ホームページ にもぜひ来てください!

お菓子と、メインクーンのアレックス&バロンと、京都の料亭と割烹についてつれづれなるままに書き綴ったブログです
by fran
Copyright (C) 2012 Manekineko All Rights Reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
おはようございます! ..
by liebekatzen at 18:04
どうしてなのかしらね? ..
by franandtuto at 12:52
ホントよね 発酵の状態を..
by franandtuto at 12:34
美味しそうな葡萄パン! ..
by starofay at 12:02
うちのしだれ桜が咲き始め..
by starofay at 11:55
Commented by..
by franandtuto at 00:21
栗を綺麗に剥くのって難し..
by franandtuto at 22:01
みかん箱じゃ無かったんだ..
by franandtuto at 21:51
こんなに簡単にむけちゃう..
by macoleon at 20:29
あはは、ミカン箱いっぱい..
by nanako-729 at 15:56
お気に入りブログ
最新のトラックバック
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
フランス紅茶専門店JAN..
from 紅茶の香り~紅茶専門店・喫茶..
京都シルヴプレ 154 ..
from Tolliano Rive ..
りんごのジャム
from feel like doing?
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
京都のフレンチ、イタリア..
from 京都観光とグルメのガイドブログ
柿の種フロランタン
from feel like doing?
簡単アップルパイ&山茶花
from ハミングバード*の休日
GATEAU FESTA..
from To pass leisur..
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Cafe1894
今月の初めに重要文化財である明治生命館の続きは次回と書いていましたが・・・・
いつまでたって明治生命館の続きが始まらない・・・・・パソコンを変えたら明治生命館の写真のフォルダが開かないん025.gifです

明治生命館はもう少し待っていただいて、近くの三菱一号館のCafe1894をご紹介しますね!

三菱一号館は1894 (明治27)年に英国人建築家ジョサイア・コンドル設計によって丸の内に初めて建てられた
レンガ造のオフィスビルです。
老朽化のため1968年に解体されましたが、、2009年に復元され、2010年4月より美術館として開館
Cafe1894は、旧銀行営業室の二層吹き抜け空間を利用したカフェです。
d0150287_235344.jpg


現在の「三菱1号館美術館」は、2010年に、コンドルの元の設計にそって、同じ場所に復元されたものです。
復元に際しては、明治期の設計図や解体時の実測図の精査に加え、
各種文献、写真、保存部材などに関する詳細な調査が実施され
階段部の手すりの石材など、保存されていた部材を一部建物内部に再利用したほか、
意匠や部材だけではなく、その製造方法や建築技術まで忠実に再現するなど、さまざまな実験的取り組みが行われたそうです。

この復元に際しての雑誌もあり大変興味深く読みました。
d0150287_23132643.jpg
『東京三菱一号館美術館』は明治期には銀行でした。このCafe1894はかつては銀行の営業窓口として使われたフロアです。
d0150287_23161171.jpg
こうして見ると窓口だったのがイメージできますか? 
この照明は当時の形をそのままの真鍮製と乳白色のガラスの照明なのですが、当時の照明は全てガス灯だったそうです。
それが判明したのは、ガラスのホヤの下にガスを調節するコックが付いていたから。
d0150287_2320791.jpg

d0150287_2327273.jpg
窓に使われているのは1952年に建設された新丸ビルが解体されたときのガラスが使われています。
昭和、戦後に作られたガラスは厚みがあり、絶妙なゆらぎが自然光を柔らかく届けるのだそうですよ。
d0150287_2332733.jpg

暗くてフロアをお見せできないのが残念ですが、カフェの床は当時、ミントンの陶器製だったそうです。しかしモノクロ写真から検証したものなので、色合いは確実ではないとのことですが

