ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
あみねこさん到着!
先日、お友達のヘタレ王子と気まぐれ王子のお世話日記で
世話人Chikaぽんさんお手製のあみねこさん里子譲渡会が開催されて、私もあみねこさん&おたまちゃんのファンなので、
里親に応募したんです003.gif幸運にもアミダくじによる抽選に当たって、
本日我が家にあみねこさんとお供のおたまちゃんが到着しました053.gif


ワタクシ、あみねこと、お供の、おたまです。どうぞよろしくお願いいたします。・・・・・礼儀正しいあみねこさんのごあいさつでした。
d0150287_0271033.jpg
Chikaぽんさんの愛猫、左が、ぺこりくん。右が、ライたんです。おやつも一緒に送ってくださいました056.gif
d0150287_0303628.jpg
早速、アレックスが・・・・・
d0150287_034727.jpgd0150287_0341978.jpg

ご対面です。 まず、バロンから                        可愛い~!!・・・これ!バロン!乱暴は駄目よ!!
d0150287_04551.jpgd0150287_0474611.jpg

その後・・・・
d0150287_0513261.jpgd0150287_0515017.jpgd0150287_0521374.jpg

大丈夫ですよ! バロンの大きな手に乗っています。
d0150287_0544779.jpgd0150287_055451.jpg

さて、次はアレックス・・・・
d0150287_0582553.jpg
これっ!!アレックス!!!
d0150287_0585176.jpgd0150287_0591239.jpgd0150287_0592975.jpg

でも、その後・・・・・
d0150287_122236.jpg
仲良しになったからChikaぽんちゃん、安心してね!
d0150287_125196.jpgd0150287_145128.jpg

生まれ育った家や、大好きなChikaぽんママ、ペコリお兄ちゃんやライたん兄ちゃんから離れて知らない家・・・変なオバサンに、
これまた変なオジサン、そして毛深くて怖そうな兄ちゃんが2人・・・・けなげに慣れようと頑張っています。
d0150287_193878.jpgd0150287_110090.jpg

あみねこさんもおたまちゃんも、緊張して疲れちゃったね~同じく疲れたバロンとお昼寝しようか?
d0150287_126629.jpg
d0150287_1263789.jpgd0150287_127274.jpg

仲良くねんね! バロンのしっぽが、純毛の毛布ですよ~!・・・Chikaぽんちゃん、可愛いあみねこさんとおたまちゃんを
ホントにありがとう053.gif我が家の2ニャン同様、大事にするから安心してね001.gif
d0150287_1295437.jpg
最後は、狙うバロン・・・・・その先には・・・・
d0150287_1314141.jpg
これっ!!! アレックスじゃないの! バロン!033.gif
d0150287_1361837.jpg
おっとり甘えん坊のペコリくんと、仏頂面同盟会員No1を誇るライたんのお家はこちらですよ~024.gif
               ヘタレ王子と気まぐれ王子のお世話日記
by franandtuto | 2008-08-31 01:43 | ニャンズ | Comments(18)
美味し~い 桃
今朝、お友達のitachaさん から、福島の桃が届きました016.gif みずみずしくて美味しそうでしょ~?
d0150287_13433154.jpg

今すぐ食べちゃいたいけど、その前に!
可愛いくて、美味しそうな ”桃”さんの大撮影会です!だって、今、デジイチの勉強中なんだもん037.gif

まず、全形です。                             角度を変えてみました。
d0150287_13505349.jpgd0150287_13512770.jpg

焦点を前の黄金桃に                              次は後ろに
d0150287_1353910.jpgd0150287_13532655.jpg

次は一つずつです。
d0150287_13575482.jpgd0150287_1358834.jpg

雰囲気を代えて
d0150287_13592949.jpg
d0150287_1411756.jpg

桃の季節も、あと少しですね~!! 写真を撮るのに、一つ切ってみたら、甘~い汁がポタポタと・・・・撮影に集中しているtutoを尻目に、tutoの分は今、写しているのだけよ~003.gif残りは私が食べてしまいました!038.gif
itachaさんは、京都食べ歩きの大先輩で、飲む・打つ・買う・の豪快な食通です。
あ!失言です! 打つ・買うは、なさらないです!  飲む・食べるに 訂正、訂正!!!
日本酒をお好きな方、美味しい食べ物が好きな方、itachaさんのブログを覗いて見てね!
きっと、あきれますよぉ~~~~041.gif
ご自身でも、料理作られるんです。だてに食べてないなぁ~ 何時の日か ”割烹 itacha”に是非伺いたいfranなんです024.gif

