ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ミュウポッポさん、おはよ..
by franandtuto at 10:59
おはよう~nanakoち..
by franandtuto at 10:56
franさん、こんにちは..
by ミュウポッポ at 09:33
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 19:26
こんばんわ! 森の子ちゃ..
by franandtuto at 23:44
レイノー確か有名なブラン..
by morinokochaorin at 22:49
こんばんわ!nanako..
by franandtuto at 21:21
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 12:04
そうそう!! 森の子ちゃ..
by franandtuto at 23:39
師匠。再開されたのですね..
by morinokochaorin at 22:22
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
京都
今週は寒かったですね! 先日降った雪も我が家の前では所々残って、氷になっています。
出勤時に気持ちよさそうに寝ている2にゃんが心底羨ましい毎日です003.gif


写真は東山のシンボル八坂の塔です。
八坂の塔は北側の八坂神社と南側の清水寺との中間に位置する法観寺境内に建っています。
民家の屋根越しに姿を見せる、高さ46メートル、周囲約6.4メートル四方の本瓦葺きの五重塔は
国の重要文化財に指定されています。
d0150287_8102226.jpg

四条から四条大橋、祇園~八坂神社~ねねの道~石塀小路~二年坂~産寧坂~清水寺
帰りに産寧坂~八坂の塔~東大路通りを散策しました。
八坂の塔から東大路通りに向かう坂道は「夢見坂」と呼ばれる有名な坂なのですが
「夢見坂」ってステキですね001.gif

何度京都へ行っても、このコースは京都らしくて好きなコースです053.gif
001.gif
d0150287_8424856.jpg
石塀小路が出来たのは比較的最近のことで、大正時代の初期の頃だそうです。
小路の両側には料亭や旅館が並んでいます。
この石塀小路、雑誌等によく取り上げられますが入り口が以外と見つけ難いんですよね003.gif
d0150287_8533724.jpg
d0150287_851052.jpg
d0150287_8524368.jpg

ここから二年坂、産寧坂を歩いて清水寺に向かいます。
d0150287_8585794.jpg
四条から歩いて来て、ちょっと疲れたので二年坂(二寧坂)石段脇のかさぎ屋さんでひと休み!
このあたりに大正時代の画家、竹久夢二が恋人の彦乃と暮らしていたと伝えられ、
夢二が通ったといわれるお店で、
大正時代そのままの店内には、竹久夢二の水墨画も飾られています。
d0150287_974433.jpg
京都ぜんざいと萩乃餅をいただきました060.gif
最高級の丹波の大納言小豆を、毎日3時間以上かけてかまどで炊き上げるぜんざいです。
ところで、ぜんざいとお汁粉の違い知っていますか?
ぜんざいはつぶあんを使って小豆の粒が存在し、こしあんをつかって小豆の粒のないのがお汁粉なんですって!

関東・・・・東京はぜんざいってつぶあんの上にお餅だけじゃなかったっけ?
汁があったら小豆の粒があっても無くてもお汁粉だと思っていました。 これって・・・・・
もしかして私だけ?012.gif
d0150287_912378.jpg
かまどで沸かしたお湯で入れた おぶ(お茶)だそうです。
d0150287_9544796.jpg
d0150287_9551111.jpg
瓢箪屋さん こんにちわ~!! 三代目のにゃんこです。 怪我が治ってよかったね001.gif
d0150287_1083466.jpg
ここから産寧坂の急な階段をのぼりつめた右にある「七味家本舗」さんで、チーズを買います003.gif
一味と山椒のチーズは我が家の定番!
お店のURLを貼ろうとHPを開いてびっくり! なんと!!一味・山椒チーズ製造販売終了・・・ええっ?
思わずお店に電話してしまいました。
東日本大震災により、製造元の工場が壊滅状態に陥り、原乳の不足と重なって製造中止が決まったそうです007.gif
まだ少しお店に在庫があるようですので送っていただくことに、大事にいただかないとなぁ~
暮れに5~6箱買って来たのですがtutoが食べてしまって一つも残ってない033.gif

