ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんわ! ミュウポッ..
by franandtuto at 00:13
Commented by..
by franandtuto at 00:11
こんばんわ! かおりちゃ..
by franandtuto at 00:07
franさん、すご~い!..
by ミュウポッポ at 14:34
さすがフランさん、美しい..
by starofay at 06:22
こんにちわ、ヒロキさん!..
by franandtuto at 16:20
うん、シルフォームのマッ..
by franandtuto at 15:19
きれいなバラになってます..
by ヒロキ at 14:41
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 13:18
可愛いでしょう~nana..
by franandtuto at 22:08
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
水円(すいえん)
京都の四条通りを祇園方面に向かって歩くと、正面に八坂神社の朱塗りの楼門が見えますが、
実はこの門は西門で、八坂神社の正面は南門なのだそうですよ!
d0150287_23573592.jpg

南門・・・南門の参道脇に田楽豆腐も有名な二軒茶屋 中村楼がある、あの門が南門です。
この南門から南に伸びる通りが下河原通りで、水円(すいえん)さんはこの通りに去年の10月に
新しくオープンされたお店です。

下河原通りを水円さんに向かって歩いて行くとレストランのよねむら、懐石の美濃幸 、
水円さんの向かいは割烹浜作があって、
浜作のカフェ”サロンド アンティディレッタント”はお勧めのカフェです060.gif
手前の細い坂を登って行くと風情のある旅館や料理屋さんが並んでいます。
この道は閑人や、高台寺和久傳のある通りです。
d0150287_011320.jpg
水円さんは、「和久傳」で30年、総料理長を20年務められた岩崎武夫さんのお店です。
余談ですが釜座の「岩さき」の岩崎 義則さんとはご兄弟なのだそうですよ! 
入って一階は玄関横に個室が一部屋、奥はテーブル席とカウンターがあります。
d0150287_0194672.jpg
d0150287_0201258.jpg
d0150287_0213428.jpg

松の実湯
d0150287_0273279.jpg

可愛いでしょう~ほどいてナプキンにします001.gif
d0150287_0335317.jpg
中は こっぺ蟹の飯蒸しです。
d0150287_034598.jpg
向付 鯛の昆布じめ白髪葱とみょうがを巻いていただきます。
d0150287_037304.jpg
 
d0150287_0374637.jpg
椀 焼目鯛と卵豆腐
d0150287_0395873.jpg
海老の雲丹和え、くわい焼き、白和え、金柑ゼリー、小豆寄せ、ホタテの黄身焼き
d0150287_0455921.jpg
主皿 鰤山椒醤油焼き
d0150287_0482263.jpg
合鴨焼き目 大徳寺納豆ソース 
d0150287_0501279.jpg
お凌ぎ 海そうめん 紅もずくの酢の物
d0150287_0513946.jpg
強肴 鰆の蕪蒸し 
d0150287_0534338.jpg
ご飯 
d0150287_0551911.jpg
数の子と穴子味噌のお茶漬け
d0150287_0562144.jpg
 お菓子 焼き蓮根餅 
d0150287_0572229.jpg
 抹茶 
d0150287_0574394.jpg
 ごちそうさまでした! 美味しかった003.gif


水円 (すいえん)
京都市東山区下河原通八坂鳥居下ル上弁天町446
075-551-0035
昼:11:30~15:00
夜:17:00~21:00
水曜日定休日
by franandtuto | 2013-01-30 01:05 | 京都食べ歩き | Comments(17)
ガレット・デ・ロワの会 ~ Printemps/プランタン ~in TEA MIE
新しい一年のスタートのTEA MIEは、恒例のガレット・デ・ロワで新年をお祝いする会!
2013年の「ガレット・デ・ロワの会」テーマは「Printemps/プランタン=春」 テーマカラーはピンクです024.gif
d0150287_23261824.jpg

初春のテーブルは、パリのMAISON DE FAMILLE(メゾン ドゥ ファミーユ)の真っ白なカップ&ソーサーは引き立てる
ローズ色のテーブルクロス。
d0150287_232959100.jpg