itachaさん.とっても、とっても!!美味しい桃でした010.gif
ごちそうさまでした! ありがとうございます053.gif
by franandtuto | 2008-08-24 14:25 | お友達 | Comments(20)
京都
楽しみにしていた京都から帰って、もう10日を過ぎようとしています。
私は何故こんなに京都が好きなのでしょうか・・・・考えて見ると、私は暑いのにはとことん弱く、
それなのに、より暑い京都に一番暑い季節にさえ、向かうのか我ながら不思議です。
d0150287_2184084.jpg
お盆のこの時期、清水寺、高台寺など、ライトアップされていて、食事のあと散歩してみたのですが、まだまだ腕が未熟で、 
美しい夜景には届かず、やたらと赤く、そしてちょっと怖い写真になってしまいました。
清水寺から帰る途中少しだけ八坂の塔が見えました。
ライトアップのせいで夜とは言え清水寺の周辺は沢山のカメラを持った観光客で賑やかでしたが、すこし外れると、暗闇で臆病な私は暑い汗なのか、冷や汗なのかわからないくらい怖かったのです。


d0150287_2112587.jpg


















祇園 花見小路の入り口にある、忠臣蔵の大石内蔵助で有名ですね、 ”一力”です。
前の白い雲のようなものは人が歩いていたのです。001.gif
怖いものではありませんよ!


d0150287_21195123.jpg



私が初めて京都へ行ったのは、皆さんと多分同じで、修学旅行でした。
冷めた生ぬるい赤だしは、心底不味い!と思った記憶があります。

その後、幕末史が好きで、その場所を確認したり調べ物をしたりで京都によく行くようになったのですが
その頃は、観光はしませんでしたねぇ~。歴史が大きく動いた時代というのは面白いのですが、

幕末の京都の歴史を調べるというのは、墓めぐりをするようなものです。
ここで、斬ったとか斬られたとか、暗殺されたとか・・・・特に新撰組などはそうですね。
坂本竜馬の暗殺現場に瓢亭の下駄が落ちていた。だから坂本竜馬を暗殺したのは新撰組だろうと思われたのだそうですが・・・・瓢亭・・・南禅寺の、あの瓢亭ですよ!新撰組は瓢亭で食事したり、お酒を飲んだりしていたのでしょうか・・・・・・
疑われるくらいだから、それも頻繁に!

う~~ん・・・しかし新撰組が蹴上の瓢亭・・・・資料には瓢亭(ひさご亭)とあり先斗町となっている・・・・
今はありませんが幕末時には先斗町に瓢亭(ひさご亭)という料亭があったのかも知れません

長州の久坂玄瑞(くさかげんずい)をご存知でしょうか?島原の角屋に、ここで久坂玄瑞がだれ某と密談した。なんて説明書きが立っていますが、吉田松陰の塾の塾頭であったとも言われ、高杉晋作や伊藤博文も吉田松陰の門下ですが、彼は坂本竜馬と同じく、明治を見ることなく亡くなってしまった一人ですが、手紙が残っているんですね、愛人のお辰に宛てた手紙。

その後は如何案じ致し参らせ候。私事俄かに国へ帰らずてはならぬ事差起り
目もじも致し不申心ならぬ事いかにも推もじ被成べく願い参らせ候。
この節の事はおもしろからぬ事許りにて、国に帰らずてはならぬ次第になり
何とも口惜しき事にて候。さて出足の折おかしき事ながら、

桂の川の水鳥の、たちのなげきに旅ごろも、あかつきくらき村しぐれ、涙をしぽるたもとなれ。
大内はいずこもわかぬ、駒さへさすがいばえけり、へだての雲と加茂川に、のぽるのぎりぞかなしけれ。と
今様うたいて出足致し参らせ候。我事の心すいもじなさるべくねんじ参らせ候。

その後もお前様の事のみおもいつづけ候。軒端の月に露とすむ、寒きタベは手枕に、
ついねられねばたちばなの匂える妹の恋しけれ。


いいでしょう~? 私はどうも文章に弱いタイプ012.gifこんな手紙をもらったらコロリですね~(笑)



巽橋は人気の写真スポットで舞妓体験の方がよく撮影をしている所です。左側に料亭やお茶屋が並んでいます。
d0150287_21541191.jpg
「かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる」
d0150287_21584337.jpgd0150287_2212968.jpg

