ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
Commented by..
by franandtuto at 21:56
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
カイザーシュマーレン(Kaiserschmarrn)
カイザーシュマーレンはウイーン菓子です。
名前を直訳すると ”皇帝のつまらないもの” 由来の一つに、オーストリアの皇帝フランツ・ヨーゼフI世(エリザベート妃の夫)が、
ザルツカンマーグート地方での狩の途中、道に迷い案内を請うた農家でごちそうになってたいへん気に入られたという
話しがあります。
d0150287_23174254.jpg

この、カイザーシュマーレンはパンケーキのような種にメレンゲを合わせて大きめの入り卵のように焼いたり、今回のように焼いた物を切って粉糖をかけ、果物のコンポートなどを添えていただいたりします。
どちらにしても、フライパンで焼く手軽で素朴なお菓子です。
d0150287_23215612.jpg

d0150287_2330190.jpg材料
タマゴ・・・・・・・・・・・・・3個
小麦粉・・・・・・・・・・・・150g
ベーキングパウダー・・小さじ半分
とかしバター(有塩)・・・・・20g
牛乳・・・・・・・・・・・・・・150cc
グラニュー糖・・・・・・・30g
レモンの皮のすりおろし・・・・半個分
バニラエッセンス・・・・・・少々
ラム酒漬けレーズン・・・・・・40g

他、バター、粉糖
作り方

① ボールに小麦粉、グラニュー糖、ベーキングパウダー、レモンの皮のすりおろしを入れて混ぜる。

② ①の中央を窪ませてタマゴ、とかしバター、バニラエッセンスを加えてダマにならないようによく混ぜ合わせ、牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせなめらかな生地にする。

③ フライパンを熱して多めのバターを溶かし②の生地を流してレーズンを全体に散らす。
   弱火でパンケーキを焼くように両面焼く。

④ まな板に取って適当な大きさに切り、フライパンに戻しさらにバターを加えてもう一度火にかけていためる。

⑤ 器に盛って粉糖をふりかける。  出来上がり。

焼きたてのバターがグツグツいってる時は、本当に美味しそうなのですが、お見せできるようなきれいなフライパンではない為、
割愛037.gif フルーツのコンポートやカスタードソースをかけていただきます。

d0150287_23532727.jpg


056.gifフワフワに作るときは、小麦粉、グラニュー糖、ベーキングパウダー、レモンの皮のすりおろし、とかしバター、バニラエッセンス、卵黄で生地を作り、別に卵白でメレンゲを作って混ぜ合わせ
同様にフライパンで焼く、このとき数本の箸で大きくかき混ぜて大きな入り卵のように仕上げ、器に盛って粉糖をふり掛け、さらに果物のコンポートをかけていただく。

ウイーンのホテルザッハーはこのようにして出されますよ001.gifどちらでも、お好みで!

056.gif追記、メレンゲで作ったカイザーシュマーレンはこちら↓です。別物かと思った?味は変わらないですよ~食感が違うけど・・・・ホテルザッハはこれです。次の記事にも写真を載せました。012.gif誤解を招くような書き方でもうしわけなかったです003.gif
d0150287_1623683.jpg

by franandtuto | 2009-02-27 00:04 | 作ったお菓子 | Comments(44)
ケイク・サレ (塩味のケーキ)  Cake salé
この週末はずっと家にいたので、定番のケイク・サレを焼きました。
塩味のケーキは色々な種類がありますが、一番簡単なこのケーキが我が家の定番003.gif
お好み焼きのような種の中に、オリーブの塩漬けやパプリカ、チーズ、ドライトマト、ベーコンなどを混ぜて焼くだけ!
失敗とは無縁のこのケーキ、簡単だけど美味しいの、ワインによく合います024.gif
d0150287_2228576.jpg

これは、パウンド型で焼いたけれど、本当はマフィン型や底の浅いガレットのホイルケースで小さく焼いて手でつまんで食べる方がこのケーキは美味しいです。
d0150287_22324193.jpg
d0150287_2311168.jpg
材料(だいたいの目安です)
タマゴ・・・・・・・・・・・・・3個
小麦粉・・・・・・・・・・・・180g
ベーキングパウダー・・大さじ1
オリーブオイル・・・・・100cc(サラダ油でも可)
牛乳・・・・・・・・・・・・・・100cc
今回中に入れたもの
オリーブの塩漬け・・・・・・150g
角切りにしたチーズ・・・・・150g
角切りパンチェッタ・・・・・・・・・・・・150g
ドライトマト・・・・・・・・・・・・30g
パプリカ・・・・・・・・・・・・・・半個(みじん切)

