ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ミュウポッポさん、おはよ..
by franandtuto at 10:59
おはよう~nanakoち..
by franandtuto at 10:56
franさん、こんにちは..
by ミュウポッポ at 09:33
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 19:26
こんばんわ! 森の子ちゃ..
by franandtuto at 23:44
レイノー確か有名なブラン..
by morinokochaorin at 22:49
こんばんわ!nanako..
by franandtuto at 21:21
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 12:04
そうそう!! 森の子ちゃ..
by franandtuto at 23:39
師匠。再開されたのですね..
by morinokochaorin at 22:22
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
さようなら 赤プリ!
今月末に55年半の歴史に幕を閉じる、千代田区紀尾井町の「赤坂プリンスホテル」に行って来ました。

行ったのは今月の5日の事だったのですが、お気に入りだった旧館のレストラントリアノン (Le Trianon)
満席で空席のある日がこの時点で平日の4日間しか残っていませんでした。
週末と祝祭日はランチ、ディナーとも満席とのことで食事は後日ということにして一緒にアップすることにして
今になってしまいました。

グランドプリンスホテル赤坂は、1930年(昭和5年)に建てられた李垠殿下邸を客室35室に整備し
「赤坂プリンスホテル」として開業しました。

その後1983年に著名建築家の丹下健三氏が設計した地上40階・客室数715室を誇る新館の営業を開始。
広さ約3万4千平方メートルの敷地に、新館、別館、コンベンションセンター「五色」などがあり
2007年に現在の「グランドプリンスホテル赤坂」と名称が変わりましたが、
私にとってはいつまでも ”赤プリ”

懐かしい思い出の詰まった”赤プリ”がなくなるのは本当に寂しいです。
首都高を走っても、もう空高くそびえるあの景観は見れないのですね!

赤プリにはクリスマスキャンドルが点灯された風景など様々な思い出をお持ちの方も多いのでは? 
どうぞもうすぐお別れの赤プリをご一緒に!
d0150287_190689.jpg
d0150287_19561589.jpg
d0150287_19564125.jpg

ロビーでは55年の歴史を振り返る写真展が開かれていました。
d0150287_2001730.jpg
d0150287_2003224.jpg
一般のお客様からも募集したこともあって結婚式の写真など思い出の一枚も飾られていました。
d0150287_20125481.jpg

d0150287_2121303.jpg
では、お部屋へ 全室コーナールームと言うのは当時珍しかったのです。
d0150287_2064096.jpg
赤プリから見る東京の夜景は最高です053.gif
d0150287_2055579.jpg
d0150287_2072036.jpg
40階にあるカクテルラウンジ トップ オブ アカサカか旧館一階のバー ナポレオンでゆっくり飲もうか・・・・などと行くまでは思っていたのですが
永田町の黒澤で夕食を食べてホテルに帰った頃には会社帰りでもあったせいかお風呂に入ったら爆睡!
041.gif目を覚ましたらもう空は白みかけていました。
d0150287_20201889.jpg
朝食は和食?洋?と話していたのに睡魔に負けて計画倒れ003.gif
朝食は昨夜満席でいただけなかったトリアノンの朝ご飯、ルームサービスの「トリアノンブレックファスト」にしました。

2種類のフレッシュジュース(有機野菜ジュース、オリジナルミックスジュース)、有機野菜サラダ、
ホテルメイドベーカリーバスケット(クロワッサン、デニッシュ、ブリオッシュ、豆乳パン)、
エッグベネディクトとオムレツ、フルーツプラターとヨーグルトの朝食
d0150287_20331493.jpg
d0150287_20333163.jpg
コーヒーとハーブティーです。
d0150287_2034855.jpg
さて、食べ終わったら、そろそろ帰り支度。ロビーに下ります。
d0150287_20515620.jpg
d0150287_20521255.jpg
d0150287_20523722.jpg
d0150287_20525393.jpg
d0150287_2055278.jpg
もし、もう一度行ってみたいと思われる方は残り少ない日にちですがレストランの営業時間などを・・・・・・こちらから
d0150287_20564610.jpg



056.gif東日本大震災の被災された方を支援しようと、プリンスホテルから都に対し、
グランドプリンスホテル赤坂を被災者の受け入れ施設として活用したいとの申し出が あり

