.gif
チェックインして1時間もしないうちにさっきまでの暴風雨が嘘のように晴れ上がって
夜には満天の星と大島が見えました041.gif
d0150287_1741365.jpg
d0150287_17415666.jpg

宿泊記は次回に! よろしかったら遊びに来てくださいね053.gif
d0150287_17432053.jpg


 
by franandtuto | 2012-04-08 17:42 | 旅行 | Comments(22)
伏見稲荷大社
お正月はどう過ごされていらっしゃいますか?

我が家は去年のクリスマスに京都へ出かけたので、お正月は元旦はマラソンを見ながら
のんびりのお正月です001.gif

今年の初めは、お正月の用意が始まった京都の伏見稲荷大社からです。
d0150287_952245.jpg

京都駅からJR奈良線で稲荷駅へ 稲荷駅を出て表参道を楼門に向かいます。
d0150287_1003629.jpg
d0150287_1005327.jpg
本殿を守る狛犬、伏見稲荷大社では狐が正面左右に一対で向き合っています。
d0150287_10105629.jpg
d0150287_10163440.jpg
ちょっと早いけど、初詣のつもりで参拝してきました。
d0150287_10171158.jpg
d0150287_10172469.jpg
ここが千本鳥居の入り口です。 千本鳥居ですが、この稲荷山には信者から奉納された約一万基の鳥居があるのだそうですよ。
d0150287_10211453.jpg
d0150287_1024075.jpg
d0150287_10291074.jpg
実は私は、この沢山の鳥居が怖かったんです。 何だか迷宮に入り込むような・・・・・
以前は夕方だったので特にとう感じたのかもしれません003.gif
でも、夜は無理だろうな~例え何人で来ても一人っきりになったように錯覚しそうです012.gif
d0150287_10314636.jpg
奥社奉拝所まで歩いて帰ってきたのですが、
奉拝所の奥には、願いを念じて持ち上げた時、重さが予想していたより軽ければ願いが叶い、重ければその願いは叶わないといわれる「おもかる石」という石があるんですよ。

帰路、鳥居を反対側から見ると、一基、一基に奉納された個人或いは会社の名前が 
初めてこの千本鳥居を歩いた時、目が悪いのと、暗かったのとで、この奉納された方の名前が梵字に見えたんです。
本当にバチ当たりなのですが、それで余計に怖かったと・・・・042.gif
d0150287_1041016.jpg

d0150287_22345835.jpg


年が明けたと思ったら、もう2日。 初詣には行かれましたか?

今日はお店も開いて初売りが始まりますね! 縁起物の福袋を買いに行かれる方もいらっしゃるのでしょうか?
by franandtuto | 2012-01-02 10:55 | 旅行 | Comments(32)
大阪
空が高く、すっかり秋色の季節になってしまいました001.gif
延び延びになって遂に猛暑の頃の旅行が秋晴れの今になってしまいましたが
宮島、大阪、京都旅行の続きを・・・・・・・012.gif

今回は夜は食事に京都へ行っていましたが、日中は大阪市内をあちこち歩いて過ごしました。
ホテルのそばの心斎橋通りから歩き始めましたよ053.gif
d0150287_12311270.jpg


初日はnanako*sweets-cafe♪のnanakoちゃんと難波で待ち合わせてランチを一緒にいただきました060.gif
私は、てっきりnanakoちゃんが、大阪の事情に詳しいと思い込んでいたら・・・・詳しくないわよ~地元じゃないもん!!
そうか、そうだ! 関西の出身と言っても大阪ではなかった!!003.gif
と言う事で、高島屋のローズダイニングで!和洋中揃っているのでみんなで楽しめました。
nanakoちゃんと私は飲茶セット、tutoはあまりお腹が空いてないとかで軽く海鮮丼037.gif

私たちが京都に滞在している日程とnanakoちゃんが帰省されている日程が不思議といつもピタリ重なるんです060.gif
去年も三十三間堂で落ち合っておしゃべりしたんですよ003.gif
そう言えば、この日大阪に用事があったnanakoちゃんのお嬢ちゃんも高島屋の待ち合わせ場所までご一緒だったのですが、
曰く ”どうしてこんな旅先でまでわざわざ逢わなきゃいけないの~東京で逢えばいいじゃない!” と仰ったとか・・・・
本当にそうよね~と大爆笑!

