ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんわ! ミュウポッ..
by franandtuto at 00:13
Commented by..
by franandtuto at 00:11
こんばんわ! かおりちゃ..
by franandtuto at 00:07
franさん、すご~い!..
by ミュウポッポ at 14:34
さすがフランさん、美しい..
by starofay at 06:22
こんにちわ、ヒロキさん!..
by franandtuto at 16:20
うん、シルフォームのマッ..
by franandtuto at 15:19
きれいなバラになってます..
by ヒロキ at 14:41
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 13:18
可愛いでしょう~nana..
by franandtuto at 22:08
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ケッパーとピンクソルトのフォカッチャ Focaccia
ケッパーとピンクソルトのフォカッチャを焼きました。

始めはママンちゃん、次はエミリオちゃん、そしてモニちゃんしょこらちゃんnanakoちゃんも、ルナコちゃんも焼いてた!001.gif
すぐに焼くつもりが暑さと怠け癖に負けて、ついこんなに遅くなってしまいました012.gif

みんなの作っていたママンちゃんにいただいた塩漬けのケッパーとかおりちゃんにいただいたピンクソルトを使った
フォカッチャがあんまり美味しそうだったので003.gif
d0150287_21562958.jpg
普通のパン1斤のお約束の分量小麦粉280gとイースト3gで(笑)
小麦粉280gのうち30gを米粉に置き換えて、ちょっともちもちっとしたらいいなぁと思って焼いてみました。
ちょっと詰った感じですね。お塩がいっぱいのようだけど、このピンクソルトは舐めてみたらとってもソフトなお塩だったので
たっぷり使って焼いて見ましたが美味しかった~053.gifママンちゃん、かおりちゃんありがとう053.gif
d0150287_2223321.jpg


冷蔵庫にパスタに使おうと思って買ってあったサルデニア島産のボッタルガ(からすみ)パウダーがあったので
もう一つ、ボッタルガパウダーをたっぷり振りかけてチャバッタも焼きました003.gif
北イタリアのロンバルディア地方で生まれた、イタリア語の「スリッパ」が語源のパンです。
形がスリッパに似ていることに由来しているそうです。

チャバッタはバターや牛乳を使わず、少量のオリーブオイルで作るパンなのでヘルシーです041.gif
本当はディユラムセモリナ粉で作るのですが、普通の強力粉と米粉のミックスで作りました。
それらしく見えるように手で伸ばしましたよ、先日エディアールでいただいたチャバッタはフランスパンのような大きさで
中にオリーブが入っている白いチャバッタでした、とても美味しかったのでそちらをと思ったのですが
無謀なことは止めていつも通りのチャバッタです003.gif

ボッタルガパウダーの香ばしいニオイが部屋中に広がって、息子が鼻をクンクンさせて何作ってるの?
と自室から出てきました003.gif
d0150287_22261324.jpg

by franandtuto | 2010-09-28 22:32 | 作ったパン | Comments(34)
バウムクーヘン  (Baumkuchen)
急に涼しくなって、何を着たらいいのか・・・・朝しばし窓を開けて気温を確認してしまう今日この頃です。
私は暑さが苦手なので、先週くらいからのいきなりの秋にホッとしています001.gif

サボリにサボったお菓子ですが、久しぶりにバウムクーヘンを焼きました。
と、言っても簡単なフライパンで作るバウムクーヘンです003.gif
d0150287_22512391.jpg

ホットケーキを焼く要領で、温めたフライパンに油を引いたらキッチンペーパーで余分な油を拭き取り
直径10㌢強になるように生地を薄く(ホットケーキの3分の1くらいの厚さ)伸ばし、ごく弱火でフライパンに当たっている部分に
焼き色が付くまで焼きます。

引っくり返して、焼き色の付いた面にまた生地を薄く広げ、下になっている部分に焼き色が付いたら
また引っくり返し焼き色の付いた面に生地を薄く広げる・・・・これを生地がなくなるまで繰り返すそれだけの
バウムクーヘンです。
焼きあがりにアプリコテをして仕上げました。フォンダンで仕上げても美味しいです003.gif

