ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
熱々のご飯があれば・・・・5分で豚丼
帰宅したと思ったら、お腹が空いた~と台所に現れる怪獣の息子003.gif
台所で立ったまま待っているときの、取りあえずの我が家の定番豚丼を作りました。
この豚丼、息子も、もちろんtutoも大好物です041.gif
d0150287_212301.jpg



フライパンを熱して豚肉(肩ロース)の薄切りを並べ、すき焼きの要領でキビ糖と
d0150287_20564436.jpg


醤油、みりん又は日本酒を入れて強火で焼けばOK003.gifうなぎや焼き鳥のタレを想像してください。

d0150287_2056586.jpg
ちょっと濃い目の甘辛い味付けです。お肉に絡める感じ、汁は多くありません。
d0150287_21334443.jpg


熱々のご飯にのせて、フライパンに残ったタレも一緒にご飯にかけます。最後にバター(有塩)を一カケ
お肉によく絡ませていただきます001.gif

バターで一味も二味もコクが出て別物の豚丼になりますよ001.gifいえ、ホント!!

野菜がないので、熱々を野菜と一緒にどうぞ003.gif

野菜も一緒に牛丼のように・・・・・でもこの豚丼は入れない方が美味しいです♪
豚肉だけの方が美味しい!
お肉は薄切りをサッと炒めてちょっとチリチリになるのがいいです。 野菜はサラダなどで016.gif
d0150287_214147.jpg

by franandtuto | 2010-03-30 21:09 | 料理 | Comments(36)
和三盆糖
週末はどうお過ごしですか?
先週はとても寒くて、霙や一時雪も降った東京でしたが、この週末も風が冷たかったですね。

新宿高島屋の11階で「味百選」という日本各地から美味が一同に集まる催しが30日まで開催されていたので、
毎年楽しみにしているお店も出店されているので行ってきました。
具体的には、京都の鯖街道花折、静岡の冨久家のイタリアンロール、愛知県豊田市の松月の眠り柿、大阪神宗の塩昆布など
沢山のお店でどれも食べたくて中々前に進めない私でしたが、やはり毎年楽しみにしている
「三谷製糖 羽根さぬき本舗」さんに真っ先にうかがいました。

三谷製糖さんは江戸時代の文化元年(1804年)創業、200年の歴史ある讃岐三盆糖のお店です。
現在和三盆糖が作られているのは、
徳島県、香川県の両県のみで、共に原材料の竹糖が栽培されているのは、
徳島県と香川県の県境にある阿賛山脈の南側と北側にあたり、同地域とも言えます。

この阿賛山脈南側(徳島県側)で取れた物が阿波和三盆糖阿賛山脈南北側(香川県側)で取れた物が讃岐和三盆糖です。


茶毬
d0150287_19104327.jpg
”讃岐和三盆”を、昔ながらの製法で作っているのが、引田町にある三谷製糖さんです。
江戸時代の花形産業として栄え、東讃地方で営まれてきたこの和三盆作りの歴史は、高松藩の5代藩主・松平頼恭が、
領内に物産が少なく年々藩が疲弊していくことを憂い、甘蔗栽培を勧め、製糖を奨励したことに始まるのだそうです。
三谷製糖さんは、文化元年創業以来200年間、和三盆を作り続けてきましたが。
輸入糖に押されて苦しい時期もあったのだそうです。

現在全国各地にある10軒の老舗の和菓子店によって「和三盆糖保存会」が結成され
文化元年創業以来の手作り製法による讃岐和三盆糖を作り続けていらっしゃるお店です。
d0150287_19195225.jpg

“和三盆”(わさんぼん)とは、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている上質の国産白砂糖のことです。
粉砂糖に近いきめ細さと微量の糖蜜が残っていることから黄味がかかった白さになります。
口のなかでふわりと溶けるようなやさしいあまい感触は、和三盆ならではのものですね。
和菓子に多く使用されますが、その中でも、特に「落雁」によく使われています。