作り方
① 小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるう。
② 卵を溶いて、オリーブオイル、牛乳と混ぜ合わせる。
③ ①をボールに入れて真ん中に丸く窪みを作り、②を入れて少しづつダマにならないように完全に混ぜ合わせる。
④ ③の中に用意した具を全部入れてよく混ぜ合わせて好みの型に流し、170℃のオーブンできつね色になるまで焼く。  
       これで出来上がりです003.gif

焼き時間は型の大きさによって違うので、焼き色を見て決めてください。
大きい型で焼く時は・・・・40分くらいかな~焼き上がりは脆いので荒熱が取れてから型出しをしてね!
小さい紙型の時は熱々をどうぞ016.gif
d0150287_22574225.jpg

by franandtuto | 2009-02-23 22:58 | 作ったお菓子 | Comments(53)
ポワラーヌ パン・ド・カンパーニュ
会社帰りに新宿の伊勢丹をうろうろして、週末のパンを買ってきました。今週はポワラーヌの パン・ド・カンパーニュ
ポアラーヌは1932年にパリで開業した老舗ブーランジェリー。 パニちゃん懐かしいでしょう003.gif
有名なホテル・レストラン等でもこのポワラーヌのパンを使っている名店です。チーズや塩の効いたバターを少しのせて食べるのが好みなの003.gif
d0150287_17415857.jpg
d0150287_17421750.jpg
d0150287_17431830.jpgd0150287_1744376.jpg
ズッシリと重いカンパーニュの表面にはカビかと思っちゃうほど薪窯特有の黒いススが点々と付いています。
小麦粉の香ばしさと酸味のあるハードなパン
d0150287_17465962.jpg
この、ポワラーヌの パン・ド・カンパーニュはフランスから空輸されたもので、新宿伊勢丹と日本橋の高島屋で購入できますが、
お値段は可愛くないの002.gif
でも、三軒茶屋に「ブーランジェリー・ボヌール」というお店がありますが、このお店のシェフはパリのポワラーヌで10年修行した方でパン・ド・カンパーニュの他、クーロンヌや、ポワラーヌのレシピで作ったサブレなども販売されていますよ016.gif

エディアールの売り場をうろうろしていた私は、頭がどうかしていたのか焼いたこともないのにカンパーニュの
小麦粉を買ってしまった005.gif ひぃ~~どうしよう!!けっちん大魔王大先生助けて~!! 出来心だったの042.gif
だって、美味しいパンのフェアをやっていたんだもん。雰囲気にのまれて舞い上がってしまったのよ~!

シニフィアン・シニフィエのパン・ド・カンパーニュ ミックス粉・・・・・レシピも入ってるんだけどね・・・・・002.gif
d0150287_18261644.jpg

d0150287_1826273.jpg
いつかこんなパンの焼ける日がやってくることを夢見て023.gif  
最近、光の魔術師(見習い)と自分のことを言い張るtutoお勧めの一枚003.gif
d0150287_18281135.jpg
あ! ついでにもう一枚041.gif
d0150287_18431534.jpg

by franandtuto | 2009-02-21 18:29 | 食べ物 | Comments(50)
楽しい写真
バロンの元ママ(ヨキポキさん)からメールに添付して、こんな写真が送られてきました。
(まだスマートだった頃のバロン)というコメントと共に!
d0150287_233615100.jpg

どうやったんだろうと早速 「ヴェルサス」さんのホームページに・・・・・あるある!!
楽しくなって私も色々遊んでみました024.gif
d0150287_23383027.jpg
d0150287_23384547.jpg
d0150287_23385962.jpg
d0150287_23391363.jpg
d0150287_23392338.jpg

