ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お久しぶり~森の子ちゃん..
by franandtuto at 01:28
クリスマス、お正月と年末..
by franandtuto at 01:26
ご無沙汰しています。今年..
by morinokochaorin at 22:17
ビーフが一番美味しくいた..
by starofay at 08:19
nanakoちゃん、一回..
by franandtuto at 17:41
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 16:00
annさん、明けましてお..
by franandtuto at 12:09
Graymanさん、明..
by franandtuto at 12:03
nanakoちゃん、おめ..
by franandtuto at 11:46
かおりちゃん、明けまして..
by franandtuto at 11:41
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
割烹 なか川 四条店
旅行最後の京都の夕食は、四条の「割烹 なか川」さんではも尽くしコースをいただきました001.gif
GWにまだ鱧は早いと言われたのにどうしても食べたくて、なか川さんに伺ったのですが、
そのとき一番のお勧めの季節に必ず!と思っていたのです。003.gif
d0150287_21454499.jpg
d0150287_2146169.jpg


鱧は梅雨明けの鱧が一番美味しいと言われるのだそうです。
旬の鱧をお腹いっぱい食べたくて楽しみにしていました016.gif

最初は冷製茶碗蒸し
d0150287_21471753.jpg
先附  はもの子玉〆、鱧寿司、ばい貝、からし蓮根
d0150287_21494512.jpg
d0150287_21592252.jpg

牡丹鱧
d0150287_21505842.jpg
鱧おとしと鱧のたたき
d0150287_21514413.jpg
たっぷりでしょう?060.gif
d0150287_21523012.jpg
d0150287_2153030.jpg
鱧豆腐と鱧の蒸物
d0150287_21581788.jpg
d0150287_2211430.jpg
鱧の炭火焼き  
d0150287_2214734.jpg
酢橘でいただきます。
d0150287_223666.jpg
鱧そうめん
d0150287_2235959.jpg
はもの天ぷら
d0150287_2252148.jpg
d0150287_2253670.jpg
鱧と松茸だから はも松なんですって! 鱧しゃぶです。
d0150287_2291878.jpg
d0150287_22101015.jpg
d0150287_22102731.jpg
鱧のスープ
d0150287_22105422.jpg
鱧ぞうすい
d0150287_22111965.jpg
水菓子はクレームブリュレ
d0150287_22122580.jpg
美味しかった~060.gif もうどこにも何にも入らないくらいお腹がパンパン041.gifこれは少し運動をしないと今夜寝られそうにありません037.gif
なか川さんを出て、これは高瀬川
d0150287_22192645.jpg
d0150287_221949100.jpg
ここは先斗町です。 先斗町のシンボルは千鳥です。
京都には祇園甲部、祇園東、宮川町、先斗町、上七軒 と五つの花街 があってそれぞれにシンボルマークがあるのですが、
祇園甲部、祇園東、上七軒のシンボルマークはつらね団子です。元は、八坂神社や北野天満宮の門前町として、参拝客にお茶と団子でもてなす茶屋が発祥だからなのだそうです
宮川町は三つの輪なのですか・・・・これはどういういわれがあるのでしょうね001.gif
d0150287_223504.jpg
d0150287_223794.jpg


056.gif 水曜日からtutoがドイツに出かけています。
カメラだけを持って出かけたのですが、無事にフランクフルトに着いて、ローテンブルグ~ミュンヘンまで8日間うろうろする予定です003.gif
現地からブログをアップしていますのでよろしかったら たぬきねこも覗いてやってくださいね068.gifのお祭りだそうですね003.gif
by franandtuto | 2011-09-29 22:42 | 京都食べ歩き | Comments(52)
大阪
空が高く、すっかり秋色の季節になってしまいました001.gif
延び延びになって遂に猛暑の頃の旅行が秋晴れの今になってしまいましたが
宮島、大阪、京都旅行の続きを・・・・・・・012.gif

今回は夜は食事に京都へ行っていましたが、日中は大阪市内をあちこち歩いて過ごしました。
ホテルのそばの心斎橋通りから歩き始めましたよ053.gif
d0150287_12311270.jpg


初日はnanako*sweets-cafe♪のnanakoちゃんと難波で待ち合わせてランチを一緒にいただきました060.gif
私は、てっきりnanakoちゃんが、大阪の事情に詳しいと思い込んでいたら・・・・詳しくないわよ~地元じゃないもん!!
そうか、そうだ! 関西の出身と言っても大阪ではなかった!!003.gif
と言う事で、高島屋のローズダイニングで!和洋中揃っているのでみんなで楽しめました。
nanakoちゃんと私は飲茶セット、tutoはあまりお腹が空いてないとかで軽く海鮮丼037.gif

私たちが京都に滞在している日程とnanakoちゃんが帰省されている日程が不思議といつもピタリ重なるんです060.gif
去年も三十三間堂で落ち合っておしゃべりしたんですよ003.gif
そう言えば、この日大阪に用事があったnanakoちゃんのお嬢ちゃんも高島屋の待ち合わせ場所までご一緒だったのですが、
曰く ”どうしてこんな旅先でまでわざわざ逢わなきゃいけないの~東京で逢えばいいじゃない!” と仰ったとか・・・・
本当にそうよね~と大爆笑!

