ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
イル・ジャルディーノ(イタリアンレストラン)
前の記事に書いたように、この日は蒸し暑くてtutoがジャケットを忘れてしまったんです。
フレンチの ル・ノルマンディで食事をしようと思っていたのですが、 ル・ノルマンディはドレスコードがあるんですね。
ドレスコードと言っても、普通の事なんです・・・・ジャケットを着て下さいと・・・それだけ003.gifネクタイとかそんなことじゃないんですよ。

バーの シーガーディアンⅡも確か20歳以下と、サンダル、ぞうりとTシャツは入店できなかったと思います。
そんなことで、カジュアルな本館1階のイル・ジャルディーノで・・・・このお店は中庭に面しています。入り口です。
d0150287_2245407.jpg
通路が長いよ!
d0150287_2246393.jpg
暗くて写真が思ったように撮れませんでした。中にはピンボケもあるの・・・・・008.gif不本意だけど まずワインです。 
tutoは運転手
なのでジンジャーエール003.gif
d0150287_22494759.jpg
d0150287_2250092.jpg


前菜  前菜の盛り合わせ イル・ジャルディーノ風
d0150287_22493586.jpg

パスタ  スパゲッティ アマトリチャーナ
d0150287_22504939.jpg
もう一つ  夏野菜のリゾット
d0150287_22512114.jpg
魚料理  舌平目のムニエル トマト、ケッパーのカルリーナ風
d0150287_22525330.jpg
アイナメのソテー 季節の野菜添え
d0150287_22532332.jpg
肉料理  グリーンペッパー風味のフィレステーキ
d0150287_22542726.jpg
  網焼き牛ロースのタリアータ ルーコラ添え
d0150287_22545875.jpg

ドルチェ  キャラメルのムースとアイスクリーム 濃厚で美味しかった024.gif
d0150287_2256437.jpg
そしてコーヒー
d0150287_22563181.jpg

へへへ・・・・今日はお上品に軽いでしょう? 実はこの時KFCの事で頭がいっぱいだったの003.gif
元町を歩いていてKFCお店の前を通ってから、ずぅ~~っと!帰りに買って帰ろうと目論んでいたのでした。
もう何年という単位で食べていないかもしれないKFC。急に食べたくなったんです。041.gif
d0150287_2313677.jpg



056.gif お詫び・・・・今日はエキサイトかはたまた我が家のネット環境なのか、皆様のブログへ遊びに行っても、コメントで固まってしまってエラーが出てしまいます。

頑張って(?)いい方を替えるとしつっこく何度もトライしてみましたが、何人かのところに無事書き込めたのがやっとでした。
 明日は快調であることを祈って!ごめんなさい!! 
by franandtuto | 2009-06-30 23:05 | 食べ歩き | Comments(32)
ホテル ニューグランド (横浜)
先週のお誕生日は、一緒にお祝い出来なかったから、ちょっとどこかへ行こうかと、横浜へ向かいました。
向かった先は ”ホテル ニューグランド”
私にとっては、10年位前までは、お正月のお年始のお客様が帰られたあと、お疲れ様の意味で2日から二泊三日で毎年過ごした懐かしいホテルでもあります。(今は遠出するように)
d0150287_2183236.jpg
山下公園の目の前にあるホテルニューグランドは、昭和2年創業の日本を代表するクラシックホテルです。
ニューグランド・・・新しいグランドホテルというからには、古いグランドホテルも存在したんですね。
1870(明治3)年に創業した旧グランドホテルはチューダー様式の豪華ホテルとして隆盛を誇っていたのだそうです。
海岸通20番・・・・今の「人形の家」のあたりです。ところが1923(大正12)年の関東大震災で横浜は中枢部はもとより港沿いの外国人向けホテルも全滅し、グランドホテルも倒壊し現在の場所は山下公園同様にその時の瓦礫(がれき)を埋め立てた土地に再建されたものです。

