ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
おはようございます! ..
by liebekatzen at 18:04
どうしてなのかしらね? ..
by franandtuto at 12:52
ホントよね 発酵の状態を..
by franandtuto at 12:34
美味しそうな葡萄パン! ..
by starofay at 12:02
うちのしだれ桜が咲き始め..
by starofay at 11:55
Commented by..
by franandtuto at 00:21
栗を綺麗に剥くのって難し..
by franandtuto at 22:01
みかん箱じゃ無かったんだ..
by franandtuto at 21:51
こんなに簡単にむけちゃう..
by macoleon at 20:29
あはは、ミカン箱いっぱい..
by nanako-729 at 15:56
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
栗の渋皮煮 2018
今日はスッキリと晴れて気持ちの良い朝でしたね
この三連休はお天気も良いようで、もうお出かけになられた方もいらっしゃることでしょう^^

昨夜 栗の渋皮煮を少しだけ作りました
数年ぶりに作ったのですか楽しかった~!

d0150287_11521637.jpg

以前毎年作っていた時に2年続けて右手の人差し指が腱鞘炎になって 
家族に渋皮煮は禁止されていたのです^^;
もちろん痛かったのは自分ですから恐恐と(笑)

来月、様子を見ながら少しだけ作ってみようと思っていたのですが 昨夜いただいたんですね
口にしてみたいと思っていた 茨城県の笠間栗を♫ 

朝収穫したという新聞紙に包まれた栗は水分を多く含んでいるのか 
鬼皮も柔らかくそのまま剥けそうでした 一旦台所に置いたのですが気になって何度も触っているうちに
ちょっと一個だけ剥いてみようと・・・ 結局全部剥いてしまいました楽しくて止まらない!

・・・私は台所に椅子を持ち込んで、この爪楊枝で少しずつ少しずつ渋皮を綺麗にしていく作業が
   殊の外好きなんです^^;

d0150287_12151494.jpg

昨夜12時くらいに始めて、せめてシロップに浸すまでと続けていたら朝7時になっていました(ヽ>ω<)
すぐに食べてしまうつもりなのでシロップが冷えるまで浸した栗を一旦出して
シロップだけを煮詰め、そこに栗を戻して冷めるまでシロップに漬けた ↑ 渋皮煮です

重曹で二度アク抜きをして渋皮の掃除、その後一回重曹を抜くために煮て洗った栗を
水とグラニュー糖のシロップで沸騰させて冷ましました

渋皮煮を初めて作ったのは10年前くらいだと思うのですが1年に何度も作っていて
それも毎回作り方を変えて作っていたので これが絶対という方法はなくて未だ試行錯誤中なのですが
2012年に鬼皮を剥くところから撮った記事がありますので 最後にリンクしておきます
過去記事ですが宜しかったらご覧になってみて下さいね^^

d0150287_12443822.jpg

お店で栗の皮むき器を見かけて これを使ったら腱鞘炎にならずに済むかもと思ったのですが
栗の皮むき器の中には渋皮も一緒に剥いてしまう物もあるようなので お友達に聞いてから
お店に行ったら既に売り切れ^^; ネットショップを調べたらもうどこも売り切れで
やっと見つけたら定価¥1000くらいの商品が定価の15倍! 来年購入することにして
今回は最後に作った頃に1番楽に処理出来ると思っていた方法で

ナイフはギザギザのなくて先が尖っていない魚用かフルーツ用など
最初に鬼皮に包丁の下の角の部分でナイフの先が入るくらい浅く実を傷つけないように切れ目を入れて
そこからナイフを鬼皮に沿って入れて浮かし引いて剥きました

d0150287_12532490.jpg

先に書きましたが この栗は鬼皮がとても柔らかかったので そのまま何もせずに使っています
その時の栗の種類や状態によってアクが強かったり煮える時間も様々です
重曹でアクを取る回数も2回だったり3回だったり、重曹を抜くのも同様です
今回の栗はアクはあまり強くなくて、とても早く柔らかくなりました
栗が煮えて柔らかくなると渋皮の掃除が壊れやすくて扱いにくくなりますので
火にかける時間を短くしました



 ↓ ではシロップで煮ず 煮上がった栗に直接砂糖を入れて誘い水程度の水で煮溶かし
   そのまま冷ます方法です

   宇治駿河屋さんのHPで知ったのですが
   シロップで煮ないので 渋皮を掃除する時に少し傷をつけてしまった物や割れてしまった物など
   比較的そのままの状態からボロボロにならずに仕上がりますので
   煮上がった時に これは割れちゃうなぁと思った栗を取り分けて置いてこの方法で
   仕上げています
   




# by franandtuto | 2018-09-22 13:44 | 作ったお菓子 | Comments(1)
ぽろたん(栗)
数年前に茨城県の四万騎農園さんで見た 栗の品種が書かれた立て札があって
これは広大な栗園に沢山の種類の栗が植えられているので 栗の種類を見分けるための札なのですが
その時 ”ぽろたん” と書かれた札があって国見とか秋峰とか漢字ばかりの札の中で
とても目立ったんです

日本の栗は8月くらいから落ち始める早生、中生、晩生といくつかの品種を混合栽培して
シーズン中収穫しているのだそうですが
伺ったときは10月中旬だったので ”ぽろたん”の収穫時期は9月で終わっていて
残念な思いで帰宅したので
この週末にお店で ”ぽろたん”を見かけて思わず買ってしまいました(笑)

d0150287_02023381.jpg

お店で販売されている栗って産地だけで種類が書かれているのは珍しくないですか?
利平とか品種名が記載されているのは ほんの少数だと思うのですが

”ぽろたん”は2006年に茨城県つくば市の果樹研究所が発表された純日本種の栗で加熱すると
ぽろっと鬼皮と一緒に渋皮が剥けることから命名されたようです

昨夜帰宅して数個レンジで加熱して試してみました
びっくり! こうですよ

d0150287_02092688.jpg
d0150287_02105562.jpg

今日 今年は初めてなので焼き栗にしていただきました♫
さすがに生栗をそのまま加熱してもポロッとはいかないようで 加熱する前に鬼皮に切り込みを入れます
説明書を見ながら入れてみました 鬼皮は硬くて怖いので軍手をして (笑)
側面と両側と底の部分に実に届くくらい

d0150287_02145333.jpg
d0150287_02143357.jpg
d0150287_02185724.jpg

無水の鍋か蓋のあるフライパンなどにアルミホイルを敷いて切り目を入れた栗を並べ加熱します
途中経過

d0150287_02204445.jpg

焼き上がりましたよ

d0150287_02223979.jpg
どうでしょう 

d0150287_02232396.jpg

冷めると外れにくいそうなので 熱いうちに鬼皮を外します
本当にポロッっと!
鬼皮と一緒に渋皮もポロリ、この”ぽろたん”は渋皮煮には向いていないようです^^

d0150287_02251666.jpg


私の欲しい栗は10月中旬頃に収穫される品種なので もう少しおあずけです

 


# by franandtuto | 2018-09-18 02:31 | 食べ物 | Comments(12)