ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 11:48
酸っぱくて、個性的な香り..
by franandtuto at 21:07
どこで見たかはわからない..
by franandtuto at 20:53
溢れてこぼれそうでしょう..
by franandtuto at 20:43
ルバーブ、お店で売ってる..
by macoleon at 21:37
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 20:23
美味しそうにこんがりと焼..
by starofay at 13:06
ミュウポッポさん、ピレー..
by fran at 00:57
ピレーン、間違えました。..
by ミュウポッポ at 16:28
すご~い!!こんがり焼け..
by ミュウポッポ at 16:27
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フラン・オ・ポンム
夕食後に、フラン・オ・ポンムを焼きました。
セルジュ・フリボー氏の帰国により閉店した「メゾン・ド・フランス・セルジュ」のルセットです。
d0150287_02255426.jpg


前記事、旭りんごのコメント欄でのやり取りをご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、
フラン・オ・ポンムのルセットを読んでいて、材料の量と焼く温度に疑問を持って
ネットで検索してみたのです。

フラン・オ・ポンムと検索して1番初めに出会ったのが、ヒロキさんのサイトでした。
私が手にしていたレシピ本のフラン・オ・ポンムをとても詳しく、何とパティシエの方の手順の写真付きで
紹介して下さっていたのですよ!!

このフラン・オ・ポンムは疑問だった材料や焼き時間、ポイントなど詳しく教えていただいて
完成しました169.png 

作り方
1)①ボウルに卵を入れ溶きほぐし、薄力粉、砂糖、塩を加えてよく混ぜ合わせる
2)①に牛乳を入れ、クリーム状になったらオレンジフラワーウォーターを入れ混ぜ合わせる。

※オレンジフラワーウォーターです。
d0150287_03001061.jpg
d0150287_02501785.jpg

3)②リンゴの皮を剥いて芯抜きで芯を抜いて薄い輪切りにする。
4)焼型の内側のバターを塗って
オーバルグラタン皿 28cm
d0150287_02591361.jpg
5)②のリンゴをずらして並べ①を静かに流し込む

d0150287_02510889.jpg

6)300℃のオーブンで5分、180℃に下げて30分焼き上がったらそのまま
  オーブンの中に10分放置する。

焼き上がり!!
d0150287_02575097.jpg
d0150287_02583646.jpg
 
我が家の照明は白熱灯なんです。夜に写真を撮ると色かぶりで実際の色より濃く撮れています。
さて、どうでしょう? もう少し生地が落ち着いてからカットしたほうが良かったですね!
d0150287_02593852.jpg
私の大切にしているレシピ本です。
長年愛用しているので、もうボロボロです!(笑)でも大丈夫。同じ物を2冊保存しています102.png
フラン・オ・ポンムはこの本の中のルセットです。
d0150287_03002094.jpg
このページ
d0150287_03232958.jpg
解説はこれだけなんですよ。
d0150287_03003078.jpg
このルセットは、焼型のサイズや何台分かの記載が無く、そうであれば普通は一台分のはずなのですが
材料の量が明らかに一台分では無かった事と、指定の温度では掲載写真の焼き色になるはずがないと
思ってネットを検索したのでした。

この本をヒロキさんのサイトで目にした時、本当に嬉しかったです。
同じ本を購入して同じお菓子を作っているって、仲間に出会ったようで嬉しいですよね~

掲載されているフラン・オ・ポンムに使われているオーバルグラタン皿はシェーンバルドという
メーカーのものでフラン・オ・ポンムを焼くなら絶対にこのお皿!と思って持っていたのです。
何と、このオーバルグラタン皿も発見してびっくりしました。