完成後は東京の帝国ホテルと同様、外国人に一流のサービスを提供できる数少ないホテルとして機能し、空襲で壊滅した横浜にあって戦災を免れ1992年、横浜市認定歴史建造物になり、2007年に経済産業省の近代化産業遺産にも指定されています。
ホテルニューグランド本館の特徴は、ベース・ロビー・客室の特徴ある3層構造と、高密度なインテリアにより
建築史的価値が非常に高い外観であり、外観にとどまらず、内部とともに往時の姿をとどめています。と横浜の観光案内に書かれていました。
夕暮れ時は、ホテル・ニューグランドとその前の並木道を歩いていると
ヨーロッパに居るような、そんな気分になります。
d0150287_21115430.jpg
かつては、玄関の回転ドアを入り2階に通ずる階段を上るとロビーがありました。ロビーの床はイタリア製亀甲タイルが敷かれ
、正面には綴織物が張られ、漆喰彫刻の天井や壁、黒光りのするマホガニーの柱、床は青を基調にした絨毯。真鍮の吊り燈籠など当時のままなのだそうです。
かつて、と書いたのは現在は隣に増築されたタワー棟にロビーその他が移ってしまって
、この空間は、隣接する宴会場の談話スペースになっているからです。
d0150287_21122991.jpg
高い天井には、細やかなレリーフが彫りこまれています。真っ白い天井に青銅の吊り灯籠が並んでいます。
時を刻んできたこのホテルの歴史を感じつつ、まるで社交界へ訪れたようなエレガントな気分に包まれてしまいます。
柱や調度品に当時の趣が残っていて、新築では絶対に作り出せない重厚な空間にため息が出ます053.gif
d0150287_2114550.jpg
かつてのメインダイニングなどは、宴会場で、今日は結婚式が行われていました。
そう言えばユーミンは本館2階の「レインボーボールルーム」で結婚披露宴を催したのでした。053.gif
d0150287_21161979.jpg
d0150287_21165910.jpg
ところで、ニューグランドを設計したのは渡辺仁氏。上野の国立博物館(旧東京帝室博物館)、銀座の和光(旧服部時計店)
今はなくなった有楽町の日劇(日本劇場)や、第一生命館、北品川にある原美術館も彼の設計だそうです。
アール・デコ調の建物ですよね。
d0150287_21171788.jpg
窓から見える緑が素敵です001.gif
d0150287_21393443.jpg
d0150287_2122858.jpg
この二人、階段に並んでカメラマンが撮影をしていたんです。・・・・しかし携帯電話で長々と・・・・
こんな時くらい携帯は置いてくるものよね。 何だか恥ずかしいよ。・・・・私もこんなこと考えるなんて年かな012.gif
でも、このあとウェディングドレスの花嫁さんが会場に向かう間、携帯電話で話しながら歩いているのを見て複雑な気分に002.gif
d0150287_21174083.jpg
中庭です。
d0150287_21181060.jpg
ホテル本館1階の「ザ・カフェ」です。
ここでは、このホテル発祥の「スパゲティナポリタン」「プリンアラモード」そして「チキンカレー」「シュリンプドリア」などが
今もメニューにあって食べられます。
シュリンプドリアは当時ヨーロッパで流行していたグラタンソースを組み合わせ、サリー・ワイルが生み出した
「ホテルニューグランド」発の名物料理で、
スパゲティーナポリタンは食材のない終戦直後、当時の総料理長入江茂忠氏が苦心の末生み出したのだそうです。
それと、うさぎの耳にカットしたリンゴ、このカットもこのホテルから始まったのだそうですよ!