和三盆の原材料は竹糖(細黍)といわれる在来品種で、沖縄などで栽培される砂糖黍よりずいぶん細く、
背も低く 収量も低いのだそうですが、その製造工程も非常に手間がかかるもので
「和三盆」という名は、「盆の上で三回研ぐ」ことからついた名前といわれていますが、
和三盆は精糖の作業が複雑な上、寒冷時にしか作ることが出来ず、
白下糖から和三盆を作ると全量の4割程度に目減りしてしまうため砂糖としては最も高価なものとされています


↓左が完成品の和三盆糖、右が和三盆糖を作る過程の白下糖、下の瓶は同じく糖蜜です。
「味百選」に出かけるのは、通常は入手が難しいこういうお砂糖を購入出来るからなのですが、この糖蜜はあまり市販されていないようです。 これはいただいたの024.gif嬉しかった!!

d0150287_19461954.jpg


和三盆の製法

サトウキビから砂糖を製造するには、まず搾り液をアクをすくいながら釜煮し、水分を蒸発させて、
白下糖という糖蜜を含んだ黄褐色半固体状の原料糖をつくります。
これを精製して白砂糖にするには、その表面をおおっている褐色・タール状の糖蜜を除去することが必要で

白下糖を盆の上で適量の水を加えて練り上げて、砂糖の粒子を細かくする「研ぎ」という作業を行った後、
研いだ砂糖を綿布製の袋に詰め「押し舟」という箱の中に入れて重石をかけ圧搾し、黒い糖蜜を抜いていきます。
この作業を数度繰り返していくと、糖の色が最初は茶褐色であったものが、“三盆白(さんぼんじろ)”といわれるようになり、
手触りもさらさらになっていくのだとか

これらの工程の中でも一番大変なのが「研ぎ」という「蜜を抜く」と同時に「砂糖を、より白くする」ための作業で、
全くの手作業で行なわれ、相当な熟練の技が要求されるのだそうです。

塩・綿と並び、「讃岐三白」のひとつとして全国に知られる和三盆。
サトウキビの汁を煮詰めて作った白下糖に、「みつ抜き」と「研ぎ」という手作業を五日間繰り返して仕上げる
究極の砂糖なんですね。

これが、最初に出来る白下糖です。 これは沖縄や奄美大島の黒砂糖に似ていますが風味が違います。
私はこの白下糖をつまみながらコーヒーを飲むのが好きで、
う~んと疲れたときに一かけ口に入れると生き返ったようになります003.gifもちろんお料理にも美味しいです。
d0150287_20155136.jpg


そして和三盆糖。 肌理が細かくて粉糖のようです。
お料理にもお菓子にも、もちろん洋菓子にも最高ですが。一番はやはりそのまま口にするような使い方
・・・・粉糖の替わりにまぶし付けるような使いかたが一番和三盆糖の風味や舌触りを楽しめると思っています。
このお砂糖が木型に入れて風趣 豊かな絵模様と形がつくられ落雁になるんですね。
d0150287_20235914.jpg



これは、和三盆糖や抹茶、玄米、空豆、大豆の粉で作られた落雁、京都長久堂さんの花面(はなおもて)です。
銘菓「きぬた」で有名なお店ですね001.gif
d0150287_2030071.jpg

花面は能楽の「面(おもて)」を模しているこの干菓子は本物の能面を元に作られているんです。
使用している木型は能面師の作だとのことで、 福の神(玉茶)、嘯吹(炒麦)、小面(和三盆)、乙羽午前(芳豆)、翁(大豆) です。それぞれの味わいが違うから楽しいのです。

和菓子っていいですね016.gif
d0150287_20313423.jpg

by franandtuto | 2010-03-28 20:50 | お菓子 | Comments(28)
パスタフォーク annさんからのバトンを明日香ちゃん、chocolata*ちゃん、森の子ちゃんへ
これは数年前に探して探して、やっと見つけて買ったパスタフォークです。
先がちょっと開いていて、パスタが絡め易くなっています。少量でも簡単に くるくるっと巻きとれてしかも落ちてきません016.gif

