ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Ciel de Lyon(シエル・ドゥ・リヨン)
すっかり伺ってから日がたってしまったのですが、地元のお気に入りCiel de Lyon(シエル・ドゥ・リヨン)をご紹介します068.gif

シエル・ドゥ・リヨンは「オテル ドゥ ミクニ」(四谷)の三國清三シェフのもとで17年間、途中美食の街として知られるフランス第2の都市リヨンで、世界的知名度を誇るグランシェフ、アラン・シャペル氏のもとで3年間研鑽を積まれ帰国後は「オテル・ドゥ・ミクニ」のスーシェフ(副料理長)を務められた村上理志さんのお店です。

こう書くと超高級フレンチのお店かと思いますよね!
地元のお店だから自慢しちゃいます003.gif
修業したリヨンにある“ブッション(家庭的な小さな店)”をなイメージしてオープンされたビストロです。
「料理は本格的でありつつも、あくまで身近な店でありたい」と村上シェフがどこかで語られたそうですが
親しい人と気楽にシェアしながら美味しい料理をいただくのがピッタリ!アットホームな小さなレストランです060.gif
ランチはキッシュ、オープンサンドイッチ、若鶏のローストからひとつを選ぶ「ワンンプレートランチ」(1000円)のみ

ディナーはアラカルトで1000円~2500円 グラスワイン500円 ボトルでも6000円くらいまでだったように思います。
d0150287_12292271.jpg
d0150287_1232125.jpg
ランチにも伺ったことがあるのですが、買い物帰りだったのでカメラを持ってなくてお見せできないのが残念です!
その時にいただいたのは若鶏のロースト。
ワンプレートとは言え、巨大な鶏肉のローストに絶品のマッシュポテトがこれまた、たっぷりでびっくり003.gif
d0150287_12322683.jpg
d0150287_12395417.jpg

最初はもちろんこれでtutoも今回は付き合うと言って同じものを
d0150287_12412139.jpg
「メリメロサラダ」  メニューを見ながらあれもこれもと選んでいたらスタッフの方から、
”お二人なら前菜1皿、メインそれぞれ1皿がよろしいかと・・・・・うちはボリュームがありますので・・・” 
とアドバイスしていただき、それでも諦められない私は、何とかもっと色々食べられる案はないかと相談したところ 
この「メリメロサラダ」を勧めていただきました。シエル・ドゥ・リヨンのほぼ全種の前菜がサラダの上に少しずつのっていると024.gif
来ました! 見てくださいこれが一人前!軽く3人前はあります。 これとパンだけで満腹になりそうな量です041.gif
上にはフォアグラ、テリーヌ、生ハム、リエット、チーズなどなど
d0150287_1249332.jpg
d0150287_1395968.jpg
メイン一つ目は「エイヒレのムニエル」 これは本当に美味しい! 今度お魚屋さんでエイヒレを見つけたら絶対に作って見ます!! エイのヒレって骨は軟骨なのね~細いところはコリコリして美味しいです。
d0150287_1313568.jpg
さて頑張ったtutoもここでギブアップ(笑) 泡の次はジンジャーエールに037.gif 
ウィルキンソンの ドライジンジャエールが嬉しいですね053.gif
d0150287_13152732.jpg
私はもちろん たっぷり~060.gif
d0150287_13164732.jpg
「地豚(東京エックス)肩肉のロースト・白いんげん豆添え」
実はここシエル・ドゥ・リヨンのスペシャリテ「東京X豚バラ肉ロースト」と迷いに迷いました。
殆どのテーブルが注文されている看板料理「東京X豚バラ肉ロースト」は楕円の大きなグラタン皿にギッシリと
ブイヨンで煮たレンズマメが敷き詰められ真ん中にでっかいバラ肉が埋まっているように見えます。
ものすごく美味しそうですが、これはやっぱり二人ではない時にいただくことにしました006.gif
d0150287_13185321.jpg
もう満腹なのですが、目がいやしいので一番量の少なそうなのを後一皿だけ(笑) 「じゃがいもとスモークサーモン」です。
分厚く切ったスモークサーモンとジャガイモと玉葱がさっぱり・・・じゃないけど美味しいです003.gif
d0150287_1344154.jpg