もう一つ、ケーキ。ここのケーキはバタークリームなんです。昔から・・・今は生クリームのももちろんありますけどね001.gif
私が小さい頃、デコレーションケーキと言えばバタークリームでした。そのあと生クリームが主流になってバタークリームのケーキを見かけることはなくなったのですが
、このホテルにはずっとありました。そしてここのバタークリームはソフトでとっても美味しいんですよ016.gif
d0150287_21183710.jpg
ニューグランドが素晴らしいのは、その料理だと言われます。
開業時の料理長サリー・ワイル氏です。ワイル氏は20年にわたりニューグランドの料理を率いたばかりか、
日本のホテル料理の歴史にも大きな足跡を残し何百人といわれる料理人を育て、やがてその中から日本を代表する名シェフ、名パティシエが輩出したのだそうです。
ざっと読んで見るとホテルオークラの小野正吉氏、東京プリンスホテルの木沢武男氏、大阪東洋ホテルの木村健蔵氏などで、
これだけは知ってた003.gifエスワイル洋菓子店! 
そうかぁ~師の名前をそのまま店名にしたんだ001.gif
帝国ホテル系、神戸オリエンタル系と横浜ニューグランド系がホテル料理人系譜の3大源流とは聞いたことがありますよね?
政府は1973(昭和48)年にワイル氏に勲五等瑞宝章を贈っているそうです。
d0150287_21191266.jpg
当時からの食器。大倉のも見えますね。
d0150287_21222326.jpg
陽が暮れてきました。そろそろお腹が空いてきましたが、まだちょっと時間があります。
d0150287_21224580.jpg
ちょっと山下公園を歩いてみることにしました。正面から見たホテル ニューグランド。
d0150287_2123727.jpg
氷川丸です。 中はとっても豪華な客室ですが、何度も見学しているので今回は外から見るだけ003.gif
d0150287_21242118.jpg
左に見えるのは港みらい地区かな?
d0150287_21311486.jpg
この建物が、新しく増設されたニューグランド、タワー棟です。ちょっと入って見ますね001.gif
d0150287_21423859.jpg
ここがロビーです。左に曲がると本館に続きます。有名なカクテル「ヨコハマ」が誕生したバーシーガーディアンⅡもここからすぐです。
サザンオールスターズLOVE AFFAIR(秘密のデート)という曲で歌われていますよね?
「マリンルージュで愛されて、大黒埠頭で虹を見て、シーガーディアンで酔わされて」というあのシーガーディアンです003.gif
d0150287_21412566.jpg
天井に吊るされた、大きなキャンドル型のシャンデリア005.gifこんなのいいですね016.gif
d0150287_21315472.jpg
ホテルニューグランドさんのロゴマークは、フェニックス、不死鳥なんだそうです。それは関東大震災の後、
横浜市民の復興への期待を受けつつ、震災の瓦礫で埋め立てたこの場所に建てられたからこその、不死鳥なんだそう。

さぁて、これから夕食です003.gifフレンチにしようかと思ったのですが、tutoが暑かったのでジャケットを忘れて来た!! 
今日はカジュアルなイタリアンにします001.gifお料理は今度の記事に・・・・え~!まだあるのぉ~なんて言わずに! 次も見てね041.gif
d0150287_21345510.jpg

by franandtuto | 2009-06-28 23:48 | その他 | Comments(30)
ジャガイモとチーズのガレット
愛読している、パンのレシピ本より、今日はP27 ”ローズマリー香る ジャガイモとチーズのガレット”を焼きました。
あ! フライドチキンではありませんよ! ”ローズマリー香る ジャガイモとチーズのガレット”です003.gif
d0150287_23104829.jpg

初めて、フランスパン用の小麦粉なるものを使ってみました。
HBを使って作った生地に、茹でてサイコロに切ったジャガイモとチーズ、それと問題の香りローズマリーを入れて、塩、にんにく
、黒胡椒、オリーブオイルを混ぜて形作り、上にエダムチーズを振りかけて焼いたパンです。
d0150287_23165196.jpg
このパンはとっても美味しかったです024.gif家族にも大好評でした!!
d0150287_23182693.jpg
もうちょっと、丸く腰高に形成できると良かったんだけど012.gif
d0150287_2319116.jpg