左上の三本のうちの一番下のフォークが今まで使っていたパスタフォーク で、両側がデコボコしていて滑らないようになっています。
台所で食材が行方不明になりの捜索してお菓子を焼きアップしていたSweet Kitchenのしょこらちゃん
そこで、ふと買ったままのパスタフォークが行方不明になっていることを思い出し、家捜しをして見つけ出しました003.gif

もっとも、しょこらちゃんには、
”数年間行方不明なん?いや~、それは探しても出てこないかも・・・。モニちゃんちのお米カップみたいに蒸発したか
、あるいは夜逃げしかた・・・どちらかだと思われますが・・”
 とまで言われましたが

どうだ!! 見つけたよ! しょこらちゃん041.gif
d0150287_22561867.jpg


056.gif小夏庵のannさんから 、バトンをいただきました!!
バトンをいただいてから随分日が過ぎてしまったのですが(^^ゞ
ルールに従ってやってみましたので、ちょっとおつきあいくださいね!



★バトンのルール
1.必ずバトンを回す、3人の大切な大好きな方々を題名に書いて驚かせて下さい。
2.回ってきた質問には素直に等身大の自分で答えましょう。
3.やらない子はお仕置きです!!
4.ルールは必ず掲載しておいて下さい。


♪ お名前は?

franです。
初めてPCを買ってHNを決めるときに食べていたお菓子が明治のfranだったから。


♪ おいくつですか?

内緒!! 一番たちの悪い年頃^m^

♪ ご職業は?
会社員です。


♪ 今、悩みはありますか?
地球の重力に逆らえず、顔と言わず、身体と言わず・・・・・・
体重は変わらずとも体型は確実に変化していること。


♪ あなたの性格を一言で言うと?
楽天家です。


♪ 誰に似てるって言われたことがある? 
友達に似てるとか、友達の友達に似てるとか・・・・・決して有名人でないところがミソ。


♪ 社交的? 人見知りしちゃう?   
以外にも、人見知り。でも人が好き。


♪ 人の話にはしっかり耳を傾ける?
早とちりで自分の都合のいいように誤解する癖があります。


♪ ギャンブルは好き? 嫌い? 

どうでしょう? 興味ないかも。

♪ 好きな食べ物飲みもの、嫌いな食べ物飲みものは?

好きな食べ物 : バター、鮎、鱧・・・・魚介類が好きです。

嫌いな食べ物 : 何でも食べます。食べられない物は今まで食べた中ではなかったと思いますが
        なんだろう?ちょっと今は思いつかないです。


♪ 好きな飲み物は?
焙じ茶、日本酒



♪ 嫌いな飲み物は?
バリウム

☆恋人はいる?
はい。 夫が・・・・・え?夫以外の人?


♪ 彼氏、彼女にするならこんな人が理想:(5つ)

神経質でない。

食べる事が好きな人。(大食いの人)

好奇心が旺盛な人。

指のきれいな人。

恥かしいと思うことが同じ人。


♪ 彼氏、彼女と喧嘩をした時、自分から謝れますか?
明らかに自分が悪い時は謝ります・・・・たぶん。


♪ 親友と呼べるお友達は何人いる? 
今はブログを通して知り合った友達が一番の友達かも知れません。


♪ バトンを回してきたあの人……正直この人のことは○○である

昨年のパニポポちゃんのオフ会でお隣の席に座られたのがannさんでした。
初めてとは正直思えませんでした・・・・・どうしてなんでしょうね~

その後そのときのオフ会でご一緒したnanako*sweets-cafe♪のnanakoちゃんくまくまくぅのくまくぅちゃん
annさんお勧めのお店で食事をしたり、所沢のコストコ(会員制のマーケット)に連れて行っていただいたり
図々しくもannさんのご自宅に伺ったり、カッコいいご主人ともご一緒に食事に出かけたり
家族ぐるみでお付き合いさせていただいています。これからもずぅ~っと一緒に遊びたい大切なお友達です。


♪ 今までの自分の経歴で面白いことや自慢できることは?