陶器屋さんやお店を覗きながらゆっくりと坂道を歩いて
d0150287_10122863.jpg
清水寺です!
d0150287_10114930.jpg
そろそろ陽がかげってきましたね。少し残っていた紅葉の名残が夕日に染まって燃えるようです。
d0150287_10143365.jpg
d0150287_10165587.jpg
日が短いのでアッと言う間に暗くなっていきます。
d0150287_10173071.jpg
そろそろ来た道を戻って食事に向かう時間です。
d0150287_10183522.jpg
帰りは産寧坂から二年坂でなく最初の写真の八坂の塔へ
だんだん近付いてきますよ053.gif
d0150287_102255.jpg
d0150287_10221923.jpg
d0150287_10224250.jpg
d0150287_1023598.jpg
八坂の塔は創建以来、度々災火により焼失し現在の塔は
永享12年(1440)に足利義教によって再興されたものです。
d0150287_10232124.jpg
ここから東大路通りに向かう坂道を「夢見坂」と最初に書きましたが、この八坂の塔のある法観寺は寺伝によると、
聖徳太子が崇峻天皇2年(589)に如意輪観音の夢のお告げにより塔を建てたそうです。
そう、夢からの「夢見坂」なんですね!
d0150287_10275550.jpg

by franandtuto | 2012-01-28 10:31 | その他京都のオススメ | Comments(30)
ガレット・デ・ロワで新年をお祝いする会~in TEA MIE
2012最初の紅茶教室  TEA MIEに参加して来ました!
新年初レッスンのテーマはガレット・デ・ロワで新年をお祝いする会024.gif テーブルは今日も豪華なミンミン師匠お手製のオードブル3種盛りと海老のコンソメジュレ 紅茶リキュールソース添えが並んでいます。
d0150287_1521538.jpg
美しいでしょう053.gif海老のコンソメジュレ 紅茶リキュールソース添えです。
d0150287_2221526.jpg

そして、シェ・カザマのリオレ 可愛いハートの蓋にはTEA MIEの文字が053.gif
d0150287_22224035.jpg
ギッシリと詰ったサンドイッチの具材はサーモン、生ハム、マッシュルーム、ツナなど
d0150287_22225651.jpg

フランスの紅茶がサブテーマ。 
お目出度い赤い水色のフルーツティー、フラコングラスに入ったMariage Frères ドライフルーツがいっぱいの
「マルコポーロ」でおめでとうです060.gif
d0150287_21185154.jpg
d0150287_21213728.jpg
今回は参加者7名の新年に相応しい盛大なレッスンでした060.gif
d0150287_21215790.jpg
今回のレッスンでご一緒させていただいたのは、私たち2名と
nanako*sweets-cafe♪のnanakoちゃん、初めましてのいっちゃんの美味しい食卓のいっちゃん。
ヘアースタイルを変えられたそうで、一瞬??だった私はお写真以外で初めてなので許していただくとして
パン屋さんと間違えたと言うミンミン師匠!003.gif主題のガレットデロワ 今回は「ピエール・エルメ」です053.gif
d0150287_21421056.jpg
このガレットデロワ、本国ではカットしたガレットデロワを子供が持ってテーブルの下に入り、
これは誰さん~と言って手渡すのだそうですよ! 

