ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんわ! ミュウポッ..
by franandtuto at 00:13
Commented by..
by franandtuto at 00:11
こんばんわ! かおりちゃ..
by franandtuto at 00:07
franさん、すご~い!..
by ミュウポッポ at 14:34
さすがフランさん、美しい..
by starofay at 06:22
こんにちわ、ヒロキさん!..
by franandtuto at 16:20
うん、シルフォームのマッ..
by franandtuto at 15:19
きれいなバラになってます..
by ヒロキ at 14:41
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 13:18
可愛いでしょう~nana..
by franandtuto at 22:08
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
俵屋
今回の旅行はいつもと順番を替えて京都最後の夜を俵屋さんで過ごすことにしました。
それはいくつか理由があるのですが、私は今回 「榮の間」に泊りたかったのです。

お電話を入れてみると私たちが京都に滞在していられる日程の中で「榮の間」が空いているのはこの日だけだったことと、
暑い8月ですし、今回は東京に帰っていきなり一週間の仕事が始まるので
旅の疲れを東京に持ち帰りたくなかったからなのです003.gif

意外に思われるかも知れませんが、俵屋さんは、片泊り(朝食だけ)も素泊まりもOKなとてもフレキシブルな旅館なんですよ。
俵屋さんに宿泊して他のお店で食事をすることが可能でも、私はやっぱり俵屋さんに泊めていただいた時は
お食事もすべて俵屋さんでいただきたいのです003.gif

それとあまりの居心地の良さに毎回、一旦俵屋さんに入ってしまうと出かけないんですね(笑)
きっと連泊してもそれは変わらないと思うの・・・・・・。
何時か何泊か連泊してみたいと願いつつ、今は一泊どこで俵屋さんにお邪魔しようかと
それが旅行の計画を立てるときの楽しみでもあります。

前置きが長いですね012.gif 8月 葉月の俵屋さんです。
d0150287_21563169.jpg
入り口を入ってすぐ
d0150287_2158164.jpg
玄関  加藤静允 朝顔図桐板小屏風
d0150287_21584425.jpg
坪庭  今月は蓮です。
d0150287_153839.jpg
ロビー
d0150287_121151.jpg
ほおずきと 源花鳳 東山図屏風
d0150287_1215452.jpg
玄関から坪庭を右に曲がります。
d0150287_1243421.jpg
更に左に曲がり、ここが突き当たり 「榮の間」の入り口はこの右です。
d0150287_1275093.jpg
ここがそうですよ。 左上に榮の文字が003.gif
d0150287_1291775.jpg
d0150287_1294064.jpg
床はあじろが敷いてあります。
d0150287_232392.jpg
本間と掘りごたつになった控えの間 ここは一段低くなって椅子が一客置いてあります。
d0150287_9121064.jpg

この椅子からのお庭の風景が見たかったの053.gif
d0150287_1371476.jpg
蕨餅
d0150287_1444915.jpg
下駄を借りてお庭に出て見ました。
d0150287_1461693.jpg
一階のこのお庭に面しているのは、この「榮」と、お隣が「富士」、
左上にちょっと簀垂れの見えるお部屋が前回(1月)に宿泊した「翠」です。
d0150287_1464299.jpg
井戸があります。
d0150287_1473941.jpg
ここがパウダールーム。 想像していたよりずっと広いなぁ・・・・・クローゼットと冷蔵庫、お茶のセットもあります。
d0150287_1531431.jpg
アメニティ 
d0150287_1544897.jpg
お茶のセット
d0150287_1551428.jpg
お部屋やクローゼットのかかっている香い袋が可愛いでしょう?
d0150287_1562142.jpg

お風呂から坪庭(入り口のとは別の)が見えます。適温に湯が入っているので汗を流してから先ほどの蕨餅をいただこう003.gif
d0150287_1593517.jpg
d0150287_25359.jpg
d0150287_271372.jpg

by franandtuto | 2010-08-29 02:07 | 京都食べ歩き | Comments(32)
祇園  閼伽井(あかい)
夕食は祇園北側にある、割烹 閼伽井(あかい)さんで003.gif
閼伽井さんは、カウンター4席、奥に掘りごたつ式カウンター席が3席。他に、2階にお座敷のお店です。
d0150287_2384192.jpg