顔を洗わずに寝たことがない。
ヨーロッパ旅行にパスポートを忘れてはいけないことで頭がいっぱいで、財布を忘れて行ったこと。
フランスのサクレクール寺院の前でジプシーの子供のスリ団に1フランもらったこと。


♪ これのためなら一食抜ける!
やっぱりブログかな(笑)それとお菓子を作っているとき。
因みに初めて作ったのはリキュールボンボンで、初めて作ったケーキはザッハトルテ(デメルバージョン)です。 


♪ 趣味・特技(いくつでもOK!)

幕末史、音楽鑑賞(弦)、潮干狩り、山菜摘み。
自慢しますが、お金を払って潮干狩りをしたことはありません。
あさり、蛤、しじみなど・・・・。
以前、春に能登へ行ったときに道端(山中の)で太くて美味しそうな蕨を見つけて
蕨を車のトランクいっぱいに夢中になって摘みました。
金物屋さんに寄って塩漬けにして東京に持ち帰りました。
一食抜けると言えば、この時金沢で昼食をいただく予定でしたが、忘れました。
  

♪ 今、行きたい場所は?
鳴門、渦潮が見たい。


♪ もし自由に使える10万円があったら何に使う?
トイレで手を洗ったあと、風で手に付いた水を飛ばす・・・・何て言うのかな?
あれが欲しいです。


♪ 将来の夢を語ってください。
大きなキャンピングカーで日本中を一ヶ月とか一つの土地に滞在しながら何年もかけて旅行すること。  


♪ その為に何かしていることはある?
う~~ん、していないですが・・・・・数年前にフォードエコノラインのキャンピングカーをレンタルして
銚子に行きました。
大きさを忘れて細い道に入り込んでUターンしようとして
思いっきり泥濘はまり込んで途方に暮れました。それまでは大きい車に憧れていましたが
小回りがきかないので、狭い日本の道路事情では難しいかなと思いました。。




♪ バトンを回す人の紹介を盛大にお願いします♪(印象付き)

053.gif明日香ちゃん

ご存知、アンティークショップ ”わ~るどおぶわんだ~す”のオーナーです。
昨年の7月に一時帰国されたときにアラサー!料理研究@家のなーちゃんと、らしくのふわりちゃんとご一緒に
丸の内でランチをしたのが生明日香ちゃんに逢った初めての日でした。
レストランに入って来たときすぐに明日香ちゃんだとわかりました。
もう、お嬢さんとそっくり!!

今年、一月に一緒に一泊二日で京都へ行ってきました。
不思議なもので逢って話せば話すほど似てるんですよね(笑)

いやいや、顔や体型ではないですよ! 考え方や価値観が。
こんなことがあるんだなぁと嬉しく思いながら楽しい旅行が出来ました。
アメリカに帰っちゃって、ちょっと寂しいですね。



053.gifchocolata*ちゃん

現在はイギリスにお住まいです。私が chocolata*ちゃんにブログを通して出会った頃はスペインにお住まいでした。
何と、彼女は最近アキレス腱断裂! 不自由な生活を余技なくされていらっしゃるのですが
そんな大変な毎日の中でも、思いっきり笑わせてくれるブログを更新されて
申し訳ないのですが、可笑しいやら、可哀相やら・・・・・・

ごく最近の記事のタイトルはベッカムよ、お前もか! 続いてもうすぐガンダム・ブーツがやってくる!です。

みなさま、chocolata*ちゃんはもうすぐ多分、一年くらいの滞在かと想像していますがご主人のお仕事の関係で
日本に帰国される予定とうかがっています。

そのときにリハビリの優秀な病院をご存知の方がいらっしゃいましたらchocolata*ちゃんに紹介してあげてください!!
 是非是非よろしくお願いいたします。053.gif