大阪、京都と言うと、逢いたいお友達も居るのですが何といっても私たちが行くのは全国的休日です。
それぞれご予定や旅行に行かれている時期ですよね、私たちと同じように。
d0150287_12313894.jpg
d0150287_12315475.jpg
d0150287_12321253.jpg
昼食を終えてnanakoちゃんと、また東京でね!とお別れしてから 市内へ
この有名なグリコの看板はニュースなどでよく目にします003.gif
d0150287_12544068.jpg
これも! かに道楽 節電のためカニさんは動いていませんでした。
d0150287_12561775.jpg
ここは道頓堀通り
d0150287_12575823.jpg
d0150287_12581866.jpg
♪包丁一本~ 法善寺横町です。狭い路地ですが石畳も風情があります。 
d0150287_12595263.jpg
ここが法善寺です。
d0150287_1325753.jpg
d0150287_1334193.jpg
水掛不動さん。 写真右奥は織田作之助の小説で有名な夫婦善哉 その名も夫婦善哉003.gif
ここのぜんざいは一杯のぜんざいが2つのお椀に分かれて出てきます。一つの物を二人で分かち合って食べる・・・・
仲良し夫婦に見立てているそうです。001.gif
d0150287_1362862.jpg
 ご縁があって今日おまいりできたことを感謝して
d0150287_1352715.jpg

暑い日だったのですが、ここから とことこと歩いて 四天王寺前夕陽ヶ丘の「クロイソス 本店」へ
銀座店には何度も伺っているのですが、大阪に来たら是非本店に来て見たかったのです053.gif
でも、迷って迷って・・・・最後はちょうど何台か停まって荷物の仕分けをしていた佐川急便のドライバーさんに聞いて、やっとたどり着きました!
d0150287_13341689.jpg
茹で蛸のようになって到着した私たちに、まず冷たい紅茶を
汗が引いたら暖かいお茶を煎れますねと、とても親切にしていただきました。
d0150287_1337996.jpg
暖かい紅茶にフレッシュミントがとても美味しかったです001.gif
d0150287_13391321.jpg
工芸茶専門店『CROESUS(クロイソス)』 大阪本店
大阪府大阪市天王寺区六万体町4-18カセタニビル1F
TEL 06-6771-0088

クロイソス 本店を出て、今度はお買い物にリッツカールトン大阪へ
5月以来のリッツカールトン大阪060.gif不思議なんだけど懐かしい!!
d0150287_13425865.jpg
ちょっと1Fのグルメショップで欲しいものがあったのです。一部品切れで配送していただくことにして
d0150287_13584759.jpg
暑さでちょっと疲れたのでお茶でもと思いましたが
ホテルに帰ってシャワーを浴びてひと休みする事に決めて・・・・・ケーキとパンを少し買って帰ることに067.gif
d0150287_13591346.jpg
結婚式の披露宴があったのか、ロビーはとても混んでいました。
d0150287_1402365.jpg


今日は、ひと休みしてから夕食に京都に向かいます024.gif
by franandtuto | 2011-09-24 14:05 | 旅行 | Comments(28)
タパス・モラキュラーバー (マンダリンオリエンタル東京)
家族で楽しんだ一日の最後の夕食はマンダリンオリエンタル東京38Fにある モラキュラーキュイジーヌ  「タパス モラキュラーバー」でいただきました。
約2時間半ショーを楽しむように小皿料理をいただきます。

まず、これから始めますのごあいさつです。
d0150287_22152099.jpg
食前酒 スパークリングマスカット  シュワシュワするゼリー 一番端のピンクは飲めないtuto用です
001.gif
d0150287_22182898.jpg
d0150287_22184368.jpg

早速出てきました! 沢山の注射器003.gif
d0150287_22202798.jpg
何が出来るのでしょう~
d0150287_22205880.jpg


落葉の森
d0150287_22221693.jpg

これは楽しいストーリーなんです。森にトリュフを探しに来たブタさんです。
左から森の木のグリッシーニ下に生ハムが巻いてあります。 お隣はポルチーニ茸のパフ
d0150287_2305868.jpg

トリュフ・・・これは里芋で作ったコロッケのような食感、銀杏と土、その下にソースが隠れています。 
ベーコンのクラッカーかクッキーで出来たハンティングピグ041.gif
キノコは松茸ごはん・・・おにぎり山って知ってますか?もっと軽いお煎餅のようですが、味は松茸ご飯です!
端の白いのはマンチェゴにリンゴを巻いて凍らせたもの。シャーベットのようで美味しかった!
その下にはブラックベリーとレッドカラント
d0150287_225381.jpg

これは食べられません003.gif ドライアイスとアロマエキスで森を演出! 落葉の森と並べると気持ちは童話の世界へ053.gif
d0150287_22592813.jpg
きのこのカプチーノ
d0150287_230242.jpg
先ほどの注射器で作っていたのは、これ! ホワイトコーンのキャビア060.gif
d0150287_233163.jpg

