ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
大阪でランチをいただ..
by franandtuto at 21:07
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 20:30
ミュウポッポさん、おはよ..
by franandtuto at 10:59
おはよう~nanakoち..
by franandtuto at 10:56
franさん、こんにちは..
by ミュウポッポ at 09:33
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 19:26
こんばんわ! 森の子ちゃ..
by franandtuto at 23:44
レイノー確か有名なブラン..
by morinokochaorin at 22:49
こんばんわ!nanako..
by franandtuto at 21:21
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 12:04
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
カルティエ トリニティ
from サンドイッチよりラーメンだ
カルティエ
from ネット 儲ける
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
銀座レカン(Ginza L'écrin)

2015年1月に銀座ミキモト本店ビル建て替えのために休店していた銀座レカン(Ginza L'écrin)
2017年6月1日、2年半ぶりにグランドオープンされました。

d0150287_01225667.jpg


リニューアル前の通り過ぎてしまいそうなほどさり気なく、でも秘密のドアのようなエントランスと
それに続く赤い絨毯の敷き詰められた階段は、異空間へ繋がる魔法の階段のようで・・・・

リニューアル後、どう変わったのかドキドキしながらエントランスからレセプショニストの案内で
エレベーターでB2のウェイティングバーへ
動き出したら、エレベーター内の照明が深紅に変わりました。 ああ!ここはレカン162.png

B2のウェイティングバーです。赤い絨毯、シャンデリアやアールヌーヴォーの鏡

d0150287_01093289.jpg
d0150287_01100068.jpg

ケシの実のパイとイタリア産栗のケイクサレ、早く着いたのでこのバーでちょっと^^
d0150287_01135279.jpg


B1のダイニングルーム

d0150287_01102275.jpg
d0150287_01103641.jpg

ショープレート。RAYNAUD(レイノー)です!
トレゾーかなと思いましたが、柄がレカンの L オリジナルだそうです。

d0150287_01134026.jpg

可愛らしい球体のシャンデリア、テーブルの上に一つ飾られていました。
一つ一つ手作りされたものなのだそうですよ。デザインについて詳しく説明してくださったのに
思い出せない・・・ミキモト本店ビルだからパールとか・・違います、違います。申し訳ない・・



d0150287_01110485.jpg
飲めない男子はノンアルコールの1688 GrandRose
d0150287_01105141.jpg


マッシュルームのスープ

d0150287_01132815.jpg
焼茄子と梨のサラダ
d0150287_01131720.jpg

d0150287_01111980.jpg

手長海老のショーフロワとオシェトラキャビア 生ハムとビーツのエッセンス 西洋わさび風味

ベルナルドのエキュム ホワイトのプレートです。エキュムホワイトは初めてです!
ゴールドとシルバーは使っていただいたことがあるのですが
お料理の鮮やかさをより際立つホワイトと仰ったのですが、この鮮やかなビーツの色と
オイルの黄色が美しい一皿です。

手長海老は本当に入っていないほど軽く火が入っています。 

d0150287_01204295.jpg

フォアグラのポワレ ポティロンのピューレとハニートリュフ  黒トリュフのソース

d0150287_01170067.jpg

d0150287_01124799.jpg


甘鯛のうろこ焼 根菜とオマールブルーのエチュベ  
海藻とほのかなヴァニラの香り 甲殻エッセンスのビスクソース
アンティーククリストフルを思わせるクロッシュ。写り込んでしまうので上部だけを

d0150287_01164485.jpg

d0150287_01163077.jpg

近江牛ロースのロティ ボルドレーズ木の子 赤ワインソース
甘鯛のうろこ焼きのとは違うクロッシュです。

d0150287_01160584.jpg

d0150287_01130555.jpg

クロッシュに目が行ってしまって撮っている本人が写り込まないように写しましたが
今回、席に着いてセットされたショープレートやカトラリーを目にした瞬間、思わず魅入ってしまいました。

