ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ケーキ型のいらないケーキ、バンビ
ざっくり作って、フワフワで美味しいバンビを焼きました。
d0150287_20451834.jpg

このケーキは、別立てのバターの入らないスポンジの種を、オーブンペーパーを敷いた天板に直接
こんもりとのせて焼くケーキです。
フランスの家庭菓子と聞きましたが、バンビと言う名前の由来は不明003.gif
お腹が空いたときに焼きますが、ふわふわで優しい味のケーキです。
d0150287_20504968.jpg

d0150287_20554856.jpg作り方
材料
1) 卵黄        2個分
   グラニュー糖   40g
  
2) 卵白        3個分
   グラニュー糖   30g
3) 薄力粉       80g

4)小麦粉 粉糖 各少々


① 卵黄とグラニュー糖を湯煎に当てながら白くもったりするまで泡立てる。(人肌程度に温まったら湯煎から外す)
② 卵白を解して、泡立て、しっかり泡立ったらグラニュー糖を数回に分けて加えて、角が立つメレンゲを作る。
③ ①の中に②で作ったメレンゲの半分を入れてよく混ぜ合わせ、混ざって生地が柔らかくなったら
   残りのメレンゲを入れて泡とつぶさないように軽く混ぜ合わせる

④ ③の中に薄力粉を少しづつ加えて切り混ぜ、薄力粉が全部入ったらボールを回しながら全体をしっかり混ぜ合わせる。

⑤ 天板にオーブンシートを敷き、生地を全部・・・・・18cmくらいの円になるように乗せ表面を整える。
⑥ ⑤の上に茶こしで小麦粉をふりかけ、さらに粉糖をふりかけ、ナイフで格子に表面に切り目をいれる。

⑦ 180℃のオーブンで約20~30分焼く、焼き上がったら網の上で冷ます。

⑧  半分に切ってカスタードクリームをサンドし、表面に粉糖をふって出来上がり003.gif
d0150287_21171837.jpg

中に挟むのは、カスタードクリームでなくても、お好みのものでどうぞ!紅茶によく合いますよ、
それと、これは大きさが18cm強のサイズです。
もっと小さくこの生地で二個焼いてもいいですし、材料は半分にして小さく作っても可愛いですよ041.gif
by franandtuto | 2009-04-30 21:20 | 作ったお菓子 | Comments(36)
実は・・・・・。
散々、吉野山に桜を見に行くと吹聴しておきながら、何故一向に記事にならないの?と・・・・・
思って居らっしゃる方いるかしら?012.gif
鍵コメで吉野かと思ったらやっぱり京都と笑われてしまい、しようがないので真実を008.gif

その日の朝、宝塚を出発した私は一路大阪へ天王寺から阿倍野へ行って、
近鉄特急「さくらライナー」に乗って吉野山に向かう計画だったんですが・・・・
阿倍野に着いたらすでに「さくらライナー」は満席で、この「さくらライナー」に乗車するを楽しみにしていたのですが
急遽予定を変更して電車で吉野山に向かう事にしました。

電車も満員なら・・・・吉野って大阪からとっても遠いんですよ~なんにも知らなかった私は
お尻が痛くなるほど電車に揺られてやっと吉野に到着したのですが、駅から人が溢れていてなんだか何列もの長蛇の列が・・・・。
ロープウエイとバスの列だったのですが、すでに1時間待ちとも2時間待ちとも聞かされ、この時点で途方に暮れてしまったのでした007.gif
そして、朝東京を出て吉野で合流することになっていたtutoも待てど暮らせどやってきません。
私達、吉野山の位置関係を全く把握していなかったんです。
奈良駅からタクシーで簡単に行けるとばかり思って、調べてもいなかったんですね007.gif
この写真はtutoが到着してから撮ったもの。人は半分以下に減っています。
d0150287_1058373.jpgd0150287_110859.jpg