デザートは「アーモンドアイスクリーム」 もうお腹がいっぱいです041.gif
d0150287_13492546.jpg

ご馳走様でした!
d0150287_13502438.jpg
フランスの伝統的なメニューを中心に、リヨン独自の地方料理も織りまぜ、アラカルトのみの構成ですが、
圧倒されるボリュームです。やはり4~5人でシェアしていただくと色々味わえて楽しいと思います!
d0150287_13562281.jpg


東京都国分寺市光町1-39-21 マーキュリーマンション1F
tel. 042-580-1026
営業時間/火~土 ランチ11:30~15:00(14:00LO)、ディナー17:30~22:00(21:00LO)
定休日/日・月
by franandtuto | 2011-10-30 14:04 | 食べ歩き | Comments(36)
ウィーン菓子工房 リリエンベルグ
先週のことなのですが、尊敬する 横溝春雄シェフのお店 新百合ヶ丘のウィーン菓子工房 リリエンベルグに行ってきました。

我が家からは直線距離ではそう遠くはないのですが、電車だとかなり行きにくい場所なので
一年に一度くらいかなぁ~それでも今の季節限定のモンブランはやはりいただきたい(笑)
店名のリリエンベルグはそのまま ドイツ語で百合の丘。 地元のみなさんに愛されるお店にとの思いからだそうです。

ふふ・・・いつ伺っても、この建物!ム-ミン公園として知られている飯能市の「 あけぼの子どもの森」の設計者でもある、
村上雄一氏の設計なのだそうです。
d0150287_22283486.jpg
可愛いクマさんの看板が迎えてくださいます。・・・・しかしよく見るとこのクマさんチョコレートモールドでは003.gif
d0150287_2231107.jpg
d0150287_22334734.jpg
この季節、モンブラン渋滞が起きるほどの人気のお店ですが、今回は運良くちょうど一台車が出た所に到着したのでスムーズにお店へ003.gif
d0150287_2236114.jpg
入り口です。
d0150287_22372999.jpg
入ってすぐのショーケースに並んだケーキを見ると、モンブランがない!!
しょぼんとした頃、厨房から運ばれてきました! 食べたかったモンブラン060.gif
今日はね、こんなに買ってしまいましたよ! 3人家族なのに037.gif
左がモンブラン、右上からショコラーデンオーバス、左マロンタルト、右フレッシュいちじくのタルト 
下のお皿の右ドライフィグのタルト、左がアッフェルシュトゥルーデルです。
d0150287_22403710.jpg
d0150287_2327315.jpg
早々にケーキを購入して、焼き菓子のコーナーへ016.gif
d0150287_22543093.jpg
d0150287_2255914.jpg
ここではこんなお菓子を・・・・・パッケージも可愛いでしょう001.gif
d0150287_22562587.jpg
d0150287_225797.jpg
出してみますね!ぷっくりした”こぶたのマドレーヌ”このマドレーヌのために型を特注されたのだそうですよ! 
うう・・・私も欲しい!
d0150287_2324964.jpg
右下はクッキーに隠れてよく見えないかな?ブルクテアター、フロランタン、マロンパイです。
d0150287_2258731.jpg
これは”幸せを呼ぶフクロウ”三枚のセット箱の中に一枚だけお花を銜えたフクロウがいます・・・・ダンデイですね~
d0150287_230407.jpg
そしてこの鳥のクッキーは「ハッピーバード」ピンクのハートが可愛いです。 このクッキーは震災後、何か自分達にできることをと、横溝春雄シェフが始められた、鳩の形のクッキーを作り、売上を義捐金に充てるという活動のそのクッキーです。
d0150287_233465.jpg
モンブランは熊本産の栗と徳島の和三盆、中に自家製蜜漬栗、土台は薄いダックワーズです。 
淡い甘さの栗そのものを食べているようなモンブラン。 いくつでもいただけます・・・・本当にいくつでも037.gif
因みに今回は一人二つ。 誰も一つでいいとは言わなかったです~ 
d0150287_2313751.jpg

撮影しているうちに暗くなってきたので電気を消して、買ってきたばかりのティンカーベルのランタンに灯りを点してみました024.gif
d0150287_23231258.jpg
うふふふ・・・・・
d0150287_23233234.jpg