今回はそのお話をしてくださったいっちゃんが子供の役を担当してくださいました003.gif 
ガレットデロワに付き物の二つ、紙の王冠と陶器のフェーヴ(fève)なのですが、
d0150287_22301798.jpg
このフェーヴが当たった人は紙の王冠を被り、
一日女性なら王妃、男性なら王様になれます。本当は王妃なら王様を選び、王様はその逆になるのですが

TEA MIEのルールは、女性に当たった場合は王妃、しかし男性に当たった場合は、
参加者の女性のためにワインを買ってくるというもので、
去年tutoが当たって泣きそうになったのはこのTEA MIEのルールを知ったからでした041.gif
フェーヴは陶器なので、誤って食べてしまってはいけないと、最近のガレットの中にはアーモンドが一個入って、フェーヴは別に付いてくるのですが、
今回も去年の事を思い出して怯えているtutoをからかおう安心させようと、
この陶器のフェーヴをミンミンさんがガレットの中に埋め込みました、
さてロシアンルーレットのようなこのゲーム・・・・フェーヴは誰の元へ!
d0150287_2211047.jpg


やらせでは無かったのですが、何とフェーブはアーモンドの横に寄り添って入り2個とも、いっちゃんの元へ041.gif041.gif041.gif
実は一人ずつ切り分けたガレットを受け取ったとき、見えたんですよまさか2個ともとは思いませんでしたが
いっちゃんのガレットの切り口から陶器のフェーブが!
知らないのはご本人だけで、大爆笑の私たちの中で ”なに?なに? どうしたの?私なにか変?”
困惑しているいっちゃんをよそに泣けるほど笑わせていただきました024.gif
d0150287_2234749.jpg
ガレットデロワにあわせたのは、Mariage Frèresのボレロ
d0150287_22391175.jpg

もちろん笑って食べてばかりでなく、フランスのガレット事情や有名店のガレットデロワなどを
ミンミンさんのお写真を見ながらお勉強もして

新年のお菓子、ウィーン菓子のお店なのでガレットデロワではなく 「おめで鯛」003.gif
リリエンベルグの新春のパイです。
d0150287_22352513.jpg
干支の熨斗がかかった箱に入って登場です。
d0150287_22361646.jpg
d0150287_2237618.jpg

日本ではホールのケーキを等分にカットしてサービスしますが、イギリスでは 
”このくらい?”と本人に聞いて欲しい分だけカットするのだそうです。
そんなお話を聞きながら
d0150287_2241196.jpg

パイの中にはアーモンドクリームと蜜漬の栗がぎっしり このめで鯛には、KUSMI TEAのカシミールチャイを
d0150287_2242461.jpg
他にもH.R.ヒギンスのデューク・ストリートなどをいただき、今回の参加者に一番人気はKUSMI TEAのカシミールチャイでした!
これはnanako ちゃんが作って来てくださったおめでたく「紅白」の「メランジェ」053.gif
nanakoちゃんらしく、丁寧な仕事です!! ありがとう!
d0150287_071052.jpg



さて、今回ハートのパン”リオレ”の到着が、手違いで時間に届かなかったというアクシデントがあったそうです。
時間が迫ってるのに届かないのに驚いたミンミン師匠、お店に確認の電話を入れて事情が判明したのだそうですが、
パンは宅急便に・・・・ミンミンさんのお電話にもっと驚いたシェ・カザマさんがミンミン邸までリオレが届くまでの・・・・と
パンをこんなに沢山届けてくださったのです。実はこれは全部でなく、この倍はあったそうな005.gif
d0150287_22492841.jpg
この沢山のパンを届けて下さったあと、お店の方は宅急便の会社まで行って、
再度リオレを直接シェ・カザマさんが届けてくださいました。

どんだけ怖いクレームだったんだろうと・・・・嘘です~006.gif
人間のすることですから、手違いや間違いはあったとしても、その後の対応でさらにそのお店のフアンになったりするものですね。
誠心誠意の対応にミンミン師匠恐縮し、感激されていました。
この沢山のパンは参加者全員に分けてくださりお持ち帰りしました ありがとうございました。
d0150287_2361358.jpg
d0150287_2362937.jpg
下のティアラが見えますか? これはミンミンさんのお姉さまが結婚式に使われたテイアラだそうです・・・・実はお姉さまには内緒で持ち出されたのだとか・・・・
d0150287_2381344.jpg
d0150287_2385327.jpg
d0150287_239952.jpg
d0150287_2392234.jpg
d0150287_2395818.jpg
d0150287_23121928.jpg
楽しい一日でした053.gif
d0150287_2313014.jpg
d0150287_23132029.jpg
d0150287_23133918.jpg