ようやく到着したtutoとバスの列に並んで中千本にたどり着き茶屋から撮ったのがこの写真です。
d0150287_10572992.jpg
d0150287_10581014.jpg
ところで、吉野はその地名から染井吉野の桜が植えてあると思っていたのですが、
染井吉野は、東京の染井村の植木屋が品種改良した品種で、最初名前をこの吉野にちなんで「吉野桜」としたのですが、
実際の吉野山は山桜が多く、混同してはいけないという事で明治時代に「染井吉野」と新たに命名されたものなのだそうです。
シロヤマザクラ、この桜は葉が出てから花が咲く品種なのだそうで、私達は散りかけていると思ったんですね、
染井吉野は花が先で後から葉だからなのですが、シロヤマ桜は葉と花が同居している状態で満開になるのだそうです。
d0150287_10583759.jpg

桜の名所吉野山。その数3万本とも言われるシロヤマザクラが山の麓から下千本、中千本、上千本、奥千本と
順に咲き上がり、全山一面が桜に染まる様と、

飛鳥時代、大海人皇子がここで兵を挙げた壬申の乱、平安時代末期には、源義経が兄頼朝に追われ、静御前と別れた吉野山。吉野山に潜伏後、追っ手が迫り義経はさらに山奥の峻険な大峯山に脱出しようとするのですが、大峯山は修験道の霊山。
義経一行は山伏姿に変装し、険しい山路に分け入ったのですが女は入ることが出来ない「女人結界」を前にして
静御前はひきかえさざるを得なかったんですね。
後に静御前は「吉野山 峯の白雪ふみわけて 入りにし人の あとぞこひしき」と舞っています。

その後も大塔宮護良親王が鎌倉幕府倒幕のため吉野で挙兵し、後醍醐天皇が、ここに朝廷(吉野朝)を開かれその顛末により
「歌書よりも 軍書に悲し吉野山」と詠われた吉野山を想像していたのですが・・・・・。


d0150287_1184529.jpgd0150287_1110406.jpg

良い天気と花見の人込みに圧倒され、数枚の写真を撮っただけで吉野山を後に京都へ向かったのでした012.gif




これが、京都円山公園の「祇園枝垂桜」です。ライトアップされていたので、撮る位置が違うので色も姿も変わって見えますが・・・・ほろ酔いで円山公園にきたので思ったような写真は撮れませんでした012.gif
d0150287_2414382.jpg
この桜は祇園枝垂桜と愛された枝垂れ桜の2代目。
樹齢約200年で1947年に枯死した初代の種子を、桜守の15代佐野藤右衛門氏が採って育て、49年に植栽したという。
正式には「一重白彼岸枝垂桜」と呼ばれていると説明板に書いてあります。
公園の中心に位置する枝垂桜がライトアップされ闇に浮かび上がる様子は幽玄で、幻想的。
この日本一有名なしだれ桜の前に立つと、与謝野晶子の「清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしきを」
思い出してしまいます。

そう言えば、「月はおぼろに東山 かすむ夜ごとのかがり火に 夢もいざよふ紅ざくら」と『祇園小唄』に歌われているのも
この桜ですね001.gif
d0150287_2423026.jpg
菊乃井さんの八寸の中の蛍烏賊の沖漬けの入ってたつぼつぼは、この電球の笠だったなぁ。
d0150287_2593073.jpg
深夜だと言うのにこの賑やかさ!!
d0150287_314439.jpg

実を言うと、私は桜は本当に綺麗だと思いますが、それに反して表現し難い恐怖感も合わせ持っているんです。
きっと、1人で夜桜見物は出来ない・・・・・ずぅ~っと前に、梶井基次郎さんの小説 桜の樹の下には 読んだ時からだと思います。
d0150287_2594622.jpg
そんな訳で、吉野山の写真も含めて、桜を見に行ったはずなのに桜の写真が無い・・・・・来年はきっと!!003.gif
d0150287_30148.jpg