ウエルカムティーはル・パレデテのフォレノワール(黒い森)のアイスティーでおめでとうです024.gif
d0150287_23321644.jpg

テーブルにはミンミン先生お手製、オリジナルレシピ、ベーコン・ハム・チーズ・ドライトマト・
パプリカ・玉ねぎ・ブロッコリー・オリーブのケーク・サレ!
d0150287_23341152.jpg
海老&クリームチーズディップ With ポテトチップ
d0150287_23354683.jpg

Maille(マイユ)のマスタードでいただきます。 画面下は粒マスタード、上はシャブリ風味のマスタードです。
d0150287_012557.jpg
クリスマスのハムツリーは春らしいパステルカラーのギモーブタワーに060.gif
d0150287_2337923.jpg
d0150287_23402286.jpg

今回はガレット・デ・ロワで新年をお祝いする会ですが、ミンミン先生のサプライズ!もう一つのデ・ロワ。
南フランスでは、エピファニー(1月6日)近くにいただくのだそうですよ!
d'une rarete (デュヌラルテ)のオリジナルのエピファニー用のブリオッシュ
ドライフルーツやナッツで華やかなブリオッシュ・プランシエール(ブリオッシュ・デ・ロワ)です。
・・・・・こちらにも「Fève/フェーブ」が!
d0150287_07257.jpg

さて、今回の主役! ガレット・デ・ロワ060.gif 大きい~~!!
d0150287_0145197.jpg
「マリアージュフレール」特製のガレット・デ・ロワです。
d0150287_0165235.jpg
早速お茶を
d0150287_0244338.jpg
今年の幸運の「Fève/フェーブ」は誰の元へ・・・・
d0150287_0252014.jpg
参加者全員、ある人は期待で、またある人は不安に慄きながら
注意深くナイフとフォークで切り分けられたガレット・デ・ロワに一つ入っている
「Fève/フェーブ」を探します。・・・・・あれ?ない・・・・ない・・・・・・

「Fève/フェーブ」は残った一切れの中に入っていました!

こ、これって・・・・・今回ミンミン師匠がこだわりにこだわったフランス一色のTEA MIE
その主役のガレット・デ・ロワはもちろんフランスの紅茶専門店「マリアージュフレール」特製ガレット・デ・ロワ。
その中から現れた「Fève/フェーブ」は・・・・・・イタリアの直火用エスプレッソメーカー・・・・これって!!005.gif
d0150287_0363485.jpg
正直一瞬シンとしましたね~まさかに展開でありました042.gif 

↓はミンミンさんの「Fève/フェーブ」コレクションです!
d0150287_0433649.jpg
 真ん中のお魚は二年前tutoが当たって大切に保存していたFèveです。
d0150287_0435240.jpg

そうだ! こんな可愛いサプライズも~!
d0150287_046478.jpg
まねきねこのチョコレートです。「百万両」「千万両」と裏は「開運祈願」「運気上昇」などの縁起ものチョコレートです。
因みに一万両は今のお金だと・・・・一億円くらい? もちろん「百万両」「千万両」も見えましたが私は
一万両のチョコレートを食べました!
d0150287_0495590.jpg
お料理とお茶のメニューですよ~
d0150287_052547.jpg
こんなにたくさんの紅茶をいただきました。中には日本では発売されていない珍しいお茶も!
左からル・パレデテのフォレノワール・
ベッジュマン&バートンのエデンローズ・
フォションのモーニング・
ベッジュマン&バートンのレ クラシック・
フォションのラポム
ピエール・エルメのセレモニ
d0150287_0531485.jpg
d0150287_0535482.jpg
d0150287_0533687.jpg
フランスの各紅茶メーカーのコーナーもありました。見覚えのあるのはありますか?
d0150287_0561398.jpg
d0150287_056313.jpg
d0150287_0582950.jpg
d0150287_0592653.jpg

d0150287_0595842.jpg
d0150287_115757.jpg
d0150287_12211.jpg
d0150287_124914.jpg

最後はキャンドルに灯を入れてロマンチックにガレット・デ・ロワの会「Printemps/プランタン=春」は終了です。
d0150287_161923.jpg

ミンミンさん、ご一緒させていただいた参加者のみなさまありがとうございました!