思えば随分と昔になってしまいますが、新宿中村屋一階のグローリエッテ。
オープン時のシェフはウィーンのデメルから帰国された横溝さんでした。
多分日本に初めてザッハトルテを紹介されたのは横溝さんではないかと思います。

よく通って、次々と違うケーキを食べました。
洋菓子の世界で働きたいと思ったんですね 横溝さんのケーキを食べて。
夢は叶いませんでしたが、それからずぅ~っとお菓子作りを習ったことのない私の師匠は横溝さんなんです。
横溝さんのような洋菓子が作りたくて・・・・・・。

これは店内から外を撮りました。前は入れたような気もするのですが現在は門が閉まっていて入れないので001.gif
d0150287_23412425.jpg
d0150287_23422328.jpg
d0150287_23425877.jpg
お店を出ると、ここも厨房です。ガラス張りなので中でケーキの作られているのが見えます。出るとと言うより、お店の下が厨房で、作り置きせずに出来たてがショーケースに運ばれてきます。
d0150287_23441420.jpg

あちこちにクマさんがいるんですよ♪  実はこのクマさん・・・・・横溝さんではないかと・・・・似てるんですよ~
d0150287_23462435.jpg
ああ、いいなぁ~スタッフになりたい!!
d0150287_23471969.jpg
d0150287_23491018.jpg
ここはリリエンベルグの一番最初のお店で、今は平日限定ですがティールームになっていて出来たてのケーキをいただけます。
d0150287_23504555.jpg
天気のいい日は外も気持ちがよいでしょうね。
d0150287_2351175.jpg
d0150287_23523358.jpg
d0150287_2354858.jpg
d0150287_23553778.jpg


ウィーン菓子工房 リリエンベルグ
〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17
TEL.044-966-7511 FAX.044-954-0115
営業時間:10:00~18:00(毎週火曜日・第1、第3月曜日休)
by franandtuto | 2011-10-23 23:57 | 食べ歩き | Comments(42)
ありがとう! セヴィルオレンジのマーマレード
ブルーマウンテンの暮らしのかおりちゃんからプレゼントが届きました024.gif
d0150287_23122270.jpg

毎年季節になると作られるセヴィルオレンジのマーマレードとオーストラリア産のアロマオイル060.gif
セヴィルオレンジって多分日本には輸入されていないと思うのですが、スペインのセヴィル(Seville)原産のオレンジ。
そのままでは苦くで酸っぱくて食べられないのだとか・・・・・苦くはないと思いますが
加工しなくては食べられないという意味では花梨のような果物でしょうか?

毎年、かおりちゃんが作られるのを楽しみに見ていたのですが、
2011の8月頃のかおりちゃんの記事は
 ”南半球の皆さん、今年もセヴィルオレンジの季節がやってまいりました。”
 なんて書き出しで始まっていました003.gif
かおりちゃんの住むオーストラリアは今の季節は春。これから寒さに向かう日本と暑さに向かうオーストラリア!
ちょうど季節が反対なんですね!

ブログタイトルからもおわかりになると思いますが、かおりちゃんはユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された
オーストラリアのブルーマウンテンズ地域にお住まいです053.gif
初めてブログに遊びに伺ったときはその切り立った断崖絶壁や渓谷、滝、洞窟に加え
色鮮やかな鳥が庭に遊びに来る写真を見てその風景に驚いたものです!!

ジャマイカ産のコーヒー豆のブランドだと思っていた私は実は本当にびっくりしたのです003.gif
だって、ブログタイトルにしちゃうくらいコーヒーが好きなんだ~と勝手に思いこんでいたので~

ああ、脱線してしまいました012.gifかおりちゃんお手製のセヴィルオレンジのマーマレードを遂に口に入れられる日が来ました!016.gif

かおりちゃん、ありがとう!! 週末にカイザーシュマーレンを焼いてそのソースにしようかな~なんて楽しみにしています060.gif
d0150287_2321399.jpg

by franandtuto | 2011-10-20 23:47 | お友達 | Comments(20)
2011ハローウイン・ティーパーティーin TEA MIE  Part Ⅱ
2011ハローウイン・ティーパーティーin TEA MIE  Part Ⅱです001.gif
ミンミン邸のベランダは先日の台風でほぼ壊滅状態だったそうですが、接木をしたり、植え替えたりで
この日、そんなことを感じさせないほど見事に復活して、ハローウィン色で迎えてくださいました053.gif
d0150287_11372099.jpg
d0150287_3331122.jpg