053.gif森の子ちゃん

森の中に建つ築100年のお屋敷に住む、日本のクリスティーヌ・フェルベール森の子ちゃんです。
巷では森の子ちゃんのご自宅には ”まっくろくろすけ”が住んでいるという噂もあります。

茶道、料理教室、陶芸、紅茶教室、鞠と多趣味な森の子ちゃんですが
アンティークショップ ”わ~るどおぶわんだ~す”では、だいたい彼女に先を越されて
あっ!これ!! と思った品物はすでにSOLD OUT・・・・後日森の子ちゃんのブログで目にする・・・
そんなちょっと悔しい思いも(笑)

森の子ちゃんは、ブログを始められて今月で一年2ヶ月になるのです。
私と同じエキサイトブログなのですが、何とリンクの張り方がわからないというびっくりちゃんです!!

彼女のブログのリンク先を一度見てくださいね! エキサイトブログのリンクしかありません(●^o^●)
誰か森の子ちゃんに詳しく教えてあげてくださ~~い!!
by franandtuto | 2010-03-24 23:11 | お友達 | Comments(36)
うかい竹亭
三連休ですね、ゆっくり休日を楽しんでいらっしゃいますか?
私は今日は何時もの時間に起きたのですが、眠たくなったら寝る・・・・眠いときに眠ることが出来るのは
休日の一番の醍醐味ですよね003.gif寝て寝て一日を過ごしました・・・・・ちょっと反省012.gif

先週の日曜日に前記事のMINKWIN CatteryのMINKWIN ちゃんのご結婚のお祝いに、東京の西に位置する
高尾山の山麓の奥高尾にある、「うかい竹亭」に行ってきました。
この竹亭は、うかいグループの炭火焼き「うかい鳥山」、ステーキハウス「うかい亭」に続く3店舗目のお店として、
昭和50年11月にオープンした懐石料理のお店です。
2000坪の土地に永平寺の宿坊を移築した建物と数寄屋造りの離れが点在しています。
d0150287_136450.jpg
d0150287_1393100.jpg
ウェイティングルームです。
d0150287_1405913.jpg
d0150287_23672.jpg
d0150287_1354140.jpg
d0150287_241124.jpg
右奥の博文がお食事をいただいたお部屋です、
d0150287_25334.jpg
中に入ります。離れなので、一軒のお家のようです、玄関とトイレもあるんですよ001.gif
d0150287_264639.jpg

d0150287_2145744.jpg
私は今日は(も?)日本酒003.gif久保田(千寿)をいただきましたよ! あとはシャンパン、ビールなど好きなものを001.gif
d0150287_2173127.jpg
前菜  春子鯛、かつお酒盗あん、穴子すし、小巻玉子、牛時雨煮 黒塗りの漆器に天井の灯りの傘が写って模様のようです。 桜の花びらが散って春の献立の始まりです016.gif
d0150287_2181783.jpg
一人分を取り分けてくださいます。花かんざしが綺麗ですね! 
d0150287_224249.jpg
これは灯りが入っていますが・・・・・和紙だと思うでしょう? なんと!大根のかつらむきなんです005.gif
d0150287_2261561.jpg
吸物 帆立貝の羽二重しんじょ 鳳凰の番いの絵柄です。お目出度い今日の日にぴったりですね!
d0150287_2315526.jpg
d0150287_2322838.jpg
お造り  鯛、縞鰺
塩酢と土佐醤油でいただきます。
d0150287_235104.jpg
炊き合わせ  若竹煮  
d0150287_2354361.jpg
大鉢から一人分に取り分けてくださいます。 器も楽しいですね001.gif
d0150287_2371465.jpg
揚げ物  子鮎新挽揚げ
d0150287_2392016.jpg
強肴  和牛朴葉焼  朴葉味噌が美味! 帰りに買ってきました003.gif
d0150287_241179.jpg
進肴  一口蕎麦
d0150287_2422479.jpg
鯛めし お味噌汁 香の物 
d0150287_2435082.jpg
デザート 蓬白玉のぜんざい
d0150287_2443939.jpg
ふぅ、美味しかった041.gif
d0150287_2475363.jpg