カットするとそれらしく見えるでしょう?
d0150287_2321314.jpg
d0150287_2342688.jpg作り方
・ バター・・・・・・・60g
・ 卵(L)・・・・・・・1個
・ 砂糖・・・・・・・・・60g
・ 小麦粉・・・・・・・60g
・ レモン・・・・・・・・少々(皮を摩り下ろす、好みで果汁も!)
・ 塩・・・・・・・・・・・少々
 ①バターを湯煎でとかす。
 ②卵と砂糖と塩、レモンの皮を合わせて、泡だて器で混ぜる
(砂糖が溶ければいいので泡立てなくてもいい)
 ③ ②の中に小麦粉を入れて混ぜ合わせ、トロトロになったら  溶かしバターを入れて混ぜ、種の出来あがり。


このバウムクーヘンはいつからか思い出せないほどの我が家の定番のおやつで
生クリームを入れたり、卵白でメレンゲを作って入れてみたり
小さいボウルに生地をお玉いっぱいずつ流しながらオーブンの上火だけを使って焼くとか、
いろいろと工夫をしたこともあったのですが
やっぱりいつものこの作り方に落ち着きました。
生地はカトルカール、全部が同量なので、フワフワでなくしっかりしたバウムクーヘンです。
出汁巻き卵の要領でクルクル巻いても可愛いです。

大きく焼きたい時はレシピの倍量で作るといいでしょう。
でも大きいと返すときに失敗しやすいんです003.gif

思い付いて30分で口に入ります041.gif 
d0150287_2323553.jpg


写真を撮ってると邪魔をするアレックス033.gif
d0150287_23243266.jpg

by franandtuto | 2010-09-26 23:24 | 作ったお菓子 | Comments(44)
エディアール(HEDIARD)
ルコントでケーキを買って、ちょっとなにか食べたくなったので、同じB1にあるエディアールで軽く食べて帰る事にしました003.gif

焼きたてのパンをはじめ、デリカテッセンやハム、ソーセージ、パテ、テリーヌ、調味料やワインなどの食材が並んでいます、
その奥に5席しかないカウンターですが、デリコーナーから好きなものを選んで料理していただけます。

d0150287_0422740.jpg
d0150287_0424973.jpg

私はオードブルプレートをいただきました。デリカコーナーのお惣菜がちょっとずつお皿に乗っています。
d0150287_044650.jpg
tutoはメインディッシュプレートを。  鴨とラムから選べます 仔羊のロティをいただきました。
d0150287_0461060.jpg
これにパンがおかわり自由で!
d0150287_047084.jpg
このプレート、オードブルもメインもパン付きで各1,500円です。003.gifワインも何種類かあって840円 他に飲み物もあります。
d0150287_049147.jpg
d0150287_0493253.jpg
目に付きにくい場所にありますが、お買い物で疲れたら、ちょっと一息、軽くお料理をつまみながらワインを一杯っていいでしょう041.gif
by franandtuto | 2010-09-22 00:54 | 食べ歩き | Comments(36)
A.Lecomte (ルコント)
創業1968年の、日本初のフランス人によるフランス菓子専門店 A.Lecomte (ルコント)
パティスリー、ブラッスリーをはじめ、百貨店を含む全ての店舗が完全に終了することになったのだそうです。

パリの高級ホテル『ジョルジュ・サンク』で20代前半でスーシェフを勤められたルコント氏は、
東京オリンピックを直前にした1963(昭和38)年、本場フランスの味を伝えるために『ホテル・オークラ』の
シェフパティシエとして来日されました。

その後、1968年六本木に『ルコント』をオープンし“Tout a la Française”(万事、フランス流に…)を信念に
日本人に本場フランスの味をよく知ってもらおうと、フランスと同じ材料・同じレシピにこだわった、
発酵バターとリキュールを効かせたオールドスタンダードなケーキの老舗です。