このCafé1894の内装復元は、明治時代の一枚の写真が大きな手掛かりとなり、ほぼ完全な形で復元出来たのだそうです。

三菱一号館をこのように復元できたのは、竣工当時の設計図や解体時に記録された実測図、
写真や保存部材等が残されていたため、

この建物の外壁はレンガなのですが、最後に入居していたテナントの会社が
大切に保管していたたった一つレンガを元に再現できたのだそうです。
そんな一枚の写真、たった一つ残っていたレンガ・・・・・まるで奇跡のような復元の物語に感激しつつ
美味しくお酒を飲みました001.gif
d0150287_23491294.jpg
d0150287_2350365.jpg
アヒージョ
d0150287_23512422.jpg
d0150287_23515834.jpg
d0150287_2353019.jpg
d0150287_23533393.jpg
d0150287_2357127.jpg
d0150287_23581718.jpg
d0150287_23592689.jpg
d0150287_23591197.jpg



Café 1894
東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館
03-3212-7156
[月~木・土・日・祝]11:00~23:00(L.O.22:30)
[金]11:00~翌02:00(L.O.翌01:30)
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
by franandtuto | 2013-05-31 00:03 | 食べ歩き | Comments(17)
ル サロン ジャック・ボリー(LE SALON JACQUES BORIE)
新宿伊勢丹本館4階にある ル サロン ジャック・ボリー(LE SALON JACQUES BORIE)でランチをいただきました。
携帯電話を忘れた私は、tutoとウェイティングスペースで落ち合いました!

ル サロン ジャック・ボリーは去年の11月にオープンした、

ホテルオークラ「ラ・ベル・エポック」で10年、その後『 ロオジエ』のエグゼクティブシェフとして13年活躍された
M.O.Fの称号を待つジャック・ボリー氏が初めてプロデュースさ れた
コンセプトは "世界でたったひとつだけのラグジュアリーカフェ" です。

では、ウェイティングスペースから
d0150287_1123096.jpg
ピスタチオのケーキ、お腹がすいていたので、tutoを待つ間こればかりに目が行ってしまいました003.gif
d0150287_1134665.jpg
店内は部屋が二つに分かれていて、入ってすぐのサンルーム風のカフェ
d0150287_1164275.jpg
とその奥にリビング風の食事席があります。
d0150287_11821100.jpg
d0150287_118624.jpg
テーブルクロスとナプキンはパリのモンテーニュ通りにある高級 リネン店D・ポルトーのものだそうで、
L'OSIER の文字が見えます。
d0150287_1221497.jpg

d0150287_1283049.jpg
イチゴとハーブのノンアルコールカクテル
d0150287_129761.jpg

アミューズ 冷たいジャガイモのスープ、ヴィシソワーズ カレーのオイルがアクセントになっています。
d0150287_1314487.jpg

パン 仏ブリドール社の冷凍生地を日本で焼き上げているそうです。
d0150287_133663.jpg
焼きたてのグージェールが美味しい060.gif
d0150287_134381.jpg

ボリーさんのスペシャリテ、オマール・メドレー、ソース・コラリーヌ
帆立貝と白身魚のムースにトリュフ、オマール海老、パセリなどのムースを入れ込んだテリーヌ
ソースはオマール海老の殻で作ったソースアメリケーヌを煮詰めたもの。
上から順番に パセリ オマールの背の部分と味噌 オマールの腹身の部分 トリュフ
撮り忘れましたがバターとじゃが芋のピュレ
d0150287_1432822.jpg

メイン オマール海老のグリル・・・・・アラカルトでいただいた、オマール・メドレー、ソース・コラリーヌと
同じオマール海老が重なってしまったのですが
料理によっての火の入れ具合など食感と味の違い楽しめました!レアなんです001.gif
バナナとりんごのソテーが添えられ、人参とコリアンダーのピュレがココットで
d0150287_1473451.jpg

デセール  オベラ ミルクのアイスクリーム 梨の・・・・ああ忘れました!
d0150287_1502739.jpg
使われている器はリモージュのベルナルド。 ロオジエで使っていたものと同じですね。
そういえば、ロオジエのリニューアルオープンは今秋ですが器は新しくなるのかな? ふとそんなことを考えました003.gif
d0150287_1504194.jpg
プチフールギモーヴとドラジェ
d0150287_1591638.jpg
tutoも今日はコーヒーでした。
d0150287_1512780.jpg
d0150287_234793.jpg