by franandtuto | 2009-04-26 03:15 | 旅行 | Comments(32)
宝塚
もう二週間前になるのですが宝塚に行ってきました。
仕事だったので、どこにも行かなかったのですが、夕方ちょっと散歩001.gif桜は満開でとってもきれいでした016.gif
d0150287_6431445.jpg
ここが宝塚大劇場
d0150287_644531.jpg
ちょっと中に入ってみますね003.gif
d0150287_6442416.jpg
d0150287_646138.jpg
夕方なので、もちろん舞台は終わっています。
d0150287_6462998.jpg
d0150287_6574358.jpg
ちょっと残念でしたか・・・・・。桜がきれいだったので、まぁいいか!!
d0150287_650762.jpg
d0150287_6533470.jpg
桜の花も色がかなり種類によってちがうんですね~!今度はゆっくり来て見たいです016.gif
d0150287_6534923.jpg

by franandtuto | 2009-04-23 06:56 | 旅行 | Comments(33)
菊乃井 本店
まるで三社祭の浅草寺のような吉野山に疲れ果てて、せめてのんびりとと、真葛ヶ原の菊乃井 本店さんに行って来ました。
d0150287_2358366.jpg

お部屋は玄関の真上、確か聞き違いでなければ「菊の間」と仰ったように思います。
d0150287_011453.jpg
この大きな窓(?)からは本当なら桜が見える素敵なお部屋なんです。咲いていたらこの窓に向かい畳に緋毛繊を敷いてテーブルに並んで桜を見ながらお食事をさせていただけるそうなのですが、今年は一週間も開花が早かったそうで、菊乃井の桜は葉桜でした002.gifよってテーブルはお部屋の真ん中に用意してくださっていました。

ご挨拶のお酒は桜酒、大島桜の葉を一週間日本酒に漬け込んで香りを移したお酒から。
d0150287_0104164.jpgd0150287_093039.jpgd0150287_0112167.jpg

せめてお料理の中でお花見を・・・との説明で八寸です。↑右の蓋を開けると016.gif
鯛の木の芽寿司、花弁独活(うど)、車えびとアボカド、鮑を串に刺した花見団子、花弁百合根、飯蛸の柔煮、一寸豆、蕨烏賊、蝶々長芋、蛍烏賊の沖漬
d0150287_01628.jpg

先付  鯛の白子の酒蒸しの上に生の海鼠子(海鼠の卵巣)と春蘭のポン酢
d0150287_034338.jpg

向付 菊乃井さんは二度に分けて出されるんです。左が鯛と車海老、右はこしび。因みに4月の鯛は桜鯛と呼ぶのだそうですよ001.gif
d0150287_0435687.jpgd0150287_0455251.jpg
こしびの上にはカラシが乗っています、これを黄身醤油(卵の黄身を3日程度醤油に漬けて漉したもの)で食べます。
とっても美味しいの!
d0150287_05193.jpg
d0150287_105028.jpgd0150287_11567.jpg
蓋物 この器、桜梅と言うのだそうです。桜の時期なのにこの蓋の裏は梅・・・変でしょう?実はこの梅の花の中に一つだけ
桜が混ざっているのです。蓋を取って桜の花を探します024.gif
d0150287_152672.jpgd0150287_154076.jpg
蓋物は若狭ぐじの大島桜蒸し。蓋を取るとプーンと桜の葉の香りが葉の下はぐじ、その下に道明寺が隠れています。
桜の香りが濃厚に香ります。
d0150287_125668.jpg
焼物  豆腐田楽 青竹の串に刺した卵味噌と木の芽味噌です。
d0150287_1144848.jpg
同じく焼物  伊勢海老のカラスミ粉焼きと筍の姫皮煮
d0150287_1211625.jpg
中猪口  車海老の香りと味が濃厚に香るスープ、露生姜がピリッと効いています。 
器がとっても素敵。菊乃井さんのご主人は器や掛け軸などが趣味なのだそうです
こんな素晴らしい器を楽しめるのも菊乃井さんに伺う楽しみの一つ001.gif
d0150287_127248.jpgd0150287_1285126.jpg
酢肴  長芋のソーメンともずくの上にたらの芽と雲丹、のれそれ(あなごの幼魚)
d0150287_146859.jpg
強肴  若竹煮 筍と若布と鯛の子 これは大きな器で出されたのを取り分けました。・・・・大きい器は撮り忘れた012.gif
d0150287_1511955.jpg
 ご飯 筍ごはん
d0150287_1534429.jpg
d0150287_15553.jpgd0150287_1551957.jpg
止椀  うすい豆のすり流し汁鶯仕立て 揚げ海老真丈
d0150287_2125916.jpg
水物  ピスタチオのアイスクリーム、マンゴーソース
d0150287_2155780.jpg
草餅  抹茶
d0150287_218259.jpgd0150287_2164832.jpg
d0150287_2272444.jpg