八坂神社
d0150287_2282875.jpg
祇園
d0150287_22143545.jpg
約一週間に渡り、長々と、食べ物ばかりの京都にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
こんな、個人的な・・・・と思っていたのですが、たくさんのコメントをいただいてとっても嬉しかったです053.gif
d0150287_22164286.jpg

by franandtuto | 2008-08-23 21:50 | Comments(17)
長楽館
円山公園の長楽館で、一休みです。
d0150287_14514588.jpg
私は、この長楽館、おそらく日本で一番豪華な喫茶店ではないかと思っております003.gif
“明治時代のたばこ王”村井吉兵衛が約5年の歳月を経て建設した別荘で、完成直後に訪れた伊藤博文が、『長楽館』と揮毫し、迎賓館として華やかな社交場として使われたそうです。
ルネッサンス風の瀟洒な建物と、ルイ15・16世時代の調度品が優雅に彩り、ロココ様式が基調となっている客間は、天井にあしらった植物文様のレリーフや美しい家具などが現存して、特に貴重な家具30点は京都市指定有形文化財にも指定されています。
初めて、『長楽館』の内部を見たとき、私はここに住みたい!! お金持ちになってよぉ!!!とtutoの胸倉をつかんでしまったfranでした・・・・が、
よ~く考えると軽井沢で大きな別荘を借りて意気揚々としていたのもつかの間、暗くなったら怖くて一部屋に固まって震えていた
小市民代表の私たち・・・・012.gif
それでは、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、絢爛豪華な内部をごらんになってね016.gif 
(一部、以前の旅行で撮った写真があります。季節がずれていますが、ご容赦!)

d0150287_15292595.jpgd0150287_15294264.jpg

d0150287_15331291.jpgd0150287_1533305.jpg

d0150287_1534534.jpg
d0150287_15362196.jpgd0150287_15363391.jpg

d0150287_1538275.jpgd0150287_15385734.jpg

d0150287_1540975.jpgd0150287_15402524.jpgd0150287_15411063.jpg

d0150287_15423412.jpg
d0150287_15442582.jpgd0150287_15444049.jpg

d0150287_15464253.jpgd0150287_1547296.jpgd0150287_15472512.jpg

d0150287_15485358.jpg
d0150287_15554866.jpg

工事は、アメリカ人技師T.M.ガーディナーの設計・監督、清水満之助の施工により、明治42年(1909)6月に竣工、
また室内装飾は、東京の杉並商店、京都の河瀬商店が分担し、ロココ様式をはじめそれぞれ部屋に合った様式の家具は
ロンドンのメープル製など、大半が高級な輸入品だそうです。

ところで・・・・自分の家でもない、人の待ち物をこんなに・・・・・009.gif
忘れていました! ここに来たのは、お茶です!!
これを、食べました。
d0150287_163976.jpg

by franandtuto | 2008-08-23 16:07 | 京都食べ歩き | Comments(8)
祇園 にしむら
夏の京都旅行、最後のお店は、祇園の ”にしむら”さんです。
d0150287_21183636.jpg
  にしむらさんの定番、胡麻豆腐                     今夜も冷酒!美味しいものにはお酒がなくては・・・ね!!
d0150287_2120414.jpgd0150287_2120503.jpg

  お椀、 鱧と松茸
d0150287_2122286.jpgd0150287_21221534.jpg

  にしむらさんの看板かな~お造り ほっぺが落ちてきそうな鯛と鮪、烏賊
d0150287_21234540.jpg
   もう一つの定番、鯖寿司!  この鯖の身の厚さと締め具合を見てください!!
d0150287_21244057.jpg
     八寸  左下は干瓢に黄身酢をかけたもの
d0150287_2125911.jpg
  鱧の子の玉子とじ                無花果と豆のお浸し             枝豆・トウモロコシのかき揚げ
d0150287_21253036.jpgd0150287_21254689.jpgd0150287_21255871.jpg

   鯛の皮                                     太刀魚の照焼き
d0150287_21272720.jpgd0150287_21285511.jpg

ちりめん山椒・・・何故ここでちりめんなのかは、後で006.gif     南瓜のすり流し(にしむらさんは、(かぼちゃん)と言ってました。
d0150287_21295494.jpgd0150287_2130962.jpg

d0150287_21313718.jpg

冬瓜、鱧、焼き万願寺のお椀
生姜がピリリと効いて
葛が溶き流してある、お出汁でとっても美味しかった!