次は  サーモン、オゼイユ、柚子
このサーモンは生のように見えますが、実は低温調理・・・・記憶に間違いがなければ真空パックにピッタリと入れたサーモンを
38℃の湯煎で長時間ゆっくりと熱をいれるのだとか・・・・
火は通っていますが、ねっとりとした食感。これに柚子のゼリーが巻いてあります。 
横の緑はオゼイユ(すかんぽ) 上に乗ってる透き通った飴のようなものはジャガイモ!
ポテトチップと違って揚げてないけどパリッパリの飴のような食感のジャガイモです!
d0150287_23151766.jpg


突然ですが、カウンターの前はお寿司屋さんのようなガラスケースになっていて、使う食材が小皿に乗っているのですが・・・・・
何とこの小皿 空中に浮いてるの005.gif
d0150287_23171243.jpg
赤座海老のスケット  海老の足(?)にトマトが刺さっています。上に乗ってるのはジャガイモ・・・多分(笑) ぷりぷりして美味しかった~下のソース?だし汁が最高!!
d0150287_23203484.jpg
イベリコと栗  付け合せは栗のクスクス これも柔らかい~
d0150287_234381.jpg

さて、お次は 王様のモヒート 
d0150287_23253916.jpg
これは裸の王様よろしく、心に綺麗な人にだけグラスの中の飲み物が見えるのだとか・・・・今そんな説明をしてくださってます。
d0150287_23263584.jpg
d0150287_23265247.jpg
さあ~どうぞ~
d0150287_2327186.jpg
ストローを強く吸ってみます。ストローの中だけにほんの一口のノンアルコールカクテルが仕込まれています。
d0150287_2330213.jpg
 見えますか?吸った瞬間、ミントの香りが口いっぱいに広がります。
d0150287_2331271.jpg
ショーロンポー  骨つき仔羊肉のステーキかソテーに見えますよね? 一口で食べて下さいと説明があります。パクッと食べたら、中にスープが仕込まれています!だからショーロンポーなのか~041.gifソースはサワークリーム。添えられているのは青い桃です。
d0150287_23372564.jpg
和牛  53、5℃で6時間湯煎して低温調理した和牛の表面を軽く焼いてあります。 浸透圧によって味をしみ込ませてあるそうでとても柔らかく箸でも切れそうです。ソースは赤ワイン
d0150287_23402036.jpg
松茸と万願寺とうがらしと紅サツマ芋
d0150287_23413818.jpg
d0150287_234464.jpg
味噌汁  レンゲに球体の味噌汁 さっきのキャビアの作り方で豆乳を丸めた豆腐と上は若布の粉末、緑はネキのオイルです。
d0150287_23464100.jpg

次は・・・・液体窒素です。 ケースの上を転がしています。
d0150287_2347363.jpg
d0150287_2348021.jpg
この‐198℃の液体窒素の中で固めたパッションフルーツ味のパフを舌に乗せないように急いで食べます。・・・・・
鼻と口からドラゴンブレスが041.gif
d0150287_23531495.jpg


デザートです。 上段から フォアグラきなこ、黄色の四角のものはオリーブオイルのジュレ、パミスチョコレート(これはスカスカのチョコレート)、赤くて薄いのがラズベリーソーダです。 ・・・・一部忘れてしまいました012.gif
d0150287_23542573.jpg

d0150287_2358525.jpg
バースデイのサプライズです。卵が出て来ました。 これを手に取って高く持ち揚げ大きく振って下さいと指示がありました。
d0150287_012054.jpg
手に取ろうとした瞬間に上から手が! 割れた卵からこんなものが出て来ました053.gif折り鶴です。
d0150287_031185.jpg
中に手書きのメッセージ  ありがとう!
d0150287_034554.jpg

最後までドッキリワクワク、楽しくて美味しい刺激的な時間を過ごしました016.gif
年に何回かメニューが替わるそうです。
その頃にまた来たいな~ハイテンションの2時間半でした024.gif
d0150287_055940.jpg
d0150287_061451.jpg
d0150287_06289.jpg
d0150287_064553.jpg


さあ~~帰ろう! 楽しかった一日も終わりです!
また来年のバースデイ月は家族でこうして過ごしたいな053.gif
by franandtuto | 2011-09-20 00:13 | 食べ歩き | Comments(36)
マンダリンバー  (マンダリンオリエンタル東京)
ディナーまでまだ時間があったので、37Fの広東料理 センスのお隣にある ”センス ティーコーナー ”でお茶を飲む事にしましたが・・・・・・

ここは37階と38階の吹き抜けにあって、広々ととても気持ちのいい空間です。
エレベーターを降りると、正面がマンダリンオリエンタルのメインバーマンダリンバー、
左にフレンチのシグネチャー、右が広東料理のセンスとセンスティーコーナーがあります。
d0150287_12161121.jpg
ここはバーですね069.gif
d0150287_1239018.jpg

センスティーコーナーでは、有名なマンダリンのもう一つのアフタヌーンティー,「香港ハイティー」がいただけるのですが
流石に数十分後に夕食を控えて食べるわけにはいきませんでした003.gifで、正面のマンダリンバー でお茶をいただく事に。
次回はこの「香港ハイティー」のためにセンス ティーコーナーに伺いたいです。