石原都知事より「グランドプリンスホテル赤坂」(千代田区)を、東京電力福島第1原発の事故で避難している
福島県民の受け入れ施設として一時活用すると発表されました。

時期は4月上旬ごろからホテル解体工事の始まる6月末まで、約700室(最大約1600人収容)を開放する方向で
調整しているそうです。
詳しくはこちらをご覧下さい。
by franandtuto | 2011-03-27 21:11 | その他 | Comments(40)
そば粉のガレット (GALETTE)
フランス、ブルターニュ地方の郷土料理 そば粉のガレット (GALETTE)を焼きました。
ハムとホウレン草と卵、チーズのガレットです。
d0150287_13563240.jpg


そば粉のガレットは、とても素朴な料理で、ガレット自体のレシピも小麦粉やバター、牛乳、ブルターニュ特産のりんごのお酒、
シードルを加えて作る物などがありますが、今日はそば粉と水、卵だけの
一番シンプルなレシピで焼きました。
d0150287_14111820.jpg
d0150287_14131374.jpg作り方
・ そば粉・・・・・・・150g
・ 卵・・・・・・・・・・・1個
・ 水・・・・・・・・・・・300cc
・ 塩・・・・・・・・・・・1つまみ

 ①ボウルにそば粉、塩、水の半量を入れ、木ベラでよく混ぜる
 ②全体が馴染んだら、卵と残りの水を入れさらによく混ぜ、
粘りが出て滑らかになったら
ボウルにラップをかけて最低2~3時間 出来れば一晩
冷蔵庫でねかせる。
 ※とろりと太く糸を引くような状態になっていたらOK

フライパンに薄く油をひいて弱火にし、お玉半分~一杯くらいのガレットの種を流し、スプーンなどで丸く円を描くように広げる
(クレープと同じ要領で)薄ければ薄いほどカリッと美味しく出来ます。
表面が乾いてきたら、中央に卵、ハム、チーズなど好みの物をのせて、焼きあがったら四方を折って出来上がり001.gif
のせる具材はお好みで!

デザートにフルーツカクテルを作りました。
一口大に切った果物の上に、水300ccと砂糖30~50gを鍋に入れて火にかけ
砂糖が溶けて荒熱が取れたらコアントローを少し入れて冷やしたシロップをかけたものです。
d0150287_14374318.jpg


ガレットのポイントは、出来た生地をねかす事(作ってすぐだと、うまく薄く広げられないのです。)
フライパンに生地を広げたら、強火で焼くことかな049.gif
外側がカリッっと、中はもちもちのガレットの出来上がりです。

そば粉の半分の量を限度に小麦粉に置きかえてもOK。
小麦粉を少し使った方が扱いやすかも知れません。また水を牛乳にかえてもいいですよ!

056.gifそば粉のガレットは焼いて一枚ずつラップを間に挟んで冷凍も出来ます。
忙しい時は冷凍庫から出して、フライパンで具をのせて焼くだけ便利ですよ053.gif
d0150287_14413358.jpg

d0150287_14414780.jpg




東北地方太平洋沖地震の被害を受けられたすべての皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
先週は月曜日から、帰宅時間は停電などの影響で不規則ではありましたが
通常どおり、会社に出勤していました。

私なりに、今、自分に出来ることを考えながら、あの地震の日から10日目を向えています。
意味のない行動をとらないこと、節電、買い溜めをしないことはもちろんですが

普段どおりの生活が出来る人は普段どおりに生活することが大事ではないかと・・・・・・。
今は、組織立った専門家の大きい力が被災地には必要です。
でも、その先必ず今は小さい私たち個々の気持ちや力が被災地のみなさまに届けられる日が
やってきます。

今、被災地に向けられる関心と、自分にも何か出来無いかと思う気持ちを
この緊急事態における興奮でなく、この先も持ち続けること。
経済を停滞させないことが、引いては被災地の復興を助けることになるのではないかと考えています。



d0150287_15145315.jpg

by franandtuto | 2011-03-21 15:14 | 料理 | Comments(44)
お見舞い申し上げます。
東北地方太平洋沖地震の被害を受けられたすべての皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。


私は昨日、渋谷から地元まで国道20号線を、約5時間歩いて帰宅しました。
tutoも、今朝からJRが動き出したので帰宅出来ると思います。

ご心配くださったみなさま、コメントを下さったみなさまに心から感謝を申し上げます。

帰宅して、東北地方の被害の甚大さにただただ驚いております。

これ以上被害が拡大しないことと、行方不明の方のご無事を心から祈るばかりですが
今も余震に怯えながら過ごされている被災地の皆様に、心からのお見舞いを申し上げるとともに
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
                               