by franandtuto | 2012-01-18 00:07 | TEA MIE 紅茶教室 | Comments(34)
祇園 にしむら
美味しい京都の2011年の〆はやっぱり ”祇園 にしむら” さんです060.gif
d0150287_22421714.jpg
d0150287_22424439.jpg
京都では、お店に伺う時間が一般的に東京より早いようです。
東京にいると早くてもより7時、8時なんてこともあるのですが、
以前はよくわからなくて7時に席を取っていただくことが多かったのですが、最近は6時が普通になりました。
でも今日は5時003.gif一番乗りしたくて041.gif
お部屋を用意していただいたのですが、まだ誰もいらっしゃっていないのでカウンターを撮らせていただきました。
”祇園 にしむら” のご主人 西村元秀 氏です。 ステキな方でしょう001.gif
朱塗りと 白木が印象的なカウンターです。・・・・・左端の席はカウンターでいただく時にtutoが内職のように写真を撮ってる席です037.gif
d0150287_22544986.jpg
d0150287_23292917.jpg
d0150287_23295740.jpg
これは・・・・・・
d0150287_23302493.jpg
今日は一階のお庭に面したお部屋です。
d0150287_2339124.jpg
d0150287_23394476.jpg
d0150287_23363578.jpg
にしむらさんの定番の胡麻豆腐から
d0150287_2341290.jpg
d0150287_23432390.jpg
d0150287_2341474.jpg
tutoは今日もノンアルコールのビールです。松葉が敷いてあるのはビンの底がハカマにくっつかないようにするためなんですよ。
d0150287_19415.jpg
d0150287_23422881.jpg
お椀 鼈 
d0150287_2357712.jpg
 関西では すっぽんの事を ”まる” と言うのが通り名のようです。 まる鍋とか・・・・最初な何のことか??でした003.gif
d0150287_23572871.jpg
お造り 鮪のたたき 鯛 雲丹  
このお皿はとても大きくて 写真では上手く形状がわからないかも知れませんが、真っ平らなんです。 
八木明作の青白磁 にしむらさんが注文して完成するまでに2,3年かかったのだとか、21~23cmくらいの大きなお皿です。
d0150287_23585892.jpg
お塩とお醤油でいただきます。 雲丹はお塩でいただくと美味しい003.gifお塩・・・・食べちゃってお皿が空っぽですね(笑)
d0150287_01446.jpg
五代 高橋道八作
d0150287_021855.jpg
d0150287_015226.jpg
d0150287_0152656.jpg
鯖寿司 寒い冬限定の千枚漬けを巻いた にしむらさんの名物 ”八坂の雪”です053.gif 伊賀焼の葉皿 
d0150287_022878.jpg
八寸  あんきも大根 おから からすみ ごぼうのさつま揚げ 銀杏 つぼつぼの中はなまこ酢
d0150287_0155815.jpg
d0150287_019372.jpg
焼物 ぶりの塩焼き 菊花蕪 ゆず  おろしポン酢でいただきます。
d0150287_0254892.jpg
d0150287_0262127.jpg
d0150287_0265962.jpg
d0150287_0271732.jpg
d0150287_033364.jpg
雲子と牡蠣とゆり根の蕪蒸し
d0150287_0344013.jpg
炊き合わせ  
d0150287_0445693.jpg
牛ヒレ肉 海老芋 大根 水菜  牛ヒレ肉は網で焼いて・・・・・これはもう~絶品のステーキ!!!
ステーキハウスもびっくりの絶妙な焼加減のステーキが炊き合わせの器にさりげなく入ってるなんて・・・・・
にしむらさん反則です!!  しかも撮る前に全部食べてしまってお肉の焼加減をお見せできません012.gif
d0150287_0455558.jpg
ごはんは松葉蟹のたまごあんかけです。 美味しい~~~060.gif
d0150287_0495516.jpg
d0150287_0505732.jpg
この口の中でとろけるような卵の作り方を教えてもらいました 早速やってみよう!  出来るかな?
d0150287_0523947.jpg
水物 苺 ラ・フランス にワインゼリーと生クリーム
d0150287_054562.jpg
このお皿 マイセンなんですよ! 珍しいですよね? この絵は初めて見ました。
d0150287_0561587.jpg
このお庭の苔は、こうなるまでに17年もかかっているそうです。 苔って、とってもデリケートなんですね。
d0150287_0581927.jpg
d0150287_05997.jpg
d0150287_0593392.jpg
d0150287_115085.jpg
大満足003.gif これで2011の京都は食べ納めです。 ごちそうさまでした。
d0150287_134483.jpg
風薫る5月にまた伺います024.gif
d0150287_142942.jpg
d0150287_182018.jpg