こんな、お椀の味が出せるようになりたいなぁ~

  白いご飯と香の物             赤だし
d0150287_21324488.jpgd0150287_21331071.jpgd0150287_21332693.jpg

 デザートの桃   ジュレがかかっています001.gif
d0150287_21371755.jpg
d0150287_2139254.jpgちりめん山椒。  お持ち帰りのお話をしていて、
ちりめん山椒も予約で送ってくださると、おっしゃったんです。
にしむらさんが! 
でも、でも・・・私たちは、今まで一度もちりめん山椒出してもらったことがない!! 
 ”幻のちりめん山椒ですわ~”っておっしゃるんです。
お隣のお席にいらした福島からいらしたご夫婦も知らない!
と仰って・・・一つだけあった”幻のちりめん山椒”を出してくださったんです。だから、ごはんでもないのに突然、のちりめん山椒だったんです003.gif

この日は、五山の送り火の日で、カウンターにいらした他の方は、送り火に合わせてお店を出られて、お店は危うく私たちだけ・・・??

お隣の福島からいらした、ご夫婦も、その予定のようでしたが・・・・ずうずうしく話しかけて、引き止めてしまい、
結局最後まで、ご一緒していただきました001.gif
京都で食べることを目的にいらしているそうで、特ににしむらさんのお料理を楽しみにしていらっしゃるんだとか!
何でも、京都は目的が食事だから、今回日中の空いた時間に、錦帯橋へ行ってらしたと・・・・・!
錦帯橋って、山口県ですよ!山口県!!!005.gif

にしむらさんって、お人柄なのか、お店にいらしているほかの方とも、知っているかのようにお話してしまう・・・そんな雰囲気なんです。

美味しい料理は妥協のない素晴らしいの一言ですが、にしむらさんは、その日その場所にいらっしゃる方が皆、この一時を楽しんでいらっしゃるか・・・とても気を使われていて、ご自分の面白かったお話など、みんなが笑って話題の中に入っていけるようにと、話題をもってきてくださるんだと思います。

豪快で、やんちゃな印象とは裏腹に、繊細で、優しい方なんだと、帰り道いつも暖かい気持ちになって帰ります。  

京都!  何処へ行こう・・・と考えたとき、にしむらさんのお料理と共に。にしむらさんとお話したいなぁと・・・001.gif
by franandtuto | 2008-08-21 23:05 | 京都食べ歩き | Comments(22)
割烹 やました
京都で食べられるのも、今日一日・・・・楽しみにしていたのに、アッと言う間です007.gif
お昼ごはんは、木屋町の ”割烹 やました”さんに伺いました。   
d0150287_20222776.jpg
今日はお昼ご飯です。
鱧の真ん中の身をおろした後の部分を細かく切って揚げたものと、ばい貝。
d0150287_20244780.jpgd0150287_202524.jpg

お造り  鮪、鱧、烏賊・・・・一番手前はなんでしょう・・・忘れた!
d0150287_20261289.jpg
やましたさんは、本当に活気のあるお店です。
お店に入った瞬間、カウンターにずらりと並んだ板前さんが
目に飛び込んできます。
カウンターが高いのか、調理台が低いのか・・・ともかく、カウンターから、鱧を切る、ご主人の包丁さばきや
、板前さんの、仕事がそのまま見えるんです。
カウンター割烹の醍醐味ですね~
↓のお魚も、切り身にして網脂で巻いて串にさして、焼くという一連の調理過程を見ながら
ワクワクして、勉強にもなるんです001.gif

鱸を網脂で巻いて炭で焼いた、ゆうあん焼                      炊き合せ
d0150287_20271192.jpgd0150287_20282633.jpg

鴨のロースト
d0150287_20291746.jpg

       油物                                   もずく酢    
d0150287_20294229.jpgd0150287_20295411.jpg

     ごはん                                      生姜のアイスクリーム
d0150287_20305634.jpgd0150287_2031894.jpg

やましたさんは、お魚の美味しいお店で、コースもありますが、お好みでも!
大神さんの記事で、大神さんと、やましたさんはお値段を書くと申し上げましたが、
今日の、このお昼ご飯 3000円です。
熱い物は熱く、冷たい物は冷たく、出来立ての美味しいお昼ごはんです。

へぇ~安いんだ~と、思われましたか?実は、このやましたさん、有名な割烹なんです。
吉永小百合さんとか、有名人も足を運ぶお店なんですよ。・・・・・だからどうしたって?
いえ012.gif書いてみただけなんですけど・・・・美味しいお店なんです。