これは、香煎・・・・・だったと思います012.gifお酒をいただいて忘れてしまいました。
d0150287_2311148.jpg

先付
d0150287_23115075.jpg


椀物 鱧と冬瓜の吸い物仕立て
d0150287_23125745.jpg

向付 鱧、鯛、車海老
d0150287_23133240.jpg
これは二人分を大皿に盛ってくださったの、との取り皿でいただきます。
d0150287_23194296.jpg
お造りが出たところで今日も冷酒!
今日は久保田萬寿・・・・・・一番最初の一献の菊水もとっても美味しくて迷ったのですが・・・・
d0150287_2322456.jpg

八寸  網ほおずきの中は特製閼伽井たまご。 
この閼伽井たまごは半熟に茹でた卵黄に雲丹、数の子を混ぜあわせ卵黄の様に丸めたものだそうです。
とっても美味しい~!!ちょっとずつお酒と一緒にいただきました003.gif
d0150287_23244999.jpg
ガラスの器もステキでしょう~閼伽井さんは器を見るのも盛り付けと共に楽しみなんです。
d0150287_23311719.jpg
煮物 冷た~く冷えた煮物。 これはもしかして生では?と思うほど美しい煮物です。でも味はしっかり!
d0150287_23353730.jpg
祇園のお店ですから・・・・舞妓さんの名前入りの団扇
d0150287_23355461.jpg
カウンターの前です。しっとりとしていいでしょう001.gifそう言えば、閼伽井さんのこの「閼伽井」という店名は仏前などに供養される水が湧く井戸のことだそうですよ。
d0150287_2337332.jpg

焼物 鮎041.gif 滋賀県安曇川の鮎です。このモクモクは杉を燻してるのですよ! 
七輪は特別に誂えたもので鬼をモチーフにしているのだとか・・・・・・
何に見えます?003.gif
d0150287_23405013.jpg
でっかい岩牡蠣
d0150287_2344041.jpg
御飯 この籠の中に鯖寿司、鱧寿司などが・・・・011.gif
d0150287_23444884.jpg
d0150287_2345492.jpg
d0150287_2346366.jpg
デザート 桃、マンゴー、ドラゴンフルーツ、巨峰  お手製のきんとん
d0150287_23465129.jpg
お抹茶
d0150287_23493242.jpg
d0150287_0294669.jpg
d0150287_030246.jpg
d0150287_0301814.jpg
閼伽井さんは祇園北側、細い路地を曲がったちょっとわかりにくい場所にあります。
でも、とっても美味しくて嬉しいお店。
お昼も営業しています。

閼伽井
京都府京都市東山区祇園町北側347-51
075-551-8181
d0150287_0335144.jpg

by franandtuto | 2010-08-25 23:53 | 京都食べ歩き | Comments(30)
瓢亭 (本店)
雨が降っていましたが、早起きして瓢亭さんに行って来ました。
瓢亭さんの本店で朝粥をいただけるのは7月8月の二ヶ月間だけ。
夏に京都へ行ったときは必ず伺って朝粥をいただきます。去年はこの時期に行けなかったので
本店で朝粥をいただくのは二年ぶり003.gif
d0150287_15561780.jpg
d0150287_15391052.jpg
瓢亭さんは約400年前(元禄の中期)に名刹南禅寺の門前茶屋として始まり
その後、天保8年(1837年)に料亭ののれんをかかげ、茶懐石の料亭として名を馳せてきたお店です。
d0150287_15535657.jpg

店の前の通りは、当時東海道の裏街道すじであったところから、京へ上る旅人は、ここで旅衣を更え草鞋を新たにしたといいます。通りに面した玄関にある床几・茶つぼ・草鞋などが、その頃の名残りを留めていますね。
d0150287_15502571.jpg
↑中央奥に入り口が見えますね、ここから入ります002.gif
d0150287_1633798.jpg
この石畳を左に曲がって、今日は最も古く歴史がある建物、「瓢亭」創業以来の草葺屋根の茶室「くずや」に案内していただきました。
d0150287_16334773.jpg
ここが入り口 あ!手前ね! お隣はトイレなの003.gif
d0150287_16341775.jpg
玄関 歴史を感じる玄関ですね。
d0150287_16372156.jpg
「くずや」は四畳半と二畳台目のお部屋です。「夏用」という桟のみの障子から庭が見えます。
d0150287_16442759.jpg