続き・・・・・よろしかったらごらんになってね
by franandtuto | 2010-03-21 03:19 | 食べ歩き | Comments(36)
ねこ、猫、子猫
週末にMINKWIN CatteryのMINKWIN ちゃんのご結婚のお祝いで一緒に食事に行って、その帰りに可愛いノルウェージャンの赤ちゃんに逢いにMINKWIN ちゃんのご自宅にお邪魔しました016.gif

この子たちはノルウェージャンのマロンちゃんの赤ちゃん。7ニャン兄弟なんですよ001.gif
今日は可愛いニャンコとワンちゃんのご紹介です003.gif
d0150287_2394199.jpg
d0150287_23102666.jpg
d0150287_23105629.jpg
d0150287_23112697.jpg
この子たちは1月15日成人の日生まれのササちゃんの赤ちゃんです。↑のマロンちゃんの7ニャン兄弟よりちょっと大きいの、
お尻が可愛いですね016.gif
d0150287_23113636.jpg
ママのササちゃんです。美ニャンでしょう~!!
d0150287_2311512.jpg
この子はトンキニーズ。グレーシアちゃんの赤ちゃんです。この子たちはお目出度い元旦生まれ003.gif
d0150287_23124894.jpg
d0150287_2313098.jpg
さて、この団子兄弟は・・・・・ワンチャンです。チワワと、M.ダックスの赤ちゃんです041.gif
d0150287_23131340.jpg
d0150287_23132956.jpg
d0150287_23134436.jpg
d0150287_2317537.jpg
d0150287_2319691.jpg
d0150287_2319195.jpg
この子たちは、ノルウェージャンのおじさん達!
d0150287_232076.jpg
あ~~あ!!壁が~~~~!!
d0150287_2321389.jpg
この子はセントバーナードのセント嬢。 もう少ししたら可愛い赤ちゃんが生まれる予定です016.gif 何と!セントちゃんの体重は100㌔を超えているんですって!!
d0150287_2321312.jpg
d0150287_2323133.jpg
d0150287_23274358.jpg

by franandtuto | 2010-03-17 00:01 | ニャンズ | Comments(41)
浄蓮の滝
静岡県伊豆市湯ヶ島にある「浄蓮の滝」です。
浄蓮の滝は、川端康成の小説「伊豆の踊子」の冒頭に出てくる「天城峠」付近にある滝で高さ25m、幅7m、
滝壷の深さは15mで、天城山中屈指の名瀑です001.gif
石川さゆりさんの「天城越え」で歌われていますね003.gif

狩野川の上流部の本谷川にかかる滝で、かつてこの川の左岸山中に浄蓮寺という寺院があったので、
滝の名前になったとのこと。 現在は名前の由来となった浄蓮寺は存在しないのですが、
浄蓮寺で祭られていた不動尊は存在しており、滝に下る階段の途中に祀られています。

この辺りの標高は310mほどですが、断崖の続く峡谷、深い自然に囲まれ、清流が流れ、山葵田が作られ、
滝周辺の玄武岩には、県指定天然記念物のハイコモチシダが群生しています。
天城山国有林の崖を下った深い峡谷の中にあり、 明治末期に下り路が開かれるまでは容易に浄蓮の滝に近づくことはできない、人も近づかぬ神秘的な場所であったといわれています。
d0150287_1073289.jpg

滝の周囲に生い茂る昔ながらの原生林と静寂な雰囲気の中、激しい音を立てて流れ落ちる姿はこの滝を
よりいっそう神秘的にしています。
滝には女郎蜘蛛伝説が残り・・・・・・この滝の主は女郎蜘蛛なんだとか。
滝の周辺は夏でもひんやりした空気に包まれているんです。滝壺の色が深く沈んで、とにかく美しい・・・・幽玄でさえありますね。
d0150287_10141682.jpg