今日は、クローズする前に、たくさんの思い出の詰ったケーキを家族でいただこうと新宿の伊勢丹に行って来ました。
d0150287_2475698.jpg


「フォレ」  チョコレートの細工が素晴らしいですよね053.gif
d0150287_2381083.jpg

ああ、そうだ! 元に戻すのを忘れてしまったのですが、この金色のリボン(紐)の結び方が4つ葉のクローバーのように結ばれていて、これが”ルコント結び”と言われていたの。 お見せ出来なくて本当に残念です002.gif写真を撮った後切ってしまったので・・・・。(注 最初のと5枚目の写真の包装された箱に見れます)
d0150287_245345.jpg

ルコントと言えば、スウリー (中央)ルコント氏が「ジョルジュ・サンク」時代に考案したネズミの形をしたシュークリームで、
耳はアーモンド、目やシッポはチョコレート、表面には砂糖でアイシングされてます。左はポム・ド・テール (Pomme de Terre)
そして、フルーツケーキです。
d0150287_251986.jpg

ルコントのフルーツケーキは・・・・・私がフルーツケーキ作りに夢中になっていた頃、一番たくさん食べたケーキで、
赤と緑のドレンチェリーを入れるようになったのはこのフルーツケーキが美しかったからでした。
アプリコット、ブルーベリー、クランベリー、チェリー、プラム、レーズン、フィグなど10種類のフルーツを約1ヶ月間、
ラム酒に漬け込み焼き上げた特製ケーキです。
フランスのフルーツケーキはイギリスの物よりお酒に付ける期間が長くないのでとても色鮮やかなケーキですよね。
d0150287_2585423.jpg


1999年に68歳で、アンドレ・ルコント氏は亡くなられましたが、今、ルコントの名が完全に消えてしまうというのは
本当に寂しい気持ちになってしまいます。

タルトも、マカロン(マカロンパリジャン)も初めて日本に紹介されたのはルコント氏ですが。販売を始めた頃は
日本人にはあまり評判が良くなかったそうです。とくにマカロンなどは全くと言っていい程売れなかったそう。

新宿の伊勢丹には昔、売り場の横に小さなカウンターだけのイートインがあって
キッシュを初めていただいたのも、ここルコントでした。

そうそう! ケーキをカットしましたよ、ははは・・・下手ですねぇ~トホホ008.gif
d0150287_3122287.jpg

オープン当時、フランスの材料を手に入れることが非常に困難で、リキュールや発酵バターなどなど
お菓子には欠かせない材料を都度フランス大使館と交渉し輸入するといった大変な苦労をされて、
更には少量の輸入が困難なため一年分の材料を一度に輸入し、そのために倉庫まで借りていらしたんだとか・・・・
製菓材料の輸入会社を築いたのもルコント氏が最初です。

ルコント出身のパティシエは今すぐ頭に浮ぶだけでシェ・シーマの島田進氏、マルメゾンの大山栄蔵氏など
大勢のパティシエが、ルコントから巣立っていかれました。

今回、『アンドレ・ルコント フランス菓子店』はなくなってしまいますが、
2005年3月より開催されている、日本に初めて本場のフランス菓子を紹介した彼の冠名をつけた世界に通用する
洋菓子職人を発掘するコンクール『アンドレ・ルコント杯』は継続されるそうです。


ルコントは、新宿伊勢丹が今月の22日まで、青山の本店が同じく26日で、その歴史に幕を降ろされるそうです。
もし、もう一度食べたいと思われる方は残り少ない日にちですが、それまでにお店に行かれてくださいね。
d0150287_3185595.jpg
d0150287_3195793.jpg

by franandtuto | 2010-09-19 03:26 | お菓子 | Comments(40)
建仁寺
台風の影響で貴船を断念し、昼食に向かった大和大路。
帰りに近くの建仁寺に行って来ました。

建仁寺は、祇園祇園花見小路を角に有名な料亭「一力」を見ながら南に向かい、
この道の突き当たりが建仁寺の北門です。

この道は石畳、 お茶屋や料理屋が軒を連ね、夕暮れ時には提灯に火が灯り
花街の雰囲気が味わえますよ。
運がよければお座敷へ向かう舞妓さんに出会えることもあります001.gif