d0150287_16443774.jpg
d0150287_16452590.jpg

梅と昆布の入った福茶
d0150287_16471871.jpg

瓢箪の三ツ重ね鉢と八寸  
d0150287_16482583.jpg
重ね鉢の上段は和え物
d0150287_16493215.jpg
、中段 白身魚の蒸し物
d0150287_16495539.jpg
、下段 炊き合わせ
d0150287_1650164.jpg
八寸 有名な一子相伝の瓢亭玉子と季節の肴 
d0150287_16584082.jpg
笹の中は鯛のお寿司です。
d0150287_16592443.jpg
お豆腐と海苔のお椀
d0150287_170277.jpg
鮎の塩焼き
d0150287_1703929.jpg
おかゆ  
d0150287_17334997.jpg
ふっくらと炊かれた白粥に一番出汁に淡口醤油で味をつけた吉野の葛あんをかけていただきます。
d0150287_1724325.jpg
ごちそうさまでした024.gif
d0150287_1731810.jpg
d0150287_1720840.jpg
池の水は疏水から水を巡らせているのだそうです。鯉が泳いでいます。亀もいますよ。
d0150287_17103051.jpg
d0150287_17112726.jpg
d0150287_17223429.jpg
瓢亭は主屋と瓢亭内の庭に、池泉を取り囲むように、「くずや」「探泉亭」(茶室)「広間」が配され、
明治になって造られた「新席」が奥に続いています。
かつて東山の麓には松林が広がり、その裾野に草川や白川など数多くの小川が流れていたのだそうです。

松林の中の南禅寺参道には、「瓢亭」と、湯豆腐を名物とする「丹後屋」の二店があって
「丹後屋」は明治になって無鄰庵になりました。
d0150287_17194388.jpg
d0150287_17173119.jpg
d0150287_1718194.jpg
d0150287_1725656.jpg

by franandtuto | 2010-08-21 17:25 | 京都食べ歩き | Comments(43)
菊乃井 本店
夕食は、京都に来たら必ずといっていい程伺う 真葛ヶ原の菊乃井 本店さんです。

菊乃井さんは約400年前豊臣秀吉の妻・北政所(ねね)が茶の湯に用いた菊の花が咲くように湧き出た
と言われる名水「菊水の井」
この井戸を代々お守り、のちにそのお水を使って料理を作るようになり、屋号もそれにちなんで「菊乃井」
となったのだそうです。

店内にある 「菊水の井」は今も清水を湧き出し続けています。

私は円山公園や高台寺あたりから、ゆっくりと菊乃井さんまで歩いて行くのが好きなんです003.gif
こんな風景を見ながら、ちょっと散歩するような気分で!
d0150287_2318244.jpg

菊乃井さんの玄関が見えて来ました。
d0150287_23213383.jpg
d0150287_23214739.jpg
今日は一階の掘りごたつのお部屋です。この季節、畳の上に網代が敷いてあります。
冷たくて気持ちがいいの001.gif
窓の結露が見えますか? これは部屋外についているんです。外気との温度差が大きいんですね。
お部屋は心地よくクーラーが効いて外とは別世界です。
d0150287_23241039.jpg


菊乃井さんのお料理は、懐石料理の流れを汲んだ京料理、京懐石です。

まず、冷たいミントゼリーから
d0150287_082864.jpg

猪口
無花果西京煮 辛子あん 糸鰹   ああ~~!!失敗!撮り忘れてしまいました、
この器菊乃井さんのご主人がベネチアで特別に誂えたベネチアンガラスなのです。
d0150287_23324938.jpg

八寸
ほおずき盛五種 鱧水玉胡瓜 糸瓜酢漬 京ささげ黒胡麻和え 山桃葛饅頭 鰻の八幡巻き 
茗荷のお寿司 酒煎り銀杏
d0150287_23432348.jpg

ほおずきの中にお料理が入っています。 閉じてしまうと食べ忘れるかもしれないので最後に
一つ一つ確認!!
d0150287_23442398.jpg

向付
明石天然鯛 伊勢海老 山葵 蓮の葉に乗って涼しそう! 花びらもステキです024.gif
d0150287_23464114.jpg

2種目
鱧落とし 焼霜造り 梅肉 煎り酒 花穂紫蘇
d0150287_23481245.jpg
やっぱり日本酒ですよね~今日も冷酒 「菊乃井」
d0150287_23505794.jpg
蓋物
賀茂茄子の揚げだし 鷹ケ峰唐辛子 海老しんじょう   この賀茂茄子の器、可愛いでしょう~
d0150287_23521671.jpg
なんと! 蓋は本物の賀茂茄子! ぴったりに切るのが大変なんだそうですよ041.gif
d0150287_2354116.jpg