このお水は、菊乃井さんのお料理に使われている井戸の水。
大正元年創業の菊乃井さんは約400年前に北政所が茶の湯に用いたと伝わる
名水「菊水の井」を受け継がれて、菊乃井というこの名前はこの菊水の井からとられたのだそうです。

建物は日本建築の匠・中村外二氏の手による数寄屋造りだそうです。
そして、この井戸のお水は、とっても口当たりが柔らかいのです。

ところで、菊乃井さんのご主人村田吉弘さんが仰る言葉の中で、
料亭は大人のアミューズメントパーク。
大人の財布と、大人の常識と子供の心を持って楽しむ所とおっしゃっていますが

お部屋に通されると、お部屋そのものや、器、調度などに仕掛け(?)がしてあって
驚いたり、笑ったり、感心したり食べるだけでなく本当に楽しい所なんです024.gif
d0150287_257287.jpgd0150287_258195.jpgd0150287_258080.jpgd0150287_2595849.jpg
今夜も楽しかった~041.gif
d0150287_3142087.jpgd0150287_3295788.jpg
これから歩いて円山公園に向かいます001.gif    途中で桜が咲いてましたよ!
清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき・・・・・・なぁ~んちゃって003.gif
d0150287_3335061.jpg

by franandtuto | 2009-04-19 02:03 | 京都食べ歩き | Comments(45)
お誕生日おめでとう、アレックス!!
4月10日でアレックスが3歳になりました。ちょっと過ぎてしまったけど・・・・。
d0150287_0471163.jpg

d0150287_04415.jpg

携帯のカメラで撮ったので小さい写真なのですが、家に来たばかりのアレックス
3ヶ月の時、1,5㌔片手に乗るほど小さい子猫でした。
アレックスは愛知県の豊橋市で生まれたんです。
ブリードはメインクーン ブラウンタビー&ホワイト、ゴールドアイ、♂です001.gif


d0150287_0103371.jpg

写真がブレていますね012.gif実は私達、アレックスを撮りたくてカメラに興味を持ったんです。
それまでは、ビデオのみ!
写真は音声が入らないからつまらないと思っていたんです。
今、こうして見ると、もっといいカメラで撮っておきたかったなと残念!!

小さい頃は電気のコードを咬んで危ないので、お留守番の時はこのような三階建てのゲージがアレックスのお部屋だったの・・・
可哀相でしたが、それしか方法が無かったのでした007.gif一階はトイレ、二階はリビング、三階は寝室
、ここは寝室ぬいぐるみと一緒です。
d0150287_0161735.jpg
d0150287_0203217.jpg


これは近くの公園にお散歩に行った写真。カートが流行っていたんです・・・
この頃から少し写真というものを意識するようになりました016.gif
d0150287_0372730.jpg
バロンが来て二ニャンになった頃、大きさはアレックスのほうが少し大きかったんです。同じブラウンタビー&ホワイトという毛色なんですが並べて見ると違うでしょう?左がバロン、右がアレックスです。
d0150287_0385293.jpg
この写真はその頃使っていた駄目駄目カメラで撮った奇跡のような一枚003.gifブログのトップバナーに使っている写真です。
アレックスは小さい頃、身体が弱くて、本当に育つのか心配しましたが、一歳を過ぎた頃から元気になって、

