ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
目黒雅叙園
ニューヨークの記事はまだ続きますが、前半が終わったところでちょっと気分を変えて003.gif
週末に例によって仕事を終えてから、目黒雅叙園に向かいました。
武田双雲 書道家10周年記念展 「武田双雲展」×百段階段が開催されていて、数年ぶりに百段階段を見に行こうということになったからなのですが

ついでに週末だから、雅叙園に泊ろうかと意見がまとまり、ゆっくり”昭和の竜宮城”とよばれた目黒雅叙園を堪能してきました。
ちょっと浮世離れした”昭和の竜宮城”をごらんくだいね024.gif

正面玄関を入ってすぐに催しの武田双雲の書 人生。
d0150287_050428.jpg
この左に百段階段に向かう螺鈿のエレベーターがあります。
今日は右に曲がってフロントへ
この華やかな江戸時代の女性たちの彩色木彫板は旧・目黒雅叙園の「花魁通り」と呼ばれた長い廊下を装飾していたもので
、横尾芳月などの原画をもとに彫刻したものを移築したのだそうです。
d0150287_05202.jpg
この左右には内掛けや、扇が・・・・目黒雅叙園は日本で初めての総合結婚式場でもあったのです。これは結納のお品ですね、
熱海殺人事件という、つかこうへいさんの映画でのセリフで 
「大事な娘がどこの馬の骨ともわからない男にとられちゃうの・・・昆布とスルメと引き換えにだよっ!」
 その昆布とスルメがのっていますね003.gif
d0150287_0592391.jpg
内掛けです。綺麗ですねぇ~
d0150287_134519.jpg
d0150287_142479.jpg
d0150287_144499.jpg
d0150287_145844.jpg

御神輿もありますよ!
d0150287_153634.jpgd0150287_181960.jpg
さて、ここが目黒雅叙園の世界に誘うエントランス。棟飾りは祝宴会場にふさわしく縁結びをあしらっています。「招きの大門」です。
d0150287_145406.jpg

ちょっと、夜も遅くなってしまったので、”昭和の竜宮城”とよばれた目黒雅叙園のその
昭和の竜宮城たる数枚の写真を・・・・・詳しくは次回ということで、ごめんなさい!
まず宴会場入り口 ここは旧・目黒雅叙園の玄関を移築したそうです。
d0150287_1162663.jpg
d0150287_1172357.jpg

メインダイニング「東京チャイニーズ旬遊紀」にある個室、「堅山南風」の壁面絵と「ジョサイア・コンドル」設計の「旧岩永省一邸」である「南風の間」です。
d0150287_1232261.jpg

d0150287_1234339.jpg
お隣は、「玉城(ぎょくじょう)」美人画の大家「益田玉城」画伯の「桜下花見踊りの図」が目を惹く絢爛豪華な個室です。
d0150287_1263853.jpg
中国料理でよく見られる”回転テーブル”は、中国から伝わったものではなく、目黒雅叙園の創業者が考案したものとも言われ、この「玉城」には、その第一号の回転テーブルが今も使用されています。↓この螺鈿のテーブル
これがその第一号の回転テーブルです。
d0150287_1295664.jpg

by franandtuto | 2010-05-31 01:34 | 食べ歩き | Comments(36)
I LOVE..New York ・・・・・ The Metropolitan MuseumそのⅡ
それでは
ピカソにお別れして、次のブースへ中世ヨーロッパへご案内します。
細かくは忘れてしまったので、説明は、なしでございます012.gif
d0150287_1473390.jpg