この本は、まちまちちゃんとお揃いなんです001.gif偶然なんだけど、同じ本を買っていました041.gif
by franandtuto | 2009-06-25 23:22 | 作ったパン | Comments(34)
ありがとう
日曜日に、ふわりちゃんと、私の誕生日会をしていただきました。
場所は奥沢、にたまごんちゃんや、ママンちゃんのブログで拝見していつか行って見たいと思っていた。
La butte boisee(ラ・ビュット・ボワゼ) 閑静な住宅街の一角にありました。
d0150287_2303320.jpg
メインダイニングから眺められる日本庭園も雨のせいもあって生き生きと鮮やかです。そして、座り心地の良いアンティーク風の椅子、年代を感じさせる壁や窓、そこはまるで大正浪漫の世界です。
d0150287_2331622.jpg
d0150287_234651.jpg
d0150287_2343958.jpg
d0150287_2393113.jpg
パンと一緒にと・・・・。フロマージュブランに刻んだエシャロットが入ったもの、鴨肉のリエット、アンチョビと黒オリーブのタプナード、あめ色玉葱のジャムの4種類でした。
d0150287_2351771.jpg
ブリの子供とサザエ  赤ピーマンとトマトのガスパッチョ仕立て フレッシュハーブの香りが爽やかです。
筒に入ったガスパッチョをスーッと抜いて、魚介と合わせて頂きます。
d0150287_2353931.jpg
d0150287_2355081.jpg
自家製のパン
d0150287_2361753.jpg
d0150287_2362834.jpg
スズキのポワレ 夏野菜のグリエ添え
d0150287_2364290.jpg
願い事をしてから蝋燭の火を吹き消します。 何を願ったかは内緒003.gif
d0150287_2365893.jpg
梅と抹茶風味のフィナンシェの生湯葉包み焼き 青梅と初夏のフルーツ添え バジル風味のジュレの完熟南高梅のソース
d0150287_237833.jpg
ふわりちゃんと、くまくぅちゃんが飲んだフレッシュハーブティー・・・・・これは美味しそうだった!!
d0150287_2372244.jpg
d0150287_2373637.jpg
"ラ・ビュット・ボワゼとは、"小高い丘にある樹木に囲まれたレストラン" という意味だそうですよ016.gif
d0150287_23101920.jpg
日本家屋を使った洋風アンティークなお部屋、床の間に大きなお花が生けてあります。
d0150287_23103539.jpg
こちらはウェイティングルーム
d0150287_23105562.jpg
赤と白のワインセラーが置かれています。
d0150287_2311822.jpg
d0150287_23112374.jpg
今回、お誕生会を開いて下さった、けっちんちゃん。プリンちゃん、くまくぅちゃんから、こんなに沢山のお土産を頂きました。
d0150287_23134543.jpg
このお皿は、大倉陶園のブルーインペリアル。 ケーキ皿より大きい20cmのデザート皿です。
けっちんちゃん、プリンちゃん、くまくぅちゃん、ふわりちゃんの4人からお誕生日のプレゼントに頂きました。
d0150287_23135698.jpg
こんな素敵なお誕生会を、けっちんちゃん、プリンちゃん、くまくぅちゃん、本当にありがとうございました。
言葉にならない感謝の心をお皿にのせてみました。本当にありがとう。
私は生涯、みんなにお祝いしてもらった今年の23歳のお誕生日を決して忘れません053.gif
d0150287_2314829.jpg
d0150287_23171170.jpg