そうそう! お花と言えば! このケーキスタンドの一番上にガラスの器に浮いたダリアがいます。
d0150287_338749.jpg

このダリアは珍しいオレンジ色のダリアなのですが、実は最初はこうだったそうです006.gif長さを調節しようとして・・・・
折ってしまったそうです007.gif
d0150287_337558.jpg
この後、ティータイム~ フリータイムとあっと言う間に楽しい時間は滑り落ちていくのですが
ティータイムの紅茶は東インド会社(The East India Company)のアールグレイとアッサム系のロイヤル ブレックファースト。
d0150287_432412.jpg
d0150287_4462457.jpg

今回はみんなで遊べたらいいなと思ってミルフィーユを完成でなく、パイとクレーム・ディプロマットを持って行って
みんなでわいわいしながらその場で好きなように組み立てました003.gif
d0150287_4371510.jpg

フランボワーズのミルフィーユ完成! ミンミンさんがあわせてくださったのは↑The East India Companyのアールグレイ。 
このアールグレイ、ベルガモットの香りがピーンと立って素晴らしい香りの紅茶でした053.gif
d0150287_4393221.jpg

そして、nanakoちゃんが焼いて来てくださった渋皮煮/栗のバウンドケーキ060.gif
思えば栗の渋皮煮の作り方は何年か前にnanakoちゃんに教えてもらったのです。
いっぱい渋皮煮ののった贅沢なパウンドケーキ053.gif
d0150287_4443429.jpg
このパウンドケーキにはThe East India Companyのロイヤル ブレックファースト
d0150287_445576.jpg
この可愛いマジパン細工はmarimariちゃんと、お嬢ちゃんのみずりんちゃんの作品です!
d0150287_448797.jpg
さすがトピアリー作家、ハローウィンのトピアリーもステキです016.gif
d0150287_4502678.jpg

2011ハローウイン・ティーパーティーin TEA MIE 本日のメニューです。
d0150287_10432731.jpg
今回電車に乗り間違えて、遅刻007.gifミンミン邸に到着したらテーブルはいつもびっくりさせられる華やかなミンミンさんのセッティングに加え、marimariちゃんのハローウィンのトピアリーやnanakoちゃんから参加者全員へのプレゼントがネームカードと一緒に席に置かれ、何事かと思うような夢のようなテーブルでした024.gif
d0150287_10502347.jpg
d0150287_10503988.jpg
ちょっとだけ、ミンミン邸のハローウィンの飾りつけをご紹介します060.gifアルバムのページも去年のハローウィンのページ。
d0150287_10531889.jpg
d0150287_10545242.jpg
d0150287_10554864.jpg

これは次回の企画のようですね、輪島の漆器やオールドノリタケの器が奥のお部屋に用意され出番を待っていました。 
万延元年(1860)に創業の輪島塗の老舗 蔦屋漆器店さんのの器です。
蔦屋漆器店さんのブログ 蔦屋 よしこの「漆って楽しい!」も合わせてご覧になってね001.gif興味のある方は是非、問い合わせてみてください!
d0150287_10582450.jpg
d0150287_11234012.jpg

今回もとても楽しい大人のハローウィンでした060.gifご一緒してくださったみなさま、ミンミン師匠ありがとうございます053.gif

さてハローウィンって・・・・私は勝手に西洋のお盆だと思っていましたが・・・・・え?違う?012.gif
d0150287_1144426.jpg
d0150287_116291.jpg

また2012のハローウイン・ティーパーティーin TEA MIE を楽しみに!!
d0150287_1173679.jpg
d0150287_1181082.jpg
d0150287_1183217.jpg

by franandtuto | 2011-10-16 04:51 | TEA MIE 紅茶教室 | Comments(26)
ハローウイン・ティーパーティーin TEA MIE
昨日は、ミンミンさんの主宰されている「紅茶DE おもてなし教室 TEA MIE(ティミ)」
ハローウイン・ティーパーティーin TEA MIEに参加させていただきました024.gif

今回はnanako*sweets-cafe♪のnanakoちゃんMARI GARDENのmarimariちゃん
TEA MIEで3回ご一緒させていただいた りんさんと美味しくて楽しい時間を過ごしました!