センスティーコーナーは広東料理「センス」の料理長が
自ら香港で茶葉から選び抜いた最高級中国茶を楽しむことのできるティーコーナーで宝石のような中国茶がいただけます。
マンダリンバーでもいただけたようなのですが、メニューもよく見ないで・・・・・・紅茶にしました。
これはちょっと間違ったかもね(笑) ここは中国茶をいただくべきでした012.gif
でも、紅茶は「Tea forte」でしたので、これはこれで大満足053.gif
d0150287_12394326.jpg
d0150287_12401687.jpg
d0150287_12404922.jpg

この階段で38階に行くことにします001.gif
d0150287_12413083.jpg
d0150287_12435490.jpg
38階 ここがフロントのようですね!
d0150287_1245568.jpg
d0150287_12481393.jpg
d0150287_1249112.jpg
アフタヌーンティーがいただけるオリエンタルラウンジはここかな?ちょっとのぞいてみました003.gif
あ!違いましたここはアジアンインスパイアダイニング 「ケシキ」でした003.gif
d0150287_12494121.jpg

私たちはこちらへ、オリエンタルラウンジはここでした。このラウンジの奥に目的のレストランがあります。
d0150287_12501530.jpg

用意が出来るまでちょっと待ちます。ここで飲み物のオーダーも
d0150287_12505460.jpg
今夜の夕食のお店、タパス・モラキュラーバーは、18時半からと20時半からの二部制で一斉スタートなんです。
モラキュラーガストロノミーという調理法をご存知ですか?
「分子調理法」と言われ、食材の成分を化学的に変化させることで面白い演出を生む調理のことなのですが
スペインのエル・ブリが有名ですね。
残念なことに、この世界一予約が取れないと言われたエル・ブリは今年の7月30日をもって
レストラン業務に永久に終止符を打たれましたが、“料理研究財団”として活動されるとの事。
料理をレストランという形態ではなく、もっと幅広い方法で人々に伝えたいと決断されたそうです。
どういう形で展開されるのか楽しみですね001.gif

目の前で行われる刺激的な料理を家族で楽しもうと、ここに伺うことにしたのです003.gif
カウンターは準備が進んでいるようです024.gif
d0150287_437156.jpg

by franandtuto | 2011-09-20 00:13 | 食べ歩き | Comments(4)
ルイーダの酒場( 六本木)~マンダリンオリエンタル東京(Mandarin Oriental, Tokyo)
三連休に続いて三連休と嬉しい9月ですが、楽しまれていますか?

私は週中に腱鞘炎(中指)になってしまい現在全く右手が使えない所に風邪を引いて
泣きっ面にハチ状態の残念な週末です008.gif(笑)

こんなときに限って麺類が食べたくなるもので、今日のお昼、ラーメンを左手にフォークでいただきました003.gif
箸も持てないのにラーメンって我ながら笑えます!!

さて、tutoと息子の誕生月と言う事で家族で過ごした一日はミクニさんでランチをいただいたあと
六本木へ向かいました。
ここは家族全員で何度も夜を徹して遊んだゲーム、ドラゴンクエストシリーズでお馴染みの
"ルイーダの酒場"です024.gif
d0150287_1473817.jpg
d0150287_1475111.jpg
d0150287_11561287.jpg
d0150287_11572628.jpg
『ルイーダの酒場』は、ドラゴンクエスト』の中でアイテムを交換する仮想の酒場ですが、シリーズおなじみのアイテム、
魔法、モンスターなどをモチーフにした、“スライム肉まん”、“ギガテンスのこんぼう” “ホイミティー”
などここでしか食べられないオリジナルフード、ドリンクがいただけます。060.gif060.gif

まず、スライム肉まん
d0150287_11581248.jpg
003.gifゴールデンスライムのデミオムライス003.gif
d0150287_11585630.jpg
カマエルの錬金リゾット041.gif
d0150287_134167.jpg
d0150287_12572883.jpg
ドリンク エルフの飲み薬041.gif
d0150287_1214831.jpg
ホイミティー041.gif
d0150287_1225427.jpg
さて味方1人のMPを全快出来るか!!エルフの飲み薬  
d0150287_124425.jpg
店主ルイーダさんもリッカさんも旅に出ていてお留守ということでルイーダさんのお弟子さんが060.gif 
(ご本人から掲載許可をいただいております。 ありがとう!!)
d0150287_1414684.jpg
そうそう!お店を出るときに『ありがとうございました』ではなく『気をつけていってらっしゃい!』と送り出されるのも楽しいです!
d0150287_1254032.jpg

『LUIDA'S BAR』(ルイーダの酒場)