d0150287_15621.jpg
d0150287_152346.jpg

by franandtuto | 2013-01-25 01:07 | TEA MIE 紅茶教室 | Comments(20)
和ごころ泉
雪の高幡不動から京都に戻ります!001.gif

伏見区の椿堂茶舗  茶房・竹聲(ちくせい)さんでお茶をいただいて
京都墨染駅から電車に乗って祇園四条まで。
そこから四条新町までゆっくり歩いて行くつもりだったのですが、
思いの外距離があると判明しタクシーで003.gif

7ヶ月ぶりの和ごころ泉さんです053.gif
d0150287_2147144.jpg
10月の連休に和ごころ泉さんの子持ち鮎を是非にと予約していたのですが・・・・

防災訓練で24階のオフィスから一階まで一気に駆け下りるという今にして思うと無謀なことを
してしまい、膝の関節を痛めて10日間ほど全く歩けなかったんですね~042.gif

そんなことがあり10月の京都は断念したので待ちに待った和ごころ泉さんです016.gif
d0150287_21493624.jpg

d0150287_2223441.jpg
先付 汲み上げ湯葉
d0150287_223365.jpg
d0150287_2281281.jpg
椀  蟹しんじょと手作りの飛龍頭(ひろうす)
d0150287_228574.jpg

熱燗で060.gif
d0150287_22103637.jpg

向付 和歌山県のサワラのたたき、紋甲イカ、もむし
d0150287_2215465.jpg

八寸
d0150287_2217446.jpg
左から、和ごころ泉さんの名物の一つ魚と卵を6時間焼いて作った卵カステラ、いくら、押し寿司、
手前のツボツボは豆腐を半年間味噌に漬けた豆腐の味噌漬け。クリームチーズのようです!
焼き魚はブリ。後ろの家の形の蓋物の中は鴨ロースとほうれん草と茸。 
左端で笹に隠れたつぼつぼの中はとんぶり
d0150287_22271458.jpg
この取り皿に分けていただきます。
d0150287_22301828.jpg
小さい笹の葉に雪が積もっています♪ ケーキだと粉砂糖なのですが、この雪はなんでしょう?
d0150287_22312937.jpg
焚き合わせ 牛頬肉のかぶら蒸し
d0150287_2233515.jpg
海老芋と茗荷のご飯
d0150287_22352983.jpg
いっぱいいただいたのですが、それでも残ったご飯はおにぎりにしていただきました001.gif
これは夜食に!
d0150287_22363598.jpg
d0150287_22355051.jpg
水菓子 ミルクティーのブラマンジェ、レクチェ、ざくろ、紅マドンナ
d0150287_22403257.jpg
ゆべしとお抹茶
d0150287_22464798.jpg

美味しかった! 

噂によると東京で和食以外の料理店とのコラボの企画もあるとか・・・・
もちろん一日とか長くても数日でしょうが実現したら嬉しいです!
by franandtuto | 2013-01-20 22:53 | 京都食べ歩き | Comments(16)
1月14日 今日は初雪です!
朝起きてびっくりしました! みなさまのところはいかがですか?
成人の日の今日、東京は大雪です!
d0150287_18214895.jpg

こんな雪を見たのは一昨年、京都の美山荘へ行った時以来です。
d0150287_1826326.jpg
d0150287_18254847.jpg
初詣に行ったばかりの高幡不動です。
d0150287_18283930.jpg
d0150287_18282372.jpg
d0150287_18285413.jpg

今日は成人の日ですが、雪で足が・・・・寒そうですね008.gif
d0150287_18301153.jpg

初詣の時に撮った同じ場所で撮ってみました。
d0150287_18342419.jpg
d0150287_18344453.jpg
d0150287_1835045.jpg
d0150287_18365284.jpg
d0150287_18373388.jpg

