ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 21:52
クルミのマカロンはちょっ..
by franandtuto at 13:44
くるみのマカロン!コクが..
by starofay at 14:47
おはよう~ >パン..
by franandtuto at 05:58
失敗からお気に入りが出来..
by macoleon at 22:52
こんばんわ、nanako..
by franandtuto at 02:26
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 13:52
ルクセンブルガリ 検索し..
by franandtuto at 01:02
日本で言うマカロンはスイ..
by liebekatzen at 00:16
https://www...
by RadikBoync at 05:01
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
紅茶とライチのゼリー
暑い日が続いていますがいかがお過ごしですか?
今日はライチのジュースと紅茶でゼリーを作りました

d0150287_08500913.jpg

いつもはゼラチンを使うのですが うんと暑い時はゼラチンの粘り気のあるプルンっとした食感より
寒天の滑らかでツルッとした喉ごしが涼しい気がしますので今日は寒天で^^

紅茶は、KUSMI TEAのSt Pétersbourg(サンクトペテルブルク)を使いました
キーマンをベースにしたアールグレイに柑橘類とベリー類の甘い香りと
キャラメルとバニラのフレーバードティーです 今回はティーバッグを使いました

KUSMI TEAはパリの紅茶のメーカーとして有名ですが
19世紀1867年帝政ロシア時代にパヴェル・ミハイロビッチ・クスミチョフが
サンクトペテルブルグに創業した ロシア皇帝御用達の紅茶問屋で
ロシア革命の混乱を避けて、1917年フランスに亡命し1920年パリに店を開きました
St Pétersbourgは古都サンクト ペテルブルク建都300年を記念して創られた紅茶です


d0150287_09031944.jpg
紅茶とライチのゼリーを二層にして作るつもりで
冷蔵庫に桃が一個残っていたのでカット赤ワインに少し浸けたら綺麗になるかと思ったのですが
使った赤ワインの色のせいか 綺麗に色付かない予感^^;

d0150287_09565947.jpg

この桃を乗せようか迷いながらも、紅茶のゼリー液が固まった上に並べてフランボワーズを1個
更にライチのゼリー液をかけて冷蔵庫へ 出来ました

d0150287_10034100.jpg
どうでしょう

d0150287_10054904.jpg
d0150287_10510894.jpg


KUSMI TEAのゼリーを作ろうと思ったときから 何かロシアの器を使いたいと思ったのですが
残念ながら私はロシアの器を持っていないので、ロシア製はスプーンだけ
ゴールドウォッシュが施された19世紀後半の スプーンと

ずっと前に明日香ちゃんのショップで譲っていただいた アメリカの
ケンブリッジだったのか フォストリア ・ヘイシー・・・メーカーは忘れてしまいましたが
確かデプレッションガラスと教えてもらったように思います を使ってみました

d0150287_10485123.jpg



by franandtuto | 2018-07-16 10:54 | 作ったお菓子 | Comments(13)
Commented by nanako-729 at 2018-07-16 14:12
franちゃん、こんにちは!
こう暑いと何かのど越しのいいものを・・・
KUSMI TEAのゼリーとってもきれい!
私もKUSMI TEAは全部シフォンに使ってしまったよ。
透き通る琥珀色とアンティークの器が
美味しさを引き立てるね( *´艸`)

今日も暑くてかき氷器を引っ張り出してきたよ(笑)
Commented by franandtuto at 2018-07-16 21:12
前にミンミンさんがお金持ちならぬ紅茶持ちよ!と笑ってらしたけど
ついお店で見かけると買ってしまって
我が家も紅茶の種類だけはいっぱい!!
ティーバックをペットボトルに入れたアイスティーが冷蔵庫にたくさんです

ところで、紅茶はティーバッグ、ティーパック?
時々不安になるわ間違っていないかなと紅茶と下着紛らわしい~
で、調べたらティーバッグでいいらしい
Commented at 2018-07-17 10:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by starofay at 2018-07-17 12:14
透き通ったゼリーが本当に美しい。
香りの良いものばかりで作られて、素晴らしい風味でしょうね。

↑、爆笑
要するに袋入りの紅茶なので、ティーバッグですよ。
Commented by franandtuto at 2018-07-17 12:35
Commented by 2018-07-17 10:50の鍵コメちゃんへ

続くらしいよ~なんだか怖くなるような暑さ!
私もマーケットの開店時間を調べて、朝一でいくつもりだったけど
8時過ぎに窓ガラスを触って諦めて、ネットスーパーにしたよ^^;
だって自転車に乗れないし・・・・
Commented by franandtuto at 2018-07-17 12:59
おはよう~かおりちゃん!
うんと暑いときは喉ごしが寒天のほうが好きというのもあるけれど
紅茶を使ったゼリーはゼラチンだと紅茶のタンニンでクリームダウンを起こすからと言うのも
理由の一つ(笑)

寒天だと紅茶の煎れ方や砂糖、急冷するなど気を使わなくても綺麗なゼリーが出来るから^^
コーヒーや紅茶専用のゼラチンもあるようですが!

ああ、見られちゃった
良かった! 自信を持って使うわ ティーバッグと!!
Commented by macoleon at 2018-07-17 21:37
私も紅茶屋さんに出かけると、ついつい買ってしまいます。
それで、ティーバック(笑)で水出しした紅茶が冷蔵庫にいっぱい
なのも一緒です^^
ところがこの前、紅茶は衛生面かなにかで一度熱湯で消毒する方がいいと
何かに書いてあって、え~直接水出しはダメなのかナとショックでした。
水出し用っていうのは大丈夫らしい。
franさんはちゃんとお湯沸かして紅茶入れてから冷まして、冷蔵庫に入れてますか?

Commented by franandtuto at 2018-07-17 22:59
いいえ~そのまま! (爆)
そうなんですか? 水でなく紅茶の方に問題ありでしょうか?
確かにアイスティーって沸かしてから冷やすし
直接ペットボトルってあんまり聞かないですよね・・・
いいことを知ったと大喜びだったんですよ~

ふふ・・やっぱり買ってしまいます?
同じ同じ^^ 目新しいとつい・・・
それと、限定とかお薦めにも弱いです

えと・・・これってムレスナティーのショップで教えてもらったんですよ
でも、ずいぶん前^^; そうかぁショック!
Commented by morinokochaorin at 2018-07-18 21:54
紅茶のぜりーですね。私はあまりゼリーは作らなくて。クスミティーのこれは、美味しそう。アイスティーは、マリアージュのアールグレイフレンチブルーがすきだけど、これも良さそうです。
Commented by Fran at 2018-07-18 22:18 x
マリアージュフレールのアールグレイフレンチブルーはベルガモットの香りが王道ですよね〜
矢車菊のブルーが本当に素敵!

サンクトペテルブルクはベルガモットに柑橘系とベリーとバニラにキャラメルだから
もう少し甘い香り^^

暑い時にシンプルに香りのゼリーは爽やかで美味しいですよ!
Commented at 2018-07-21 08:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-07-22 13:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-07-22 18:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< クレマ・カタラーナ(crema... ぷっくりマドレーヌ >>