d0150287_059882.jpg
d0150287_0595168.jpg
もっと近くへ
d0150287_103531.jpg
d0150287_132365.jpg
d0150287_105518.jpg
d0150287_111318.jpg
d0150287_12316.jpg
d0150287_162034.jpg
d0150287_125630.jpg
天井のメダリオンが素晴らしいですよね016.gif
d0150287_1272688.jpg
d0150287_135829.jpg
d0150287_1261720.jpg
d0150287_143060.jpg
d0150287_1491413.jpg
d0150287_1483722.jpg
これは何でしょうか、ベッドですが、長さが短いの・・・・・確か中世フランスの貴族はベッドに座った状態で眠っていたとか
聞いたことがあるのですが・・・・。
天蓋付きのこのベッド、全てが蒼いんです。 このベッドで寝てみた~い!と言う明日香ちゃんと、私。
tutoは絶対に寝られないと主張しました003.gif
d0150287_184161.jpg
d0150287_1114659.jpg
d0150287_1125652.jpg
こんな器もありました053.gif
d0150287_121348.jpg
d0150287_1212538.jpg
d0150287_121441.jpg
d0150287_1135821.jpg
d0150287_1165232.jpg
中世のお部屋から出て・・・・眩しい~さて・・・・・
d0150287_1195455.jpg

by franandtuto | 2010-05-28 01:30 | 旅行 | Comments(22)
I LOVE..New York ・・・・・ The Metropolitan Museum
メトロポリタン美術館です。1870年に開館した世界4大美術館の一つとも言われていますが、
驚いたのは、このメトロポリタン美術館、国立でも州立でも市立でもない私立の美術館なのだそうです005.gif入場料が希望料金と書かれていて、その希望料金は大人$20
シニア(65歳以上)$15
学生$10
会員(Join Now)無料
12歳未満のお子様(大人同伴)無料
入場券のかわりに金属製のバッチをもらい見えるところに着けます。これがあればその日は出入り自由です。
曜日によってバッチの色が変わっているので昨日のバッチは使えないのです。003.gif
d0150287_235751.jpg
d0150287_23142826.jpg
d0150287_2353314.jpg

d0150287_23114713.jpg
d0150287_23162268.jpg
スタッフまでが絵画のようです。雰囲気があるでしょう001.gif
d0150287_231309.jpg
d0150287_23131861.jpg
ちょうど4月27日- 8月15日までピカソ展が開催されていました。 まず、ピカソからご紹介しますね。写真が大きくなりますが、
よく見えるといいなぁ~と思っているのですが・・・・・・
d0150287_23172473.jpg
d0150287_23174055.jpg
d0150287_23175847.jpg
d0150287_23181160.jpg
d0150287_23223582.jpg
d0150287_23225267.jpg
d0150287_2323622.jpg
d0150287_23242314.jpg
d0150287_2325639.jpg
言葉が邪魔だと思いますので、今日は寡黙に・・・・・003.gifピカソ展を出ました。
d0150287_2326189.jpg
次はどこを見ようか・・・・・聞いてみます。
d0150287_23275422.jpg
へへへ・・・・これ、見覚えがありますよね? スターバックス!!
d0150287_2330139.jpg
長くなってしまうので、続きはまた明日003.gif
良かったら遊びにきて下さいね060.gif

余談ですが、私にとって今までのメトロポリタン美術館と言ったら、これ↓知ってる?
               
                        「メトロポリタン美術館」

                        大貫妙子作詞・作曲

                 大理石の 台の上で 天使の像 ささやいた
                 夜になると ここは冷える 君の服を 貸してくれる?                 
                 タイムトラベルは 楽し メトロポリタン ミュージアム
                 赤い靴下で よければ  かたっぽあげる


                 エジプトでは ファラオ眠る  石の布団に くるまって
                 呼んでみても 五千年の  夢を今も 見続けてる
                 タイムトラベルは 楽し  メトロポリタン ミュージアム
                 目覚し時計 ここに  かけておくから


                 ヴァイオリンのケース  トランペットのケース
                 トランク代わりにして  出発だ
                 タイムトラベルは 楽し  メトロポリタン ミュージアム
                 大好きな絵の中に  閉じ込められた