by franandtuto | 2009-06-24 00:04 | お友達 | Comments(47)
コーンとベーコンのパン
HBが我が家に来てから、パン系のレシピ本その他を何冊か購入して、楽しみに見ているのですが
今回はその中からコーンとベーコンのパンを焼きました。
西馬込にあるブーランジェリー イチの市毛 理さんのレシピです。
塩味のシンプルなパンですが、私はコーングリッツが好きなんですね003.gifケーキにもよく使っているのですが
プチプチとした食感がなんともいいのです001.gifケーキに入れると正にプチピチなのですが
パンだと捏ねて発酵させるとどんな感じになるのか・・・・・
d0150287_839518.jpg
右下のお皿の中がコーングリッツ。 生地に混ぜ込むのと、焼く前にたっぷりまぶして焼きました。
d0150287_844880.jpg
小麦粉全量の20%くらいをコーングリッツにするのですが、モチモチとして、フワフワのパンとはちょっと違った食感です。
翌日に焼いても美味しく食べられました。
これ好きかも024.gifHBで捏ねだけのコースで生地を作って、平たく伸ばした生地にベーコンを巻きこんだパンです。
まだまだ、試行錯誤まで行かないホントの初心者なのですが、いろいろ楽しんでいます。
ひぇ~~! HBってほんとに便利なものですね~~041.gif
d0150287_8462876.jpg



PCに向かっている私の横のテーブルでバロンがお昼寝しています016.gifしかし、にゃんこはよく寝るなぁ~!!うらやましい003.gif
バロンのお腹の辺にカメラを置いて見ました。キヤノンの一眼レフです。
バロンの横に置くと小さく見えるでしょう? バロンの寝相はいつもこんな感じ仰向けで伸び切って寝ています003.gif
丸くならないねぇ~バロン・・・・。
d0150287_8584812.jpg

by franandtuto | 2009-06-20 09:01 | 作ったパン | Comments(37)
季節外れのモンブラン
日本の反対側の国の季節は秋。
栗の渋皮煮など栗を使ったお菓子をよく目にするのです。
私も去年は、たぁ~~~くさんの渋皮煮やきんとんと作って保存しました。
今日は、蒸して荒く砕いた物に下味をつけて冷凍庫に大切に保存してあった栗を使って、
季節外れの和栗のモンブランをつくりました016.gif
d0150287_2247587.jpg

外側はこんな型で焼いたの001.gifただ生地を流して焼くだけでそれらしく見えるでしょう?
d0150287_2333281.jpg
こんなふうにタルトのように焼上がるのです024.gif今日は栗を入れてモンブランにしましたが、アイデア次第でケーキにも、
フルーツをのせてもきれいな便利な焼型です。
d0150287_233462.jpg
自然解凍した栗をもう一度フードプロセッサに入れて室温に戻したバターと生クリームを入れてモンブランを作り、
焼きあがったスポンジの上に絞り出し上にマロングラッセをのせてみました。
生クリームは一度沸騰させたものを冷まして使うとコクがでます。
d0150287_2371648.jpg
切ったらこんな感じです。ぎっしりと栗016.gif甘さを控えてあるので栗そのものの味です。
やっぱり保存しておいて良かった~こんな時期に和栗100%のモンブランが食べられるなんて041.gif
d0150287_2372914.jpg
d0150287_23184739.jpg

by franandtuto | 2009-06-16 23:01 | 作ったお菓子 | Comments(34)
村上開新堂(レストラン)
4月から部署が変わって連日朝方までの仕事が続いてクタクタのtutoと美味し~~い物が食べたいね!と
半蔵門の村上開新堂さんに伺いました024.gif
本当は一つ計画があったんです・・・・・それは村上開新堂さんの入り口のドアと呼び鈴を撮りたいということ・・・・・
前回伺ったときに大雨で撮りそこなってちょっと心残りだったものですから。

悪事は働けないもので
少し離れた場所でタクシーに止まってもらおうと思っていたのに、気を効かせて下さって・・・・まん前に横付け005.gif
更に車を降りたら、お店のスタッフの方が外で待っていてくださったのです037.gif
それでも、ち、ちょっとお店の外観の写真を撮ってもいいですか?と
大変迷惑な事をお願いして待っていただいて撮った一枚です。
どうしてそこまでって・・・・いえ、私達一応ブロガーなので・・・・012.gif
d0150287_2371238.jpg
うちっぱなしのコンクリートの建物、その重厚な扉をあけると別世界、1階でスタッフの方が待っていてくださり、
1階のホールからエレベーターで2階のダイニングへ案内してくださいます。
お店の入り口のドアを開けて一歩お店に足を踏み入れたその瞬間から、美味しい時間が始まっています016.gif
d0150287_23292253.jpg
ピンクのテーブルクロスと一輪の薔薇、窓の外に英国大使館のテニスコートが見えます。
静かで落ち着いた雰囲気の心地よい空間です。