大阪、京都と言うと、逢いたいお友達も居るのですが何といっても私たちが行くのは全国的休日です。
それぞれご予定や旅行に行かれている時期ですよね、私たちと同じように。
d0150287_12313894.jpg
d0150287_12315475.jpg
d0150287_12321253.jpg
昼食を終えてnanakoちゃんと、また東京でね!とお別れしてから 市内へ
この有名なグリコの看板はニュースなどでよく目にします003.gif
d0150287_12544068.jpg
これも! かに道楽 節電のためカニさんは動いていませんでした。
d0150287_12561775.jpg
ここは道頓堀通り
d0150287_12575823.jpg
d0150287_12581866.jpg
♪包丁一本~ 法善寺横町です。狭い路地ですが石畳も風情があります。 
d0150287_12595263.jpg
ここが法善寺です。
d0150287_1325753.jpg
d0150287_1334193.jpg
水掛不動さん。 写真右奥は織田作之助の小説で有名な夫婦善哉 その名も夫婦善哉003.gif
ここのぜんざいは一杯のぜんざいが2つのお椀に分かれて出てきます。一つの物を二人で分かち合って食べる・・・・
仲良し夫婦に見立てているそうです。001.gif
d0150287_1362862.jpg
 ご縁があって今日おまいりできたことを感謝して
d0150287_1352715.jpg

暑い日だったのですが、ここから とことこと歩いて 四天王寺前夕陽ヶ丘の「クロイソス 本店」へ
銀座店には何度も伺っているのですが、大阪に来たら是非本店に来て見たかったのです053.gif
でも、迷って迷って・・・・最後はちょうど何台か停まって荷物の仕分けをしていた佐川急便のドライバーさんに聞いて、やっとたどり着きました!
d0150287_13341689.jpg
茹で蛸のようになって到着した私たちに、まず冷たい紅茶を
汗が引いたら暖かいお茶を煎れますねと、とても親切にしていただきました。
d0150287_1337996.jpg
暖かい紅茶にフレッシュミントがとても美味しかったです001.gif
d0150287_13391321.jpg
工芸茶専門店『CROESUS(クロイソス)』 大阪本店
大阪府大阪市天王寺区六万体町4-18カセタニビル1F
TEL 06-6771-0088

クロイソス 本店を出て、今度はお買い物にリッツカールトン大阪へ
5月以来のリッツカールトン大阪060.gif不思議なんだけど懐かしい!!
d0150287_13425865.jpg
ちょっと1Fのグルメショップで欲しいものがあったのです。一部品切れで配送していただくことにして
d0150287_13584759.jpg
暑さでちょっと疲れたのでお茶でもと思いましたが
ホテルに帰ってシャワーを浴びてひと休みする事に決めて・・・・・ケーキとパンを少し買って帰ることに067.gif
d0150287_13591346.jpg
結婚式の披露宴があったのか、ロビーはとても混んでいました。
d0150287_1402365.jpg


今日は、ひと休みしてから夕食に京都に向かいます024.gif
by franandtuto | 2011-09-24 14:05 | 旅行 | Comments(28)
The St. Regis OSAKA (セント レジス ホテル 大阪) そのⅡ
さて、セント レジス ホテル 大阪そのⅡです。

この方にそそのかされてセント レジス ホテル 大阪に宿泊しました。
”セントレジスのバトラーサービスってどんなだか興味あるので次回レポしてください!” そう仰ったんです!

聞いて下さい、今回いっぱい写真も撮ってレポを報告しなくてはと思っていたら何と!この方・・・・・
”ちょっと出かけてきます” って・・・・・ちょっとってアメリカですよ!
はい、飛んでいっちゃったんです005.gif

気を取り直して、セント レジス ホテル 大阪 そのⅡです001.gif京都から戻って、
ここは一階にあるフレンチビストロ 「Rue D'or(ル ドール)」のテラス席です。さすがにこの時間テラス席は閉まっているようです。
d0150287_21321923.jpg

この角を左に曲がるとセント レジス ホテル 大阪の正面玄関  心斎橋筋という通りのようです。
d0150287_21253145.jpg
玄関を入ると
d0150287_21341459.jpg
お部屋の戻ってきました。天井高が3mあるそうで その高さをほぼいっぱいに使った窓と相まって開放感があります。
d0150287_21355726.jpg

