ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
franちゃん、こんにち..
by nanako-729 at 11:48
酸っぱくて、個性的な香り..
by franandtuto at 21:07
どこで見たかはわからない..
by franandtuto at 20:53
溢れてこぼれそうでしょう..
by franandtuto at 20:43
ルバーブ、お店で売ってる..
by macoleon at 21:37
franちゃん、こんばん..
by nanako-729 at 20:23
美味しそうにこんがりと焼..
by starofay at 13:06
ミュウポッポさん、ピレー..
by fran at 00:57
ピレーン、間違えました。..
by ミュウポッポ at 16:28
すご~い!!こんがり焼け..
by ミュウポッポ at 16:27
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
紅玉のジェリージャム 2018
年末にお餅を搗いたり黒豆を炊いたり、お彼岸におはぎを作ったりと
季節に毎年作る物がどこのご家庭にもあると思いますが
これはもうずぅ~~~~っとこの季節の我が家の定番のジャムです

d0150287_12080753.jpg
毎年紅玉が出回る前に予約をして10㌔の大量の紅玉を取り寄せるのですが
今年届いた物がいつもの年の物と違っていました
これは今年は鮮やかなルビー色にはならないなぁと少し気落ちしながら作り始めました

d0150287_12111899.jpg
d0150287_12121863.jpg
でも、やっぱりおかしい・・・・

d0150287_12130272.jpg
d0150287_12132784.jpg

こんな色のはずが無いと

d0150287_12141424.jpg

最後に以前作った記事をリンクしますので見ていただきたいのですが ちょっと経験が無いほど
(撮った時間も人間(tuto)も違いますので写真そのものはさておき、色を見ていただければと・・)
でも、実際は毎年違っているんです(笑)天然のりんごだけを使っているし
我が家にりんごの木があるわけではないので これも年ごとの楽しみの一つです


このジャムは紅玉りんごとクリスタルシュガーのみで作りますので
加工用のりんごは大きさや形・傷などには拘らないのですが
色は使った林檎の色が全てなので
お尻まで真っ赤でペクチンの含有量が多いりんごが欲しいのです

このりんごはよく熟していたのでペクチンは問題なかったのです

結局思うようにならなかったので、再度別な所から大急ぎで取り寄せ
同じように作って、↑ のものと合わせて作りました
ちょっと不本意ではありましたが 今年のジェリージャムです^^
時間はかかりますが こうして出来上がったジャムを並べると妙な達成感があって嬉しいのです162.png


d0150287_12370310.jpg


気泡が見えますね~これは自宅用でいただいてしまいます(笑)
d0150287_12365418.jpg


新たに取り寄せた物も色づきはあまり良くなかったです。
平行して焼いていたタルト・タタンのりんごの皮まで入れたのですが^^
今年の気候のせいなのか偶然だったのかは不明ですが 来年は真っ赤なりんごが届くことを祈って!!

d0150287_12462710.jpg



d0150287_12464299.jpg








by franandtuto | 2018-10-23 12:50 | 作ったお菓子 | Comments(12)
Commented by nanako-729 at 2018-10-23 17:37
franちゃん、こんにちは!
今年も恒例のジェリージャムきれいだね~!

こんなに赤く見える林檎なのに思った色にならなかったの?
2度もお取り寄せして大変だったね!
じゃあ大量に出来たの?私1本予約(笑)
美しいルビーのようなジャムこれを見ると秋が来たって思うわ( *´艸`)
Commented by liebekatzen at 2018-10-23 18:07
こんにちは!
先日の10キロのりんごはこうなったのですね~
とってもきれいな色に見えますが、franさんの目から見ると
完璧ではないのですか?
このゼリーは私が作った西洋カリンのゼリーの色違いバージョンのようですね☆
本当に宝石のようで、うっとりしています♪
Commented by ミュウポッポ at 2018-10-23 18:25 x
franさんこんにちは!やはりfranさんのジェリージャム!!美しいですね!!私もfranさんに教えていただき今年作ってみました。私の中では綺麗な色が出たのですがfranさんのを見せていただくと月とスッポン!!franさんのは本当にルビーの様で美しいですね!!
Commented by macoleon at 2018-10-23 18:31
とってもきれいなジェリージャム!
確かに前回の写真の色を見ると、煮ているときからもっと
色がついてますね。
今年はどうしたのでしょう、、
でも、新しく取り寄せたのと合わせてきれいに仕上がって良かったですね(*^-^*)
私は紅玉の皮をむいてジャムにしてしまったので、普通のりんごジャムになりました笑
確かにせっかくの赤い色、もったいなかったかな?
でもこんな手の込んだジャムは作れる自信がないよ(;・∀・)
Commented by franandtuto at 2018-10-23 19:49
こんばんわ、nanakoちゃん!
今回は一度完成させて、それから新たに取り寄せたから
時間がかかっちゃった!!