山葵田、この売店で売っています。生の山葵や山葵の葉の醤油漬けなど
d0150287_11373129.jpg
d0150287_10514210.jpg

帰りは修善寺に寄って帰りました。
d0150287_10542628.jpg

これっ!! いちゃいちゃするでない!!
d0150287_10564692.jpg
d0150287_1057412.jpg


d0150287_10575942.jpg
d0150287_1103764.jpg

by franandtuto | 2010-03-14 11:01 | 旅行 | Comments(33)
稲取温泉  “食べるお宿 浜の湯” (食事編 朝食)
『朝から船盛!』 浜の湯さんのキャッチコピーの一つです024.gif
朝食に舟盛りを付けることは、お客様が夕食時にお酒を飲み過ぎて舟盛りを食べ忘れたと、嘆いているのを耳にして、
それならば朝も舟盛りを出そうと考えついたのだそうです003.gif
d0150287_23465771.jpg
お鍋は海鮮のおじやです。
昨夜、あんなに食べたのに・・・・寝不足でも美味しく全部いただきました041.gif
d0150287_23474619.jpg

外は雨で。チリ地震の影響で津波警報がでていました。海も波が高いです。
つい朝方まで、出たり入ったりして遊んでいた楽しい露天風呂もウッドデッキにも雨が吹き込んで
たっぷりのお湯のお風呂が可哀相です。
雨の中、デッキに出て名残惜しくお風呂に手を入れて見ました。
雨に濡れながら露天風呂もいいか・・・・・いやいや露天風呂は雪が降っていても入れるのですから
暴風雨でも、その気になれば!!
これは昨夜、お風呂に入りながら飲んだお酒003.gif
d0150287_23561499.jpg
さて、そろそろ帰りましょう・・・・・お風呂を見てると入りたくなるから・・・・・。
d0150287_2357299.jpg
これはお部屋に飾ってあった私の身長より大きなお花
d0150287_23543042.jpg


食べるお宿 浜の湯
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1017
TEL:0557-95-2151   FAX:0557-95-2997



来る時は海岸を通ってきたので、帰りは山沿いを走って帰ることにします。
海と山と両方なんて、伊豆ですよね~053.gif

途中、梅が咲いていました。
d0150287_06397.jpg

これは、山葵田です。 ここはどこでしょうか・・・・・。
d0150287_073321.jpg

by franandtuto | 2010-03-12 00:08 | 旅行 | Comments(27)
稲取温泉  “食べるお宿 浜の湯” (食事編 夕食)
お待たせしました003.gif 食べるお宿浜の湯さんのお料理です。
これが、大きな舟盛り
d0150287_0201317.jpg

食前酒 桃花  
先付 南瓜豆腐(車海老 シブレット)
前菜 さざえのアーモンド焼き、金目鯛の薩摩揚げ、サーモンの小川巻き、才巻海老マッシュポテト、サーモン寿司  
小鉢 むつ真子の旨煮
d0150287_0231011.jpg

伊勢海老の茶碗蒸し
d0150287_024159.jpg

鮑のステーキ 肝ソース掛け
d0150287_0251326.jpg
宮崎牛の陶板焼き 等級A5のお肉ですよ010.gif
d0150287_0264191.jpg
d0150287_0265473.jpg
「浜の湯」名物 伝統の稲取金目鯛の姿煮  30~49㌢もある大きな金目鯛の姿煮です。041.gif
d0150287_029344.jpg
富士宮大根柚子味噌掛け 金目鯛と野菜チップ
d0150287_117201.jpg
漁師風ロブスターの海鮮鍋
d0150287_0325948.jpg
お釜で生のお米から穴子釜めしと炊いてくださいます。
d0150287_0334345.jpg
d0150287_0354211.jpg
デザート  柚子アイスクリーム メロン イチゴのムース
d0150287_0363715.jpg
もう、お腹がいっぱい!!
この舟盛りに乗ってるのは
鯛、鮪中トロ かんぱち、太刀魚、いさき、いくら、牡丹海老、さざえ、ほうぼう、伊勢海老、桜海老、さざえ
すごいでしょう~005.gif浜の湯さんは稲取港の入札権を持っていらっしゃるんです。市場で流通しているものよりも
新鮮な魚介類を仕入れることができるのだそう!!
これは旬の一品 生の桜海老です。甘くてとっても美味しい!!
d0150287_1222647.jpg
d0150287_041647.jpg