飲み物をお願いして、
d0150287_23422961.jpg

始めの一皿は・・・・前菜の前に小さなパイの盛り合わせ(エダムチーズ&ゴーダチーズ、トマト・マッシュルーム、バジル・
そしてビーフパイ。3種類の温かいパイです。
d0150287_23412850.jpg
前菜 貝とトマトのマリネ・・・・酸味の刺激が抑えられたとっても美味しいマリネです。口に運んだとき一瞬、京都の料亭にいるような錯覚に陥りそうに・・・・フレンチなのに和食を想像してしまう繊細でやさしいお味!思わず美味しい~と顔が緩んでしまいました。
d0150287_23433963.jpg
兎のラビオリ・・・・人参が可愛いでしょう~。
d0150287_23435365.jpg
コンソメスープと、クレソンのポタージュ・・・・ポタージュの写真は早く飲みたくってピンボケ!!003.gifd0150287_23525420.jpgd0150287_23532959.jpg
太刀魚のムニエルとポテトのグリル
d0150287_23565883.jpg
いさき・・・だったかな?のグリルと春野菜、ズッキーニ・ヤングコーン・アスパラ
d0150287_2357116.jpg
今日は肉星人だったtutoはフィレステーキ マデラ酒のソースでいただきました
d0150287_23575070.jpg
開業当時のメニューからの復刻版ロールキャベツ。コンソメ仕立てでサッパリなのにコクのある美味しいロールキャベツですよ!
d0150287_23583062.jpg
d0150287_23584184.jpg
パンは、これは二皿目なんです。とっても美味しくてアッと言う間に食べてしまったの・・・001.gifあ!私でなくてtutoがですよ!!
バター左は無塩、右は有塩バターです。カルピスかなぁ~美味しいバターでした。
パンの種類で変えて召し上がって下さいと用意して下さいました。
d0150287_23592843.jpgd0150287_23595120.jpg
チーズです。 薄く切ったフランスパンとフィグのパン、それとセミドライフィグとドライアプリコット、
そして自家製のクラッカーが添えられています。
d0150287_0144547.jpg
宝石のようなキラキラのゼリー、10種類の中から二種類チョイスします。
d0150287_0182995.jpg
  tutoはミルクとオレンジ(お子様だから!!)    私は当然ですよね~抹茶とブランデーです003.gifd0150287_0193515.jpgd0150287_0195229.jpg
デザート
d0150287_0241967.jpg
tutoは忘れちゃったんですって!・・・・と言うか、最初から????だったのかも003.gif
d0150287_0243573.jpg
ルバーブのムース、赤いジュレの下はマスカルポーネ。酸味が効いて食後に最高でした。
d0150287_0245366.jpg
コーヒーにギモーブとシナモンの上に赤い胡椒の実の乗ったクッキー。美味しかった~!もうお腹がいっぱい016.gif
d0150287_0251183.jpg
村上開新堂さんは、今年135周年だそうです。正統派のフランス料理は伝統的な味なのでしょう。
とても心のこもった料理は他に思いあたるお店がないほど・・・。

帰り道tutoがこんな事を言いました。開新堂さんって135年なんてとっても古くからあるレストランなのに、フレッシュだなぁと思うのは何故なんだろうね?
何よりサービスして下さるスタッフの方が、一つ一つの料理のことをまるで初めて作った会心の料理のように、ものすごく嬉しそうに説明してくれる、自信?プライド?そうじゃないよね、きっと村上開新堂さんのスタッフであることの本当の意味での誇りがあの心からの笑顔とサービスになっているんだよね。こんなレストラン他にないよねと。