今は一番の暴れん坊です。このまま健やかに一緒に暮らしていけることが私たちの願いです。
アレックス、お誕生日おめでとう024.gif
d0150287_0531344.jpg

by franandtuto | 2009-04-16 00:58 | ニャンズ | Comments(39)
ピエール・エルメのボンボン・ショコラとアンティークレース
d0150287_2383867.jpg

これは、明日香ちゃんのショップからミカドのカップ&ソーサーが届いた時に、明日香ちゃんがミカドと一緒にに入れて送って下さったアンティークレースのハンカチです。繊細で美しいレースに実はミカドを忘れて見惚れてしまいました
d0150287_2393613.jpg

d0150287_2381648.jpg

とっても細いレース糸で編まれた、このレースは日を追う毎にその魅力に引きこまれていきます。

d0150287_22345143.jpg

何だか、とっても手触りが柔らかくて、見ているだけで嬉しくなってしまいます。
私はレース編みを最後まで仕上げたことはないし、編み物と言えば、遠い昔ボーイフレンドにプレゼントしたくて
お決まりのマフラーを編みはじめたのですが、止め方がわからなくて果てしなく長~~いマフラーを編んだことがあるだけ・・・・
因みにプレゼントした人が、あまりの長さに計ってみたら5mあったそう012.gif

このレースのハンカチが届く頃、ブロ友のI Love Today!!のみゃお~さんのところでタティング・レースなるレース編みを見てからずっと頭の中にあったので、明日香ちゃん、どうしてわかったんだろう!と驚いたアンティークレースのハンカチ。キレイな物を見てると疲れがすぅ~~っと抜けていくのは私だけ?003.gif
タティング・レースというレースはみゃお~さんのところで初めて見たのですが、とっても魅力的!

みゃお~さんはレース編みがとてもお上手なの001.gifそれと・・・なんと好物が薔薇の花びらで、ワインや日本酒も嗜むというニャンコのシナモンちゃんと、泣き虫ニャンコのワサビちゃんという二匹の可愛いニャンズのママでもあります003.gif薔薇の花びらを食し、ワインを嗜むシナモンちゃんに是非逢いに行ってみてね016.gif
d0150287_239503.jpg

by franandtuto | 2009-04-07 23:17 | お菓子 | Comments(35)
ローズシフォンケーキ
今日はお花見のピークでしょうか?うちの両親も朝からうろうろと桜を求めて近場の公園に行ったようですが、
人の多さにびっくりしたそうです。
帰宅時には、夜桜に向かう人達とすれ違ったそうで、皆ダウンコートなどを手にしていたそうですよ003.gif急に冷えたりするから必須ですよね!
ここしばらく忙しい日が続いてブログも訪問もご無沙汰してしまってごめんなさい007.gif
今日は、ピークの桜ではないですが、春らしく明るいお菓子がいいなと思って薔薇のシフォンケーキを焼きました。
d0150287_1601563.jpg

普通のシフォンケーキの生地に薔薇のジャムと花びらを混ぜ込んで焼いてみました016.gif
d0150287_1623755.jpg

焼き上がって逆さまにして冷ましている間に、アラサー!料理研究@家の な研*ちゃんのところに遊びに行って
ドキッ005.gif
ローズ、 これが曲者で「使い方を一歩間違えればとんでもないスイーツになる」といっていた知り合いのパティシエ。
なんて書いてある・・・・・おいおい大丈夫かぁ~~はなはだ不安になってしまったのですが、なんとか無事に美味しいシフォンが焼き上がってホッ012.gifとしました。

そうですよね、お花の香りはとってもステキだけど、食べ物との相性は難しいものですよね。
d0150287_16174742.jpg

以前買ったまま放置してあったPieralのconfit de Rosesがあったので20cmのシフォン型のレシピの中に40gと
これまた買ったまま、たまにしか使わなかった薔薇の花びらを入れて見たのですが、
程よく薔薇の香りが残って美味しいシフォンケーキになりました041.gif
d0150287_16312486.jpg
d0150287_16324283.jpg

by franandtuto | 2009-04-04 16:35 | 作ったお菓子 | Comments(41)