この写真を作って遊べるのは ここ 皆さんも是非やってみて! 動物だけじゃなくて勿論人間でもOKですよ041.gif
by franandtuto | 2009-02-18 23:46 | ニャンズ | Comments(42)
「八坂通りAn 京割烹 」(六本木)
バレンタインデーは、何をする気にもなれず昼寝をしてしまったので、日曜日こそ!と思っていたのに・・・・・
六本木でランチ食べない?と甘い誘惑・・・・・(さ々木さんだよ~) この一言で負けました012.gif 
いそいそと外出の用意をする現金な私023.gif

毛利庭園の池に映った『逆さヒルズ』041.gif                 正しくはこっちですよ!
d0150287_23343512.jpgd0150287_23344914.jpg
六本木ヒルズ ヒルサイドB2 にある「祇園さ々木」、佐々木さんプロデュースのお店「八坂通りAn 京割烹 」です。
メニューに隠れてよく見えないけれどエグゼクティブシェフである佐々木さんの顔写真があります。
「祇園さ々木」は今京都でもっとも予約の取れないお店。
東京は今のところ問題なく予約も通るようです。と、いうことで、久しぶりの京料理024.gif
d0150287_22252844.jpg
お昼だけど、喉が乾いていたので今日はシャンパン003.gif
d0150287_22325753.jpg
先附   蛤、わかめ、うるい 、蕪 酢のゼリー掛け
d0150287_23325459.jpg
椀 甘鯛の蕪蒸し 
d0150287_0142647.jpg
向附け 鯛も昆布〆、こしび、生ゆば
d0150287_015632.jpg
八寸まながつおの味噌漬け、助子煮、帆立貝柱の味噌漬、一寸豆 龍皮巻、ハムチーズ真薯
d0150287_22461621.jpg
d0150287_22594224.jpgd0150287_2303243.jpg
鉢物 白魚のかき揚げ鍋仕立て
d0150287_22584338.jpg
じゃこと湯葉の炊きこみご飯
d0150287_2333840.jpg
d0150287_2335452.jpg
d0150287_2344233.jpgd0150287_2345635.jpg
木の実(デザート)
d0150287_2363741.jpg
d0150287_2373468.jpgd0150287_2375112.jpg
d0150287_2392467.jpgd0150287_2394089.jpg
お店の中はこんな感じです。 京都とは全く違ったお店だけれど六本木だし・・・・ね006.gif

このお店は祇園のお店から佐々木さんの3人のお弟子さんが来ています。ちょうど日曜日だったので、
祇園のお店の定休日だから、佐々木さんもいらしていました。

このお店は生もの(お魚)などは築地で仕入れていますが、野菜は京都から、お水は九州からわざわざ運んできているのだそうです。
d0150287_024173.jpg
右端にカウンターが見えます。白木の大きなカウンターです。7~8人座れるのかなぁ?
d0150287_23194031.jpg
うん! 和食は美味しかった016.gif
d0150287_23222141.jpg

by franandtuto | 2009-02-16 23:26 | 食べ歩き | Comments(38)
バレンタイン  チョコレート
今日はバレンタイン。 誰かにプレゼントするわけでもないのですが。バレンタインを控えた一月中旬くらいからチョコレートの催しや各国からのチョコレートを豊富に見たり食べたり出来るこの時期はワクワクするのです016.gif
一番大きくて楽しみなのがフランスで毎年開催される、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」
伊勢丹でも開催されること。15ヶ国、約60ブランドが集結なんですよ!
数年前からのお気に入りプラリュのピラミッドを買って来ました
一番左がPyramide des Tropiques(南国のピラミッド) 右がパリのサロン・デュ・ショコラでも紹介され、話題になっていた
Pyramide BIOLOGIQUE(ピラミッド・ビオロジック)真ん中の小さいのはミニサイズのはピラミッドトロピック、10枚/50gです。001.gif
d0150287_13595733.jpg

プラリュは日本では余り知られていないメーカーですが、ヴァルローナやヴェイス、カレボーなどと同様、
チョコレート商品をつくるもとになる クーヴェルチュ-ルを生産するところで、ローヌ・アルプ地方の
小さな街ロアンヌにあるチョコレートメーカーです。

ショコラティエでもあるフランソワ・プラリュ氏は、「ベルナシオン」「ボナー」とともに、フランスでも数少ない職人的手法による
原料用チョコレートやチョコレート製品の製造を手がけています。
プラリュでは大量にチョコレートを生産していないため、エルメさんやエヴァンさんのように限られた
一部の職人しか使用していないんだそうですよ。