                                      fran&tuto
by franandtuto | 2011-03-12 10:04 | その他 | Comments(40)
京都町屋体験
あの・・・・私は京都旅行の合間に、ちょっと寄り道をしていたのですが・・・・
すでに約2ヶ月も寄り道をしてしまいました。
覚えていらっしゃいますか? 京都旅行は雪の美山荘で止まっていました。
すっかり遅くなってしまいましたが、京都旅行二日目からです。

京都二日目の宿泊は、初めて町屋に宿泊することにしました。
これは、夜に宿のお食事でなく市内でいただきたかったのが理由ですが、
ホテルよりもより京都らしい一日をと、初めての町屋です024.gif

今回お世話になった『庵(いおり)』さんは町屋を一棟貸切で、
チェックインの時に期間を定めた賃貸借契約を結ぶというシステムになっています。

京都市内に11軒の町屋があってそれぞれ大きさによって2名から14名までの町屋があります。
今回私たちが宿泊したのは、丸久小山園西洞院店の奥にある日本画家の小林雨郊さんの アトリエを
再生をした「三坊西洞院町」町家です。 では早速ご一緒に003.gif
丸久小山園西洞院店の左横の細い路地を入ります。正面に引き戸が見えますね、町屋の入り口です。
お借りした鍵で、この引き戸を開けてはいります。
d0150287_23265538.jpg
中に入るとお家が見えます。ここが今日宿泊する「三坊西洞院町」町家です。
d0150287_23312091.jpg
d0150287_23314440.jpg

個人の家のように、この玄関も鍵を開けて入ります。
d0150287_23332580.jpg
2階がリビングと伺ったので、とりあえず玄関横の階段を・・・・・2階へ
d0150287_23344335.jpg
何畳あるのかな・・・・・天井が高く開放感のある洋間です。床暖房も入っています。
d0150287_2337749.jpg
このロッキングチェアは元々このお家で使われていたものなのだそうです。
d0150287_234088.jpg
お部屋の奥から今上がって来た階段の方を
d0150287_2342675.jpg
2階にはこのリビングと和室、トイレと小さな台所があります。
では、また一階に降りて探検です003.gifここは玄関を入ってすぐの和室で、お庭が見えます。
d0150287_23442989.jpg
お隣は茶室ですね。
d0150287_2346274.jpg
広い~~~~
d0150287_23475888.jpg
ここがお風呂です。
d0150287_23492272.jpg
脱衣所とトイレ
d0150287_23501698.jpg
お風呂の隣のお部屋には何と洗濯機も用意されています。 
d0150287_23511692.jpg
実際には、殆ど2階に居て、この一階のお部屋はお風呂に入る時に少し居たかな?(笑)
もっと沢山で泊ったらもっとこのお家を楽しめるのでしょう003.gif
2階の壁側はカウンターがあってパソコンも使えますよ。
d0150287_235924.jpg
上を見ると
d0150287_23593722.jpg
美山から市内に帰ってきて、少しだけ-骨董やアンティークを見てお茶の一保堂茶舗へ立ち寄ったときに、
並びにある京都の村上開新堂さん(洋菓子店)でロシアンケーキとみかんのゼリー(好事福廬)を
一日だけの京都の我が家でいただきました。
d0150287_061514.jpg
d0150287_064095.jpg
この町屋は宿泊は当然ですが、一軒借り切ってお茶の会や、仕出しを頼んでお祝いのパーティなどに
使われるかたも多いのだとか
大勢で旅行に行ったときにはとっても楽しいですね041.gif一夜明けて、外は真っ白!
 こんなに積もっていたんです。
d0150287_0104930.jpg

by franandtuto | 2011-03-10 00:12 | その他京都のオススメ | Comments(24)
永田町 黒澤 (Nagatacho Kurosawa)
金曜日にtutoと待ちあわせて、永田町にある 黒澤に行って来ました。

このお店は、名前の通り 巨匠黒澤明監督の台所を切り盛りしていた黒澤監督の長女・黒澤和子さんのレシピと監修の踏まえ、
黒澤監督が客人をもてなした料理の数々と黒澤監督が好んだ鹿児島直送黒豚/黒牛のしゃぶしゃぶ、すっぽん料理や、
そば打ち名人として知られる広島のそば店「翁達磨」の高橋邦弘さんの指導を受けた職人が、
石臼で自家製粉したそばがいただけます。

d0150287_2263595.jpg
d0150287_2265476.jpg
d0150287_2282313.jpg
ここは元々料亭だった築60年以上の建物を改修し黒澤組の美術スタッフが外観や内装を担当したそうで
外見は、「用心棒」がモチーフ、
入り口は映画「赤ひげ」のワンシーンをイメージした内装なのだそうです。
d0150287_22153078.jpg
1階はそばをメインに提供する映画「用心棒」に出てくる居酒屋をイメージしたそば席と
2階にコース料理やしゃぶしゃぶをいただける座敷席と個室があります。
入ると、黒澤明監督が出迎えてくださいますよ!
d0150287_23224478.jpg