by franandtuto | 2012-01-12 01:08 | 京都食べ歩き | Comments(38)
味 ほんざわ (京都荒神口)
味 ほんざわさんは、京都でも数少ない間人蟹(たいざがに)が丸ごといただけるお店で
ほんざわさんのことは、一昨年ブロ友さんに教えていただいたのですが念願叶ってやっと伺えました003.gif
d0150287_7314535.jpg
お店に入るとすぐ右に大きな水槽がありました。間人蟹ですよ016.gif
d0150287_7324392.jpg
先付 あんきも
d0150287_8143164.jpg

早速060.gif
d0150287_734574.jpg

まずは、ご主人に教えていただきながら お刺身でいただきます。
d0150287_7355475.jpg
まず焼き蟹を! ぷくっと膨れてきたら食べ頃です。レアくらいがカニの甘味が一番よく出て美味しいです。
d0150287_882850.jpg
すぐに火が通るので食べるのに忙しい003.gifどんどん焼きます。
d0150287_891891.jpg
生の蟹味噌も味わってから甲羅酒に 絶品! 041.gif041.gif041.gif
d0150287_8113940.jpg
メニューを見ると美味しそうなものがいっぱい! 今回は間人蟹のコースをお願いしていたのですが、
目がいやしいので少しいただくことにします003.gif笹かれいの若狭焼
d0150287_8214866.jpg
お造り盛り合わせ
d0150287_8252040.jpg
自家製のからすみ お酒が・・・・進みます041.gif
d0150287_8254399.jpg
焼き蟹をたくさんいただいて、鍋に しゃぶしゃぶでも鍋でもお好きなようにと仰ってくださったので鍋にしました。
最初に一つを甲羅酒にして、あと一つ残った甲羅を鍋に沈めてお野菜を入れ、カニを乗せます。
こうすると、みその甘みが出汁に溶け出してさらに美味しくいただけるそう
d0150287_8282359.jpg
煮えるまでに甘鯛のかぶら蒸しを
d0150287_8305142.jpg
d0150287_8314127.jpg
ふぅ~~お腹がいっぱい!! お鍋の〆はこのスープでお雑炊になるのですが、
もうどこにも何にも入らないくらいお腹がいっぱいで残念ですが、お雑炊は諦めました。 
しかし今こうして写真を見てると、スープをいただいて帰ればよかったと思うなぁ・・・
そうしたら家で美味しいカニ雑炊がいただけたのにと未練が041.gif


間人蟹に付いていた緑のタグを二つ思い出にいただいてきました。
間人蟹はずわい蟹のことで、地方によって「松葉蟹」、「越前蟹」と名前が変わるんですって
青いタグは兵庫県の津居山蟹、 白色いタグは兵庫県の香住蟹、黄色のタグは福井県の越前蟹といったように。