建仁寺は、1202年に源頼家が建てた臨済宗のお寺です。


「双龍図」 
縦11,4メートル、横15,7メートル、百八畳分の水墨画。
火炎を吐きながら雲間を踊る二頭の龍を、高さ約12メートルの天井に
迫力いっぱいに描かれています。
d0150287_042364.jpg

d0150287_23414129.jpg
建仁寺と言えば、国宝の俵屋宗達作「風神雷神図屏風」で知られていますが、
現在は京都国立博物館で管理されていて、お寺ではレプリカを見る事ができます。 
d0150287_23461323.jpg
ここは、「○△□乃庭」です。 
冗談じゃないのよ、本当の名称です001.gif単純な三つの図形は宇宙の根源的な形態を示し、
密教の六大思想(地水火風空識)を地(□)、水(○)、火(△)
で象徴したものといわれるのだそうです。(説明書より)
d0150287_2355596.jpg
d0150287_2358327.jpg
「潮音庭」
d0150287_23595385.jpg
d0150287_002226.jpg
d0150287_003514.jpg
のんびりと、お庭を見ながら寛ぐ人も・・・003.gif
歩き疲れたらここでゆっくりとした時間を過ごすのも良いでしょう?
d0150287_021100.jpg
これは襖絵です。 「唐子遊戯図」
d0150287_025664.jpg
こちらは法堂に阿吽の龍を描いた天井画 小泉淳作 「双龍図」
平成14年創建800年を記念して描かれました。
d0150287_072415.jpg

地味なお寺だけれど、風神雷神、○△□乃庭、潮音庭、双龍図や、もっとたくさんの襖絵。
そしてお庭のまわりには椅子も用意されゆっくりとお庭を見ることもできます。
毎月一回(第二日曜日 朝8時) 座禅体験の出来るのだそうです。
d0150287_044465.jpg

by franandtuto | 2010-09-15 00:11 | その他京都のオススメ | Comments(24)
京都あちこち
瓢亭さんで、朝粥をいただいたあと、
お隣の小川治兵衛作庭で知られる無鄰菴(むりんあん)に行ってきました。
何度も瓢亭さんには行っていますが、無鄰菴は初めてです。
瓢亭さんの記事にちょっと書いたのですが、
南禅寺参道には、「瓢亭」と、湯豆腐を名物とする「丹後屋」の二店があって
無鄰菴は、「丹後屋」の跡地に明治27年(1894)から明治29年(1896)にかけて
明治・大正の元老、山県有朋が造営した別荘です。
d0150287_20303111.jpg
敷地の大半を占める庭園(約3,135平方メートル)は,有朋の設計・監督により,造園家・
小川治兵衛が作庭したもので,ゆるやかな傾斜地に,東山を借景とし,疏水の水をとり入れ,
三段の滝,池,芝生を配した池泉廻遊式庭園です
d0150287_20304876.jpg
ここは楓が多くて秋の紅葉の時期は本当に素晴らしい所だと思います。母屋でお茶をいただきました。
d0150287_2036646.jpg
d0150287_2037319.jpg
このお庭は散策しても素晴らしいけれど、このようにお部屋からのお庭が最高だと思いませんか?
d0150287_20391454.jpg
d0150287_20403543.jpg
お庭から見た母屋です。
d0150287_2041314.jpg
母屋の横には洋館があります。
明治31年に建てられた洋館の二階には江戸時代初期の狩野派による金碧花鳥図障壁画で飾られた
部屋があり、明治36年4月21日、元老・山県有朋、伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎の4人によって
日露開戦直前のわが国外交方針を決める「無鄰菴会議」が開かれたのがこの部屋で、
花鳥文様の格天井,椅子,テーブルなどの家具が残り,当時の趣を伝えています。
d0150287_2054594.jpg
d0150287_20551234.jpg

小川冶兵衛作庭のお庭と言えば、第二無鄰菴・・・・これも山縣有朋の別邸なのですが
慶長16年に豪商・角倉了以によって作られた後、山縣有朋の別邸「第二無鄰菴」となり、
その後は第三代日銀総裁川田小一郎の別邸、阿部信行首相の別邸などをへて、
「がんこ高瀬川二条苑」となっているそうです。