いきなりですが、このテーブルとクロス ずれなくてとてもいいと思いませんか?
これが欲しいとおっしゃるお客様もいらっしゃるんだそうです003.gif
特注品なのだそうですよ!
d0150287_255453.jpg
d0150287_2383743.jpg
d0150287_23103859.jpg


帰宅してから tutoを待つ間ずっと見ていた ピスタチオのケーキをいただきました!
これはケーキというより・・・芋羊羹のようなしっとりした食感です。
d0150287_210193.jpg
d0150287_295991.jpg

ピスタチオの味が濃厚なとても美味しいケーキでした053.gif
d0150287_21051100.jpg

by franandtuto | 2013-05-28 02:10 | 食べ歩き | Comments(19)
アリスのお茶会 2013 アリスファンタジー in TEA MIE
” TEA MIE ”のことを知ったのはannさんがブログで紹介してくださった
紅茶教室のレッスンの記事でした。

衝撃的な、そのときのレッスンは ”アリスのティーパーティ” だったんですね001.gif
こんな紅茶教室があるのかと本当に驚き、annさん紹介していただいて
ミンミンさんが主催される紅茶教室 ”TEA MIE” に参加させていただくようになってから早3年。

念願だった初めての” アリスのお茶会 ” アリスファンタジーです。
d0150287_23154884.jpg
d0150287_2371119.jpg

同じアリスをテーマに毎回少しずつ趣向を変えながら開催されるティーパーティ。
今回私たちは、2013” アリスのお茶会 ”の第一回目に参加させていただきました。
どうぞTEA MIEのアリスワールドをご覧ください!
d0150287_23213699.jpg

ウエルカムは”セイロン紅茶のシャンパン”とも言われる 春摘み ラバーズリープ茶園のヌワラエリヤのアイスティーで
d0150287_23243167.jpg

「マッド・ハッター」主催のお茶会のイメージは、あちこちに「帽子」が♪  どれかわかりますか?
d0150287_23295343.jpg
今日のメニュー
d0150287_2343867.jpg
「アリスファンタジー」
d0150287_085789.jpg
たくさんのハーブをブレンドしたミンミンさんのオリジナルブレンド!
d0150287_21214619.jpg
d0150287_21242556.jpg
d0150287_21283340.jpg
アイシングクッキーが乗った ”EAT ME”ケーキ ♪  おしゃれゆで卵と二刀流きのこ 
d0150287_2352277.jpg
「ケーキでないケーキ」
d0150287_2344537.jpg
d0150287_23581311.jpg
d0150287_235801.jpg
d0150287_21375043.jpg
d0150287_21382191.jpg
エリオットゆかりさんレシピからイートンメス 
d0150287_21424865.jpg
英国の夏を代表するデザートなのだそうですよ!  キリッと冷えてとっても美味しかったです024.gif
d0150287_2143526.jpg

ティーポットとティーカップのアイシングクッキーです。
このクッキーはアリスのお茶会のテーマカラーにあわせてミンミンさんが、nanakoちゃんにオーダーされたクッキーです!
 うっとりしてしまいます016.gif
d0150287_2242545.jpg
d0150287_22204493.jpg
d0150287_22214543.jpg
d0150287_22221578.jpg

不思議の国のアリスでは、時計を見ながら、大変だ、遅刻するとアリスの目の前を横切っ てウサギ穴の中に飛び込んだ
白うさぎを追いかけて穴に・・・・そして不思議の国に迷い込むことになるのですが

この日の私たちはまさにそうで、ミンミンさんの仕掛けた青いアリスの世界に迷い込んだようです。
d0150287_22315042.jpg
d0150287_22323599.jpg
d0150287_2233135.jpg
d0150287_22332532.jpg
d0150287_22342274.jpg
d0150287_22373753.jpg
d0150287_22381182.jpg

さて、サプライズは、 ”ごほうびお菓子” 
d0150287_22413789.jpg
d0150287_22434037.jpg
カップの天使の羽根はシュガーなんです060.gif
d0150287_22581131.jpg
d0150287_22592888.jpg
d0150287_22594864.jpg
d0150287_2312580.jpg
d0150287_231364.jpg
d0150287_2321132.jpg
d0150287_2345715.jpg