「ピラミッド トロピック」はカカオ豆の10大名産地
(パプア、インドネシア、サオトメ、トリニダード、ベネズエラ、タンザニア、ガーナ、マダガスカル、コロンビア、エクアドル)
のタブレット10枚セットです。
産地別カカオの個性と味わいを比べられるのが楽しいのです024.gif

BIOタブレットは、ドミニカ、エクアドル、ガーナ、マダガスカル、タンザニアの5種類。
どちらのタブレットもカカオ75%使用のビターチョコレートです。

マダガスカル諸島に農園を持ち、カカオ豆の選別から栽培、加工まで自らの手でとり行うプラリュだからこそ出来るチョコレートです。
お水を飲みながら、ワインをセパージュで味わうように、チョコレートも産地で・・・なんて楽しいでしょう?
我が家では一枚づつ、紙に感想を書きとめながら食べ比べをするの、楽しいですよ~024.gif
056.gif余談ですが、プラリュは、また、この地域(ロアンヌ)で伝統的に使われているピンクのプラリネを生産していることでも知られているのだそう。
このプラリネを混ぜ込んだブリオッシュは最高に美味しいそう!食べて見たいなぁ053.gif

d0150287_14143134.jpg

d0150287_1440235.jpg

これは、クーヴェルチュ-ル。主に使っているカカオ80%のフォルテシマです。後ろの方にちょっと見えている小さいのはカカオ72%のジャヴァ。 ジャン=ポール・エヴァンのレシピ本も買ったし・・・同じクーヴェルチュ-ルだし・・・・・・・038.gif 
いやいや在り得ない!!012.gif これから何かつくろうかな~~
d0150287_14422692.jpg

by franandtuto | 2009-02-14 14:58 | お菓子 | Comments(50)
ヤンソンの誘惑 
ヤンソンの誘惑という変わった名前のこのお料理は。仲良しのブロ友『American Life』 のBlue Blueberryちゃんが数日前、Firstsnowsさんの紹介してくださった『ヤンソンの誘惑』という
スウェーデンの料理を作られたのを見て早速作ってみました。
d0150287_0121916.jpg

これは、ジャガイモと玉ねぎをバターで透き通るまで炒めて、グラタン皿に入れて炒めたジャガイモと玉ねぎの間に
アンチョビを挟んで、生クリームをかけてオーブンで焼く料理です。
初めて作ったけど、私は大好き016.gif 家族全員がお気に入りになった一皿です。
d0150287_0174493.jpg

レシピはこちら『Elegance Style』のFirstsnowsさんのブログです。
Firstsnowsさんのページは素敵な写真と、美味しいお料理のレシピが満載のとってもためになるブログ。
私は夕食の献立に困った時に参考にさせていただいています。
この『ヤンソンの誘惑』のポイントは何と言ってもアンチョビです。おいもの間から
時々しよっぱいアンチョビの味がなんとも言えません018.gif
d0150287_0243660.jpg
じゃがいもと玉ねぎと生クリームそしてアンチョビの相性が最高なんです。
d0150287_0311583.jpg

美味しかった~~Firstsnowsさんご馳走さま~~
d0150287_0361888.jpg


また、週末に作ろうか・・・・・な? 003.gif
by franandtuto | 2009-02-13 00:38 | 料理 | Comments(34)
お誕生日おめでとう!
日曜日に、けっちんちゃんとプリンちゃんのお誕生日を一緒にお祝いしたいと銀座でランチをすることになりました。

場所は、銀座MIKIMOTO Ginza 2の7階WAZA
集まったのは、もちろん『4人娘』 Fuwari ちゃんけっちんちゃんプリンちゃんそしてアタシ006.gif

と、ところが・・・・私は大失態を・・・・・みんなへのプレゼントに深夜モクモクと焼いたマカロンを・・・・忘れて来た!005.gif
こんな事って・・・・・007.gif 思い返せば、遥か昔・・・・・新婚旅行、ヨーロッパに二週間行った時、
サイフを忘れて行った以来の大失敗です008.gif