カトラリーはクリストフルのロワイヤルシズレー。 レストランで使われているのを目にするのは
初めてです。
食器やカトラリーが大好きなので、無意識に顔が近づいているのか、とても詳しく親切に一つ一つ
説明して下さいました。 ありがとうございます。

d0150287_01113123.jpg


さて、お待ちかねのワゴンデザートです。
オペラ、 ピスターシュのサントノーレ、フォレノワール等 撮り忘れてしまいましたが
ケーキの上にボウルが少し見えますか? フレッシュの柿、桃のコンポート


d0150287_01153886.jpg


チョコレートプリン、チョコレートのパウンドケーキ、フルーツカクテル

d0150287_01152492.jpg

さすがにお腹がいっぱいで、楽しみにしていて別腹とは言うものの(笑)

d0150287_01151522.jpg

カフェとプティフール

d0150287_01144058.jpg


店名の L'écrinはフランス語で宝石箱のこと。
宝石箱の中にはマカロン、ギモーヴ、パート・ド・フリュイ、チョコレート、焼き菓子、オランジェット
d0150287_01145172.jpg

d0150287_01150374.jpg


京都菊乃井の主人村田吉弘氏は以前、料亭は大人のアミューズメントパークと話されたことがあります。
銀座レカンさんで心地良い時間を過ごしながら、その言葉を思い出していました。
料理は申し上げるまでもありませんが、この空間全体に漂う空気とインテリア、食器、カトラリー、照明
テーブルクロスに至るまで、お話を伺いながら内心私にとって、こんなに楽しい所が他にあるだろうかと^^

最後になってしまいましたが、この9月1日から銀座レカン7代目料理長に
5丁目(銀座)のロテスリーレカンの料理長をされていた渡邉 幸司氏が就任されたそうです。
伺ったのは9日ですので、渡邉 幸司料理長のお料理です。
とても繊細で美味しくいただきました162.png

以前何かで読んだのだと思いますが、銀座レカンは
料理長が替わるとメニュー全て替わるのが慣わしで創業以来の料理というのは存在しないのだとか・・・
本当なのでしょうか? ね!

moreにウェイティングバーの写真を載せました。
アール・ヌーヴォーの銀座レカンを是非!




more ウェイティングバー
# by franandtuto | 2017-09-11 22:01 | 食べ歩き | Comments(4)
コンフィチュール・ド・レ(confiture de lait)
あるものを作るつもりで、コンフィチュール・ド・レ(confiture de lait)を作りました。
今日は簡単なコンデンスミルクを使って101.png

本来、コンフィチュール・ド・レ(confiture de lait)は牛乳と砂糖とバニラを長時間
ジャムのように煮詰めて作るもので、ミルクジャムともいいますね。

コンデンスミルク
d0150287_10032775.jpg

鍋に入れて缶がすっかり隠れてしまうまで水を入れて
d0150287_09590816.jpg
コトコト・・・・
水が蒸発して少なくなったら差し水をしながら、時々コロコロと向きを変えて
今日は2時間半煮る?(茹でる?)ます。

d0150287_10003805.jpg
熱いうちに缶を開けると内容が吹き出して危険なので
冷ましてから缶を開けます。
こんな色になっています。
d0150287_10013747.jpg
クリームより、ちょっと固めです。
煮る時間を短くすると、もっと柔らかく、色も薄く仕上がります。お好みで!

d0150287_10015879.jpg

このまま、クッキーにはさんだり、パンに塗っていただいてもいいのです。

もっと煮詰めて生キャラメルにしたり、少し温めて生クリームか牛乳で
緩めてソースにしてケーキやクッキーの生地に混ぜ込んでも美味しいです。

コンフィチュール・ド・レはアメリカではミルクジャム
ラテンアメリカではドゥルセ・デ・レチェ。
イギリスのトフィークリームもそうかな?

もっと簡単に圧力鍋で作る方法や缶から容器に移してレンジで煮詰めるなど
作り方は様々です。

実は、私は電気ポットの中に入れて同じ時間放置したこともあります。
ただ、そのまま煮て缶が破裂したら怖いとか考えて、やはり前からの方法で
こうして煮ています(笑)





# by franandtuto | 2017-09-02 10:31 | 作ったお菓子 | Comments(6)