ミンミン先生、ご一緒させていただいたannさん、nanakoちゃんありがとうございました!

d0150287_2353583.jpg
d0150287_2354735.jpg
d0150287_2395689.jpg
d0150287_23115028.jpg
d0150287_2312496.jpg
d0150287_23133166.jpg

by franandtuto | 2013-05-23 23:20 | TEA MIE 紅茶教室 | Comments(16)
創作菓子 洋菓子ヴィヨン (バウムクーヘン)
十数年前にtutoが組み立ててくれた自作パソコンが、この週末に急に怪しい動作を繰り返すようになり
日曜日に買い替えました007.gif

使い慣れたWindowsXP からWindows 7にOSが変わり戸惑っております(笑)

明治生命館の続きをご紹介する予定だったのですが、今日はテストということで美味しいバウムクーヘンをご紹介しますね003.gif

世田谷区桜新町のヴィヨン大年壮男さんのヴィヨネット・ポワールです016.gif
d0150287_22161536.jpg

梨の形の真ん中に梨のジェリーが入っています。
d0150287_22203898.jpg
d0150287_2224040.jpg

びっくりしたのは、バウムクーヘンで作った花器や壷があるのです!!
これは予約で作っていただけるのですが、ぜひHP・・・・でごらんになってください!
この花器や壷がこれがバウムクーヘンとは思いもしなかったので
陶器がショーケースの上に飾ってある・・・・・花も入れないで?・・・と正直思いました041.gif

コーティングされたフォンダンと真ん中のジェリーの酸味とバウムクーヘンが絶妙のバランスで
一人で小さいサイズなら一個丸ごと食べられそうです003.gif

d0150287_22345424.jpg

by franandtuto | 2013-05-13 22:40 | お菓子 | Comments(22)
グランド・セントラル・オイスターバー&レストラン 丸の内店と 明治生命館
去年の暮れから、お休みだったり、パーティで貸切だったりで、やっと牡蠣をいただけました003.gif
明治生命館B1のグランド・セントラル・オイスターバー&レストラン 丸の内店です。
d0150287_23255689.jpg
d0150287_23261330.jpg

あとで説明したいと思いますが、明治生命館B1のこのお部屋は1934(昭和9年)の竣工時には社員食堂だったそうです。
d0150287_23332643.jpg

そういえば、一昨年の12月31日の午後、遅めのランチに伺った時その日は4時までの営業だったせいか、店内は従業員さんの他は私達だけで、カメラを持っていなかったことを後悔しました(笑)
d0150287_23291280.jpg
d0150287_23401828.jpg

前菜から
d0150287_2336525.jpg

d0150287_2338183.jpg

グラタン
d0150287_2340258.jpg
牛肉のグリル
d0150287_23433414.jpg
デザート
d0150287_2344911.jpg
d0150287_23442939.jpg


昭和の建築物として初めて重要文化財に指定された明治生命館です。後ろにビルが見えますが明治安田生命の本社ビルです。
d0150287_23553456.jpg


中に入って見ると、建物の中に建物がある・・・・そんな印象だったのですが不思議と違和感はありません。

一枚目の写真の右が昭和9年に建設された重要文化財である明治生命館、左が2001年建築の明治安田生命の本社ビルです。 ごめんなさい。もう一度載せますね!ここです。
d0150287_020376.jpg


古代ギリシア・ローマを源とする古典主義様式とも言われるこの建物は、旧歌舞伎座の建築家で、
大正から昭和初期にかけて日本建築界の重鎮、岡田信一郎の代表作であるとともに、遺作でもあるのだそうです。
5層にわたる巨大なコリント式の列柱、アカンサスの葉が飾られた見事な柱頭に見惚れてしまいます。
d0150287_02398.jpg