焼物
鮑磯焼き
d0150287_23563730.jpg
d0150287_23571529.jpg
小皿が可愛いので並べてみます003.gif
d0150287_23582834.jpgd0150287_23584359.jpg
お凌ぎ
鱧の飯蒸し 茗荷 柚子
d0150287_2355119.jpg
冷し鉢
葛素麺 車海老艶煮 花付胡瓜 茗荷 花穂紫蘇 塊りの氷を包丁で削り出された器ですって!
d0150287_045125.jpg
d0150287_017832.jpg

強肴
牛肉大和煮 花丸胡瓜 辛子
d0150287_0165094.jpg
御飯  
鰻御飯
d0150287_0183196.jpg
止椀
赤万願寺唐辛子のすり流し 蓮根餅
d0150287_0193518.jpg
水物
かき氷 お抹茶は辻利のお抹茶だそうです。 かき氷!!041.gif嬉しい~~~~
d0150287_02150100.jpg

056.gif このお水が名水「菊水の井」です。
d0150287_0233517.jpg
さて、お腹もいっぱいになったし・・・・・・
d0150287_0254989.jpg
いつまでいても、ここにお泊り出来るわけでもないから
d0150287_0263736.jpg
帰ろうかな~・・・・・・
d0150287_0271193.jpg
ここはウェイティングルームでしょうか? 右端の黒い看板の文字が見えますか? 
菊乃井さんは数年前まで旅館でもあったのです!!
d0150287_0385722.jpg
大満足003.gif003.gif003.gifごちそうさまでした!
d0150287_0321463.jpg

by franandtuto | 2010-08-19 00:32 | 京都食べ歩き | Comments(32)
御料理 てら川
貴船が急に行けないことになって、昼食をどこで・・・・・と途方に暮れかけたのですが
てら川さんにお願いしてみようと、予約が必須のお店なので、出町柳の駅から無理を承知で電話をかけてみました。

嬉しいことに食べさせていただけることになり、大急ぎで宮川町の近く、松原の大和大路へ024.gif

「御料理 てら川」さんです。
d0150287_2214134.jpg
暑かったので、とにかく冷たい飲み物をいただきました。
てら川さん特製の梅酒をロックで! 美味しい~一気飲み!003.gif
d0150287_22162443.jpg

先付け 冷た~い酢の物・・・・・一番下に胡麻豆腐かと思ったら、茄子をすりおろしてお豆腐のように固めたものが・・・・
d0150287_22224388.jpg
お造り
鯛、きす、海老
d0150287_2224293.jpg
ここまでいただいてちょっと落ち着いてきました001.gifてら川さんはカウンター6席と大小二つの個室のお店で、カウンターから坪庭が見えます。
d0150287_22261996.jpg

てら川さんは、茶懐石で有名な「炭屋旅館」で、25年料理長を務めておられた寺川卓爾さんのお店です。
ちょっとシャイで無口なてら川さんがカウンターでお料理を造られていくのを見ながら次のお料理をワクワクしながら
待つのが楽しいの001.gif

見てください! この鱧の見事な包丁の入れ具合!
鱧の欠片も落ちていません。 以前伺ったときに鱧の骨切りをしていらしたんですが、うっとりするほど見事な包丁さばきに惚れ惚れして素晴らしい~~と言ったら、”慣れですわ” その一言!003.gif
お出汁に梅肉と山葵を溶いたものでいただきます。鱧の味がわかるように酸味はとても柔らかく酸っぱくないのですよ。
d0150287_22381761.jpg
碗もの   蓮根餅 松茸、牛蒡、鱧
一口お出汁をいただくと、てら川さんの味~053.gif 
d0150287_22445559.jpg

ここは京都の花街の一つ、宮川町の近くなの舞妓さんの団扇がカウンターの後ろに・・・・以前伺ったときは舞妓さんがいらしていて綺麗でした。
d0150287_22471575.jpg
 鱧寿司
d0150287_22492054.jpg