画面の真ん中あたりに見える白い横に長い白いものは、屋根から落ちてきた雪です。
d0150287_18551749.jpg

これはね、餅花ならぬ、雪花ですね!
d0150287_18565148.jpg
d0150287_1857336.jpg
結んだおみくじにも雪が積もっています。
d0150287_18584723.jpg
d0150287_1904742.jpg
d0150287_1915717.jpg
d0150287_1921450.jpg


今夜もまだ降り続くようです。明日は冷え込むそうですよ!
暖かくして、滑らない靴で出かけましょう!
by franandtuto | 2013-01-14 19:06 | その他 | Comments(24)
椿堂茶舗  茶房・竹聲(ちくせい)
年が開けたのでもう去年になってしまいましたが、クリスマスの頃の連休に京都へ行ってきました。
早朝の新幹線で出かけて京都へ  着いてすぐに伺った伏見区、藤森神社の近くの椿堂茶舗さんです。
d0150287_22171983.jpg
ウインドウが素敵です053.gif
d0150287_21453135.jpg
以前から椿堂さんの日本の茶葉で作られた”和紅茶”
焙じ茶の伏見、京番茶などを好んでいただいているのですが
今回はお茶のお買い物と、併設された茶房「竹聲」でお茶をいただくのを楽しみに京都駅から直行しました
ここは店内の茶器のコーナーです。003.gif

この反対側のコーナーには、日本茶葉で作った”和紅茶” 
京都産の茶葉で作った”京都紅茶”
国産茶葉を半発酵させた和製烏龍茶「和龍茶(わろんちゃ)」や抹茶、玉露など様々な種類の
お茶が並んで、一つひとつ説明書を読んでいるだけで楽しいです001.gif
d0150287_21515311.jpg
左の丸窓の入り口が椿堂茶舗さんの入り口で、打ち水がされた奥が茶房・竹聲(ちくせい)さんです。
d0150287_2153919.jpg
d0150287_2263629.jpg
d0150287_227596.jpg
d0150287_2274476.jpg
お抹茶のセットと煎茶のセットをいただきました、どちらも椿堂謹製オリジナル生菓子が付いています!
d0150287_22111755.jpg
d0150287_22112940.jpg
上のお茶が入っている竹の器は「仙媒」(せんばい)と言って茶葉を量る道具だそうで茶量、茶則、
茶合とも呼ばれるそうです。
d0150287_22174190.jpg

裏の彫りが素晴らしいですね!
d0150287_2217699.jpg
錫の茶托
d0150287_22255923.jpg
お茶の入れ方を教えていただき一煎目は煎れて頂きました。二煎目からは自分で
最後は苦味まで楽しめました060.gif
d0150287_2245760.jpg

竹聲さんでは、日本茶セミナーもしていただけるようです。 
今度伺う時はセミナーを受講させていただきたいです001.gif
それにしても・・・・・日本茶も紅茶も中国茶も・・・・お茶は道具や空間も、なんと魅力的なのでしょう!
d0150287_2247029.jpg
d0150287_22463783.jpg
d0150287_2246574.jpg
d0150287_22472518.jpg
d0150287_224842100.jpg
d0150287_2252021.jpg
d0150287_2255458.jpg
d0150287_2255282.jpg
d0150287_22585514.jpg
d0150287_22593787.jpg
d0150287_23008.jpg
この素敵な空間でゆっくり美味しいお茶をいただいて早朝からの乗り物疲れも吹き飛んだようです!
京都紅茶や京番茶、煎茶など忘れてはいけないお買い物も済んだので、
京都市内に向かうことにします。ごちそうさまでした!003.gif
d0150287_232426100.jpg
d0150287_23263254.jpg


椿堂茶舗 茶房 『竹聲(ちくせい)』

京都府京都市伏見区深草北新町635
TEL 075-644-1231 (FAX 075-645-4001)
営業時間
椿堂茶舗   10:00~19:00
竹聲(茶房)  11:00~16:30
定休日     日曜・祝日
http://www.tsubakido.com/
by franandtuto | 2013-01-08 23:28 | その他京都のオススメ | Comments(19)
タコとマッシュルームのアヒージョ
お節に飽きたら・・・でもないのですが、軽く食べながらワインを飲みたいとアヒージョを作りました。
今日は冷蔵庫のタコとマッシュルームで003.gif
d0150287_262572.jpg
d0150287_284132.jpg