この明治生命館は、土曜日と日曜日の11時から17時まで,入場無料で一般公開されているんですよ!
グランド・セントラル・オイスターバーで昼食をいただいた後、受付に回って見学してきました060.gif
またしても巨大な記事になってしまうので、詳細は次回ご紹介します。
よろしかったら是非遊びに来てくださいね!!
d0150287_09541.jpg

d0150287_092937.jpg

d0150287_0222110.jpg

by franandtuto | 2013-05-09 00:09 | 食べ歩き | Comments(20)
お帰りなさ~い! 青い山からようこそ!
GW後半はいかがお過ごしですか? ちょうど一週間と一日前のことですが
オーストラリアから里帰りされた、青い山の主婦 かおりちゃん
標高600m東京都の山、高尾山の麓「うかい鳥山」で炭火焼をいただきました060.gif
d0150287_11143698.jpg
d0150287_11155931.jpg


この日は、かおりちゃんと、青い山の妖精せーちゃん、お花博士のわかちゃん、tutoと私の5人で
食事前に6000坪の広大な敷地内に、点在する数寄屋造りの離れや
d0150287_11203682.jpg
d0150287_11193877.jpg
d0150287_11214552.jpg

越中五箇山から移築した400年前の戦国時代の武家造りとして伝えられる合掌造りの建物と、
d0150287_1117126.jpg

その中に併設された資料館
d0150287_11172694.jpg

髙尾の深山を借景にした池を泳ぐ鯉、水車が回る庭園を散策しました。
d0150287_1122435.jpg

庭園やお庭は、よろしかったらこちらからも⇒

食事の時間になったので、受付に戻って食事のお部屋に案内していただきます。
d0150287_11355317.jpg

うかい鳥山は一部を除き、個室(離れ)なのです。
今回はさっき見学した歴史文化遺産の合掌造りの建物のすぐ横にある掘りごたつのお部屋です。
d0150287_1136122.jpg

お帰りなさい!かおりちゃんと、初めまして~わかちゃん! まず乾杯060.gif
竹酒です。
d0150287_11433652.jpg
飲めないわかちゃんと、tutoにも乾杯は強引に日本酒で003.gif
d0150287_114469.jpg

お料理は焼胡麻豆腐 共庵かけから
d0150287_11481457.jpg

冷やし丸茄子 海老そぼろ庵かけ 揚げたおかかがトッピングされていますよ!
この料理が出た頃だったかな・・・かおりちゃんが ”今日はお揚は出ないの?”と・・・
3年前に初めて会った時は芝のとうふ屋うかいでしたね。 前回の模様
d0150287_11482673.jpg

囲炉裏に炭が入れられます。 炭の火っていつまでも見ていたくなりますね!ホッとします001.gif
d0150287_11505478.jpg
地鶏と蕨の汁
d0150287_1153241.jpg
佐久鯉の洗い 酢味噌と醤油をお好みでいただきます。 自家製の柚胡椒もピリリといい感じです!
d0150287_11564265.jpg
岩魚塩焼 先ほどみんなで散策した別棟の岩魚屋でこんがり炭火で焼いた岩魚です060.gif
d0150287_120138.jpg
地鶏腿肉、手羽中、焼き野菜ジャガイモ、ししとう、長ネギ
d0150287_121336.jpg
この地鶏はうかいの御殿場の自社牧場で約85日放し飼いで育てた鶏です。
d0150287_1222029.jpg

麦とろご飯
d0150287_1285181.jpg
葛饅頭
d0150287_1293598.jpg

美味しかった! ごちそうさまでした003.gif

外で出るともうすっかり日が落ちて明かりのないところは漆黒の闇です。
d0150287_12151679.jpg
来た時と同じ場所から一枚
d0150287_12154828.jpg


こうしていると、この日から2日後にかおりちゃんはオーストラリアに帰国されて
今はもうシドニー郊外の世界遺産ブルーマウンテンズ地区にあるご自宅でブログを更新されているのが
信じられない気持ちです。

かおりちゃん、今度は3年もおかないでもう少し早く帰っておいでね!
次に会う時は、せーちゃんは見違えるほど大きくなっていることでしょう056.gif

わかちゃん、ありがとう! 私たちは近いからまたどこかでご飯を食べましょうね003.gif
d0150287_12504100.jpg

by franandtuto | 2013-05-05 12:39 | 食べ歩き | Comments(26)