焼き物  鮎 頭からいただきます! 鮎と鱧が食べたくて毎年私は京都までやってくるのです003.gif
d0150287_2251163.jpg
八寸   
d0150287_22583122.jpg
炊き合せ 夏らしくキリリと冷たい炊き合せは小芋と冬瓜、豆、小茄子
d0150287_2312684.jpg
d0150287_2314221.jpg
鱧雑炊  大きな鱧がゴロゴロ入っています041.gif
d0150287_2323280.jpg
d0150287_2334152.jpg
tutoはいつも烏龍茶006.gif
d0150287_2341934.jpg
デザート
d0150287_2352120.jpg
美味しかった~!  これはお店の開店祝いにいただいたものだそうですよ! 一刀彫りの鯛で海老を釣ってる彫り物
d0150287_2372577.jpg
d0150287_2381081.jpg

by franandtuto | 2010-08-16 23:08 | 京都食べ歩き | Comments(32)
残暑お見舞い申し上げます。
立秋も過ぎたと言うのに、暑さは勢いを保ったままですね。

留守中にご訪問くださり、コメントをいただきありがとうございます053.gif
11日の夜に東京を発って京都にやってきましたが、翌日は台風の影響で雨!

楽しみにしていた貴船行きも、この台風の影響で落石による道路の通行止めで中止になってしまいました007.gif

私は連日の暑さにもめげず出歩いて食べております003.gif
では、少しだけ現況報告など・・・・・・・003.gif何と言っても京都の夏はアイスクリームでもパフェでもなくこれです016.gif
d0150287_1592210.jpg

雨の後なので、緑が鮮やかです。 ここは南禅寺近くにある、明治の元勲山県有朋ゆかりの池泉回遊式庭園 無鄰菴です。
d0150287_201411.jpg

d0150287_205132.jpg

祇園で昼食のあと、建仁寺に寄ってみました。
d0150287_213453.jpg

陽の落ちた祇園白川です。 赤い提灯に火の灯るころが一番祇園らしい風情があっていいでしょう?
d0150287_22963.jpg

この橋を渡って、昨夜は祇園北側にあるお店で夕食をいただきました。
d0150287_224593.jpg

楽しい京都も残すところあと一日。
帰宅したら丸々地獄の一週間が待っていますが、それはその時のこと!
残す一日はゆっくり過ごし英気を養うつもりです。
帰ったらまた遊んでくださいね! よろしくお願いいたします010.gif
d0150287_231811.jpg

by franandtuto | 2010-08-14 12:40 | 京都食べ歩き | Comments(32)
村上開新堂  Summer Cake (半生菓子)
村上開新堂さんのレストランのお料理を続けてご紹介しましたが、
村上開新堂さんと言えば、明治7年創業の日本初の洋菓子店として有名です。

クッキーはもちろんですが、ケーキもいただけるのですよ053.gif
このケーキはSummer Cake  冷蔵庫の普及する前からの習慣(夏季はケーキをお休み)を残された
日持ちのする半生菓子です。

鹿鳴館で供された洋菓子を担当されたのも、村上開新堂さんでした。 
その頃鹿鳴館で出されたケーキの味に思いを馳せながらセミドライの杏とパイナップル、レーズンのいっぱい入った
お菓子をいただきました。
d0150287_23363933.jpg

d0150287_23384841.jpg
d0150287_2339643.jpg

焼き色が美しくてシンプルなこのケーキにピッタリだと思って、明日香ちゃんのところから我が家にお嫁に来て
大切に仕舞ってあったロイヤルクラウンダービー アントワネットのクレセントにのせてみたの。
とってもよく似合うでしょう024.gif アントワネットもケーキも生き生きしてうれしそうです
d0150287_23442036.jpg
 053.gif冷蔵庫の普及する前からと聞いて思い出したのですがウィーンのデメル本店には冷蔵設備がないとか・・・・・。
この焼き色と肌理の細かさにうっとりです053.gif
口に入れると、しっとりして、口の中でホロホロと溶けて行く感じの生地です。
卵黄が多いのかなぁ・・・・・メレンゲでフワフワにした柔らかさとも違い、かといってカステラのしっとりとも
パウンドの生地とも違うのですが、これもパウンドとのことです。
見ての通り、セミドライのフルーツが生の果物の美味しさを凝縮したようで、甘酸っぱさと優しい生地とよく合って
ほっこり美味しいなぁと優しい気持ちになるケーキです。 が、これは大人のケーキですよ003.gif


d0150287_23593134.jpg

by franandtuto | 2010-08-10 00:10 | お菓子 | Comments(37)
村上開新堂 桃のスープ
じゃ~~ん!  一週間待ちに待った桃のスープです024.gif
d0150287_1625823.jpg