食べている間は勿論美味しいのですが、帰り道・・・・美味しかったね~、また来ようねとしみじみ思える幸せってありますよね。 
d0150287_0303836.jpg
村上開新堂さんは会員制のレストランですが、
ランチはオープンにされています。(要予約) 是非001.gif
d0150287_0331533.jpg

056.gif村上開新堂さんの前回の記事はこちらです。よろしかったらあわせてごらんくださいね。
by franandtuto | 2009-06-15 01:03 | 食べ歩き | Comments(27)
京都あちこち
d0150287_23124726.jpg
高台寺近くへ夕食に出かけた時、7時くらいかな?八坂神社です。
陽が暮れ始めて、お店に灯がともる頃、すっかり暮れていないこの時間の京都が私は好きです。
d0150287_23144552.jpg
d0150287_23222618.jpg
食後に宿にそのまま帰るにはちょっと勿体無い気がして、少し散歩することにしました。
d0150287_23232326.jpg
今回も高台寺はライトアップされていて、10時近い時間とは思えないほど人がいっぱいでした。この階段を上がっていくのです。ちょっと入って見ました。
d0150287_2324532.jpg
ここが高台寺です。
d0150287_23255471.jpg
私は臆病者なので、暗い所と人気のない所は嫌いなんですが・・・・・008.gifこれは池なんですよ、水面に映っているの・・・・・。
d0150287_2329440.jpg
d0150287_23322875.jpg
八坂の塔が見えます。
d0150287_23331732.jpg
ズームで!
d0150287_23334693.jpg
ちょっと怖い感じでしょう?翌日のお店を紹介します003.gif明るいですよ~~!
まず、お茶の一保堂茶舗 さんです。
d0150287_2336222.jpg
d0150287_2338213.jpg

中で一休み・・・それこそお茶にしようかと思ったのですが005.gif
この人込み!!

奥は、 嘉木という喫茶室になっているのですが、一時間待ちとか・・・・。

さすがに諦めて、お茶を買ってお店を出る事にしました。
さて、お店は閉まっていますが、ここはどこでしょう? 村上開新堂さんです。 京都で最古の洋菓子店でロシアンケーキや、
好事福廬(こうずぶくろ)という、みかんのセリーが有名です。
東京の村上開新堂さんと同じ店名なのでもしかしたら、関係のあるお店なのかも知れませんが詳しくは知りません。
レトロでしょう? 実は初めて行った時も閉まっていて、床屋さんかと思ったんです012.gif
村上開新堂さんは一保堂茶舗 さんの並びにあります。
d0150287_23473091.jpg

そして、お茶のお店をもう一店。 伊藤柳桜園茶舗さんです。御代の昔や翁の白など、お抹茶も格別ですが、
かりがねほうじ茶“香悦”は普段によく飲んでいます。、伊藤柳桜園茶舗さんはパッケージに
明恵上人の「鳥獣戯画」が使われているところが特にお気に入りなのです001.gif
d0150287_23522413.jpg
d0150287_005686.jpg
イノダコーヒー店さんです。
d0150287_025190.jpg
すごく長い記事になってしまいました・・・・夜景が怖いかなぁとおもったのでつい・・・・です012.gif
by franandtuto | 2009-06-10 00:05 | その他京都のオススメ | Comments(42)
なんちゃってタルト・フランべ
HBを買って初めてパンを焼いて見ました。
初めはパニポポちゃんのところで見たタルト・フランべを真似て ” なんちゃってタルト・フランべ ” 003.gif
d0150287_18142546.jpg
全然違うって? そうでしょう、そうでしょう041.gif 初めてということで笑って許してください!!