【営業時間】14:00~22:15(土日祝日12:00~)
東京都港区六本木5-16-3   0120-759-756

その後、夕食をいただくことになっている日本橋のマンダリン オリエンタル 東京へ
d0150287_2515598.jpg
d0150287_1262624.jpg
d0150287_1281898.jpg
一階のロビーに見事な花が053.gif
d0150287_2543357.jpg
思ったより早く着いてしまったので、ショップに行ってみました。マンダリンオリエンタル東京は日本橋の三越の隣
日本橋三井タワーの上層階にあり(30階~36階)一階にはマンダリン オリエンタル東京のショップや千疋屋本店があります。
d0150287_302571.jpg
d0150287_2592270.jpg
d0150287_344237.jpg
d0150287_345599.jpg
この先がエレベーターです。まだ時間はあるけどお茶を飲む事に意見がまとまったので上に行きますね001.gif
d0150287_1293024.jpg

by franandtuto | 2011-09-18 03:07 | 食べ歩き | Comments(24)
ピーターラビットのお茶会 in TEA MIE
d0150287_22122131.jpg

tutoにピーターラビットのお茶会の記事の先を越されて、ちょっと悔しかったので
私は目障りなtutoが一段落してからご紹介することにしました003.gif

ミンミン師匠の紅茶教室、今回のテーマは ”ピーターラビットのお茶会” です。
何故ピーターラビットかと言うと、ミンミンさんが先月イギリス旅行の際訪ねられたイギリスロマン派の詩人ワーズワースゆかりの地、
d0150287_014857.jpg
湖水地方はピーターラビット誕生の地でもあるんですね053.gif

湖水地方で撮ってこられた写真と共に、日本では入手出来ない貴重なクッキーやお茶をいただきながら
楽しいティーパーティの時間です001.gif お花は野に咲く花を加えて今日は 「美山荘」の雰囲気016.gif
d0150287_2330321.jpg
左の瓶はコーディアル エルダーフラワー。
エルダーは主にヨーロッパに生息する針葉樹で、和名は西洋ニワトコ。
コーディアル エルダーフラワーを炭酸で割ってかんぱ~い!!エルダーフラワーの炭酸割りは「エルダーフラワーシャンパン」 ともいわれているのだそうですよ069.gifマスカットに似た香りのこれは休肝日にいいかも003.gif
d0150287_23361479.jpg
ピーターラビットですから、ニンジンはかかせません003.gif
d0150287_2340519.jpg

ミンミン先生お手製のサンドイッチ、今日はキューカンバーのサンドイッチとピーナッツバターとブルーベリージャム060.gif そしてこのパンは・・・・・二階建てです(笑)フォートナム&メイソンのコッテージ
d0150287_23475750.jpg
Damson ダムゾン(すももの1種)でいただきました!
d0150287_23585669.jpg
コッテージパイ
d0150287_23493624.jpg
d0150287_23495459.jpg
そして、うまうまチキン060.gif
d0150287_2350295.jpg
ヨークシャーゴールドのアイスティーでいただきました。
d0150287_23514568.jpg
後になってしまいましたが012.gif・・・・本日のメニュー
d0150287_23544776.jpgd0150287_2355877.jpg
食べ物ばかりを最初にのせてしまって・・・・・今ご紹介してるのは、TEA MIE・・・紅茶教室 ”ピーターラビットのお茶会”です012.gif
d0150287_014857.jpg

ミンミンさんが湖水地方のグラスミアで買ってきて下さったジンジャーブレッドは
19世紀からの秘伝のレシピで現在も作られているのだそうです。150年前の秘伝のレシピで作られたジンジャーブレッド。
グラスミア以外で販売されたことのない門外不出のお菓子とか 
ジンジャー・ブレッドの元祖150年の歴史を誇る「セーラ・ネルソンのグラスミア・ジンジャーブレッドです。
 
帰宅してからちょっと食べた味を思い出しながらレシピを作成中~(爆)
d0150287_061487.jpg

今回のレッスンでは、セパレートティーを教えていただきました。
アイスティーにグレープフルーツジュースをゆっくり表面に広げるように流していくのですが・・・・これが難しい!
一枚目の写真がそれです!  これは完成したセパレートティー060.gif
どうしたらこんなアイスティーになるのだろうと今までとても不思議でした。 これはとても嬉しいお勉強~024.gif
d0150287_0145236.jpg

今月はtutoとご一緒された方二人の誕生月だったんですね。
ミンミンさんが二人のお祝いをしてくださいました016.gif
d0150287_0205749.jpg

レッスン後のフリータイムにはファラーズのトフィーをいただきながら、
d0150287_0231818.jpg
グラスミアの紅茶
d0150287_0251238.jpg
ミルクティーでいただきました。
d0150287_026774.jpg
種類の違う茶葉で味の違いを
d0150287_027272.jpg
d0150287_0271685.jpg
紅茶の飲み方とタンニンの関係など詳しく教えていただきました。
d0150287_0295060.jpg
さて、気がつくともう何時間も過ぎています! 楽しかったピーターラビットのお茶会もそろそろお開きの時間です。

最後にちょっと室内の飾りつけを016.gifお手製ですよ~!いくつ紅茶の名前をご存知ですか?
d0150287_0322873.jpg
d0150287_0333620.jpg
d0150287_0335524.jpg
d0150287_0341889.jpg
d0150287_0343477.jpg
d0150287_035165.jpg
d0150287_0362372.jpg