         
  
by franandtuto | 2010-05-24 23:53 | 旅行 | Comments(29)
I LOVE..New York ・・・・・(LE PARKER MERIDIEN NEW YORK)
二泊したニューヨークのもう一つのホテル、6番街と7番街の間の東56丁目と57丁目にエントランスがある
LE PARKER MERIDIEN NEW YORK(ル・パーカー・メリディアン)です。
カーネギー・ホールまで徒歩1分(と、言うか・・・隣だったような)、セントラルパークまでも徒歩3分ほどの便利な場所にあります。
d0150287_1015182.jpg
d0150287_10152983.jpg
正面玄関を入ると左手にチェックインカウンター
d0150287_10282297.jpg

突き当たりを右に折れると吹き抜けで天窓から明かりの差し込むロビーが広がります。
d0150287_10295846.jpg
d0150287_10343469.jpg
ロビーの左右には56丁目と57丁目につながる細い通路が南北に通っています。57丁目に抜ける通路には
エスプレッソバーKINAVEがあります。インテリアもとても素敵ですね016.gif
ずっと奥に入り口があるの見えますか?
d0150287_10381287.jpg
ロビー突き当たりの階段を登ると朝食・昼食をいただけるレストランNorma’s(ノーマズ)です。
このレストランはザガットやシティーサーチで「NY最高の朝食」を受賞したレストランです。
エッグ・ベネディクト(イングリッシュ・マフィンの半分にハムかベーコン、ポーチドエッグ、オランデーズソースを乗せたもの)
が特に有名なんだそうですよ。
d0150287_1052650.jpg
このホテルは42階建て、私たちのお部屋は40階です。
入りますね003.gifロビーエリアは大理石を贅沢に使用し洗練された印象でしたが、客室はシンプルかつモダンな感じ。
入ってすぐのビジネスデスクのあるエリア
d0150287_105914.jpg
隣はソファーベッドのあるリビングエリア、このビジネスデスクのあるエリアとリビングエリアは半円の回転式TVセット
(柱に備え付けのテレビモニターは柱ごと、ビジネス側とリビング側に回転する仕組み)で仕切りのように区切られています。
↑の写真の右寄りほぼ中央の部分 ↓の中央に見えるソファーがソファーベッドなのですが、これがキングサイズ!041.gif
大きくてびっくり!キングサイズのソファーベッド初めて見ました!
d0150287_113465.jpg
そしてベッドのある寝室エリア
d0150287_1144378.jpg
寝室にも↑の回転式TVセットがあります。TVにはDVDとPlay Stationが付いていました003.gif
d0150287_11143047.jpg
実はこのホテル、美味しい食べ物の宝庫のようで、先ほどご紹介した「NY最高の朝食」を受賞したノーマズや
知る人ぞ知るNYナンバーワンのハンバーガーショップ"バーガージョイント"が1Fフロントの横、茶色のカーテンに隠れ
従業員通路のような狭くて薄暗い通路の奥にあるんです。小さなバーガーのネオンサインが目印!

"バーガージョイント"と言えば、おいしいシェ・ママンのママンちゃんが、今年でなく前回にニューヨーク旅行の時に
この"バーガージョイント"にいらしてましたね~さすが~060.gif

こんな美味しいお店があるのに私たちは毎食食べすぎてお腹がいっぱい・・・・・食べられなかったの037.gif
このホテルで私はファスナーが壊れて使用不可になったパンツを捨ててきたのでありました。
次回からはファスナーなど付いていないWゴムのパンツにしなくては033.gif

すっきりと目覚めて朝です。 これから、メトロポリタンミュージアムにむかいます016.gif
d0150287_1243978.jpg

by franandtuto | 2010-05-22 12:10 | 旅行 | Comments(25)
I LOVENew York ( THE WATER CLUB)
マンハッタンのイースト・リバー沿いに位置する「ザ・ウォーター・クラブ」でランチをいただきました。
このお店の有名な料理は、お店の旗にもあるようにロブスター016.gif
大きなロブスターでお腹がいっぱいになりました003.gif
d0150287_1371462.jpg