この緑のタグは京都府の丹後半島の間人港に水揚げされた間人(たいざ)蟹のタグで、
たいざかにの文字と船名が刻印されています。
間人蟹は、間人漁港に所属する5隻の地元の小型船が日帰り捕獲するため、天候や、波の状況に左右され
水揚げが少ないのだそうです。
d0150287_8515631.jpg
以前から一度、丹後半島の間人まで行って、間人蟹を満喫したいと思っていましたが、東京から片道6時間はやっぱり遠くて・・・間人港漁協の仲買人の資格をもつご主人のこの ”味 ほんざわ”のことを教えていただいてやっと念願が叶いました053.gif
また来年も060.gif
d0150287_8575682.jpg

ほんざわさんは、アラカルトが中心の新鮮なお魚や美山産の野菜など、美味しいものをいただきながらお酒を楽しめるお店です068.gifお昼も営業されているそうなので是非!

味ほんざわ
京都府京都市上京区荒神口通河原町東入上生洲町
営業時間
[火~金]ランチ 11:30~13:20(L.O)  17:30~22:50(L.O)
[土・日]  17:30~22:50(L.O)
月曜日 定休日 
TEL 075-231-6176

041.gif
by franandtuto | 2012-01-09 09:21 | 京都食べ歩き | Comments(32)
一子相伝 なかむら 
伏見稲荷大社に参拝した夜の食事は富小路御池・・・・・姉小路通りに面した
ちょうど柊家さんの真裏になるんですね、一子相伝なかむらさんに伺いました。
d0150287_21364436.jpg
d0150287_2137099.jpg
d0150287_21371892.jpg
一階の一番奥まった茶室風のお部屋に用意していただきました。
d0150287_21422718.jpg
お部屋に入ると一番最初に目に飛び込んできたのが
d0150287_21484373.jpg
掘り炬燵で暖かです001.gif 
d0150287_2149073.jpg
d0150287_21493591.jpg
先付 柿なます
d0150287_2150176.jpg
柿をくずしながらいただきます。
d0150287_21511213.jpg
さあ来ました。
一子相伝の白味噌雑煮です。
d0150287_21515617.jpg
この白味噌雑煮は出汁や調味料を使わず、水だけで練った白味噌のお椀の中にはこんがりと焼いた丸餅と忍び辛子のお雑煮です。
d0150287_21563356.jpg
カメラの焦点をあわせているうちにお餅が・・・・・伸びる
d0150287_21574061.jpg
向付 白ぐじの昆布締め こしび 烏賊
d0150287_2241563.jpg
銀の器がステキですね!
d0150287_2245344.jpg
お部屋があったかなので冷酒をいただきました。
d0150287_226333.jpg
飲めないtutoはノンアルコールのビールを003.gif
d0150287_2271440.jpg
ぐじと若筍の酒蒸し
d0150287_2332385.jpg
d0150287_2334435.jpg
穴子の飯蒸し 
d0150287_2354268.jpg
d0150287_236079.jpg
間にしば漬けが潜んでいましたよ001.gif
d0150287_2361590.jpg
ここで熱燗に060.gif
d0150287_2364722.jpg
雲子豆腐揚出し 鱈の雲子をすり潰して吉野葛と合わせたものだそうです。香ばしくてモチモチッとして美味しい!
d0150287_2375093.jpg
d0150287_238827.jpg
蟹爪盛り 北陸橋立港産の蒸し蟹を生姜の合わせ酢でいただきます。
d0150287_23101559.jpg
焼物   
d0150287_23121962.jpg
ぐじ(甘鯛)酒焼  
ぐじに一塩ふって一晩ねかせてから下焼きをし、日本酒を皮に丁寧に塗り込んでから本焼きするのだそうです。
焼き上がったぐじに仕上げの熱燗をかけた逸品。 一子相伝の白味噌のお雑煮と並んでなかむらさんの有名な一品です。
d0150287_2316860.jpg
こんがり焼き上がった香ばしいぐじをいただいたら、残った骨などに薄く昆布を引いた湯(ぐじ湯)を注いで
骨や皮と身の間の一番美味しい部分の汁がまた絶品です。
素材を味わい尽くす逸品! 家で焼いたお魚もこんなに美味しくなるのかな003.gif 
因みにこれは、私の食べたぐじ・・・・
d0150287_23275333.jpg
これはtutoの・・・・・・私のは皮も無く・・・・本当に骨だけ041.gif
d0150287_23291466.jpg
ご飯です。
d0150287_23302121.jpg
水物 ラ・フランス いちご 晩白柚
d0150287_2332335.jpg