また来月!
d0150287_0382995.jpg
d0150287_039072.jpg
d0150287_0394589.jpg
  
by franandtuto | 2011-09-14 22:07 | TEA MIE 紅茶教室 | Comments(28)
オテル・ドゥ・ミクニ(HOTEL DE MIKUNI)
今月はtutoと息子の誕生月なので、最近は3人で出かける機会の作れない我が家も全員の予定を合わせて
一日食べたり、飲んだり、食べたりの一日を過ごしました024.gif
特に息子と一緒に都内に出かけるのは、大江戸温泉がオープンしたとき以来です003.gif

楽しみにしていたこの日の始まりは四谷にあるオテル・ドゥ・ミクニさんでのランチからスタートです060.gif
d0150287_19193670.jpg

童話の緑の館のような夏のミクニさんです。
d0150287_1932134.jpg
d0150287_19323432.jpg

ウェイティングバー
d0150287_19335042.jpg
今日は二階の個室に席を用意してくださいました。
d0150287_1935204.jpg
席に着いて、熱心にメニューを見る母と呆れてその姿を見ている息子 037.gif
d0150287_19362014.jpg
アベリティフ(Aperitif)  我が家はtutoも息子も下戸なんです・・・・・飲むのは私だけ  
こちらは季節の桃とグレープフルーツのカクテルです053.gif
d0150287_19415250.jpg
d0150287_1942571.jpg
アミューズ・ブーシュ(Amuse bouche) ミクニさんオープン以来の伝統のメニュー、オニオンとベーコンのキッシュ 
とても柔らかくて・・・・茶碗蒸しのようなキッシュです060.gif
d0150287_19512211.jpg
d0150287_20482767.jpg
右はノンアルコールのカクテル 桃とグレープフルーツとキウイです。
アルコールの飲めない人もお酒を飲んだ気分になるフランス製のシロップを使ったお洒落なカクテルです053.gif
d0150287_20505792.jpg
アントレ(Les entrée) 「ブルターニュ産オマール海老のベルサイユに捧げるうま味ジュレ、金沢の金箔包み」

この前菜を楽しみに伺いました! 5月8日(日)にテレビ東京で放送された「ソロモン流」ご覧になられた方はいらっしゃいますか?
フランス料理の無形文化遺産への登録を祝し(料理が無形文化遺産に登録されたのは初めてだそうです。)

4月6日ヴェルサイユ宮殿を舞台にガラ・ディナー“世紀の晩餐会”が開催され世界中から60名のシェフが集結し
ゲスト650名が列席した世紀の祭典で前菜を担当した三國シェフはブルターニュ産のオマール海老テーマに 
“世界のミクニ、渾身の一皿”誕生に迫った内容でしたね001.gif

北海道利尻産昆布と静岡県焼津産鰹節から成るうま味ジュレとブルターニュ産オマール海老の爪を金沢の金箔包み、
そのオマール海老のピンク色のソースと海老を牛乳で茹でたそのミルクの泡が上にふんわりと乗っています
d0150287_20243513.jpg
016.gif
d0150287_2017240.jpg
ヴェルサイユ宮殿で貴族たちを招いてふるまわれた料理とマナーが、現在の高級フランス料理のルーツと言われているのだそうです。
d0150287_2025347.jpg
昆布と鰹の日本の出汁のジェリーと濃厚なオマール海老、ピンクのソースが最高に美味しい~
お皿に残ったソースもパンで拭って全部いただきました041.gif
d0150287_20415457.jpg
Poissons(ポアソン)  北海道えりも沖・銀毛鮭の王様”銀聖”のグリエ愛知産エメラルドグリーンの新銀杏とそのリゾット、
香草サラダ添え、オレンジソフトと銀杏ソース和え」
d0150287_2054995.jpg
窓の外の緑が綺麗です。 このお部屋は戦後まもなく建てられた、元ロシア正教会だそうです。
窓枠などは当時のままで、お部屋の中にトイレも設置されています。
d0150287_212635.jpg

天井には、今はもう入手出来ないアンティークバカラのシャンデリアが輝いています。
d0150287_2102847.jpg
d0150287_21195222.jpg
d0150287_21201582.jpg
d0150287_21202933.jpg
Viandes(ヴィヤンド)  「ブルターニュ産ホロホロ鳥のプレゼとそのキュイスのコンフィ、北海道産インカのめざめのピュレと
中国雲南省産松茸、静岡・プリピエ添え、そのホロホロ鳥のジュとフォアグラ風味、炭塩和え」
d0150287_2172873.jpg
d0150287_21335950.jpg
香草のブーケです。手で一つ一つ作られているそうです。 口直しに最後にちょっと噛む程度が適度だそうですが
tutoは最初に食べて005.gif! そうですね~最初はちょっとキツイかもしれませんね~と笑われました003.gif
d0150287_21101878.jpg