すごく良心的と言うのか、もちろん、京都の料理屋さんの本領は提灯に灯がともる。夜にあるのですが、
このくらいの予算で、京都の一流の割烹の味と雰囲気を少しでも知ることが出来るって、
いいですよね~001.gif
by franandtuto | 2008-08-21 21:15 | 京都食べ歩き | Comments(2)
割烹 梨吉
二日目の夕食です。 大神さんの近く、祇園の梨吉さんに伺いました。
d0150287_22525344.jpg
今日も冷酒です。
d0150287_22544281.jpg
         骨せんべい                           ほうれん草としめじの煮浸し
d0150287_22551325.jpgd0150287_2255264.jpg

       蛸の柔らか煮                          きぬかつぎ と鮑
d0150287_22562982.jpgd0150287_2257166.jpg

    蛤のお吸い物
d0150287_22581726.jpg

うちの料理は写真映えしませんからね~! カメラを構えるとご主人が(笑)
梨吉さんは、本当に割烹なんです。小皿がいっぱい!
でも、どれも、とても手の込んだ丁寧で繊細な料理なんです。特にお出汁は最高です。

以前、飾った料理は作りくないと仰っていました。

大好きな鮎!!3匹も003.gifこの鮎は、40分も焼かれているんだそうです。
骨もひれも、頭もぱりぱり!! 生臭さも苦味もなく絶品です!
伺う時間に合わせて、焼き始めるのだそうです。
d0150287_22584586.jpg
        鱧のお椀                           めいたがれい!白身が食べたいとお願いしてあったのです。
d0150287_239166.jpgd0150287_2393856.jpg

    冬瓜のふろふき、お味噌が美味しい!!            珍しい!!梨吉さんのにぎり寿司、活車海老とめいたがれい
d0150287_23105627.jpgd0150287_23111142.jpg

鱧と湯葉の柳川016.gif
d0150287_23125061.jpg
あつあつの鍋の後は、ひんやり、冷たい煮物です。鱧の八幡巻、湯葉、小芋
d0150287_23131196.jpg
    梨吉さんの定番、蕎麦茶のふりかけご飯。                              
d0150287_23134012.jpgd0150287_23135750.jpg 黒糖のシャーベットd0150287_23141030.jpg

d0150287_23202171.jpg
ちょっとだけ・・・・・いいかな? 
ご主人です038.gif

もし、一人で京都に行くことがあったら・・・・私は迷わず梨吉さんに伺います。
カウンターの端っこに座らせてもらって、ご主人の仕事を見たり、料理のお話を聞いたり、祇園のお話を聞かせてもらったり(ご主人は生粋の祇園生まれの祇園育ち!)しながら、祇園でのひと時を過ごしたいです。
私にとって梨吉さんはそんなお店です。

本当に何時いっても、変わらずホッ!(京都なら、ほっこりかな)
美味しいお店も、楽しいお店も、好きなお店はたくさんありますが、梨吉さんは特別!!
どんなことも、最後は人に行き着くんだと、思います。
お料理のこと、調味料のこと、水のこと。色々教えていただいて、ゆっくり食べられるカウンターのお店。
お料理は本当に美味しいです016.gif
by franandtuto | 2008-08-20 23:49 | 京都食べ歩き | Comments(10)
嘯月
紫野鳳徳小学校南東にある、嘯月さんに行ってきました。一押しの和菓子のお店です。
何故、紫野鳳徳小学校南東なんて書き方をしたかと言うと、タクシーで行くにしても、どういっていいのかわからないし、住所を言っても????のことが多いからなんです002.gif
d0150287_21535983.jpg
今日のお菓子は、これです。京都へいくたびに嘯月さんの季節のお菓子を楽しみにしています。
d0150287_2156599.jpg
嘯月さんも、予約制で時間まで、指定です(もちろん私がですよ)受け取りに行く時間に合わせて作ってくださるからです。遅れる分にはいいのですが、早く伺うと出来ていません012.gif