今回で「紅茶DE おもてなし教室 TEA MIE(ティミ)」に初めて参加させていただいてからちょうど一年!
二回目のハローウイン・ティーパーティーです060.gif
d0150287_1361444.jpg

d0150287_1362717.jpg
d0150287_1373642.jpg
d0150287_1374999.jpg

ウエルカムティーは「レディグレイ」のアイスティーで024.gif
d0150287_13135027.jpg
このグラスに手をかけた可愛いラッコはミンミンさん秘蔵の製氷皿で作られた氷です! 可愛いでしょう~
d0150287_13152064.jpg

紅茶のレッスンなのですが、まずはお料理から・・・・・・お勉強に来ているのを忘れてしまいます037.gif
左はチョコとバナナ&クリームチーズ、コロネーションチキンのサンド。 
右はコロネーションチキンこのチキンのレシピは1953年エリザベス女王の戴冠式のときに作られたものだそうです。カレーの風味が美味しいチキンです!
d0150287_13201275.jpg
ケーキスタンド 一番上は菊の花(食べられません)二段目 パンプキン&クリームチーズサラダ 
三段目はクラッカー ブランストン・ピクルスをのせていただきます。
d0150287_13443029.jpg
d0150287_13291210.jpg
ハロウィン スペシャル 「パンプキン&オニオンベーコンパイ お化けバージョン」
d0150287_13423878.jpg
d0150287_13425339.jpg


さて、今日のレッスンは上級者向け049.gif アレンジアイスティー  「サンライズ  ~夜明け前~」カクテルの名前のようですね!
これは・・・・・ブルーマロウというハーブです。 
d0150287_13471786.jpg
このブルーマロウを水に浸します。
d0150287_13475495.jpg
こんなバイオレットが出来上がりました!
d0150287_13482645.jpg
d0150287_13484229.jpg
紅茶の氷の上に広げるようにそっとブルーマロウを注いでいきます。
d0150287_13494418.jpg
d0150287_1350068.jpg
d0150287_13501234.jpg
サンライズ  ~夜明け前~完成!!
d0150287_13504566.jpg
さらにね・・・・ちょっとバイオレットの色が変わってピンクになっていますね?
d0150287_1355399.jpg
これはレモンをのせると酸で漂白されて色が変わるのです。 紅茶の色とバイオレット、そしてピンクと幻想的なアイスティーの完成です。これは飲むのが勿体ないほど本当に綺麗053.gif053.gif053.gif
d0150287_13575698.jpg
ところでこのアイスティー、本国のイギリスではあまり見かけないんだとか・・・・・
アイスティーは1904年アメリカのセントルイスで開催された万国博覧会でイギリスの紅茶商が紅茶を販売していたのですが、
猛暑の日で全く売れず、氷を入れたところ飛ぶように売れて一躍有名になったのだそうです。
イギリスの人がアメリカで作り有名になった飲み物なんですね~因みにアメリカで消費されるお茶(紅茶)のほとんどは
アイスティーとして飲まれているというほど、アイスティーは冷たい飲み物の定番なんだそうです。
そんなお話を伺いながらアイスティーレッスンは続いて行きます。

このサンライズ~夜明け前にはその後があります。
これが完成したサンライズ~夜明け前
d0150287_14165033.jpg
混ぜるとこうなります。
d0150287_14172215.jpg
そして少し時間を置くと   びっくりですよね~レモンの酸で漂白されてバイオレットも紅茶の水色も・・・・・こうなります041.gif
マジックのような、科学実験のような・・・・だまされたような・・・・だから夜明け前というネーミングなのでしょうか003.gif
d0150287_14184772.jpg
003.gif003.gif

さて、毎度のことですが、長くなってしまったので後編は次回に!
よろしかったら遊びにきてくださいね!
d0150287_1424141.jpg
d0150287_14243040.jpg
d0150287_1425364.jpg

by franandtuto | 2011-10-09 14:25 | TEA MIE 紅茶教室 | Comments(50)