入り口はここです。
d0150287_13739100.jpg
中に入ります。
d0150287_138866.jpg
ウェイティングバー
d0150287_1391494.jpg
d0150287_1404771.jpg
d0150287_0372430.jpg
メニューを・・・・・この方はイタリア人でおどけて巻き舌で話してくださいます003.gif
彼のお勧めで今日はイタリアの白ワインをいただきました041.gif
d0150287_141084.jpg

では、ロブスターのスープから  濃厚なロブスターのスープで、このスープとパンだけでも素晴らしいランチになりますよ053.gif
お皿まで舐めたいほど美味しいスープです。
d0150287_1425825.jpg
カップとお皿を別々に持って来てテーブルの上でお皿にサービスしてくださいます。
d0150287_1435897.jpg
パン
d0150287_1441578.jpg


さぁ~やって来ました016.gifロブスターです。   これは「メイン・ロブスター」
メイン州は「ロブスターと言えばメイン」と言われるほどの名産地なのだそう。
メイン州・・・・・・・我が家のアレ&バロはこの州の州猫です・・・・そうだったのか、でも猫は甲殻類は苦手だね003.gif
食べやすいように切り分けてくださいます。
d0150287_1491343.jpg
メイン州から直送されたロブスターを蒸すか、焼くか選べます。 お店の方のお勧めで今回は焼いていただきました。
焼いたほうが美味しい理由を詳しく教えて下さったのですが・・・・忘れてしまった!
ガーゼの帽子はレモンの種が落ちないようにとの配慮だそうです。
d0150287_1501756.jpg

上に見えるのは温められたレモンバターソース。これをつけていただきます。 もちろんそのままで食べても美味しいのですが。 
このフライのような物は、クラブ・ミート・スタッフィングと言って250gものカニ肉をコロッケ風に揚げたものです。
これが最高に美味しい041.gif
d0150287_1585826.jpg
入るかな?と心配になりながらも、ここのマッシュポテトは美味しいと聞いて思わず。
葱の切り方がなんだか日本の御蕎麦屋さんを思い出します。
d0150287_22044.jpg
食べ終わって、殻を・・・・・・美味しかった~弾力のある歯ごたえと凝縮された旨みは海老好きには大満足の一皿でした。
d0150287_24462.jpg
デザートは自家製のシャーベットです。
d0150287_251922.jpg
d0150287_253291.jpg
対岸に見えるのはマンハッタンではなく、クイーンズの風景です。私たちは昼間に伺いましたが、
夜景は本当に素晴らしいだろうなぁ~と想像が出来ます。
d0150287_28392.jpg
カメラで写真を撮っていたので、食後に2階デッキからの風景も素晴らしいので、写真を撮ってくるといいと、お店の方に教えていただいて2階へ
d0150287_2121245.jpg
d0150287_214212.jpg

ここでランチやブランチも楽しめるようです。とても暖かい日だったのでしばし風に吹かれて寛ぎました。
ステーキの時も思いましたが、豪快にロブスターを食べたっ!そんな感じ041.gif
本当に美味しいお店でした053.gif
d0150287_2125069.jpg

by franandtuto | 2010-05-16 02:17 | 旅行 | Comments(42)
I LOVE..New York     St. Patrick's Cathedral
5番街の50丁目の交点に、ロックフェラー・センターと向かい合うようにそびえた立つこの教会はセントパトリック大聖堂。
荘厳なゴシック建築が美しいアメリカ最大のカトリック教会です。
d0150287_013194.jpg