きんとん(朝の露)
d0150287_2203859.jpgd0150287_2205827.jpg

なでしこ(想い草)
d0150287_2223229.jpgd0150287_222535.jpg

水の面
d0150287_2244882.jpgd0150287_225746.jpg

d0150287_2264931.jpg
本当は、嘯月さんのお菓子を一番、お土産にしたかったです。・・・・・でも、生はさすがに無理でした。夏だから葛のお菓子が多いです。
嘯月さんの一日に作る種類は4種類くらいだそうです。
予約するときに、作られるお菓子を一つずつとお願いしています。
・・・・・が、やはり今まで5個入っていたことはありません。
by franandtuto | 2008-08-20 22:59 | その他京都のオススメ | Comments(0)
祇園 大神
二日目のお昼ご飯を食べに、大神さんに伺いました。
d0150287_21402850.jpg
まず、冷たい桃汁からです。
d0150287_21413715.jpgd0150287_2141554.jpg

大神さんのお料理は、割烹と言うより、料亭の料理みたいだなぁと思います。
器もとっても素晴らしくて、見てるだけでも嬉しくなります。
d0150287_21441710.jpgd0150287_21443049.jpg

d0150287_21453066.jpg
お造りは鯛の昆布締め、ポン酢でいただきます。
d0150287_21474550.jpgd0150287_2147581.jpg

お椀は、鯛を香ばしく焼いたものと、豆腐と椎茸です。蓋の裏が綺麗ですよね~
d0150287_21484764.jpgd0150287_2149336.jpgd0150287_21491898.jpg

ホオズキの中は里芋と蛸の柔らか煮、ごぼうと鱧の八幡巻、鱧のお寿司
d0150287_21504164.jpg
d0150287_21512241.jpgd0150287_21514117.jpgd0150287_21553855.jpg

d0150287_21571119.jpg
d0150287_21573341.jpgd0150287_21574935.jpg

d0150287_21592553.jpg
d0150287_21594028.jpgd0150287_220762.jpg

一組ずつ、お釜でご飯を炊いてくださいます。蛸、鯛、アサリ・・・何種類かの中から好みで選んで炊いていただくのです。 
私たちは蛸をお願いしました。おこげがおいしそうでしょう?
d0150287_222883.jpgd0150287_2222336.jpgd0150287_2223772.jpg

ここ、大神さんは、京都の割烹は初めてのお友達と来たときは、必ずといっていいほど大神さんに伺います。
美味しいことと、器や盛り付けの美しさ・・・・とても喜んでもらえるからです。もちろん価格的にも。
食べ歩きでお店を紹介するのに、お値段を書くのは好きではありません。でも大神さんと、次回アップする予定の 
”やました”さんだけは、価格も入れてご紹介したいと思います。
ちょっと有名なお店の湯豆腐を食べても、軽く4000円はする京都で、さらに祇園で
この、お昼ごはん、税込みで 5300円なんです。安いと思われませんか?
もし、京都に行かれることがありましたら、是非、お昼に!!うっとりしますよ001.gif

056.gifカウンター9席のお店です。予約が必要ですよ006.gif
お昼は、このコースの他に3500円のコースもありますが、
内容がずいぶん違うので、せっかくなら、このコースをお勧めします。
by franandtuto | 2008-08-19 22:25 | 京都食べ歩き | Comments(6)
祇園 阪川
京都一日目の夕食は、祇園の阪川さんでいただきました。阪川さんは、大好きなお店!
鱧を堪能しました。
d0150287_2324235.jpg
d0150287_233338.jpgd0150287_2335178.jpg

今回は冷酒で・・・! 群馬のお酒でしたが・・・・銘柄は・・・失念しました008.gif   鮪と鯛
d0150287_23102812.jpgd0150287_23104618.jpg

                     鱧                          鰻の・・・・・
d0150287_23122949.jpgd0150287_23124417.jpg

鮑を焼いていただきました003.gif
d0150287_231633.jpgd0150287_23161943.jpg

  003.gif鮎です!!大好き!                           ぐじ
d0150287_23192962.jpgd0150287_23194386.jpg

  鱧を一切れづつ、目の前で焼いて、お皿に入れてくださいます。
d0150287_23221096.jpg
 ポン酢で!                                      無花果の白味噌
d0150287_23225315.jpgd0150287_2323845.jpg

  松茸と賀茂なすのフライ                              さっきのぐじをお吸い物に。
d0150287_2324593.jpgd0150287_23261541.jpg

 阪川さんに来ると必ず食べてる、ステーキ!炭焼きなので香ばしい!!
d0150287_23273112.jpgd0150287_23274695.jpg

最後はご飯とシャーベット・・・・もう、お腹いっぱいです!!!
d0150287_2329222.jpgd0150287_23293694.jpgd0150287_23295125.jpg
by franandtuto | 2008-08-18 23:44 | 京都食べ歩き | Comments(21)