なんて、なんて間抜けな私なんだろう・・・・・・。
お祝いするはずが、してあげるけっちんちゃんとプリンちゃんから戴いてしまって・・・・そしてFuwariちゃんからも素敵なプレゼントを・・・・。
d0150287_313517.jpg

プリンちゃんから、お肌がつるつるになるRASHのシャワージェル、ソルティロックを。
けっちんちゃんからは、とっても、とっても美味しい手作りのオレンジピールマフィンと、どっしり重いパン(サブマリンと言うらしい)

 もうここで。私は自分が許せないのだけれど・・・・。
ピエールマルコリーニさんのサイン入りのチョコとチューリップの花束とハンカチをFuwari ちゃんから042.gif

Fuwari ちゃんは、一人一人の名前を入れてもらってくれたの、これは箱も宝物!
お写真も見せてもらったけど、ピエールマルコリーニさんって素敵!!


これは、早く習いに行きたい、けっちん大先生のパン。
d0150287_3261547.jpg
オレンジピールの香りが素晴らしいマフィン  ・・・・・056.gif←間違い!ブリオッシュの生地にオレンジピールを入れたLa mounaって名前のパンなんだそうです。けっちん大先生から今コメントが012.gifごめんなさい!パンでした~
d0150287_3262830.jpg
これが、サブマリン   なにもつけないでそのまま食べてとっても美味しいパン016.gif
いつかこんな美味しいパンが焼けるようになりたい!
d0150287_3265568.jpg
d0150287_3315163.jpg

レストランの写真が無いのは、カメラの設定がバッグの中で変わってしまって修復不能だったからよ002.gif
どこまでも駄目駄目なの、この日は・・・。

食事の後は同じビルの3階にあるミキモトラウンジでお茶をしながら尽きないおしゃべり003.gif 
ミキモトラウンジはプリンちゃんのお勧めだったのだけれど、本当にゆっくり寛げるいいお店でした。
ドリンク類が充実しているの・・・・・しかし、ガツンと苦いのが飲みたかった私は芸のないコーヒー。
緑茶は種類があって春夏秋冬のそれぞれのフレバリーティー。

おしゃれなプリンちゃんと、けっちんちゃんは確か秋と冬の緑茶だった。Fuwariちゃんは可愛らしくココア037.gif

その後、けっちんちゃんはミーシャのライブへ、私たち3人は銀座三越のラデュレに向かいました。
相変わらずの混み様で少し並んだけれど、いろいろ小物を見たりして楽しかった!
楽しかった~いくら話しても話しが尽きない私たち・・・・。あっと言う間に時間が過ぎてしまったよ003.gif
今度はあちこち美味しいランチのお店探索をしてみたいと思ったのでした053.gif


056.gif明日香ちゃんのWebShop『World Of Wonders』で遂に念願のミカドを入手することが出来ました041.gif
ミカドは以前『World Of Wonders』で深夜に見つけて、朝起きたらと思って起きて覗いてみたらHoldになっていた
ロイヤルクラウンダービー ブルーミカドのバターナイフ&ソーサーのセット。 
先日、偶然再入荷を知って、慌てて明日香ちゃんに譲って欲しいと連絡した品物。
願い続ければ叶うのね~思いは(笑)
d0150287_3562450.jpg
ピカピカで全然使った形跡がないです。いつもお嫁に行ってしまったこのセットを未練がましく見に行っていたくらいだったから、
とっても嬉しい!明日香ちゃん、大切に使うね!
d0150287_3563827.jpg


世界中に散らばる美しい手作りの工芸品とアンティーク製品を扱っている「World of Wonders」へは写真をクリック!
是非行ってみてね!!
by franandtuto | 2009-02-11 04:02 | お友達 | Comments(58)
マカロン・パリジャン
誰が火を点けたのか・・・・(たぶんPの付く人らしい)あちこちで(なーちゃんかおりちゃん)マカロンを見かける今日この頃・・・・
一年ぶりくらいご無沙汰のマカロンでしたが、ラデュレのマカロンで思い出して作ろうかなぁと思っていたので
今日はマカロンを焼きました003.gif
d0150287_12393960.jpg

頑張って、いっぱい焼いたでしょう?
卵を割りすぎてしまったので使い切るのにこんなに焼きましたよ015.gif

チョコレート           
d0150287_2541441.jpg
  アーモンドプラリネ・・・・中のクリームが・・・・プラリネが口金に詰まって絞り袋が破れた005.gif
  しかたがないのでスプーンでのせたら・・・ぼそぼそ033.gif                   
d0150287_2543637.jpg