これは必ず! いつもどうやって丸めるんだろうと、ついしげしげと見つめてしまうバター
d0150287_21183811.jpg
d0150287_21185574.jpg
Fromages(フロマージュ)  「北海道小樽・乳酸菌たっぷりのフロマージュブラン、東京小平産ブルーベリー風味、そのブルーベリーのパウダー添え」
d0150287_21221615.jpg
d0150287_21224855.jpg
d0150287_21231785.jpg
アヴァン・デセール(Avant dessert)  「エクアドル産バナナのデリス、マンゴーのジュレとそのバナナのソテーと
シャーベット添え、パッションフルーツの香り」
d0150287_21262696.jpg
d0150287_21264032.jpg
デセール(Les dessert)  「東京産巨峰のショコラ和え、サフラン風味の冬瓜のコンポートとクリームダンジュ添え」
d0150287_2128685.jpg
カフェ・ウ・テ(Cafe ou the)  
d0150287_2131076.jpg
d0150287_21311381.jpg

プティ・フール(Petit fours)  オレンジのコンフィズリー、ピスタチオ、チョコレート
d0150287_213583.jpg
d0150287_21352896.jpg
窓の外は一面の緑、目が良くなったような気がします(笑) 大きなカエデの木です。きっと紅葉の時期のこのお部屋は素晴らしいだろうなぁと夢想中053.gifそうだ! 私たちのいただいた“世紀の晩餐会”の前菜や、
“世紀の晩餐会”コース、“マリーアントワネットへのオマージュ”コースなどのコースプランもいただけるそうです060.gif
d0150287_21392266.jpg
d0150287_21403534.jpg

さて、今日はこれから夜までスケジュールがいっぱいです!
素晴らしいミクニさんの昼食もいただいたし、そろそろ行動開始066.gif
d0150287_21494011.jpg
d0150287_21503556.jpg
ごちそうさまでした024.gif
d0150287_21514380.jpg
お店を出て通りは出るとミクニさんで披露宴が開催されているようです053.gifおめでとうございます 末永くお幸せに!!
d0150287_2153842.jpg

by franandtuto | 2011-09-11 21:53 | 食べ歩き | Comments(32)
The St. Regis OSAKA (セント レジス ホテル 大阪) そのⅡ
さて、セント レジス ホテル 大阪そのⅡです。

私がこの方にそそのかされてセント レジス ホテル 大阪に宿泊したfranです。
”セントレジスのバトラーサービスってどんなだか興味あるので次回レポしてください!” そう仰ったんです!

聞いて下さい、今回いっぱい写真も撮ってレポを報告しなくてはと思っていたら何と!この方・・・・・
”ちょっと出かけてきます” って・・・・・ちょっとってアメリカですよ!
はい、飛んでちゃったんです005.gif

気を取り直して、セント レジス ホテル 大阪 そのⅡです001.gif京都から戻って、
ここは一階にあるフレンチビストロ 「Rue D'or(ル ドール)」のテラス席です。さすがにこの時間テラス席は閉まっているようです。
d0150287_21321923.jpg

この角を左に曲がるとセント レジス ホテル 大阪の正面玄関  心斎橋筋という通りのようです。
d0150287_21253145.jpg
玄関を入ると
d0150287_21341459.jpg
お部屋の戻ってきました。天井高が3mあるそうで その高さをほぼいっぱいに使った窓と相まって開放感があります。
d0150287_21355726.jpg

ではお部屋のレポを始めますね(笑) これはお部屋の入り口、入ってすぐの廊下から撮ったバスルームです。ベッドルームからと出入り口が二箇所あります。
お部屋の入り口にはバトラーボックスなる小さなクローゼット・・・・ロッカーかな?があってクリーニングや
靴磨き、見たい新聞などバトラーに電話をいれておくと、このバトラーボックスで受け取ったり、返却が出来ます。
d0150287_21542740.jpg
とても便利だと思ったのが、このシャワーです!AXORのシャワーは20cmくらいありそうな大きなシャワーヘッドと、
ボディシャワーが4カ所備えられていて何と全身を一気に洗い流せるんです003.gif
レインフォレストシャワーというのだそうですが、大きなシャワーの真ん中からの水がクルクルと回ってマッサージしているようで
気持ちが良かったです。
d0150287_220683.jpg
バスアメニティはSOTHYS(ソティス)
d0150287_2222334.jpg
お部屋のあちこちに使われている漆のような質感のウレタン塗装を施したトレーがオリエンタルな雰囲気ですね。
d0150287_229376.jpg
d0150287_2295444.jpg
タオル類は全て今治タオルが使われていました。ホテルで今治タオルは初めてかもしれません。
d0150287_22101629.jpg
二段の針箱(?)の中にはソーイングセット、麺棒、シェービングジェリー、コットンなどが入っています。
d0150287_22115852.jpg
洗面台の下にも箱があるので開けて見ると・・・・トイレットペーパーでした003.gif
d0150287_22124948.jpg

一夜明けて、早く目が覚めたのでお茶を飲みました。
d0150287_22261252.jpg
鉄瓶の急須です。
d0150287_23285075.jpg
d0150287_232926100.jpg
d0150287_2331498.jpg