ゆっくり無鄰菴を見学した後は、南禅寺まで歩いてみました。
参道には、旅館や湯豆腐の老舗、順正や奥丹が並んでいます。ここで急に雨が強く降り出したので
天候を甘く考えて傘を持っていなかった私たちは近くのお店で傘を買いました003.gif
d0150287_2161217.jpg

傘も買ったし、用意は万全という事で南禅寺へ
d0150287_217734.jpg
南禅寺は臨済宗南禅寺派の総本山で、鎌倉時代中期に亀山天皇が生母の離宮として造営したものを、
その後寺社として整備をしたのが始まりです。
d0150287_2173436.jpg
重要文化財の三門は、寛永5年に藤堂高虎の寄進により再建されました。
この門の楼閣から京の町を眺めた石川五右衛門が、あまりの美しさに思わず「絶景かな、絶景かな!」
と見得を切ったことは、歌舞伎「楼門五三桐」の有名な場面として知られています。

楼閣の高さは22m・・・・・私は何年か前に一度だけこの上まで登ったことがありますが、
高所恐怖症ゆえ登ったまますぐに降りてしまったので、その絶景は目にしていません041.gif
d0150287_21124387.jpg

傘を用意して歩く気満々の私たちでしたが、あまりの暑さにここで断念して宿に帰り休憩する事にしました。
本当は近くにある 「cafe 杏こ庵」というお店でお茶をしたかったのですが急遽予定変更です(笑

入り口のタクシー乗り場にある自動販売機で飲み物を一本、千円札で買ったのですが
タクシー代金を支払う時に・・・・・
あれ?百円玉でなく、クォーター アメリカの25セント硬貨が数枚含まれていました。
細かいのがなくて紙幣を使ったのですから、南禅寺のあの自動販売機に間違いないですね005.gif
by franandtuto | 2010-09-12 21:36 | その他京都のオススメ | Comments(30)
仰天の大事件とは・・・・・俵屋、その他
d0150287_23102151.jpg

仰天の大事件なんて、思わせぶりなことを書いてしまいましたが・・・・・何だと思われましたか?
う~ん、写真に夢中になって新幹線に乗り遅れる・・・・tutoならやりかねませんが今回は違います001.gif

一番最初のこの写真↑ 俵屋さんのお部屋の鍵ですが、これをポケットに入れて持ち帰ってしまったのでした008.gif

ポッケにこの鍵が入っていることに気付いたのが新幹線の発車10数分前
慌てて俵屋さんにお返ししなくては!と思ったのですが、8月15日・・・・帰省ラッシュのピークの日でした。

もう、これはチケットをキャンセルして立って帰るようだと覚悟を決めて、私は窓口へ、tutoは俵屋さんに
まず電話で事情をお話して戻るつもりになっていました。
お部屋の鍵ですからね・・・・・

結果的に、宅急便で送って下さればという俵屋さんのご好意で
後2分で発車という時にホームに駆け上り無事新幹線に乗れたのですが・・・・冷や汗をかきました002.gif

俵屋さんの精算はお部屋でしていただくので、そのままお部屋に鍵を置いてきたら良かったのですが
ホテルの感覚で、ついポケットに入れて玄関でお返しするのを忘れてタクシーに乗ってしまったのが原因の
いやはや最後の最後に暑さを忘れる出来事でした。


では、早速ですが、俵屋さんの調度やお花の写真を053.gif
行くたびに季節のお花がさり気なく飾られている館内や、毎月館内のメインと全客室の美術品を入れ替えるのだそうですよ001.gif

お部屋の掛け軸   江戸中期 谷 文晁 「雷図」
d0150287_2338414.jpg
水鳥埴輪 (大谷坪出土)
d0150287_2341261.jpg

お部屋にあった李朝の家具・・・・・実はパウダールームにも李朝の小さい箪笥があって
なんと中には冷蔵庫が入っていました・・・・tutoと話したのですがこれは李朝の小さい箪笥ではないか?
いや、大昔の氷を入れて使う冷蔵庫ではないかとも。
しかし、かつて家の物置にどういうわけか放置されていたこの種の冷蔵庫とは形状が違うので箪笥ではないかとか003.gif
d0150287_011929.jpg
お部屋の香炉
d0150287_02167.jpg