 モカ           
d0150287_2544640.jpg
  苺                                   
d0150287_2555853.jpg
実は私は、卵白は冷蔵庫から出したばかりの新鮮な物を使っています・・・・・初めの頃は冷凍したり、
一日放置したりしていたと思うのですが・・・・いつの間にか、こうなっていました。
私は卵白が残ると乾燥卵白を作って保存してあるのですが、卵白に対して何%かこの乾燥卵白を入れています。

だいたいなのですが、我が家のオーブンで一回に焼くのに適当な量は、卵白50g程度なんです。この量に対して3~4gをグラニュー糖と混ぜ合わせてメレンゲを作る時に一緒に入れてメレンゲを作ります。
今日のこのマカロンは↑の量でメレンゲを作り、卵白に対して1,5倍のアーモンドプードルと2倍の粉砂糖でマカロンを作っています。
何故かと言うと、前にじぃ~~っとレシピ本の分量をみていたらだいたいどの本もこのくらいの割合になっていたから001.gif
なので、まず使う卵白の量を計って、そこから他の材料を計算しています。卵白が少しだけ残ったりしなくて便利ですよ003.gif

あとは焼く時間は230℃くらいに予熱したオーブンに入れて160℃で3分くらい(ピエが出るまで)ピエが出たら150℃に下げて
11分焼いています。オーブンから出したら天板とオーブンシートの間に水を少し流しいれてマカロンをシートから外して網に取り冷まします。
あとは、好きなクリームを挟んでできあがり~016.gif
d0150287_2565039.jpgd0150287_13343617.jpg
ついこんなことも・・・・・024.gif
d0150287_13222214.jpg
d0150287_14402249.jpg
d0150287_14351741.jpg


056.gif乾燥卵白の作り方
卵白を固く泡立て、天板に薄く広げて一晩放置すると、ぱりぱりに乾いています。
これを粉々に砕いて乾燥卵白の出来上がり!

でも、製菓材料店にも売ってます!
by franandtuto | 2009-02-08 03:29 | 作ったお菓子 | Comments(68)
BOUCHONS AU CHOCOLAT (ブション・ショコラ)
バレンタインももうすぐですね。  デパートはチョコレート一色です。
バレンタインとは全く関係ないのですが、ブション・ショコラを焼きましたよ。

このマフィンは ジャン=ポール・エヴァンのレシピで焼きました。
d0150287_0161087.jpg

カカオ分70~78%のチョコレートとの指示、レモンの皮とで作りましたよ043.gif使ったチョコレートはここ数年お気に入り、
フランソワ・プラリュのフォルティシマ(カカオ分80%)を使いました。
ココアは入っていません。全部上記のチョコレートと、刻んだチョコレートを散らして入れました。
あとは、ヘーゼルナッツを砕いたものが入っていますよ
d0150287_0211746.jpg

焼いてると部屋中がチョコレートの甘~い香りでいっぱいになります016.gif
これは、ジャン=ポール・エヴァンのレシピだからここに書く事はできないけれど
変わった作り方なんですよ003.gifいたって簡単なのですが普通のマフィンやケーキの作り方とは驚くくらいに違うの!
初めて作ったらきっと大丈夫かぁ~~~と心配になること請け合いです005.gif
濃厚なチョコレートの味とレモンがスパイスになってとっても美味しいケーキです。
d0150287_0263794.jpg

ショコラティエ ジャン=ポール・エヴァンだもの、しっかりマフィンもチョコレートでなくっちゃね053.gif
d0150287_0281239.jpg

いっぱい焼いたから、明日のおやつもこれでいいなぁ024.gif

056.gif『Elegance Style』の Firstsnowsさんが、お料理写真を担当された
「かわいい写真の撮り方手帖 ~あなたの"好き"を撮ろう~」を買ってきました仲良くしているお友達の名前が乗っている書籍を手に取ると自分の事のように嬉しい!

d0150287_23253216.jpgd0150287_23254322.jpg
by franandtuto | 2009-02-05 00:46 | 作ったお菓子 | Comments(47)