このフラン・オ・ポンムを作ってみたいと思われた方、ヒロキさんのサイトで教えていただいて下さい。
もし、わからないこと等がありましたら、きっと教えてくださる方だと思いますよ!
ヒロキさんのサイトはここです・・・・・



by franandtuto | 2017-10-21 03:46 | 作ったお菓子 | Comments(16)
Commented by ヒロキ at 2017-10-21 07:54 x
素晴らしいですね。
出来上がりが深夜ですよ。よほど氣合いが入ったと思われます。
最初から大成功と見ていいと思います。
焼き時間と温度はオーブンのくせがありますので、franさんのお好みに合うように調整してください。
オレンジフラワーウォーター、シェーンバルドのオーバルグラタン皿、洋菓子の研究を予め準備してるというのが、氣合いに出てますよね。
しかも洋菓子の研究を2冊なんてただ者じゃないです。
実は自分も2冊持ってまして、1冊は実家に置いてます。
franさんはその当時に購入されましたか?
自分はぺぺロッソにいた時にこの本が欲しくなり、色々と書店を回ったんですがどうしても買えず…。
ヤフオクで出品された時は、嬉しかったですね。

今日は冷蔵庫で冷やして食べてみてください。きっと美味しいでしょう。
逆にアツアツのを食べたことがないです。
最初から素晴らしいフラン・オ・ポンムです。
自分とケーキの趣味が似ていますね。

今度は、メゾン・ド・フランス・セルジュのレシピで「クレメ・ダンジェ」を作ってみてください。
私のブログでレシピ公開しています。洋菓子の研究ではヒ・ミ・ツとなってますからね。
Commented by franandtuto at 2017-10-21 22:15
ヒロキさん、ありがとうございました。
すっかりお返事が遅くなってしまって申し訳ありません。

昨夜は・・・と、いうより寝たのが今朝の8時でした(笑)

お気遣いいただいた通り、私の使っているオーブンは
手前が強く焼き色がついて奥とはかなり差が出るので
途中で角皿を入れ替えました^^

買い替えたときに食パンを並べて焼いて確認したのでわかったのですが
やはり個体差がありますね。

先程、冷やしておいたのをいただきました。
生地も落ち着いて、カットしやすく切り口も綺麗でした。
アップした写真はオーブンから出してすぐのですから
熱々でした(笑)

あの、2冊って予備が2冊で、合計3冊なんですよ(爆)
そうですね、私は発刊時ではなかったと思いますが
普通に書店に並んでいた頃に購入しました。
その頃は森山サチ子さんや、今田美奈子さんが有名でした。
レシピ本は製菓と言っても、洋菓子、和菓子、中華菓子、家庭菓子・・
何でも一冊にまとめられていたように思います。
一冊が重いほど分厚い本が多かったです。

製菓コーナーの端の方に並んでいた暮らしの設計は
憧れでした^^
内容はとても充実しているのですが
あの厚さで、その頃のレシピ本のお値段からすると
一冊¥2000前後の暮らしの設計は高価なレシピ本でしたし。


最近のオークションを見ていると、一冊一万円近くで取引されている物もあって
全冊持っているわけではないのですが
あの頃買っておいて良かった~と(笑)
Commented by ヒロキ at 2017-10-22 00:43 x
寝たのが8時ですか?すごい氣合いですね。
冷やして落ち着くとカットもきれいにできますよね。いつもペティナイフとカードを使って取り出しました。
下がプリン状になっていてオレンジフラワーウォーターのコクが出ていれば、間違いなくメゾン・ド・フランス・セルジュの味でしょう。
メゾン・ド・フランス・セルジュのファンの方がいらっしゃったのは本当にうれしく思います。店がなくなって、この味を引き継ぐ人がほとんどいないと思いますし。
「フラン・オ・ポンム」「メゾン・ド・フランス・セルジュ」「洋菓子の研究」「シェーンバルドのオーバルグラタン皿」「オレンジフラワーウォーター」このアイテムをコンプリートしてる方は滅多にいないと思いますよ。ブログを通じて初めてです。

「洋菓子の研究」を3冊お持ちなんですか?これはすごいっ!しかも書店に並んでいるときに購入ですもんね。
この後に出た「洋菓子プロの味」というのは売ってたんですが、どうしても見つからず、欲しいなぁとずっと思っていたんです。
ヤフオクで500~1000円くらいで入札できました。古本ですが状態がそんなにひどくなく満足しています。