1850年にNYが大司教区となったことを記念して、1858年に工事を開始し、南北戦争による中断を経て1878年に完成、
その後、東西の棟が増設され現在の姿となったのは1901年のことだとか、
実に半世紀をかけて建築された、全米一の威容を誇る教会です。
d0150287_0161116.jpg
白い大理石の聖堂には、7,000本以上のパイプを備えたパイプオルガンが置かれています。
d0150287_0171478.jpg
ステンドグラスが素晴らしいですね!
d0150287_0215712.jpg
d0150287_022982.jpg
d0150287_0221966.jpg
d0150287_0234850.jpg
d0150287_024439.jpg
79年に献堂式をあげた。ラテン十字形の平面をもつ花崗岩(かこうがん)の建物で、幅52メートル、長さ100メートル、尖塔の高さは100メートルあり、約3000人を収容できるそうです。
d0150287_024461.jpg
日頃の行ないを悔い改めたくなりますね・・・・・・主よ・・・・・・
d0150287_0304811.jpg

by franandtuto | 2010-05-13 00:32 | 旅行 | Comments(36)
I LOVE..New York   Peter Luger Steak House
では、思い出しても涎の出てくる ピータールーガーステーキハウスです。
マンハッタンから川を隔てたブルックリンにある1887年創業のステーキハウスで、
ザガット・サーベイでは、20数年年連続NYステーキハウスNo.1のステーキハウスなのだそうです。

世界一美味しいステーキハウス」なんて言われているようですが、個人の好みがあるとしても
私は今まで食べたステーキの中で一番美味しいと思いました003.gif

とても予約の取りにくいお店だそうで、明日香ちゃんありがとう!!
d0150287_23482512.jpg

ピータールーガーステーキハウスは、そのレストランへ行くためにだけその地域を訪れる・・・そんな感じのするくらい閑散とした
ちょっと不思議な雰囲気の場所にありました。
でも一歩店内へ入ると、入り口のウエイティングバーは立錐の余地がないくらい人が溢れてまたビックリ!!
d0150287_23535343.jpg
d0150287_23565651.jpg
一階の席に案内されて、メニューを
d0150287_23583829.jpg
パンが運ばれて来ました。このパンが美味しい!オニオンとベーコンかな?三種類のパンなのですが、
少し厚めの皮のモチモチッとしたこれだけでも楽しめるパンです。
d0150287_024324.jpg

d0150287_031085.jpg
前菜はトマトのスライス、玉ねぎとトマトのスライスもありましたが、辛いかもと、トマトにしました。
実がぎっしりと締まった大きなトマトは真ん中だけしか使っていないようです。
d0150287_024418.jpg
d0150287_0265831.jpg
このお店で有名なのはポーターハウスと呼ばれるステーキ。ポーターハウスって骨付きのTボーンで、Tの字をはさんで片側にニューヨーク・ストリップ(サーロインより柔らかいショートロイン)、
そしてもう片側はテンダーロイン、しかもテンダーロインの部分が大きいものを指すのだそう。

その肉を最高の状態で出すために大切なのが熟成で『ドライエージド ビーフ』というお肉だそうです。

見た目はしっかり焼いてある感じですが、お肉の外側はカリッとしてクリスピー、中はものすごくジューシーです。

ああ、アメリカの牛肉ってこんなにジューシーで柔らかいんだ・・・、固定観念を吹き飛ばす美味しいステーキです。
d0150287_0281531.jpg
3人ならフォースリー。↑これは三人分のステーキですよ003.gif黄色い牛さんは焼き加減の表示です。
d0150287_0292410.jpg
これはジャンボシュリンプカクテル(4本) 大きい海老なんです! まず一本ずつ食べて残った一本は・・・・・
三つに切り分けて じゃんけんで!勝ったのは明日香ちゃん003.gif 誰も譲りません!
d0150287_0363756.jpg
トラディッショナルなお店の雰囲気も、気取らないサービスもとてもいい感じ!
さすがにニューヨークの人々に長い間愛されているステーキハウスです。
d0150287_0453663.jpg
d0150287_045542.jpg