今回は2階の座敷席で・・・・・・なんだか全体的に映画のセットみたいな雰囲気が漂っています。
d0150287_2248642.jpg
私たちはしゃぶしゃぶと一品料理をいただきました。
d0150287_22264494.jpg
黒澤さんのコース名は黒澤映画のタイトルがつけられていて楽しいのです。 
例えば黒豚しゃぶしゃぶは『姿三四郎』『乱』『椿三十郎』『用心棒』ステーキは『羅生門』などなど024.gif
d0150287_22265920.jpg
d0150287_22275947.jpg
飲めないtutoはそれでも頑張って!
d0150287_22283447.jpg
私は当然ですが・・・・・天青 風露を
d0150287_22303777.jpg
焼き味噌
d0150287_22315662.jpg
しゃぶしゃぶが出てきます。まずお鍋にスープを
d0150287_22332043.jpg
薬味 シチリア産の塩、胡椒 かぼす、葱、大根おろし、 胡麻とポン酢
d0150287_2237279.jpg
d0150287_22372374.jpg
まずは黒豚の三枚肉を
d0150287_223829.jpg
d0150287_22382155.jpg
塩と胡椒でいただくのが黒澤風なのだそうですよ! これがサッパリして美味しいのです016.gif因みにしゃぶしゃぶを塩、胡椒でいただいたのは初めてです。
d0150287_22402237.jpg

にしんの柔らか煮
d0150287_22405594.jpg
次は牛肉ね
d0150287_22435427.jpg
豚肉のしゃぶしゃぶも初めてだったのですが、美味しくて追加003.gifこの丸いの3本が一人前です。
d0150287_2245840.jpg
蓮根の塩焼き
d0150287_2241422.jpg
食べ終わったら、このスープと溶き卵でスープかけご飯です。 このスープが最高に美味しい!
d0150287_22523656.jpg
d0150287_22525994.jpg
〆はやっぱり、お蕎麦でサッパリと003.gif
d0150287_22534367.jpg
デザートは影武者というお酒の酒粕を使ったムース、上に桜の花の塩着けがのっています。
d0150287_230297.jpg
このお部屋には、影武者の撮影に実際に使われた兜が飾られていました。
d0150287_2305434.jpg
d0150287_2311237.jpg
照明も素敵ですよね!
d0150287_2314597.jpg

長くなってしまいますが、食後に店内を案内していただきました。 興味のある方はごらんになってくださいね。
2階にはメインダイニングの座敷席と個室が数部屋あります。まるで建物の中とは思えないのですが、廊下の壁には映画のポスターが飾られていて懐かしくつい見入ってしまいます。
d0150287_23113195.jpg
天井が吹きぬけなのがわかりますか?スタジオさながらの空間です。
d0150287_2318128.jpg
ここは一階の個室です。このお部屋は元の料亭のお部屋がそのまま使われているのだそうです。
d0150287_231929100.jpg
d0150287_23195936.jpg
蝋梅の黄に春を感じます。
d0150287_23213412.jpg

さて帰ろう! お土産も買いましたよ016.gif
d0150287_23404018.jpg
d0150287_23411694.jpg

楽しくて思ったよりずっと長い時間を過ごしてしまいました。 ・・・・・嵐山の人力車じゃないけれど、ここ永田町黒澤のスタッフの方は  もしかして俳優さん? と思うほど素敵な方ばかりです041.gif
d0150287_2328649.jpg
d0150287_23282413.jpg
d0150287_23283995.jpg


永田町 黒澤
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-7-9
TEL:03-3580-9638 FAX:03-3580-3929

お店を出た私たちは腹ごなしに歩いて帰ることに・・・・・永田町黒澤のお隣は衆議院会館
d0150287_23311814.jpg
道路を挟んでそのお隣は首相官邸です。
d0150287_23321866.jpg
d0150287_2334112.jpg
d0150287_23342097.jpg
d0150287_23344528.jpg
赤坂見附の歩道橋から溜池方面
d0150287_23365769.jpg


よい週末を!
by franandtuto | 2011-03-05 23:46 | 食べ歩き | Comments(42)
オテル・ドゥ・ミクニ 「HOTEL DE MIKUNI」・・・・トリュフのリゾット食べたさに
先日伺った時に、黒田副支配人がボソッと仰った一言・・・・・・トリュフのリゾットが最高に美味しい・・・・2月、3月限定・・・・