この日は朝から仕事も手につかないほど頭の中は桃のスープ一色! 
はぁ~一日がこんなに長く感じたことはありません003.gif

では、最初から。  村上開新堂さんです。
d0150287_16124016.jpg
d0150287_1615336.jpg
d0150287_17114521.jpg
d0150287_16155866.jpg
チーズとハーブの可愛いパイ053.gif村上開新堂さんはパイがとっても美味しいのです001.gif
d0150287_16315897.jpg
d0150287_1633314.jpg
暖かいチーズ、ビーフ、トマトのパイ 
このパイは開新堂さんがレストランを開設された当時からの定番メニューなのだそうです。
開新堂さんと聞くと真っ先にこのパイが頭に浮んできます003.gif
d0150287_1639624.jpg
アオリ烏賊と水茄子  オクラとクリアトマトソース オレンジ香味  
お皿の左上の黒いのは、茄子とブラックオリーブを細かく刻んだものです、
茄子の香りが濃厚です
d0150287_16433511.jpg
穴子のフリット レンズ豆マデイラ・ポルト酒ソース煮  レンコン餅 、
枝豆のピュレ・クレソンサラダ添え
d0150287_16472418.jpg
やった~~~! 桃のスープ桃の香りが濃厚ですが、甘くはないの。 スープです。 
とってもとっても美味しい041.gif041.gif041.gif
d0150287_16574234.jpg
d0150287_1723175.jpg
ビュルゴー家のシャラン産鴨 柚子胡椒ソース 黒米温サラダ添え
d0150287_16552265.jpg
イベリコ豚のロースト  和山椒風味  生姜ソース  
いつも感激するのですが開新堂さんのローストは絶妙! 
豚肉とは思えない柔らかさ003.gif前の白い野菜は人参です。
高麗人参系の人参だそうです、とっても甘いの。
生姜のソースがサッパリと美味しくいただきました夏にいいですね~こんなお肉のお料理!
d0150287_1714840.jpg
ゼリーはカスタードとブランデー
d0150287_1794052.jpg
ミルクゼリーの中には桃が入っています。
d0150287_17101527.jpg
tutoはいつも自家製のジンジャーエールをいただきます。
ちょっとピンク色なのはブルーベリーんの色なのだそうです。
d0150287_17133833.jpg

デザートはマンゴープリンと赤砂糖&生姜羹入りカクテル ライムシロップ
d0150287_1717158.jpg
西瓜涼味 西瓜ミントシロップ漬け&薔薇茶氷 白ワインソース  西瓜のグラニテ
d0150287_1720823.jpg
今日は紅茶で003.gif
d0150287_19451314.jpg
美味しかった~念願の桃のスープをいただけて私は大満足です016.gif
d0150287_1721578.jpg
d0150287_17221098.jpg

by franandtuto | 2010-08-08 17:27 | 食べ歩き | Comments(29)
村上開新堂(レストラン)
一週間の中で一番楽しい日・・・・・金曜日の夜に半蔵門の村上開新堂さんに伺いました016.gif