美味しかった! もうお腹がいっぱいです!
静かなお部屋に時折つくばいに水が流れ落ちる音や、たまに柄杓で水を打つ音が聞こえて心地よく食事が出来ました。
d0150287_2335291.jpg
d0150287_23401247.jpg

来た時と逆から入り口の引き戸を ごちそうさまでした016.gif
d0150287_2342455.jpg

by franandtuto | 2012-01-04 23:44 | 京都食べ歩き | Comments(30)
伏見稲荷大社
お正月はどう過ごされていらっしゃいますか?

我が家は去年のクリスマスに京都へ出かけたので、お正月は元旦はマラソンを見ながら
のんびりのお正月です001.gif

今年の初めは、お正月の用意が始まった京都の伏見稲荷大社からです。
d0150287_952245.jpg

京都駅からJR奈良線で稲荷駅へ 稲荷駅を出て表参道を楼門に向かいます。
d0150287_1003629.jpg
d0150287_1005327.jpg
本殿を守る狛犬、伏見稲荷大社では狐が正面左右に一対で向き合っています。
d0150287_10105629.jpg
d0150287_10163440.jpg
ちょっと早いけど、初詣のつもりで参拝してきました。
d0150287_10171158.jpg
d0150287_10172469.jpg
ここが千本鳥居の入り口です。 千本鳥居ですが、この稲荷山には信者から奉納された約一万基の鳥居があるのだそうですよ。
d0150287_10211453.jpg
d0150287_1024075.jpg
d0150287_10291074.jpg
実は私は、この沢山の鳥居が怖かったんです。 何だか迷宮に入り込むような・・・・・
以前は夕方だったので特にとう感じたのかもしれません003.gif
でも、夜は無理だろうな~例え何人で来ても一人っきりになったように錯覚しそうです012.gif
d0150287_10314636.jpg
奥社奉拝所まで歩いて帰ってきたのですが、
奉拝所の奥には、願いを念じて持ち上げた時、重さが予想していたより軽ければ願いが叶い、重ければその願いは叶わないといわれる「おもかる石」という石があるんですよ。

帰路、鳥居を反対側から見ると、一基、一基に奉納された個人或いは会社の名前が 
初めてこの千本鳥居を歩いた時、目が悪いのと、暗かったのとで、この奉納された方の名前が梵字に見えたんです。
本当にバチ当たりなのですが、それで余計に怖かったと・・・・042.gif
d0150287_1041016.jpg

d0150287_22345835.jpg


年が明けたと思ったら、もう2日。 初詣には行かれましたか?

今日はお店も開いて初売りが始まりますね! 縁起物の福袋を買いに行かれる方もいらっしゃるのでしょうか?
by franandtuto | 2012-01-02 10:55 | 旅行 | Comments(32)
あけましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます。
昨年は 「まねきねこ」 をご訪問くださいまして、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

d0150287_062746.jpg


去年は初詣のはしごをしたら、元旦は寝てしまったという本末転倒な結果になってしまいました012.gif
今年はテレビで各地の除夜の鐘と、新年の様子を見て過ごしています。

改めまして、明けましておめでとうございます。
新しい年が皆さまの最良の年でありますよう、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


                            fran&tuto
by franandtuto | 2012-01-01 00:10 | その他 | Comments(12)