そういう言葉に弱いんです。 私は・・・・・翌週最高に美味しいトリュフのリゾット食べたさに
くまくまくぅのくまくぅちゃんと一緒に再びオテル・ドゥ・ミクニさんに伺いました001.gif

そう言えば、今日 雪が降りましたね! 都内は霙でしたけど我が家は都下なので雪!
オテル・ドゥ・ミクニさんに伺った日も雪でした。
d0150287_23553211.jpg
駐車場に車を停めて、傘もささずに駆け足!! 
d0150287_23582366.jpg
ウエイティングルームです。ガラスの説明をしてくだっているところです。
d0150287_024296.jpg
厨房を抜けてバンケットルームへ  キレイな厨房をつい覗きこんでしまいます。
あ! 三國清三シェフが!!
d0150287_061665.jpg

何だかオーラが
d0150287_064963.jpg

席に着いて、私とくまくぅちゃんは当然 泡! tutoはお任せのカクテル10種類の果物を使ったカクテルです。
d0150287_092323.jpg

予約のお電話を入れた時に、さすがに続けて同じお料理では・・・・と仰ったのですが同じメニューを
どうしても、くまくぅちゃんといただきたかったので、ほぼ強引に(笑) 
メインとデザートを同じということでアントレは前回とは違うお料理です。


アミューズ   定番です。 伝統のメニュー、オニオンとベーコンのキッシュ
d0150287_0134141.jpg


アントレ   ペルー産ホワイトアスパラとフレッシュフォワグラのポワレ、アスパラの皮のフリット入りピュレ添え、
マダガスカル産ペッパーキャビアのせ、オリーブオイルヌーヴォーとパンプキンシードオイルとバルサミコジョーヌの香り。
d0150287_0182929.jpg

ポワソン  宮城気仙沼沖・ドンコのパン粉焼き、キャベツのアンチョビー和えと椎茸のソテー、ローズマリーのフリット添え、
スウィートシェリーヴィネガー風味。
d0150287_0212957.jpg
d0150287_0214959.jpg
白のモンラッシェ。
d0150287_0224638.jpg
切れそうなナイフ!
d0150287_0234766.jpg

ヴィヤンド  牛フィレ肉のロティ
d0150287_0243971.jpg
ヴォークリューズ産黒トリュフ060.gif
d0150287_0251862.jpg
カットしてくださいます。 この方が黒田副支配人です001.gif
d0150287_0261377.jpg
d0150287_0272841.jpg
トリュフを・・・・・
d0150287_0281763.jpg
出来上がり!
d0150287_0292197.jpg
これです! トリュフのリゾット024.gifもう~これが食べたくて!!・・・・・・これだけで一食・・・・食べられたら幸せだろうな・・・・・
d0150287_0305396.jpg
クロ・デュ・マルキ
d0150287_0333990.jpg
d0150287_034020.jpg
フロマージュ    フロマージュブラン、モロッコのバラの香り、金柑和え
d0150287_0362154.jpg
福井県の「瓜割の水」というミネラルウォーターだそうです。 撮ろうとしたら、くまくぅちゃんのカメラが! ブロガーですから003.gif逃しません!!
d0150287_0381633.jpg
d0150287_039230.jpg
アヴァン・デセール  青森産リンゴのスープ、そのリンゴのシャーベット、
ミルクムースとシュトロイゼル添え、シナモン風味。
d0150287_0404244.jpg
デセール    
d0150287_0412760.jpg
イチゴのフレジエ、ラスクとシャンティのクネル添え、バルサミコ風味。
d0150287_042920.jpg
コーヒーが場所を替えて、先ほどのウエイティングルームでいただきました。
d0150287_0433362.jpg
d0150287_0444776.jpg
ここは、食後にもう少し飲みたい方のために夜はバーにも・・・・・名物バーテンダーがいらっしゃるんだそうですよ053.gif
・・・・・ああ~また困った事を耳にしてしまいました・・・・美味しいだろうなぁ~こんなバーのカウンターでお酒・・・・・

ねぇ~、くまくぅちゃん!と振り返ったら ”ええ~今日ですか!”と、ちょっと驚き顔のくまくぅちゃんでした003.gif
d0150287_0483648.jpg
やっぱり今度は夜に伺って、このバーで・・・・037.gif
d0150287_0485873.jpg

by franandtuto | 2011-03-01 00:55 | 食べ歩き | Comments(41)