ではお部屋のレポを始めますね(笑) これはお部屋の入り口、入ってすぐの廊下から撮ったバスルームです。ベッドルームからと出入り口が二箇所あります。
お部屋の入り口にはバトラーボックスなる小さなクローゼット・・・・ロッカーかな?があってクリーニングや
靴磨き、見たい新聞などバトラーに電話をいれておくと、このバトラーボックスで受け取ったり、返却が出来ます。
d0150287_21542740.jpg
とても便利だと思ったのが、このシャワーです!AXORのシャワーは20cmくらいありそうな大きなシャワーヘッドと、
ボディシャワーが4カ所備えられていて何と全身を一気に洗い流せるんです003.gif
レインフォレストシャワーというのだそうですが、大きなシャワーの真ん中からの水がクルクルと回ってマッサージしているようで
気持ちが良かったです。
d0150287_220683.jpg
バスアメニティはSOTHYS(ソティス)
d0150287_2222334.jpg
お部屋のあちこちに使われている漆のような質感のウレタン塗装を施したトレーがオリエンタルな雰囲気ですね。
d0150287_229376.jpg
d0150287_2295444.jpg
タオル類は全て今治タオルが使われていました。ホテルで今治タオルは初めてかもしれません。
d0150287_22101629.jpg
二段の針箱(?)の中にはソーイングセット、麺棒、シェービングジェリー、コットンなどが入っています。
d0150287_22115852.jpg
洗面台の下にも箱があるので開けて見ると・・・・トイレットペーパーでした003.gif
d0150287_22124948.jpg

一夜明けて、早く目が覚めたのでお茶を飲みました。
d0150287_22261252.jpg
鉄瓶の急須です。
d0150287_23285075.jpg
d0150287_232926100.jpg
d0150287_2331498.jpg

朝食は、昨夜外から見た一階の「Rue D'or(ル ドール)」のブッフェです。
d0150287_23373898.jpg
d0150287_2338574.jpg
卵料理は好みに焼いてくださいます。
d0150287_23384173.jpg
d0150287_2339028.jpg
d0150287_23394831.jpg
d0150287_2340478.jpg
d0150287_23402182.jpg
d0150287_23403668.jpg
d0150287_23405649.jpg
d0150287_2341172.jpg
今日はこれからnanakoちゃんと待ち合わせて一緒にお昼ご飯をいただく予定です060.gif
大阪市内も少しは歩いてみたいので053.gif
by franandtuto | 2011-09-06 23:44 | 旅行 | Comments(24)
The St. Regis OSAKA (セント レジス ホテル 大阪)
朝 東京を8時の新幹線で広島へ・・・宮島をたっぷり楽しんで、大阪へ向かいました。
大阪に着いたのが夜の9時。暑くて長い一日の終わりです042.gif

今回はこの方そそのかされてお勧めでセント レジス ホテル 大阪で3泊お世話になることにしました。
d0150287_0173064.jpg
d0150287_0181778.jpg
1Fロビーのベルキャプテンデスクで宿泊の確認をして、12階のロビーに案内していただきました。
このホテルは一階からエレベーターで直接お部屋には行けません。

12階のロビーの、その奥にあるエレベーターに乗り換えてお部屋に行くのですが、これはきっとセキュリティーなのでしょうね。
今回の私たちのお部屋は23階です。大阪の夜景が美しいです053.gifしばしボーッと荷物も解かず見惚れていました。
d0150287_0331257.jpg
お部屋の真ん中にシーリーの200cm×203cmの大きなベッドが!
d0150287_0421280.jpg
大きな窓から夜景を見ながらZZZZZZもいいかも003.gif
d0150287_0434189.jpg
「セントレジス大阪はバトラーサービスを大きな特徴としているそうで、バトラーサービスに関する説明がありました。

フロアごとにコンシェルジュ的役割のバトラーがいて、基本的にバトラーにリクエストするようです。

ウェルカムドリンク(冷やし飴)を持って来てくださいました。早速大阪らしくて嬉しい!

寝間着がセントレジスのオリジナル浴衣、デザインは創業のニューヨーク セントレジス5番街55番地にちなんでいると説明があったのですが、早速パジャマをお願いしてしまいました・・・・寝相がわるいので003.gif
d0150287_0501742.jpg

とりあえずお部屋の中を探索041.gifバスルームです。
d0150287_0592778.jpg
d0150287_1088.jpg
キャビネットの中にネスプレッソが060.gifこれはtutoが喜びそうです。コーヒーがと言うより、この種の機械が大好きなんです(爆)
d0150287_161480.jpg
グラス類も充実しています。
d0150287_18511.jpg

ちょっとだけバーに行って軽く飲んでから寝ることにします。12階のエレベーターを降りたところ
d0150287_110687.jpg
St.Regis Barです。
d0150287_1115978.jpg
d0150287_1122375.jpg
飲みやすいカクテルを・・・・・
d0150287_1155667.jpg
セントレジスと言えばオリジナルのブラッディ・マリーが有名ですが、ここ大阪では「ショーグン・マリー」・・・・
どう違うのかは飲んでいないので不明です003.gif
d0150287_1172390.jpg
d0150287_1174077.jpg
d0150287_1183745.jpg