森山サチ子さんの本が実家にありますね。母はプリンをこちらのレシピで作っています。今田美奈子さんもよく見かける著者ですね。
今、暮らしの設計を手に入れられるところは、大阪なんばの「波屋書房」という書店ですね。こちらは半分以上が料理本です。昔の「暮らしの設計シリーズ」「シェフシリーズ」を今も置いてます。今年、昔のケーキ本を購入しました。
昔のケーキ本は、写真の画質もよろしくなく、見栄えも今一つですが、伝統あるレシピがしっかりしてるので好きです。
今のクックパッドのは、出品者が自分の口に合うようにアレンジを加えちゃってるのでだいぶ崩れちゃってます。

おそらく、まだりんごが残っているので、フラン・オ・ポンムやタルト・オ・ポンムなどを作られると思います。
またぜひ、見せてください。レシピもお願いしたいと思います。

Commented by 森の子 at 2017-10-22 11:26 x
すごいな~。もうプロと同じだと思います。
 リンゴね・・・なっていますよ。近くで。だから不思議だなと思って、育ててみています。ま、虫がすごいでしょうけどね。桃栗三年柿八年というから・・・いつかなあ~~。
Commented by ミュウポッポ at 2017-10-22 22:14 x
さすが、franさん!プロ並みですね!!美味しそう!!franさんのブログのおかげでお菓子作る気持ちになれました。でもfranさんの様にはいきませんが。また何か簡単な美味しいお菓子の作り方教えてくださいね!!
Commented by ミュウポッポ at 2017-10-22 22:25 x
追伸
オレンジ・フラワー・ウォーター!初めて知りました。どういうところで売っているのでしょうか?
Commented by franandtuto at 2017-10-22 23:17
こんばんわ!
お菓子、特に初めて作る物や、手順や温度など手の混んだ物は深夜作るんです(笑)
それも、台所の照明だけ点けて。
深夜、一人でお菓子を作っていると
自分が錬金術師になったような気がしますよ!!
特にジャムの鍋を木べらでかき混ぜている時など・・・・。

ブロ友さんと同じ同じなんて笑うこともあります。
似たことを考えている人って居るんですよ♪

今回のフラン・オ・ポンムを作ったのは
前記事の旭りんごでは無くて
偶然、届いた紅玉なんです。
あの量の旭りんごに加えて紅玉が10㌔です(爆)

毎年のことなので、ブログのお友達はみんな知っているんですけれど^^

Commented by franandtuto at 2017-10-22 23:23
森の子ちゃん、そちらは台風どうでしたか?
こちらは、これからです。

あ、そうなの?リンゴがあるのね。
森の子ちゃんの方だと、何と言っても晩白柚だったっけ?
大きな大きなみかん!
桃源郷かも~!!
信じられません。あんな大きなみかんが、ごく普通のお家のお庭で実っているなんて!

リンゴの木に虫は多いのかなぁ?
そうね~苗で植えるの? まさか種じゃないよね?
何年で実をつけるんだろう・・教えてね!
楽しみ^^
Commented by franandtuto at 2017-10-22 23:34
ミュウポッポさん、お菓子は作り始めると楽しいですよ!

限度はあると思いますが、自分が作ってみたいもの
から始めてみては?
じゃないとモチベーションが維持出来ません(笑)
私の経験なので、アテになりませんが
私は、お菓子をつくるようになってから何年も
クッキーやカップケーキなど作ったことが無かったのです。

興味が無かったんですね。
食べるのが目的でなく、ただ作りたかったというのが真相です(笑)

はい、是非ご一緒に! お菓子を作りましょう^^
簡単なお菓子なら果てしなく!(爆)

オレンジ・フラワー・ウォーターは、私は富澤商店かクオカで購入しました。
製菓材料店で販売しているものは少量で便利です。
多分、エッセンスのコーナーにあると思いますよ。
Commented by nanako-729 at 2017-10-23 09:15
franちゃん、おはようございます!
台風は大丈夫だった?すごい風だったね。

フラン・オ・ポンムすごい、本と同じ出来上がり!
ヒロキさんとのお話を興味深く拝見しました。
franちゃんと熱く語れるなんてすごい方、
ブログも拝見しましたよ。
フラン・オ・ポンムの同じのがあった~( *´艸`)