このおじさん、今日はご自分のお誕生日だったの003.gif三人の若い女性に囲まれてご機嫌です!
この後、後ろに見えるウェイター・・・・このお店のウェイターはおじさんばかりなのですが、
即席男声合唱団の低くて抑揚のないハッピーバースディーでお祝いしてもらっていました003.gif
何故か彼女らは歌わず・・・・・
d0150287_0475483.jpg
会計が終わると金色のコインが名物のチョコレート。ルーガーコインをいただきました016.gif
d0150287_0543830.jpg

ああ!そうそう!! アメリカには珍しくこのお店はキャッシュのみでクレジットカードは使えません。
d0150287_0592365.jpg
帰りはブルックリンの街並みを見ながら・・・・・マンハッタンとは随分印象が違うでしょう?
d0150287_21484445.jpg
d0150287_0554243.jpg

d0150287_0555415.jpg
d0150287_056886.jpg

思わず目から鱗のステーキ体験でした041.gif
d0150287_114179.jpg

by franandtuto | 2010-05-10 01:01 | 旅行 | Comments(28)
I LOVE..New York  The Plaza(ザ・プラザ)
2000枚もの写真の整理が終わっていません003.gif
今回の旅行はいつものように順番でなくランダムに、アップしていきたいと思います。

このホテルはセントラルパークの入り口近くに位置する5番街と58丁目。
正面玄関は映画などで見覚えのある方もいらっしゃるでしょうか?1907年、日本で言うと明治40年開業のホテル 
The Plaza(ザ・プラザ)です。
d0150287_8113786.jpg
d0150287_895128.jpg
d0150287_8124310.jpg
1985年9月22日、先進5カ国がドル高是正で合意した「プラザ合意」の舞台ともなったのがこのホテルです。
d0150287_8172924.jpg
建築家はダコタ・アパートも手掛けた当時一流の建築家として知られるヘンリー・J・ハーデンバーグ。
このザ・プラザは2年間にも及ぶ大々的なロビーから屋根までの改装を行い2008 年春に再オープンしました。
d0150287_8184697.jpg
ロビーの100年の歴史を持つシャンデリアです。
d0150287_8185632.jpg

レセプションカウンターの大きな花001.gif
d0150287_8335610.jpg
スタッフのユニフォームも黒とゴールドでステキです053.gif
d0150287_8341060.jpg

私たちのお部屋は14階です。ここがリビング
d0150287_839105.jpg
この奥がベッドルームです。
d0150287_840885.jpg
花の模様に "アース ストーン" のモザイクがはめ込まれたバスルーム。 中が三つに仕切られ大きなバスタブとシャワールーム、そしてトイレがガラスの扉でそれぞれ独立しています。
d0150287_846152.jpg
こちらがシャワールームです。
d0150287_8471599.jpg
24 金メッキが施された Sherle Wagner(シャール ワーグナー) 製の蛇口。手作りの大理石製洗面化粧台
d0150287_8503295.jpg
リネンはイタリアのミラノ・フレッテのフラシ天(ビロードの一種)
Fretteはタイタニック号やオリエント急行にも採用されていたはず016.gif
d0150287_8505216.jpg
バスルームまでシャンデリアということに嬉しくなってしまいます053.gifアメニティグッズもステキでしょう?糸瓜までそろっていますよ(笑)糸瓜で身体を洗うって日本だけじゃないんだ!
d0150287_855587.jpg
d0150287_8545641.jpg
d0150287_8574692.jpg
バスエッセンスも二種類用意されていました003.gif
d0150287_8585049.jpg
d0150287_90369.jpg
d0150287_9153655.jpg
d0150287_9160100.jpg
d0150287_9163240.jpg
上のデスクの脚・・・・・
d0150287_918559.jpg
d0150287_9193152.jpg
ベッドの右にちょっと見える白いドアがクローゼットです。ここはウォーキングクローゼットで広いです。写ってないけど、左側も全部。
長期滞在にはとても便利だと思いますが・・・・・・・
d0150287_9215723.jpg
そう言えばこのお部屋のシャンデリア、光の屈折で壁に模様ができるようになっているのだそう。
d0150287_9263553.jpg
お部屋の探索も済んだし、ひと休みしたので私たちはこれから夕食に出かけます024.gif
ホテルのことはもう一度ご紹介したいと思います003.gif何だか私、真紅の絨毯が敷き詰められた床、
華麗なシャンデリアがきらめくバンケットフロアの廊下はまるで宮殿を思わせるようなあでやかさで・・・・・
視覚的に与えてくれる贅沢感だけですっかり酔った気分です041.gif