朝食は、昨夜外から見た一階の「Rue D'or(ル ドール)」のブッフェです。
d0150287_23373898.jpg
d0150287_2338574.jpg
卵料理は好みに焼いてくださいます。
d0150287_23384173.jpg
d0150287_2339028.jpg
d0150287_23394831.jpg
d0150287_2340478.jpg
d0150287_23402182.jpg
d0150287_23403668.jpg
d0150287_23405649.jpg
d0150287_2341172.jpg
今日はこれからnanakoちゃんと待ち合わせて一緒にお昼ご飯をいただく予定です060.gif
大阪市内も少しは歩いてみたいので053.gif
by franandtuto | 2011-09-06 23:44 | 旅行 | Comments(24)
祇園 にしむら
関西に戻ってきました003.gif
今回の旅行は、大阪に宿泊して夕食に京都へ出かけていました。

初日の夕食は5月に伺って以来、楽しみに待っていた ”祇園にしむら”さんです016.gif
今回は初めて、お座敷でお食事をいただくことに060.gif
d0150287_22105816.jpg


何年も前から伺っているのに、にしむらさんにお座敷があるのを知らずにいました!
にしむらさんは、玄関を入るとすぐ右の引き戸を開けるとカウンター席なのです。
気持ちはもう食べる事でいっぱいなので店内をゆっくり見渡したことがなかったのですね(笑)
お二階のお部屋へ・・・・・橋本関雪の 掛け軸で迎えてくださいました。
d0150287_22134710.jpg
d0150287_22151625.jpg

d0150287_2221248.jpg
箸置きが勾玉でした。 この勾玉は永楽即全の箸置きです。
d0150287_6591173.jpg
 そうだ! にしむらさんは素晴らしい器も必見なのですが、
残念ながら全くと言っていい程疎い私は何度銘を伺っても忘れてしまうのです。
お好きな方も多いと思いますので、絶対に忘れないようにそっとメモしてきました。今回は完璧!(自画自賛049.gif
まず、にしむらさんの定番 胡麻豆腐からです。 20年前の江戸切子の器です。 左上の杯は四代三浦竹泉
d0150287_22292686.jpg
とても柔らかい胡麻豆腐なのでスプーンでいただきます。
d0150287_2230719.jpg
お酒は、前回勧めていただいて、すっかり魅せられた愛知萬乗醸造の九平次
d0150287_22314249.jpg
d0150287_22401580.jpg
鱧と冬瓜のお椀 鱧の骨切りの細かいこと細かいこと!! ふわふわです053.gif  お椀は春慶の平茶碗 
d0150287_22405110.jpg
お造り  明石の鯛、鯛の昆布じめ、まぐろ、剣先いか  お皿は永樂和全葉皿  同じ鯛ですが、昆布じめは鯛の皮がついたままです。歯ごたえが楽しい! 
d0150287_2243514.jpg
d0150287_22435848.jpg
鯛の昆布じめ 
d0150287_2245439.jpg

八寸  鈴木表朔作の塗り丸盆に盛りつけられた大正ガラスに入っているのが鱧の子の卵とじ、
お隣のつぼつぼの中は鷹ヶ峰とうがらしのじゃこ合え、とうもろこしのかき揚げ、枝豆のかき揚げ、干瓢酢味噌和え、
いんげんの胡麻合え、からすみ 
d0150287_22514768.jpg
お酒が進みます~
ふふふ・・・・たまには  お酒に注目! 手についての突っ込みは無しでお願いします。
d0150287_2232682.jpg

にしむらさんの定番  有名な鯖寿司053.gif
d0150287_231404.jpg
ステキなお皿ですね~
初代 三浦竹泉の蝙蝠と雲と蜥蜴のお皿です。
d0150287_2324290.jpg
d0150287_2325565.jpg
鱧霜とずいきの胡麻和え 
d0150287_234016.jpg
器は天龍寺青磁
d0150287_2344392.jpg
鮑のジュレ   朝日焼の片口
d0150287_2353584.jpg
d0150287_2384486.jpg
牛肉のさっと炊いたもの  このお皿は八代 白井半七 安南写し
d0150287_0112273.jpg
d0150287_23101920.jpg
炊き合わせは湯葉蒸し  器は永楽妙全
d0150287_23351243.jpg
松茸~041.gif
d0150287_2336273.jpg

鯛とボッタルカのお茶漬け  美味しい~041.gif  男漆塗椀
d0150287_23402983.jpg
桃とマンゴーにジュレを合えた水菓子053.gif  アンティークバカラですよ016.gif
d0150287_23422737.jpg
美味しかった~大満足041.gifお座敷でゆっくりもいいですね~
にしむらさんとお話しながらのカウンターも最高に楽しいので迷ってしまいますが・・・・・037.gif

さてこれから大阪なので、そろそろ帰ることにします。 ごちそうさまでした!
d0150287_23455472.jpg

今度は蟹を楽しみに伺いま~す053.gifあと、八坂の雪も・・・003.gif

来たときはまだ明るかったのに、外に出てみるともうすっかり夜・・・・・・
d0150287_23521256.jpg
暑いけど祇園が好きなので少し歩きながら帰る事にしますね。
d0150287_23525710.jpg
d0150287_23553511.jpg
八坂神社
d0150287_2356122.jpg
まだまだ、夜はこれから!
d0150287_23564788.jpg
d0150287_23571014.jpg


祇園にしむら
京都府京都市東山区祇園町南側570-160
075-525-2727
by franandtuto | 2011-09-02 00:04 | 京都食べ歩き | Comments(46)