もっと飲めると思ったけど、もう途中で眠くて眠くて・・・・・・・明日また来ることにして今夜は撤収!
d0150287_1202233.jpg
d0150287_1203879.jpg
d0150287_123249.jpg
今夜はカーテンを開けっぱなしで夜景を見ながら寝ることにしますぞ003.gifこの風景では誰にも見られないでしょうし、部屋の中を真っ暗にしたら大丈夫!
d0150287_1245975.jpg

by franandtuto | 2011-08-22 01:26 | 旅行 | Comments(38)
安芸の宮島
今日は暑かったですね~~~025.gif
熱中症対策には水だけでは不足とのことで、最近お店で塩飴をよく見かけますね。
我が家の冷凍庫の中はガリガリくんがいっぱい003.gif

今年の夏休みは安芸の宮島からスタートしました。
宮島は10年ぶりくらいになるのでしょうか・・・・・以前行った時は岡山、瀬戸大橋、しまなみ街道、尾道、宮島、出雲大社、
鳥取砂丘など山陽、山陰を急ぎ足で回った旅だったので、今回は宮島 厳島神社をゆっくりと と思って出かけました。

宮島に着いて判明したのですが、翌日が宮島の海上大花火大会でした037.gif
宮島と言えば、海に浮かんだ厳島神社と大鳥居を思い浮かべる方が多いと思いますが・・・・・
↓ このような・・・・・何と大潮でした! 潮干狩りには絶好の日ですが003.gif
d0150287_10531625.jpg

宮島へは、広島から電車で宮島口へ、そこからフェリーで約15分
d0150287_10543885.jpg
d0150287_1055482.jpg
着きました
d0150287_11185584.jpg
厳島神社まで、参道を歩いていくのですが、流石牡蠣の本場です。焼き牡蠣の香りについ誘われてしまいますが、我慢我慢!!
d0150287_10593821.jpg
d0150287_1101778.jpg
 五重の塔が見えて来ました。
d0150287_1104416.jpg
宮島は古くから「神の島」として崇められ、始めはこの島自体が神で神殿はなく立ち入る時は 体を清め入っていたとのことで
瀬戸内海に浮かぶ歴史と浪漫の島は、
厳島神社の雅やかな社殿や朱塗りの大鳥居が紺青の海と相まって平安朝の優雅さを今に伝えています。

厳島神社です。
嚴島神社の創建は、推古元年(593年)と伝えられ、平安時代後期の仁安3年(1168年)に平清盛の援助を得て、
現在みられる壮麗な社殿群の基本が形成されたそうです。

海を敷地とした平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社です。
廻廊で結ばれた朱塗りの社殿は、潮が満ちてくるとまるで海に浮かんでいるようなのですが、今回は
地面からカニがいっぱい這い出していましたよ003.gif
d0150287_1115271.jpg
d0150287_1161173.jpg
d0150287_118279.jpg
d0150287_045399.jpg
d0150287_051177.jpg
d0150287_11102885.jpg
d0150287_054124.jpg
大鳥居は、奈良の大仏とほぼ同じ高さの16m、重量は約60t。主柱は樹齢500~600年のクスノキの自然木で作られており、
現在の鳥居は8代目 建立から124年になるそうです。

この鳥居は地盤を強化したり、中に石を詰めて加重するなど、先人の知恵と工夫により
鳥居の重みだけで立っているのだそうです。
d0150287_11112748.jpg

d0150287_12564145.jpg

応永14年(1407年)に建立されたものと伝えられる五重塔
d0150287_11124191.jpg
豊国神社(千畳閣)
天正15年(1587)豊臣秀吉公が戦没者のために、安国寺恵瓊に建立を命じましたが、秀吉の死により未完成のまま現在にいたっているのだそう。
d0150287_111384.jpg
d0150287_0363515.jpg
d0150287_11135749.jpg
d0150287_0401686.jpg
d0150287_0412787.jpg

お待ちかねの牡蠣です041.gif参道にある 焼き牡蠣のはやしさんでいただきました053.gif
まず待たずにいただける生がきを! 3年物の地御前かきをいただけます。
d0150287_0445957.jpg
d0150287_0451568.jpg

焼き牡蠣
d0150287_0471372.jpg
d0150287_0472713.jpg
閉店間際だったので、お店の外で焼いていた牡蠣も残り少なくなりました。
d0150287_0482364.jpg
d0150287_0491270.jpg
お腹もいっぱいになって、そろそろ広島へもどります。
暑かったけど、やっぱり来て良かった!! 
d0150287_11151785.jpg
d0150287_11154372.jpg
d0150287_14302627.jpg
今日はこれから新幹線で大阪まで戻って大阪に泊ります。
by franandtuto | 2011-08-19 00:53 | 旅行 | Comments(27)