水差し
d0150287_023442.jpg


d0150287_041511.jpg
d0150287_044258.jpg
d0150287_05566.jpg
d0150287_052225.jpg
d0150287_053774.jpg
申し訳ないですね、寡黙で・・・・・解らないと突然無口になるのです012.gif

これは、お部屋からの窓?廊下が見えます引き戸ですよ。
d0150287_0101255.jpg
d0150287_0103224.jpg
d0150287_0113886.jpg
d0150287_012196.jpg

俵屋さんのお部屋は18室だから、後・・・・と話していたら、係りのすずさんが 
”でも、改装しますから・・・ずぅ~~っと楽しんでいただけると・・・・・ククク” と笑われました(●^o^●)
さすが、すずさんです。打って返すようにお話が楽しいのです。

そう言えば、一番お勧めの季節はいつですか?とお聞きしたら
7月の鱧鍋がとっても美味しくて是非!と仰っていました。
もし、俵屋さんへ行かれる時は7月だそうですよ!!

以上葉月の俵屋さんでした053.gif
次回は建仁寺、下鴨神社、無鄰菴などをご紹介したいと思います。よろしかったらもう少しお付き合いくださいね003.gif
d0150287_0132212.jpg

by franandtuto | 2010-09-09 00:16 | 京都食べ歩き | Comments(30)
俵屋 (朝食)
朝になりました。 今日もまた暑い一日になりそうです。
tutoは起きたときから、鳩がやってくるのを待っています001.gif
来ました、来ました!!
d0150287_10484015.jpg
d0150287_10494091.jpg

俵屋さんの朝は、フレッシュオレンジジュースとヨーグルトドリンクで始まります。
d0150287_10513128.jpg
ガラスが曇っているでしょう?お部屋は涼しくけれど外は暑いのですね・・・・うう・・出たくない008.gif
d0150287_10554344.jpg
いつもは洋食をいただくのですが、今回はたまには一緒に和食にしようよとtutoの誘われて和食にしました003.gif
d0150287_10573077.jpg
湯豆腐  湯葉・椎茸・水菜入り 「たる源」製の湯豆腐桶です。 
俵屋さんは近くの平野屋さんのお豆腐なのですが(柊家さんも)そう言えば、夕方玄関の写真を撮ろうかなぁ~と外に出たら
俵屋さんのお勝手口から若い板前さんが出てきて、平野屋さんの方に走っていきました。
すぐに戻ってきた彼に手には油揚げが! 
夕食の赤だしに入っていた油揚げ・・・・これはさっき彼が持っていたお揚げかなぁ~なんて思いながらいただきました003.gif
d0150287_10591676.jpg
焼魚 二人ともぐじ(甘鯛)の塩焼きをいただきました。 前の夜に詳しく朝食の希望を聞いてくださるので、
お魚は数種類の中から好みのものをいただけるの。
d0150287_1114571.jpg
俵屋さんでは1日と15日の朝食にお赤飯が供されます。
京都には、奥深い食の文化があるそうで、毎月1日・15日はお赤飯を食卓に並べるそうです。
意図は、『赤ご飯に入れる小豆が内臓(とくに肝臓)を活性化させるので、知らず知らずに疲 労がたまる月末や月半ばに赤ご飯を食べて、無理を重ねた体を労る。』 のだとか!

俵屋さんのお米は京都郊外、越畑で特別に無農薬で作られたお米で、これを毎日、精米して使われているそうです。
俵屋さんの白いご飯は本当に美味しいの
d0150287_1175271.jpg
d0150287_1193776.jpg

朝食も終わってお部屋でお茶を飲んでいると、昨夜お願いしてあったお弁当が届きました。
今日はこのまま京都駅に向かって、そのまま新幹線で東京に帰るので昼食に010.gif
俵屋さんのお弁当は12ヶ月それぞれ一ヶ月毎に種類が変わり、
1月百合根ごはん、2月初午ちらし、3月鯛ごはん、4月筍ごはん、5月豆ごはん、6月鮎ごはん、7月鱧ごはん・・・などですが、 
8月は鰻ごはんでした。
この月替りのお弁当の他に天巻きがありこちらは通年のお弁当です。
お弁当は近くにある俵屋さんの天ぷらのお店「点邑」で作られています。
d0150287_11453137.jpg
d0150287_11454738.jpg