そうだ・・・・明日香ちゃんのお家からあのステキなアンティークのカップをそっとバッグに隠して来たらよかった!
このお部屋で、あのカップでお茶を飲めたら・・・・・053.gif 夢心地だったことでしょう。残念!!

さぁ~お腹が空いたので夕食に行ってきます003.gif


あ!そうだ! 中央の見えるあのカウンター。 ザ シャンパン バー (The Champagne Bar)
世界最高峰のシャンパンを午後と夜に堪能できるのだそうです。
朝は焼きたてのペストリーと種類豊富な特製コーヒーをいただけるのだとか・・・
ザ プラザの5 番街のロビーにある豪華なバーです。 毎日営業しています。
d0150287_9391183.jpg
d0150287_9402163.jpg
・・・・・・・ロールスロイス・・・・・違います!私たちを待っているのではありません!でも記念に・・・・・パチリ
・・・・日本にロールスロイスのレンタルがあるの知ってます?12時間で20万とか・・・・・
d0150287_9431375.jpg

d0150287_1252287.jpg

by franandtuto | 2010-05-08 09:44 | 旅行 | Comments(42)
I LOVE..New York
GWはいかがお過ごしですか?

私は29日から4日まで、苦手な飛行機に乗って生まれて初めてNew Yorkに行って来ました。
どうして多分一生足を踏み入れることはないだろうと思っていたアメリカに行こうと思ったのか・・・・・
それは、やっぱり明日香ちゃんに逢いに行きたかったからなんですね003.gif

まるっきり右も左もわからない私たちのために、明日香ちゃんは限られた滞在を有効に活用できるように
細かく計画を立てて下さっていました。

今日はその旅行のダイジェスト版、一つ一つはこれから詳しくご紹介するとして今回初めてニューヨークに行って
数日で魅了されてしまったこの街の魅力と、見たり、食べたり、買ったりしたお店のことを写真でご紹介します053.gif

題して I LOVE..New York053.gif
d0150287_12471869.jpg
d0150287_12493161.jpg
d0150287_22291747.jpg

今回の旅行は29日にユナイテッド航空で12時間、ワシントン ダレス空港に到着しました。空港で入国手続きを終えた
出入り口の目の前に大きな風船を持った明日香ちゃんが待っていてくださいました。016.gif

それから高速を走り、メリーランドにある明日香邸に! 
天井の高さも然ることながら、この美しいご自宅にびっくり!! ハンサムなご主人さまと、可愛いお嬢様にもお目にかかれ、
涎を押さえながらいつも見ている”わ~るどおぶわんだ~す”の素晴らしいアンティークの数々を手に取り
まじまじと見つめることが出来て幸せ幸せ016.gif
d0150287_13459100.jpg
夕食は明日香ちゃんお勧めの楽しい日本料理店、鉄板焼きのパフォーマンスも素晴らしく楽しいsakuraさんへ案内していただきました003.gif
来店された方を楽しませようとサービス精神が徹底した料理人さんに脱帽!
鉄板で焼かれる素材もダイナミック! 大きなロブスター一匹をさっぱりとバターと醤油味で焼いてくださいます。
お寿司もとっても美味しかった!
目の前に私たちの倍はありそうなご夫婦が食事なさっていたのですが・・・・