by franandtuto | 2010-03-09 00:54 | 旅行 | Comments(40)
稲取温泉  “食べるお宿 浜の湯”
鮮度の高い海の幸を豪快に味わえる料理自慢の宿、水平線まで続く、雄大な海と空の絶景を楽しみに
稲取温泉の“食べるお宿 浜の湯”さんに行って来ました003.gif
d0150287_23354494.jpg
楽しみにしていたのがここ024.gif専用のデッキテラスと露天風呂、ハンモックもあるんです041.gif大きなお風呂でしょう? 
5,6人は楽に入れますよ003.gif
d0150287_18283251.jpg
お天気が良ければ水平線まで続く海と伊豆大島が望め、潮騒を子守唄にうとうとしようと思っていましたが・・・・・残念! 
この日は雨で夢は叶わなかったけれど、また晴天の日に伺って満天の星と日の出と、大海原に出会える楽しみが出来ました。
楽しい事はいっぺんに叶ってしまうより、ちょっとづつのほうが後に続いていいですよね001.gif

ここがパウダールームです。左に見えるのがミストサウナ
d0150287_19291627.jpg
内風呂です。内風呂は温泉浴でなくバリ島から直輸入のラベンダーの香りがステキなバスソルトを入れて入ります016.gif
d0150287_1930370.jpg
なんとこの内風呂、大きなモニターのTVまでもが付いているのです。ついオリンピックに見入ってしまいのぼせてしまいました!
d0150287_1931673.jpg
ここがベッドルームです。リクライニングなんですよ003.gif枕元の扉を開けると海が見えます060.gif
d0150287_1934112.jpg
リビングです。隣には瞑想ルームがあります。・・・・・TUTOはこのお部屋を”おしおき部屋”だと思ったようですが003.gif
d0150287_19382132.jpg
d0150287_18564184.jpg
d0150287_19493736.jpg
ハンモックは安定するまでが難しい~!! バランスを崩して何度も落っこちそうになりました012.gif因みにこれは私ではありません。
d0150287_19514668.jpg
私は、温泉に行ってもお風呂に入るのは一回くらいで、わざわざ温泉に行った意味がないでしょうと言われるのですが
この潮騒を浜風にあたりながらの露天風呂とハンモック、ウッドデッキにすっかりハイになってしまって
入っては出てワインを飲んで、また入ってと・・・・・・翌朝の4時46分まで遊んでいました041.gif
本当に気持ちが良かった!!
d0150287_19585891.jpg

そろそろ夕食ですが・・・・・・・・大変な料理の数なので次回にしますね001.gif
食べるお宿という浜の湯さんだけに、新鮮な海の幸が食べきれないくらい!!(もちろん全部食べましたが・・・・・012.gif
d0150287_20181069.jpg

by franandtuto | 2010-03-06 20:07 | 旅行 | Comments(36)
河津桜
旅行の天候は雨でちょっと残念かなと思っていたのですが、桜が満開!
雨に濡れた緑も鮮やかで幸いなことに外を歩いている時は雨も止んで桜を堪能出来ました。
d0150287_23542152.jpg
d0150287_23544594.jpg
d0150287_23551782.jpg
d0150287_23562366.jpg
雨の重さで花びらもうつむき気味ですね001.gif
d0150287_23582757.jpg


次回は・・・・・・・
d0150287_08381.jpg

d0150287_091451.jpg

by franandtuto | 2010-03-05 00:09 | 旅行 | Comments(24)