作り方は簡単ですよ!
d0150287_2162499.jpg材料      

・ タコ・・・・・・・適宜
・ マッシュルーム・・・・適宜
・ にんにく・・・・・・好きなので2片
・ アンチョビ・・・・塩の代わりに使っているので好みの量で
・ 鷹の爪(種を取って輪切り)・・・
・ オリーブオイル・・・・・材料を鍋に入れてヒタヒタになる量
・ パセリ・・・・・・・・・少々
※ 材料の量は、好みで!タコの他、エビや牡蠣、つぶ貝など
   何でも美味しくいただけます。
   材料に対してオリーブオイルがヒタヒタです003.gif


作り方
① タコとマッシュルームは食べやすい大きさに切る、にんにくは大きめの輪切りに(好きなので大きく切っています微塵切りでも)
② 鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、にんにくと鷹の爪を入れ焦がさないように弱火で温める。
③ ②の中に①のタコとマッシュルームを入れ、さらに味付けの意味で荒く刻んだアンチョビを入れる。
   ふつふつとタコが縮まない程度に煮てパセリの微塵切りを散らして出来上がり!

熱々をどうぞ! 材料の旨みが移ったオリーブオイルが美味しいのでバケットを浸していただくと最高!

注) 鍋は、スペイン製の直火可能なCazuela (カスエラ)という鍋があるようですが、我が家には無いので
   素焼きの直火OKの浅い鍋を専用鍋にしています(笑)
   一人用の土鍋でも代用できますよ!

また直火でなく、オーブンやオーブントースターに入れて作ってもOKです。
d0150287_2392381.jpg
d0150287_240682.jpg

食べて残ったオイルはパスタのソースに003.gif
d0150287_2423351.jpg

by franandtuto | 2013-01-05 02:45 | 料理 | Comments(26)
初詣
明けましておめでとうございます!

初詣はもう行かれましたか? 
つい数年前までは、元旦の空白の時間帯を狙って初詣のハシゴをするのが、我が家の恒例でしたが
今年は初詣の参拝の方が一段落する時間を選んで、近くの高幡山明王院金剛寺(高幡不動尊)に行ってきました。

重要文化財(室町時代)の仁王門です。
d0150287_23532291.jpg

五重塔がライトアップされています! まだ時間は夕方の5時半です。
d0150287_2355256.jpg

大香炉・・・このお線香の煙を頭にいっぱい浴びると賢くなるとか・・・001.gif
d0150287_0162698.jpg
d0150287_0163892.jpg

ここが東京都最古の文化財建造物、重要文化財の不動堂です。
御本尊は不動明王です。
d0150287_025676.jpg
お参りを済ませて左の石段を登り、五重塔の正面へ
d0150287_040598.jpg
屋台がぎっしりと並んで初詣ですね!
d0150287_044656.jpg
こんなお店が並んでいますよ!
d0150287_0451616.jpg
大師堂です。
d0150287_04759.jpg
d0150287_0471945.jpg
高幡山の総本堂大日堂の山門(大日堂側)からの参道です。この大日堂には有名な鳴り龍天井があります。
d0150287_0533729.jpg

さて、寒くなって来たのでそろそろ帰ることにします003.gif
d0150287_055463.jpg
ここは、宝輪閣(お札所)です。
d0150287_057193.jpg
d0150287_05832.jpg
d0150287_0582374.jpg
d0150287_104181.jpg

家を出た時はこんな夕暮れ時だったんですよ!
d0150287_114358.jpg

by franandtuto | 2013-01-03 01:03 | その他 | Comments(14)
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます。
昨年は 「まねきねこ」 をご訪問くださいまして、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

d0150287_0542093.jpg

by franandtuto | 2013-01-01 01:05 | その他 | Comments(8)