d0150287_1737854.jpg私、勝ちました!!何に勝ったって・・・・・・・食べた量で012.gif
いえ・・・自慢しておきます。取り合えず041.gif
お店を出てから、マーケットにも連れて行ってくださったの024.gif
サプリメントや食材、化粧品、電化製品、圧倒的な量の商品にどれから見たらいいのかわからない!
明日香ちゃんお勧めの風邪薬やパスタ、バンドエイド、インスタントのチョコレートムースなどを買って
ウキウキしながらレジを終えて・・・・・代金は払いましたが、購入したものを忘れて帰るところでした003.gif
ああ~~気がついてよかったぁ
d0150287_1328249.jpg


翌朝、明日香ちゃんの運転する車で一路ニューヨークに向けて出発です。
ちょうど、明日香邸からニューヨークの中間になるのでしょうかフィラデルフィアにあるフジテレビ系の料理対決番組 『料理の鉄人』 三代目「和の鉄人」になった森本 正治さんのレストランで昼食です。
ニューヨークにも森本さんのお店はありますが、本店はここフィラデルフィアのMORIMOTOなんだそうです001.gif
d0150287_13454323.jpg

さて、MORIMOTOで素晴らしいランチをいただいて
車はニュージャージーのNew Brunswickへ、ここで駐車場に車を停めて列車でニューヨークへ向かいます003.gif
着いた~~ニューヨーク!正面にエンパイアステートビルが見えます!!
d0150287_13551471.jpg

今夜泊るのは57番ストリートにある ル パーカー メリディアンです。
d0150287_1414234.jpg

ここは、夕食  ブルックリンにある ピータールーガー ステーキハウスです。
d0150287_145920.jpg

次の日は早起きしてメトロポリタン・ミュージアムへ、開館と同時に!
d0150287_148670.jpg
ランチはマンハッタンのイースト・リバー沿いに位置する「ザ・ウォーター・クラブ」で「メイン・ロブスター」を024.gif
d0150287_14121586.jpg
そうだ! ニューヨークを案内してくださったTLC(Taxi and Limousine Commission)のこうのさんです。一日目はリモバン、大きな車でしょう003.gif
d0150287_1418959.jpg
マンハッタンの50番ストリートと5番アヴェニューに、ロックフェラー・センターと向かい合うように立っている
セント・パトリック大聖堂です。
d0150287_1419266.jpg
ちょっと中を・・・・・・
d0150287_14201545.jpg
ロックフェラー・センター
d0150287_22305032.jpg
ストランドブックストア
d0150287_14203247.jpg
自由の女神の像が見えます。
d0150287_14223141.jpg
ニューヨーク二日目の夕食は博多TONTONです。
d0150287_14233085.jpg
エンパイアステートビルにも昇りました。もちろんエレベーターで!
d0150287_14305294.jpg

そして二泊目のホテル
マンハッタン、セントラルパークの東南の角に位置する プラザホテル(The Plaza Hotel)です。
d0150287_14283761.jpg
d0150287_14292138.jpg
ニューヨーク滞在最後の一日は、こうのさん今日もよろしくお願いしま~~す!リンカーンですぅ053.gif アメリカだなぁ~~
d0150287_14325620.jpg
ちょっとお買い物にも
d0150287_14332358.jpg
d0150287_14333515.jpg
おお~~目の毒!
d0150287_14334893.jpg
ランチは、フレンチの巨匠デイビット・ブーレー氏のレストラン  ブーレーBouley024.gif
d0150287_14365668.jpg


今日は旅行のダイジェスト版です012.gif写真をtutoは1500枚くらい撮ってきました・・・・・私のを合わせると2000枚くらいはあるかも・・・・・・次回から一つ一つご紹介したいと思います。
もしお時間があったら遊びに来てくださいね003.gif
by franandtuto | 2010-05-05 14:40 | 旅行 | Comments(52)