ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
マリアージュフレールのア..
by Fran at 22:18
紅茶のぜりーですね。私は..
by morinokochaorin at 21:54
いいえ~そのまま! (爆..
by franandtuto at 22:59
私も紅茶屋さんに出かける..
by macoleon at 21:37
おはよう~かおりちゃん!..
by franandtuto at 12:59
Commented by..
by franandtuto at 12:35
透き通ったゼリーが本当に..
by starofay at 12:14
前にミンミンさんがお金持..
by franandtuto at 21:12
franちゃん、こんに..
by nanako-729 at 14:12
ありますよ!  ケーキ..
by franandtuto at 08:21
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クグロフ(Kouglof)
クグロフ(Kouglof)はブリオッシュに似た生地にレーズンを混ぜ込んで
蛇の目をひねったような独特なクグロフ型で焼き上げるお菓子です。
マリー・アントワネットが、パンがなければお菓子を食べればいいと言ったお菓子としても
知られていますね。

d0150287_02304721.jpg
私はレシピ本を読むのが大好きで、作るよりも本を読んでいるときの方が多いのですが
すごく面白いなと思ったのはクグロフのルセットです。
お店によって、それぞれの家庭や本によって本当に様々なのです。
数年前にそれまで目にした、どのクグロフとも違う、表紙の写真に惹かれて購入した
田中博子さんのレシピで作りました。

パンを作られる方はよくご存知と思いますが、バターが沢山入るブリオッシュ生地は
ベタついてグルテンが出て丸められるまでが大変なのです。

私はいつもフードプロセッサーで生地を作るのですが、それでも一旦まとまった生地に
生地と同じ柔らかさのバターをさらに混ぜ込み生地を指で広げた時に、指が透けて見えるくらいの
生地を作り一次発酵。二次発酵を冷蔵庫で一晩、翌日分割してベンチタイム、型に入れて最終発酵と
可愛くて、美味しいのですがなかなか作る気になれないクグロフです (笑) 
写真は最終発酵が終わってオーブンに入れる直前の状態です。

シリコンの焼型で焼きました。
スフレンハイム焼きの小さい小さいクグロフ型があるといいな・・・^^;

d0150287_02311276.jpg
190℃のオーブンで20分焼きます。
焼き上がったクグロフを焼き型から出し、アーモンドシロップに潜らせ、更に溶かしバターを刷毛で塗って
グラニュー糖をまぶして出来上がりです!
d0150287_02395329.jpg
カットしますね。
d0150287_02393559.jpg

d0150287_02341756.jpg
すごく甘そうですよね? 実際甘いのですが生地自体はそう甘くないのでいい感じ。美味しいです♪
餡の入っていないツイストドーナツくらい。

d0150287_02305855.jpg
d0150287_02382310.jpg
2日がかりで焼いて6個って、ちょっと悔しい感じ!
クグロフは乾燥させなければ日持ちのするお菓子ですし、固くなったらラム酒のシロップに漬けると
ババになりますね。今度はもっと沢山作りましょう!


by franandtuto | 2018-01-17 03:43 | 作ったお菓子 | Comments(11)
Commented by starofay at 2018-01-17 10:08
とっても美味しそうです。
ブリオッシュが美味しいのには、訳があるのですよね。
焼き上がったクグロフをアーモンドシロップに潜らせ、さらに溶かしバター、、、そしてグラニュー糖。
ちょっと気が遠くなりました。笑
カロリーを気にしたら食べられませんね。

私もレシピ本を読むのが大好きです。
Commented by franandtuto at 2018-01-17 10:53
おはよう~かおりちゃん!

ホント!カロリーを気にしては食べられません(笑)
どうしてなのか時々、このグラニュー糖のように
ストレートに甘い物が食べたくなる時があるの^^

美味しいブリオッシュは本当に美味しいですよね~
因みに美味しいブリオッシュは私には作れそうもないので買ってきます。

レシピ本は楽しい!
最近また郷土菓子の虜になっています 爆
Commented by nanako-729 at 2018-01-17 19:22
franちゃん、こんばんは!
わぁ~美味しそうなブリオッシュ!
バターたっぷりでとっても香ばしくて
美味しそう~( *´艸`)
この型は外すのがとっても楽そう!
クグロフの型もいろいろあるね!
可愛い大きさでたべるのに手ごろかな
あ~そこのお砂糖たっぷりなの私にひとつ( ^^) _旦~~
Commented by morinokochaorin at 2018-01-17 20:48
お菓子の好みがあるとすれば、ここに出ているのは全てストライク。特にカヌレは、大好きなお菓子。ありがとうございます。やはり銅を買い直してやってみます。
Commented by franandtuto at 2018-01-17 22:41
こんばんわ! nanakoちゃん^^

やっぱりシリコンの焼型は圧倒的に扱いが楽よね~
この型はクグロフ型って買ったと思うけれど
もう十年以上前なので定かじゃないの。

大きいクグロフ型はあるのだけれど
小さいのは持ってなくて・・・
見かけるのは浅いのが多くてね。

スフレンハイム焼のような深くて直径の小さいのが
ほしいのだけど。

このクグロフは美味しいですよ。
このストレートな甘さに、
何だか元気を貰えるようなお菓子!
Commented by franandtuto at 2018-01-17 22:47
ありがとう。森の子ちゃん。
そういうふうに言っていただくと、とっても嬉しいです。

カヌレは美味しいですよね~
家庭で作る物でも、しっかりバニラとラム酒を
効かせるといいですよ。


Commented at 2018-01-18 01:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by franandtuto at 2018-01-18 01:49
Commented by 2018-01-18 01:23 の鍵コメちゃんへ

わかる!私もおんなじよ~
もし去年のが残っていても作りたい^^
毎年作っている物って作ることが楽しいのよね~

うん、このクグロフは粉を100とするとバターは80の割合。
最終的な生地の練り上がりの状態って
・・・風船ガムを噛んで指でビーッっと伸ばすと
う~~んと伸びて字が見えるくらい薄く伸びて切れないでしょう?
あの位の生地。

最初に粉と生イーストと卵で練って↑と同じように確認して・・・薄く伸びるけど字は読めないかな 笑

更に生地と同じ柔らかさのバターを千切って混ぜ込んでよく伸びて切れない最終的な生地の状態にするの。
説明書を詳しく読んでいないのだけれど
HBでも作れるのかな?
長年のクセで調べもせずにFPで作ってしまうのよね~
Commented by ミュウポッポ at 2018-01-21 09:15 x
franさん、お早うございます!美味しそうなクグロフ!!クグロフのカットした面からしっとり感がよ~くわかります!!franさんのお菓子作りのセンスの良さがひしひしと感じられます。次は何かしら?!!楽しみにしています!!
Commented by franandtuto at 2018-01-21 22:57
こんばんわ、ミュウポッポさん^^

寒いですね~明日は大雪になるとかの予報が出ていますが。
予報だけに終わってほしいですね!

ご覧の通りこのクグロフは表面がグラニュー糖ですから
ストレートなお砂糖の甘さがダイレクトに。

う~んと疲れた時とか、凝った物よりシンプルな甘さが心にも身体にも嬉しいことがありますよね。
そんな時に元気になれそうなんですよ (笑)
Commented at 2018-01-21 23:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< とうふ屋うかい タルト・フランベ(Tarte ... >>