「洋菓子の研究」使い込まれてるね・・・
私も一番最初のレシピ本はボロボロになってたよ(笑)
それがお菓子にハマり込むきっかけだから。
本の予備もあるなんて・・・わかるその気持ち♬
Commented at 2017-10-23 15:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by franandtuto at 2017-10-23 15:21
こちらを心配して下さるより、nanakoちゃんは大丈夫だったの台風。

私は、恒例のリンゴとまた格闘の日々(笑)
昨日は電車が遅れたら困るからtutoも早く赤坂に戻ったので
それから、また焼いていたの。
お部屋はリンゴの香りが充満^^

ふふ・・・そうでしょう~
nanakoちゃんも同じよね(笑)
ボロボロの本は何冊かあるよね。
お気に入りなの。どんなに古くてもボロボロでも
捨てられない!
そのときのための予備なのに(爆)

ヒロキさんのサイトをご覧になった?
初めて検索して伺った時、えっ?って思ったのよ。
作りたいお菓子の好みが似ていると思って。
レシピ本も紹介されているけれど
私も持っているのが何冊かあって。

パニポポちゃんのオフ会の時に、赤坂で初めてnanakoちゃんに会ったでしょう?
二次会のニューオータニで廊下を歩きながらジェリージャムの濃度(固まるとか固まらないとか)の話しをしたの覚えてる?
私はお菓子に関してだけ執拗な所があるのだけれど
あの時、ああnanakoちゃんも同じタイプだと思った。
ブログに遊びに行って、シフォンケーキとかね。
Commented by franandtuto at 2017-10-23 15:32
Commented by 2017-10-23 15:08の鍵コメちゃんへ

ええ~~!! どうしてそんな事になったの?
秋の運動会で走った?
全治一ヶ月って大変!!

動けなくて辛いね~もう~大事にして!
ジョイフル本田って、所沢の?
私も大好き! ジョイフル本田。

Commented by ヒロキ at 2017-10-23 16:44 x
驚きましたね!
こちらの読者さんは「洋菓子の研究」をお持ちの方が多いんですね。プロも使ってる本だし、これはメッチャいいものですよね。
しかも猫ちゃんのつながりもさることながら、ケーキ関係が多いじゃないですか。しかもみんなうますぎーっ!
こちらが教わりたいですよ。
franさんの読者さんは、すごい方が多いですね。
「フラン・オ・ポンム」でここまで盛り上がったことはなかったので、やはりこのようなケーキのファンもたくさんいらっしゃるんだなと再認識できました。
中央林間で喫茶業やってたときも出してみましたが、そんなに反応は良くなかったような・・・?
町田のペペロッソは出てましたね。このケーキは器がけっこうものを言うと思うんですよ。
オーバルグラタン皿じゃないとなかなか様にならないですね。
自分のブログで似たようなもので「フロニャルド」というのも出しています。
本のレシピだと角皿で作ってあってあまり見栄えよくないので、「フラン・オ・ポンム」のように作ってみました。こちらはオレンジフラワーウォーターを使わない配合でした。こちらもレシピ公開してます。「フロニャルド」で検索いただければと思います。形は似てるんですけど、別物ですね。
Commented by franandtuto at 2017-10-23 18:47
無事神戸に到着されましたか?
お疲れ様でした!!

そうですね、最初は猫のブログのつもりでしたが
お菓子のお友達の方が多くなりました!

おっしゃる通り、プロの方もいらっしゃったり、教えていらっしゃる方もいらして
教えていただいたり、刺激をもらったり
ブログをやってなければ知り得なかったことが
いっぱいで本当に始めて良かったと思っています^^
あと、カメラもそうですね~
ブログを始める以前は興味が無かったです。

nanakoちゃんのサイトをご覧になられましたか?
アイシングクッキーが素晴らしいですよね~
どのお菓子も素晴らしいけれど
彼女の1番は実はシフォンケーキです。
ラッピングもとても真似出来ません。

これって、センスと性格でしょうか(笑)
Commented by ミュウポッポ at 2017-10-23 22:06 x
ありがとうございます!探してみます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< タルト・タタン(Tarte T... 今年も真っ赤な林檎が届きました >>