詳しくはパニポポちゃんのページで説明されているのでここでは省略させていただきますが、
フランスはアルザス地方ののパンです。
私は食べることはしても、パンを作ったのは初めてなので味を思い出しながら作ってみました037.gif
d0150287_18145388.jpg
生地は先日、けっちん先生のパン教室第一回目で教えていただいた ” ふわふわフォカッチャ ”です。
フォカッチャよりもう少し薄くのばして一旦オーブンで軽く焼いたあと取り出して・・・・
アルザス名物のクレーム・フレッシュなんて当然ないので、
キリ クリームチーズとサワークリームを混ぜ合わせて生地にたっぷり塗ってから、
スライス玉ねぎと、薄切りベーコンをのせて、黒胡椒を振って焼きました003.gif

うふふふ・・・・な~んちゃってのわりには美味しくて家族にも好評でした041.gif
d0150287_1815561.jpg


今日のバロン・・・・・・タコつぼから顔を出しています・・・・この籐の壺、渋谷からニャンズの為に運んできたんです024.gif 
うなぎつぼではないですよ~~一瞬顔を出してすぐに引っ込んでしまうのでシャッターチャンスは難しいです。

d0150287_1852552.jpg

by franandtuto | 2009-06-07 18:07 | 作ったパン | Comments(34)
吉田山荘
ぐずぐずしている内に6月になってしまいました。
GWの京都の残りをご紹介しますね。

今回に京都最後の夕食は吉田山の中腹に位置する、料理旅館吉田山荘さんでいただきました。
吉田山荘の建物は、昭和天皇の義弟・東伏見宮様が京大に通うため
東伏見宮家の別邸として1932年(昭和7)に建てられたものです。
昭和23年からは、料理旅館「吉田山荘」として建物は当時のままのもので、
照明や調度品もすべて東伏見宮家の別邸時代のものが使われているのだそう。
1000坪ある広大な庭園も見事なもので、屋根瓦や欄間、襖の引き出に「裏菊の紋」が使われ、格式の高さが感じられます001.gif
d0150287_234374.jpg
d0150287_2354873.jpg

          ↑
この表唐門は「最後の宮大工棟梁」といわれた
文化功労者、故西岡常一氏が宮家造営の際
時間を惜しむことなく建立
薬師寺の伽藍などを再建した氏が、
京都府下で唯一手掛けた建築物だそうです。
再度建立出来難い名門とされています。
表唐門を入ってゆるくカーブした坂を歩いて行くと
「和」と「洋」が見事に組み合わされた総桧造りの重厚な建物が見えてきます。
d0150287_23233990.jpg
玄関を入ってすぐ、玄関脇の壁に嵌め込まれたステンドグラスです。明治18年に奈良県の新山古墳から出土した
銅鏡の背面模様からデザイン化したステンドグラスだそう。
d0150287_23312049.jpg

お部屋は庭に面していてのんびり食事が出来ます。
d0150287_23382754.jpg
d0150287_23481979.jpg
d0150287_23484770.jpg
d0150287_2349070.jpg
d0150287_23491526.jpg
d0150287_23493272.jpg
d0150287_2350746.jpg
d0150287_23502146.jpg
d0150287_23503659.jpg
お料理の写真の説明がないのは何故でしょうか・・・・時間が立ち過ぎて忘れてしまったからです012.gifあ!でも全くではないですけど、でもごらんになったらわかりますよね003.gif
d0150287_23553790.jpg
私が食後に飲んだコーヒー
d0150287_23504890.jpg
tutoはこれ005.gif
d0150287_2351377.jpg
来た時はまだ陽があったのに、すっかり暮れてこんなに暗くなりました。
d0150287_23561393.jpg
この吉田山荘さんの玄関には、日本画家・橋本関雪が松を描いた大きな衝立があるんです。
残念なことに、描かれた大半は消えています。剥落や褪色ではなく、完全に。
かすかに見える一部から、墨で描かれた松に金泥で着彩した画であったことがわかりますが、とても残念に思いました。
d0150287_23565287.jpg

by franandtuto | 2009-06-05 00:05 | 京都食べ歩き | Comments(33)