夜になっても気温は下がらず、地下鉄半蔵門駅からすぐなのですが、それでも着いた時には
茹で蛸のようになっていました008.gif

仕事帰りなのでtutoとはお店で待ち合わせましたよ。
d0150287_22524860.jpg
d0150287_22595841.jpg
d0150287_22564067.jpg
今日は一番乗り!!041.gif
d0150287_23457.jpg
まず、飲み物をいただきます003.gif
d0150287_2362664.jpg
d0150287_2373533.jpg
d0150287_2312096.jpg
暖かいパイの前菜  (チーズ、ビーフ、トマト風味) 
d0150287_23173083.jpg
蒸し鮑とフルーツトマトとオレンジ風味の蟹サラダ アボカドのピュレとクリアトマトジュレ  オクラとバラフのグリーンが鮮やか!
d0150287_23204194.jpg
パン 食べすぎると苦しくなることがわかっていてもつい手がのびてしまうのです(笑)
d0150287_23211054.jpg
鱧のベニエ  ラタトゥイユソース  カレー風味のクスクスサラダ 
これは本当に美味しい一皿でした053.gifおかわりしたいほど012.gif
d0150287_23232458.jpg
コーンポタージュ  甘いコーンの中にカカオマスのムースが浮いています。
甘さとほろ苦さのバランスが絶妙で最高に美味しいです。 
コーンスープにカカオって初めていただきました053.gif
d0150287_23245080.jpg
宮崎県産地頭鶏の二味仕立て 胸肉の柑橘クラスト焼きと燻製もも肉のソテー 
砂肝と心臓、レバーも添えられて一匹丸ごと楽しめる一皿です001.gif
d0150287_23305316.jpg
黒毛和牛内もも肉のグリル 赤ワインソース 緑の旬野菜ワイン クリームソース
d0150287_23331417.jpg
ご存知!とても有名な開新堂さんのゼリー016.gif10種の中から二つショイスするのですが
、私とtutoは正反対を選びました・・・・・
そうです!ご想像通り!041.gif
d0150287_23341660.jpg
デザートです053.gif チョコレートのデザート パッションフルーツシャーベット添え 
チョコレートの上にのっているのはキャラメリゼしたバナナ 
ソースはチョコレートとメープルシロップです。
d0150287_233995.jpg
白桃のコンポート ハイビスカスジュレ合え ジャスミンティームース  
クレマンダルザス(スパークリングワイン)シャーベット
d0150287_23414763.jpg
ギモーブとシナモンの上に赤い胡椒の実の乗ったクッキーとコーヒー
d0150287_23433942.jpg
ふぅ~美味しかった~003.gif

あの~・・・・今の時期、開新堂さんでは桃の冷製スープが季節の旬のメニユーとして
約一ヶ月間いただけるのです。
実はこの桃のスープをとっても楽しみに伺ったの010.gif
残念なことに8/1からでした! で、今週も桃のスープ食べたさに伺うことにしました003.gif

d0150287_015115.jpg
d0150287_02754.jpg
d0150287_03423.jpg

by franandtuto | 2010-08-03 23:50 | 食べ歩き | Comments(34)
フォーシーズンズ 椿山荘
朝になりました003.gif 朝食はお庭を見ながら・・・・
ロビーの近くの、ル・ジャルダンでは、ガーデンブレックファーストブッフェ、庭に面した爽やかなテラスで朝食がいただけたり、
昨夜の夕食のイルテアトロではとことんカロリーオフにこだわったヘルシーブレックファーストがあったりで
寝る前まではどこでいただこうか楽しみにしていたのですが・・・・・

結局、寝坊と着がえて靴をはいて部屋から出るのが面倒になり、ルームサービスでのんびりいただくことにしました001.gif
朝の光がまぶしいです!
d0150287_3412216.jpg
ジュースが入ってきた器が可愛いでしょう?氷の中に入って冷たいままでやってきました003.gif
フォーシーズンズ 椿山荘のすごいところは、ルームサービスが24時間なんですね。
メニューも豊富でとってもすばらしいです。

このテーブル、コロコロと押してくる台車(?)をセットするとテーブルに早変わり! 
お腹の中に食材や食器が入って、パンも暖かいままお部屋の届けることが出来る魔法のような優れ物です!
係りの方がセットして下さるのを見て、目が覚めました興味津々!!! 
覗きこんでいろいろ質問してしまいました003.gif
d0150287_3454118.jpg

12時にチェックアウトしてから、もう一度お庭を見て帰ろうと、お庭に出て見ました。
暑い一日が始まっていますが、式場の建物に入ると礼装の方達でいっぱい!
今日も幸せなカップルがたくさん誕生するようです016.gif
七夕が近かったので、ロビーには七夕飾り・・・・・短冊にはどんな願い事が書かれているのでしょうね001.gif
d0150287_412682.jpg
d0150287_42128.jpg

三重の塔を背景に・・・・・きっとすてきな写真になるのでしょうね!
d0150287_444815.jpg
おめでとうございます! 末永くお幸せに!!
d0150287_451056.jpg

by franandtuto | 2010-08-01 04:11 | 食べ歩き | Comments(34)