鍋には赤く色付いたのを選んで入れたのよ(笑)
赤いのだけどお尻の方はキレイな緑でね 見ていた息子が
この林檎ほんとうに紅玉?と聞いたほどだったの
新鮮な紅玉は硬くてパリッとしているはずだけど
何か違う感じ タルトタタンを焼いてもやっぱりいつもと違ったのよ
林檎がボケるというでしょう? まさかこの時期にそれは無いと思うけど
煮溶ける感じはそんなだったの

今年ね産地を変えたのでそのせいかと思って二度目は今までと同じ産地から送ってもらったけれど
あんまり変わらなかった これが今年の紅玉なのか
たまたまなのかは不明(笑)

はは、了解! 暇を作って取りに来て!!
Commented by franandtuto at 2018-10-23 19:58
西洋カリンとローズヒップのコンフィチュールですよね!
私もそう思いながら見せていただきました♡

あれってすごくいいアイデアですね! スイスではよく使われる手法ですか?
西洋カリンはもう入手出来ないかもですけど
果物を変えて私も作ってみたいです!

はい、自然の色そのままですから林檎は結構差がありますしね~
初めて作ったときに本当に座り込んで見惚れるほどキレイなルビー色になったんです
偶然いい林檎がやってきたのですが
毎年そのときの色を思い浮かべてつくっているんですよ(爆)
Commented by franandtuto at 2018-10-23 20:09
こんばんわ、ミュウポッポさん!
これは紅玉の個体差なので一定ではありませんよね~毎年

↑ にも書きましたが、最初に作ったときの色の美しさが頭の中にあって
毎年それを追い求めている感じなんです
でも写真も残っていないし、その色自体がもう記憶の中で別な物になっているのかも(笑)
私はペクチンを使わないので煮詰めて仕上げる状態も
毎年微妙に違って もちろん毎年今年も!と妙な達成感に浸っていることに
変わりはないのですが(笑)
Commented by franandtuto at 2018-10-23 20:23
これはね、滴り落ちた液体がキレイじゃないほど美しく仕上がるかなぁ・・・
結局仕上げて見たんですよ 不安に思いながら・・・
でもやっぱり駄目ってことで(笑)
macoleonさん、これは時間がかかるだけですよ それも
鍋で煮溶けるまで煮たら、あとは滴り落ちるのを放っておいて待つだけですよ
実際の作業はそんなにかからないです 

あのね、林檎の赤い皮は一度にいっぱいは集まらないので
都度冷凍庫に入れて保存しておくといいですよ^^
一握りくらい貯まったらコップ一杯程度の水で
皮の色が抜けて白くなるくらいまで水を足しながら煮て
コーヒー用の紙のフィルターなどで濾してグラニュー糖を少し入れて
ペクチンを入れ(入れなくてもいいです)
好みの硬さまで煮詰めるとキレイなゼリーのようになりますよ~
味はもちろん果肉を使ったもののようにはなりませんが
ナパーシュに最高です(^o^)v
試してみて! 林檎の色ってこんなに美しいのだと驚きますよ^^
そして・・・皮も捨てられなくなるんです(笑)
Commented by 森の子 at 2018-10-24 08:29 x
そうなんですね だから私は、去年赤くならなかったんですねー 赤いのだけでやってみます
Commented by starofay at 2018-10-24 09:17
充分に紅く見えるけれど、いつもはもっと紅いの?
フランさんのリンゴのジェリーは、見ているだけで幸せな気持ちになるけれど、
チーズと合わせると極上で、ワインとも良く合いますよね。
Commented by franandtuto at 2018-10-24 17:15
赤くならなかった? 全く?
毎年一定ではないことが、楽しみの一つでもあるのだけれど
色はやっぱりルビー色が見たくて作っているからね

お友達が取り寄せた紅玉の中にシャムやシロップに皮を使っても色付かないことがあると
書いた紙が入っていたとか今年聞いたのよ
それこそ、え?まさか!でした(笑)

やはり真っ赤な林檎から鮮やかなジャムが出来、ペクチンが多いほど透明なのが
出来ると思います
頑張って!
Commented by franandtuto at 2018-10-24 17:29
うん、毎年見てると違うのよ^^;
こんな時は果樹園に買いに行って一つ一つ見て選んで買ってきたいと思います(笑)

これは食べたいと言うより作りたいから毎年作ってるのよね^^
チーズとジャムって合いますよね!
・・・・もっと煮詰めて飴にしたこともあるの
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< タルト・タタン(Tarte T... 四万騎農園(しまきのうえん)の... >>