さて、それでは車を呼んでもらって帰ることにします・・・・・名残惜しいけど  何度伺っても帰りはいつも今度は何時かなぁ・・・・
と後ろ髪を引かれ一晩過ごしたお部屋を目に焼き付けようとしてしまいます。
d0150287_11511968.jpg
d0150287_11521646.jpg
d0150287_1153870.jpg
d0150287_11532541.jpg
お世話になりました。 また伺います俵屋さん。
d0150287_11542562.jpg



056.gifリクエストもあって、俵屋さんの調度やお花などを撮ってきました。
次回はこちらをご紹介したいと思います。

・・・・・・それと、その後仰天の大事件がありました!!!(我が家のですが)005.gif 033.gif 042.gifこんな感じの!!
by franandtuto | 2010-09-05 11:59 | 京都食べ歩き | Comments(37)
俵屋 (夕食)
夕食  葉月献立


食前酒は、俵屋旅館自家製の山桃酒を日本酒で割ったお酒。
焼酎を日本酒で割ると・・・・・強くなるのでしょうか、薄まるのでしょうか? 
甘くて香りもよく口あたりのよいお酒ですが・・・・・強そう・・・・・001.gif
お箸の上にのっている平たい杯でいただきます。 季節の大文字焼きの絵はご当主の手書きです。
d0150287_22433463.jpg

先附
湯葉と貝の酢和  万願寺唐辛子 射込み蓮根 枝豆ずんた 鱧ゆかり焼き 白瓜松前〆 赤芋煎餅
d0150287_2259036.jpg

小茶碗
雲丹羽二重蒸し 磯香仕立て 山葵
d0150287_2304544.jpg

向附
鱧焼目造り 鱧湯引き 烏賊
d0150287_232452.jpg

日本酒ね003.gif このチロリが好きなんです053.gif
このチロリは正倉院御物にある7世紀のペルシャのかたちを、ガラス工房にオーダーして再現してもらった物だそうです。
私はペルシャの涙壺かと思っていたのですが・・・・
d0150287_23463879.jpg

煮物
冬瓜饅頭 針葱 絞り生姜
d0150287_2348021.jpg

焼物  鮎笹焼  鱧鳴門焼 はじかみ 煮梅  竹の器の下に焼いた石、その上に笹の葉、そして鮎が乗っています024.gif
モクモク煙は笹の葉の焼けた煙!琵琶湖・安治川の鮎です。
d0150287_23493287.jpg
お皿に取っていただきます。
d0150287_23514836.jpg
これが私のお皿003.gif
d0150287_23524257.jpg

御凌ぎ  魚素麺  焼茄子 茗荷 陸蓮根 う玉
d0150287_23544079.jpg

温物  太刀魚煎り出し  南京 椎茸 ささげ さつま芋
d0150287_235649100.jpg
れんげの乗っていた小皿・・・・私のは馬。 tutoは梟でした・・・・・馬の方が大きいと、ちょっと不満そうでしたよ!
d0150287_23582674.jpg
d0150287_23584164.jpg

強肴  ずいき切り胡麻  海老 鮑 防風
d0150287_00635.jpg

止椀  赤出し
d0150287_00536.jpg
お漬物がこんなにいっぱい!! 自家製の糠漬けと泉州水茄子。  俵屋さんのご飯はとっても美味しいんです。
お腹はすでにいっぱいだけど、このお漬物でついつい食べてしまいます・・・・
おかわりまでして・・・・。
d0150287_01547.jpg

水物  桃甲州煮  桃のワイン煮・・・・甲州はブドウの産地だからでしょうか? コンポートです。
鮮やかなボンボニエールに入っています016.gif
d0150287_064221.jpg
d0150287_07251.jpg
いっぱい食べてもう眠くなりました・・・・・
d0150287_074726.jpg


榮の間の目覚まし時計はTiffanyです。
d0150287_010043.jpg

by franandtuto | 2010-09-01 00:12 | 京都食べ歩き | Comments(32)